単身パック結局どこがいいの?引越し業者別で料金相場と積載量を比較

単身パックってどこがいいの?いろいろな業者があるから迷う… 単身者の人が引っ越しをする際に、最も安く引っ越しを行える可能性があるのは、「単身パック」と呼ばれるサービスを利用する場合です。しかし引っ越し経験があまりなければ、どの引っ越し業者の単身パックを利用したらいいのか分かりませんよね。そこで今回は単身パックを取り扱っている各引っ越し業者に関して、それぞれの単身パックの料金やサービス内容などを徹底的に解説していきます。同じ単身パックでもどのような違いがあるのかが一目で分かりますよ!
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

業者別単身パックの内容を徹底比較!

一口に「単身パック」と言っても引っ越し業者によってその内容は微妙に異なります。それぞれの引っ越し業者が取り扱っている、単身パックの内容を比べていきましょう。

そもそも単身パックがどういうものが知っていますか?

各引っ越し業者の単身パックを見比べていく前に、まずそもそも「単身パック」とはどのようなサービスなのかということについて、簡単に触れておきましょう。
単身パックとは、「運べる荷物の量が制限されている代わりに、相対的に安い料金で引っ越しができるサービス」のことです。単身パックを利用すると、引っ越し会社の方からコンテナが1台支給されるので、そのコンテナの中に荷物を積んでいきます。料金はコンテナ1台につき〇〇円、といったような形なので、コンテナに荷物をパンパンに詰め込もうが、荷物が少なくてコンテナがスカスカだろうが、料金としては同じになります。そのため、コンテナの容量ギリギリぐらいの荷物量の人が利用するのが、最もお得だと言えます。

また、「単身プラン」と同じようなサービスに「単身パック」というものがあります。これは名前は似ていますが、サービス内容としては全く別物です。単身パックは単身プランのように、荷物量に関する制限があるわけではありません。引っ越し会社の人に下見に来てもらって、荷物の量や種類を確認してもらった上で、引っ越し料金が決定します。

このように説明すると、普通の引っ越しを依頼した時の手続きと何ら変わらないように聞こえますよね。そうです、単身プランというのは「1人分の荷物を運ぶ引っ越し」に過ぎないのです。同じようなサービス内容に見えて、実際には全く異なる単身パックと単身プラン。それぞれの違いや特徴を理解した上で、利用するようにしてくださいね。

単身パックの内容を引越し業者によって比較!

「コンテナに積める分の荷物しか運ばない代わりに、料金は控えめ」という特徴は、各引っ越し業者の単身プランに共通していますが、実際に利用することのできるコンテナの大きさや、積み込むことのできる荷物量に関しては微妙な違いがあります。そこで、各業者が取り扱っている単身プランについてまとめてみました。

業者名
サービス名
トランクの大きさ
横幅×奥行×高さ
積める荷物の具体例
日本通運
単身パックS
108cm×74cm×155cm 蔵庫・薄型テレビ・テレビ台 ・電子レンジ・掃除機・カラーボックス・姿見・布団・段ボール4個
アリさんマークの引越社
超ミニ引越しプラン
- 段ボール10個
SGムービング
カーゴプラン
104cm×74.5cm×145cm テレビ・ミニコンポ・掃除機 ・パソコン・カラーボックス・座卓 ・段ボール5個
ハトのマークの引越センター
小鳩パック
110cm×80cm×170cm テレビ・ミニコンポ・掃除機 冷蔵庫・テレビ・ビデオデッキ・ミニコンポ・衣装ケース

以上が、各引っ越し業者の単身プランの具体例です。アリさんマークの引越社だけは少し特殊で、コンテナ等の貸し出しがあるわけではないのですが、荷物量に関しての制限があります。今回ご紹介しているのは、各引っ越し業者が取り扱っている単身プランの中で、最も運べる荷物量が少ないタイプのものです。業者によっては、もう少し大きなコンテナを利用した単身プラン(日本通運:単身パックLなど)もありますので、荷物の具体例を見て少し不安だと思われる方は、ワンランク上の単身プランを検討してみるといいかもしれません。

