引越しの梱包作業が面倒くさい!自分でうまく梱包できるコツとは?

引越し荷物の梱包が面倒くさい

「引越し荷物の梱包作業が面倒くさい!」
「自分でできる荷物梱包のコツとか方法が知りたい!」

引越しの荷造りとか梱包作業とか面倒くさい!と、一度はみんな感じたことありませんか?

引越し日が決まったらまずやるべきこととして、荷物の梱包です。
その荷物の梱包は実に面倒くさく、自分でしようと思ってもなかなかうまくいかない場合があります。

今回の記事では、梱包するときのコツや知っておくと絶対にお得引越し業者の情報をご紹介していきます。

引越し荷物の梱包が簡単にスムーズにできるコツとは?

  1. 部屋ごとに荷物を詰め、今現在使っていないものを優先的に梱包する
  2. 家族での引越しなら2週間、1人での引越しなら1週間程度で梱包可能
  3. 荷物別の梱包ポイントを理解してうまく詰めると荷物量がぐっと下がる!
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用してサービスを業者ごとに比較してみよう

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引越し日が決まった!自分でできる梱包のコツと順番について解説!

引越し日が決まった!自分でできる梱包のコツと順番について解説!画像

荷物を梱包する場合は、「部屋ごとに荷物を詰める」というのが基本です。子ども部屋は子ども部屋、台所は台所で完結させるようにします。

まず真っ先に梱包するべき荷物は、「今現在使っていないもの」です。季節外れの洋服や季節外れのイベントごとの荷物(6月は速やかに片付けましょう。

その次に片付けるのは、「なかったら不便だけれど、なくても生活はできるもの」です。2~3日分の着替えを除いた洋服、大皿とコップと茶碗と箸以外の食器、音楽再生機器や書籍などです。

引越し当日まで使うもの、たとえば教科書や包丁やまな板などは最後に入れるようにします。大切なのは、「使用頻度によって梱包のタイミングを変える」ということです。

梱包をする上で気をつけるべき注意ポイント

梱包する際は当たり前ですが、壊れ物の処遇には気を付けるべきです。たとえば食器は「ぶつかり合うこと」「こすれ合うこと」で壊れやすくなります。

そのため、同じ形の食器を積み重ねて収納する場合でも、皿と皿の間に新聞紙を噛ませるなどの処置をしてください。
「すべての皿を重ねた後に、新聞紙で包む」という方法をとるよりも、こちらの方が格段に割れにくくなります。

「ダンボールの枚数が少ないので、無理やり詰める」「多少ダンボールが変形しても、ガムテープで押さえれば大丈夫だろう」と考える人もいますが、これは少々危険です。

ダンボールは積み重ねてトラックに入れられていきますから、形にでっぱりがあると、上に重ねた荷物がずり落ちやすくなってしまったり、効率よく積み上げられなくなってしまったりします。

引越しの梱包作業はいつから?どこまで?この時期から始めればOK!

引越しの梱包作業はいつから?どこまで?この時期から始めればOK!の画像

引越しのときの梱包作業は、いったいいつからやれば間に合うのかということを疑問に思う人も多いでしょう。荷物の量によっても変わりますが、その目安をお教えします。

引越しの荷物の梱包にかかる時間ですが、これはだいたい1週程度だと考えられています。ただ、これは個人個人の引越しの形態によって大きく違います。

「両親と三世帯同居していたが、子世代が別居する」という場合は、ある程度は今まで住んでいた家に荷物を残しておいても大きな問題にはなりません。

しかし「もともと核家族で賃貸の一軒家に住んでいた。新しく家を建てたので、今度からはそこに住む」という場合は、荷物をすべて引き上げなければならないので時間がかかります。

