引っ越しの見積もりを上手に済ませるためのコツとは?

安く引っ越しをするために必要不可欠なもの。 それが、「見積もり」です。 今回はこの見積もりについて見ていきます。 見積もりを取る方法はどんなものがあるのか? 希望通りのスケジュールで進めるためにはどうしたらいいのか? 料金を安くするための方法は? 見積もりをとるときの注意点はあるの? こんな疑問に答えていきます。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引っ越し見積もりの主な方法はこれ!

「引っ越しのときには見積もりをとるといい、とは聞いているけれど、どんな方法があるのか分からない」という人もいるのではないでしょうか。
ここではそんな人のために3つの見積もりの方法と、それぞれのメリット・デメリットについてお話していきます。

見積もりには3つの主な方法がある!

引っ越しの見積もりの方法は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 訪問見積もり
  • 電話での見積もり
  • メールでの見積もり

どの方法にもメリットやデメリットがあるので、それについて細かく見ていきましょう。

訪問見積もりのメリット・デメリット

訪問見積もりは、実際に家にまで来てもらって荷物の量などを見て出してもらう見積もり方法です。

実際に荷物の量を見ているので、3つの見積もりのなかでもっとも正確な数字を出すことができます。電話やメールでの見積もりであっても、「やはり最終的には訪問見積もりをとらなければ、正確な数字は出せません」とするところもあるため、見積もりの王道とも言えるやり方です。
疑問点もその場で聞いて解消することができますから、正確性を求めるのであれば、訪問見積もり以上のものはありません。

ただ、訪問見積もりにもデメリットはあります。
第一に、時間がかかること。どれだけ小規模な引っ越しであっても、30分以下で見積もりを終わらせることは難しいでしょう。なかには1時間を超えることも……。ただでさえ忙しい時期に時間をとられるのはかなりつらいものがあります。

また、対面でのやりとりになるため、気が弱い人などは、断ることに躊躇してしまうこともあります。女性の一人暮らしの場合、男性の訪問見積もりを受けるのは怖い、というケースもあるでしょう。

電話見積もりのメリット・デメリット

電話での見積もりは、メールでの見積もりと訪問見積もりのちょうど中間にあるものです。
電話で部屋の様子や荷物の状況を伝えていき、数字をはじいてもらいます。
この方法の場合、ある程度は時間がかかるものの、「人を部屋にあげること」を避けられるため女性でも安心です。また、基本的には訪問見積もりよりも時間は短くて済むでしょう。
加えて、「あれを伝えていなかった、これを伝えていなかった」ということを思い出したときでもすぐに伝えることができます。メールのように何通も打つ必要がなく、リアルタイムで反応が返ってきます。

ただ電話での見積もりの場合、やはり訪問見積もりのときと同等の「正確さ」を求めることはできません。
また、メールのときよりは時間もかかります。

メール見積もりのメリット・デメリット

自分の荷物の量をパソコンに打ち込むだけで見積もりをとることができるメール見積もりは、もっとも簡単で手軽なやり方です。人と接することもなく、24時間いつでも送ることができるため、忙しい人には特におすすめです。
また、メールでの見積もりがあまりにも希望金額と異なっていた場合は、躊躇なく断ることができるというメリットもあります。

ただメールでの見積もりの場合、正確性は大きく落ちることになります。そのため、「メールでの見積もりは、原則として単身者だけ」としているところもあります。
また、メールで見積もりをお願いした場合でも、その直後(夜間の場合は翌日)の電話攻勢を受けることは必至です。

引っ越しの見積もり料金を今すぐ知りたい。どうすればいい?

「見積もりのとり方は分かった。でも、まだ本決まりではないから、とりあえず概算だけ知りたい」という人もいるでしょう。
その場合はどうしたらよいのでしょうか。

ネットで引っ越し見積もりシミュレーションができる

一番有用なのは、「インターネットで行っている無料の引っ越し見積もりシミュレーションを使う」ということでしょう。これは「資料請求」とは違うので、使っても電話攻勢がかかってくることはありません。(メールアドレスや電話番号を記載させないタイプの場合)

  • 引っ越しのタイミング
  • 距離
  • 荷物の量

などを入力することで、簡単に概算を出すことができます。おおよその数字を知りたい、という場合はこれを使うとよいでしょう。

単身、学生、家族などのプラン料金は分けて見積もれる?

