4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さんのいる家庭ですと何かとお金がかかるものですから、引っ越し費用はなんとか抑えたいですよね。そこで、このページでは4人家族での引っ越しでは一般的にどれくらい費用がかかるのか、そして費用を抑えるためのコツはあるのか、という点を詳しく説明していきます。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

引っ越し準備で知っておきたいこと

必要なダンボールの枚数は?

引っ越しのときに頼りになる梱包材といえば、やはり「ダンボール」です。ダンボールに入れられる荷物は、すべてこれにいれて運ぶことになります。

ダンボールの大きさは業者によって多少異なります。大小、2つのサイズを扱っているところもあるでしょう。基本的には約40センチ×約40センチ×約30センチ、もしくは約40センチ×約40センチ×約54センチ程度の大きさであると思われます。

4人家族の場合、このダンボールが60枚程度は必要でしょう。ただし、荷物が多い家庭(特に本)の場合は120枚を超える枚数が必要になることもあります。

荷造り(梱包)のコツや注意点は?

4人家族を、「両親と子ども2人」ということで考えた場合、荷造りにはどのようなコツがあるのでしょうか。

子どもが小学校高学年以上ならば、日常のこまごまとしたものは自分たちで梱包するようにさせればよいでしょう。

特に本の場合は形も定まっていますから、片付けがしやすいはずです。「家族の一員としてお手伝いをさせる」という場合は、まずは本の片付けからさせましょう。

子どもがまだ小さいということであれば、むしろ手間は増えると考えてください。引っ越しの荷物は、「日常的に使う身の周りのもの」を残して梱包するのが一般的ですが、小さい子どもがいる場合は、お気に入りのおもちゃなどを最後まで残しておいた方がよいかもしれません。

トラックは何トントラックになる?

一概に「4人家族」といっても、荷物の量などで使うべきトラックは変わってきます。ただ、4人家族の場合は、2トントラックで引っ越しをするのはかなり厳しいと思われます。

おすすめなのは、3トン~4トントラックです。また、業者の訪問見積もりを受けましょう。

4人家族の引っ越しでかかる料金はいくら?

4人家族の引っ越し相場は?単身や3人とは違う?

気になる「費用」の面を見ていきましょう。

4人暮らしの引っ越し費用の平均は、85000円を少し出る程度だと言えます。
2人家族~5人家族の場合は、家族が1人増えるごとに、平均額が5000円ずつあがっていく、と考えればよいでしょう。

同一市内での引っ越しの場合は76000円前後、50キロ圏内なら10万円程度となっています。

単身での引っ越しに比べると2~3倍ほどの料金になることも、少し考慮にいれておいてください。

自分で車を借りて引っ越した方が安い?

引っ越しを行う際に必ず出てくるのが、「自分で車を借りて引っ越す方がよいのではないか」ということです。
たしかに近場での引っ越しの場合は、この方法の方が安くなることがあります。また、自分たちの自由采配で動くことができるので、お子さんがまだ小さい家庭にも良いかもしれません。

ただ、自分で車を借りて引っ越す場合には、さまざまなリスクがあります。

まず挙げたいのが「事故」です。レンタカーで事故を起こすと、自分の車で事故を起こした時よりも面倒です。加えて、引っ越しの場合は「慣れない土地」に車を走らせることになるうえ、積載重量が大きくなるのでハンドルがとられやすくなります。

搬入時に車に傷が入ってしまう、あるいは家財道具が傷ついてしまう、というのもレンタカーを借りて引っ越すことのリスクです。

引っ越しに慣れている人でかつ運転に慣れている人、あるいは近距離での引っ越しの場合はレンタカーでの引っ越しも有用ですが、それ以外の場合は少し考えた方がよいかもしれません。

ただし、「それほど遠くない距離への引っ越し。大きな荷物だけを業者に頼んで、運びきれなかった細かい荷物をレンタカーで運ぶ」という方法は有用です。

見積もりでの価格交渉術

4人家族の場合、「荷物の量」をしっかりと把握することが重要です。

人数が多くなれば多くなるほど、それだけ荷物の量の「ふれ幅」が大きくなるからです。そのため、訪問見積もりをしてもらい、きちんと荷物の量を見てもらい、正確な見積もりを出してもらいましょう。

同条件で多くの業者に見てもらい、それを基に交渉を行います。一般的に、料金が大きくなればなるほど値引き額が大きくなるので、4人家族の場合は交渉しやすいでしょう。
「ほかのところではもう少し安い値段を出してもらっているので……」「予算が○○円くらいなので……」という交渉はとても有用です。

業者選びのコツ

業者別のコースやプランを見極めよう

4人家族の場合、「子どもの年齢」が大きなチェックポイントとなります。

上でもお話したように、子どもがある程度大きく、「戦力」としての活躍が期待できる場合、「基本の作業は自分たちで行い、自分たちではどうしようもないこと(大きな家具・家電を運んでもらうなど)だけ業者にやってもらう」という方法がとれます。

しかし子どもがまだ小さい場合は、このようなやり方は難しいでしょう。

特に下の子がまだ1歳にもなっておらず、上の子が3歳くらい……ということになれば、両親のうちの片方の手が育児に取られるため、実質的に、引っ越しの手配や荷造りをするのが一人だけになってしまうわけです。特に、「妻が専業主婦で、家事と育児のほとんどを負担。代わりに残業ありの仕事を夫がこなしている」という場合はこの傾向が顕著です。

こういったケースでは、「荷造りも荷ほどきも業者にやってもらえる」プランが大活躍します。

おすすめの業者は?

「最低限のことだけ業者にやってもらう。ただし、希望すればほかのプランもつけられる」引っ越しプランを打ち出しているところの一例として、ヤマトホームコンビニエンスの「引越らくらくタイムリーサービス」などがあげられます。

「荷造りから何もかもをすべてお任せできる」というプランは、打ち出しているところがとても多いので安心です。アーク引越センターの「すべてお任せフルフルプラン」、アート引越センターの「アートのおまかせパックフルコース」、サカイ引越センターの「らくらくAコース」などが挙げられます。

4人家族での引っ越しの場合、料金もプランも子どもの年齢もさまざまであるため、家族ごとの違いが大きいと言えます。
自分自身の計画と相性のよい引っ越し方法を模索していってください。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!…

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越…

母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな…

同一市内に引越しをする際の費用相場と費用を安くする方法をご紹介

目次同一市内に引越しをするときの費用相場同一市内に自力で引越しした時の費用同一市内の引越しでも業者によって差が出るのか同一市内を安くする方法 同一市内に引越しをするときの費用相場 生活圏は変えたくない ...

単身赴任の引越しで料金を安くするには、業者を競わせる!

「単身赴任で遠隔地で働くことになった……」 「引っ越しをしなければいけないけれど、いくらくらいかかるか…