また、小さなお子さんや介護が必要な方がおられる家庭、共働きの家庭などの場合は、梱包のための時間を長く見積もっておいた方がよいでしょう。

<1日で終わるケースとは?>

  • 引越しに慣れている人で、単身の場合
  • 実家から出ていく形の引越しで、単身の場合

いずれも単身の場合が条件となりますが、わずか半日~1日程度で荷物の梱包が終わってしまうこともあります。

ただ、体感としてはやはり、家族での引越しなら2週間、1人での引越しなら1週間程度は見ておいた方がよいと思われます。引越し前日にはすべての荷物の梱包を終わらせた状況にしておきましょう。

ダンボールは引越し業者からもらえるのか

引越しのダンボールはいくつでも引越し業者がくれるから大丈夫だと思っているかもしれませんが、実はサービスではなく、引越し費用の中に組み込まれていると考えた方がいいものなのです。

ダンボールがいくつ必要かということも見積もりの中に入っているため、あらかじめダンボール代が引越し料金の中に含まれているのが普通です。

ですから、無料で調達の範囲であれば、ダンボールは持ってきてもらえばいいのですが、間取りや人数によってはもらえる分だけでは足りないケースも出てきます。

ダンボールはホームセンターなどでも売られていて、1枚当たり100円~300円程度で購入できますが、数が多くなるとダンボール代もバカになりません。

200円のダンボールを10個買ったら2,000円にもなってしまいます。できるだけ安く、無料で入手方法を考えておきましょう。

割安にダンボールを購入したいというのであれば、ネット購入するという手もあります。引越し資材のネット通販では、引越しに最適な大きさのダンボールを10枚、15枚といったまとまった量で割安に販売しています。

サービス内容を業者別で比較

引越しの梱包テクニックが知りたい!荷物別の梱包方法ポイント

荷物の種類によって梱包方法も注意点も異なります。それぞれの荷物を梱包するためのポイントについてより詳しく見ていきましょう。

食器を梱包するための方法

上でもお話しましたが、食器はぶつかり合い、こすれ合うことで割れたり傷がついたりします。そのため、食器と食器の間に新聞紙を挟みつつ重ねていき、最後に緩衝材で覆うやり方が基本です。

また、ダンボールに入れたあとは、隙間にもきっちりと新聞紙や緩衝材を詰めます。もちろんタオルなどを入れてもよいでしょう。台所用に使っているふきんやタオルならば、精神的な抵抗感もないと思われます。

家具を梱包する方法

家具は、大きいものでなければそのまま運んでもらえます。また、「特段高価ではない」「ものすごく大事だ、というものではない」という家具ならば、特に緩衝材は必要がないこともあります。

業者はこれらを運ぶ技術に長けていますし、基本的には傷をつけずに運び出しと運び入れを行ってくれるでしょう。

ダブルベッドなどの大きいものは、そのままでは運んでくれないケースが多いと思われます。この場合は分解をしなければなりません。

基本的には分解―組立は自分で行いますが、業者にお願いすることもできます。費用は高くなりますが、どうしても自分ではできないという場合はこのプランを利用するのも一つの手です。

【引越し荷物の梱包が簡単にスムーズにできるコツ】

  1. 部屋ごとに荷物を詰め、今現在使っていないものを優先的に梱包する
  2. 家族での引越しなら2週間、1人での引越しなら1週間程度で梱包可能
  3. 荷物別の梱包ポイントを理解してうまく詰めると荷物量がぐっと下がる!
  4. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用してサービスを業者ごとに比較してみよう

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

引越しで自転車どう運ぶの?業者の手続きと、格安料金で運搬する方法

「引越し業者はタダで自転車も運んでくれるの?」 「追加料金かかるならい…

犬と引越し|愛犬にストレスなく新居に慣れてもらうためのコツ3つ

「犬と一緒に引越しするけど、ストレスがかからないか心配…」

引越しのとき、衣装ケースの中身はそのままでいい?注意点など4つ

「引越しのとき、衣装ケースの中身は出すべき?」

引越しがゆうパックでお得に?料金や安くする方法などまとめ5つ

「ゆうパックを使って引越したいけど、ほんとにお得?」

引越しをレンタカーでやると逆に大赤字?激安で引越そう!

「レンタカーで安く引越したいけど流れがわからない…」「引越し業者に頼む…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事