引越し業者によって単身パックで違いがあるポイント

前述したように、単身パックのサービス内容に関しては、コンテナが小さいか大きいかによって、運ぶことのできる荷物量が異なる、ということ以外にはほぼありません。各引っ越し業者で積める荷物の具体例に統一感が無いため、少し比較しにくくはなっていますが、自分の荷物構成と最も似ているところを参考にしながら、トランクの大きさで判断するしかなさそうです。

サービス内容に違いがあるとしたら、荷物が到着するタイミングではないでしょうか。単身パックを利用する場合の引っ越しというのは、普通の引っ越しと少し勝手が違います。普通の引越の場合は、トラックに荷物を積み終われば、そのトラックが直接新居に向かいます。そのため、当日中に荷物を新居に届けることも可能です。しかし単身パックの場合は、宅配便と同じような方法で荷物を運ぶことになっています。
つまりコンテナの集荷日と配送日が異なるため、荷物が新居に届くまでにタイムラグが生じるのです。特に遠距離の引っ越しの場合には、荷物の運搬に1週間弱かかる場合もあります。荷物の受け取りが遅くなってもかまわないという人の場合は特に問題ないでしょうが、すぐに荷物を受け取りたいという人の場合は、これがデメリットになり得ます。

そんな時には、飛行機による輸送プランを取り扱っている引っ越し業者を利用するのがオススメです。SGムービングであれば「単身AIR CARGO プラン」、ハトのマークの引越センターであれば、「小鳩スカイパック」というプランが、飛行機輸送を行ってくれるプランなので、お急ぎの人は2つのうちのどちらかを利用するのがいいのではないでしょうか。ただ、飛行機を利用する分、普通の単身パックよりは少し割高になっているので気をつけましょう。引っ越し業者ごとの単身パックに大きな違いはないと言えますが、唯一飛行機輸送プランの有無だけは異なっています。

おすすめの単身パックの選び方

では実際に単身パックを利用して引っ越しを行う場合には、どのような基準で利用する引っ越し会社を選べばいいのでしょうか。いくつかの判断基準をご紹介していきます。

単身パックは基準を持って比較する

単身パックを選ぶ基準の1つはもちろん料金ですが、料金は後ほど詳しくご説明しますので、まずは料金以外の基準についてご説明していきましょう。

運搬可能な荷物の量

まず1つは「運搬可能な荷物の量」です。運んでもらえる荷物の量は、多ければ多いに越したことはありません。例えば、A社とB社の単身パックがあったとして、A社の方が安いが運ぶことのできる荷物量が少し少なめで、B社は少し高いけれど運ぶことのできる荷物が少し多めだったとします。家にある荷物は、A社の単身パックでもギリギリ積めることができそうという場合には、一般的には運ぶことができる荷物量の多いB社に依頼するほうが安全だと言えます。単身パックの特徴として、コンテナから溢れた荷物に関しては、運んでもらえるものの、追加料金がかかる可能性があります。そして得てして引っ越しの際には、自分で見積もっているよりも多くの荷物量になるものです。ギリギリ積めるといいなという願望でA社にお願いして、結果的にオーバーしてしまい、高額な追加料金を払うぐらいなら、初めからB社に頼んでおいたほうが、結果的に割安だったという可能性があります。もちろん、A社のコンテナに積みきれるという自信があるのであれば、A社を利用した方がいいでしょう。微妙だな、という場合には素直に少し大きめのコンテナを利用するのが賢明です。

以前利用したことのある引っ越し業者

もう1つは過去に引っ越しを経験している人の場合、「以前利用したことのある引っ越し業者」を選ぶというものです。もちろん、以前引っ越しをした際に、その業者の対応に満足しているという前提です。以前よい対応をしてくれたからと言って、今度もよい対応をしてくれるかというのは正直分かりません。しかし、「以前はよかった」という引っ越し業者を選ぶことは、自分の中での納得感が全く違うのです。例えば今まで全く利用したことのない引っ越し業者の単身パックを利用して、荷物が破損した場合には、「何であの引っ越し業者を利用したのか」と後悔することになるでしょう。