「引っ越し業者に見積もりを頼むことになった。単身・学生・家族など、別々のプランでも見積もってもらうことはできるのだろうか?」と心配に思う人もいるかもしれません。

この場合は、まずは引っ越し業者に聞いてみてください。あくまで体感的なものではありますが、ほとんどの引っ越し業者は快く引き受けてくれると思います。
ただ、上でも話したように、「単身者の引っ越しならばインターネットで見積もることができるが、家族での引っ越しになると訪問見積もりが必要だ」とするところもありますから、この点には注意が必要です。

明日までに欲しい!引っ越しの見積もりを最短で取る方法

引っ越しの形は人それぞれです。なかには、「どうしても時間がないので、明日までに見積もりを出してほしい」と考える人もいます。
このような場合は、インターネットを使った見積もりが便利です。

一括見積もりをすると安くて早い見積もりが可能!

電話での見積もりも訪問見積もりも非常に多くのメリットがある方法ですが、「明日までに見積もりが欲しい」という場合は、インターネットを使った一括見積もりが便利です。
電話で一社ずつ見積もりをとってもらうのは時間のロスに繋がりますし、訪問見積もりの場合は時間が確保できないでしょう。

一括見積を取り扱っているサイトを利用して、各社に一斉にメール見積もりをお願いしましょう。

一括見積もりをするときの注意点

一括見積もりは大変便利なサービスですが、電話がかかってくることは避けられません。

どこの会社もすぐに見積もりを出してきますから、電話を受ける前にまずはその見積もりを見て、業者の取捨選択をしてください。残した業者から電話がかかってきたら、その時点で疑問点などを伝えましょう。その電話で決めてしまってもよいのですが、迷った場合はほかの候補からの電話を待つとよいでしょう。その電話でも同じように、疑問に思っていることを聞いてください。

最短で引っ越しをするための準備は?

最短で引っ越しをしたい、と思うのであれば、引っ越し業者に見積もりをとることと並行して荷物の梱包を行ってください。
引っ越し業者への見積もり依頼をすると、原則としてすぐに業者も動き始めます。しかし土日や夜間に行うと翌日の営業日になってからではないと返事がないこともあります。その時間をロスするわけにはいきませんから、どんどん荷物をまとめていってください。

急な引っ越しが得意な業者はどこ?

現在は急な引っ越しに対応できる業者もたくさんあります。
ただ、「引っ越しの種類」によっても選ぶべき業者は変わってきます。

DVやいじめといった、「今すぐ逃げる必要がある」「加害者の目がないときに脱出しなければならない」という場合は、夜逃げなどを得意としている業者に頼んだ方がスムーズに引っ越しができることもあります。
このような事情ではない場合は、大手の業者がよく対応してくれるでしょう。もちろん中小の業者でもスケジュールが確保できれば頼むことができます。

引っ越しの見積もり料金をとにかく安く済ませたい!

「お金はない!しかし引っ越しはしなければならない!」
こんなときに、できるだけ安く引っ越しをする方法をお教えします。

引っ越しの料金相場はいくら?

「引っ越し侍」の統計によれば、引っ越しの費用は34000円~15万円ということです。
1人暮らしの場合は34000円(閑散期で荷物が少ない)~68000円程度(繁忙期で荷物が多い)、2人暮らしならば78000円(閑散期)~10万4000円(繁忙期)程度です。3人~4人での引っ越しの場合は、閑散期なら1人が増えるごとにプラス4000円、繁忙期なら1人が増えるごとにプラス24000円程度が加算されます。

料金交渉するためのコツは?

料金を交渉するための方法として挙げたいのが、まずは「相見積もり」です。
他の業者にも見積もりをとっていてそこでは○○円だった、と提示する方法です。
これを行うと、多くの業者は値段を下げてきます。たとえ利ざやが少なくなったとしても、まったく仕事の受注がないよりはマシだからです。

また、初めの段階で予算を示しておくことも有用です。多くの業者はその範囲内に収めてくるでしょう。どうしても予算内に収まらないということであっても「安くするためにはどうしたらいいのか」を聞きやすくなります。

交渉は敬語と丁寧な態度で行います。業者側も人間ですから、横柄な態度をとってくるお客にはやはり辛い評価を出してしまいがちだからです。

業者選びの時の比較するポイントはなに?

業者を選ぶときは、まずは「金額」で見ます。ただし、金額だけを見ていてもわからないこともあります。
ある業者ではオプション扱いとなっているサービスが、別の業者では基本プランに含まれている、ということもあるからです。見積もり書をよく見比べて、不明瞭なところがないかを判別します。

業者の態度もきちんと見ておきましょう。担当者が横柄な態度をとっていないか、電話やメールでの質問にきちんと答えてられているかを判断します。また、本来は断言できないことなどを無責任に請け負っていないかにも注意してください。

説明上手な業者は引っ越し上手です。わかりやすい説明をしてくれるかどうかにもチェックを。

また、「まだ保留にしたいです」と言っているのに、何度も電話をかけてきて結論を急ぐ業者は選ばないようにしてください。

引っ越しの見積もり、注意したいチェックポイント

今までは「業者とどう向き合うか」「見積もりの取り方」についてお話してきました。
ここからは、「お客側がやれること」について見ていきます。

荷造りなどの事前準備のチェックポイント

相手はプロですから、まったく荷造りができていない状況でも、訪問見積もりにきたのならばある程度正確な数字をはじき出すことができます。
しかしながら、やはりきちんと荷造りができた状況の方がより算出しやすいのも事実です。
そのため、訪問見積もりを受ける前に、できるだけ荷造りをすませておきましょう。
それが難しい場合は、せめて、大物家電(冷蔵庫など)を引っ越し先に持っていくか持っていないかを決めておきましょう。

何日前から見積もりの依頼をすればいいの?

引っ越しの見積もりをいつとるか、ということですが、これには明確な決まりがあるわけではありません。
ただ、引っ越しの1か月前くらいには見積もりをもらっておくことが望ましいといえます。特に初めての引っ越しや大がかりな引っ越しの場合は、これが重要です。

「どうしても時間がない」ということで、「見積もりをとってから1週間以内に引っ越さなければならない」などの特殊なケースの場合は、必ずそれを業者に「特記事項」として伝えるようにしてください。

引っ越し当日にキャンセル料金や追加料金等を発生させてしまった場合の対処法は?

引っ越し当日のキャンセルのキャンセル料金については、きちんと定められています。
前日ならば引っ越しにかかる費用の1割以内、当日ならば2割以内のキャンセル料が課せられます。

追加料金については、「見積もりの段階に比べて荷物が増えた」などのケースで発生することがあります。また、荷物が用意できておらず、運搬に障害をきたした場合にも発生します。
現在の引っ越し業者は、その多くが優良業者です。追加料金が発生しそうになった場合は必ず報告を受けるでしょう。どうしても追加料金を発生させたくない、ということであれば、「どうすれば追加料金が発生しないのか」と聞く必要があります。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

訪問なしの引越し見積もりをする人は損⁉値引きして最安値にするコツ

訪問見積りって何するの? 時間かかりそうだしめんどくさい…

【訪問見積もりはもう古い?】ネットで一括見積もりすべきポイント5つ

「引越しってどのくらいの費用が必要?」「どのプランや時期が最適なの?」 …

部屋が汚いんだけど… それでも引越しの見積りはできるの?

「部屋の片付けが面倒になったら引っ越せばよい!」そんな大胆な発想をする人がいるかもしれませんね。し…

同時に引越しの訪問見積りを進めたい!メリットやデメリットはある?

引越しのとき、引越し業者に支払う荷物の運搬費用は大きなウエイトを占めます。その費用を少しでも安く抑…

引越し見積もり初心者の注意点まとめ!損せず安心して引越すコツ9選

引越し見積もり初めてでわかんない…うまくできるかな…