しかし、過去に利用したことがあり、その際の対応に満足していた業者に依頼して、同じようなことが起こった場合は「そういうこともあるよな」と考えるに止まります。もちろんこれに関しては個人差があります。どんな業者がやったにしろミスはミスだと思われるような方は、この観点に関しては正直どこの引っ越し業者に依頼しても同じです。大事なことは起こってしまったことをどう捉えるかです。業者に文句を言っても壊れた荷物が直るわけではありません。それならせめて、引っ越し後をイライラした気持ちで過ごすよりも、済んだことは忘れようという気持ちで過ごしたくないでしょうか。少なくとも筆者はそう思います。そういう風に割り切って捉えられる人であれば、そういう選び方もあるよということをお伝えしておきたいと思います。

料金を基準に単身パックを比較してみよう

ではここからは最も気にする人が多いであろう、料金を基準にした選び方をご紹介していきます。先ほど例で取り上げた「日本通運」「アリさんマークの引越社」「SGムービング」「ハトのマークの引越センター」の単身パックの料金はいかほどでしょうか。

単身パック料金比較
日本通運 15,000円前後~
アリさんマークの引越社 15,000円前後~
ハトのマークの引越センター 20,000円前後~
SGムービング 20,000円前後~

これらの料金の中には口コミなどから推定しているものもあるため、正確な値ではない可能性もあります。あくまで1つの参考例としてとらえておいてください。
また、今回は同一県内ぐらいの近距離での引っ越しを想定しています。これが遠距離になると、各社値段も上昇しますから、今は安い順に並べている上記の並びが変化する可能性もあります。とにかく、近距離では値段だけで判断するのであれば、日本通運やアリさんマークの引越社が第一に選ばれる選択肢になりそうです。しかし、ハトのマークの引越しセンターとSGムービングも、料金にそこまで大きな違いはないため、後は先ほど述べた荷物量などとの兼ね合いで選ぶというのが賢い判断なのではないでしょうか。

単身パックを選ぶ時に注意すべきポイント

では最後に、単身パックを選ぶ際に注意しておきたいポイントを挙げていきます。最低限これだけは注意しておけば大失敗はないと思いますので、引っ越しの前にチェックするようにしてみてください。

注意!引越しが失敗しないための方法

単身パックを選ぶ際に注意したいポイントは以下のようなものです。

・ちゃんとコンテナに収まりきる荷物量か

先ほどから触れている部分ではありますが、単身パックを選ぶ上で最も重要なのが、「コンテナに荷物を積みきれるかどうか」ということです。積みきれなくて追加料金を払うのは非常にもったいないことなので、「大は小を兼ねる」の精神で、少し余裕があるかな~ぐらいのパックを選ぶのがうまくいくコツです。

・繁忙期を避ける

引っ越しをするタイミングを選べない人の場合は仕方ないかもしれませんが、引っ越す時期を多少柔軟に変更できるのであれば、繁忙期は避けるのが無難です。これは、繁忙期のほうが料金が多少高めに設定されているので、避けることで料金を安く抑えて引っ越しできるという理由もありますが、主な理由はもう1つあります。

それは、作業員の熟練度が違うということです。繁忙期は引っ越し業者も忙しくなりますから、時期限定の短期バイトを大量に雇います。そういった短期バイトと、普段から引っ越し作業に従事している人では、作業に対する熟練度がまるで違います。もちろん現場の指揮は社員の方や、熟練したスタッフの方が行いますし、特に単身パックの場合は荷物の積み下ろしもほとんどないので、そこまで心配する必要はないかもしれません。しかし、より万全を期するのであれば、慣れていないスタッフがたくさんいる可能性のある繁忙期は避けるのが無難であると言えるでしょう。

以上が単身パックを利用する際に注意しておきたい点です。単身パックは料金を安く抑えることのできる方法ですが、使い方を間違えると無駄な出費が発生することになりかねません。今回ご紹介していることをしっかり念頭に置いて、きちんと自分に適した単身パックを選んでくださいね。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカー…