引越しの単身パックの相場はいくらか知っていますか?

単身者が引っ越しをする際に、お世話になることも多い単身パックですが、引っ越し業者によってサービス名や内容が微妙に違ったりして、どの業者を利用したらいいのか分かりづらい、なんてことありませんか?

今回は知っておくと便利な単身パックの知識について、まとめていきます。

利用方法やおおまかな料金など、実際に依頼する前に知っておくとより賢く引っ越しができる内容ばかりですので、引っ越し前に目を通してみてください!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

単身プランという選択肢もあるって知ってますか?

では早速単身パックの説明に・・・入っていきたいところなのですが、引っ越し業者によっては「単身パック」ではなく、「単身プラン」というサービスを設けているところもあります。この違いは何なのでしょうか?

単にサービス名が微妙に異なるだけで、実際は同じようなものなのでしょうか。まずは単身パックと単身プランの違いについてご説明していきましょう。

単身パックと単身プランの決定的な違い

まず最初に申し上げておきますと、単身パックと単身プランは完全なる別物です。

単身パックは「運搬できる荷物の量があらかじめ限られている代わりに、料金も安めに設定されている」という特徴を持ちます。単身「パック」という名前の通り、まさにパッケージ化されたサービスであるということができます。

これに対して単身プランは、運べる荷物の量に上限はありません。引っ越し業者の人に下見にきてもらって、運搬予定の荷物の種類・量から最終的な料金を判断してもらいます。

こうやって聞くと「あれ?単身プランって普通の引っ越しとやっていること同じじゃない?」と思われる人もいるのではないでしょうか。その通りです。単身プランはただ単に、「1人分の荷物を運ぶ引越し」であり、普通の引っ越しと特段何かが変わるわけではないんです。

普通の引っ越しとの違いを強いて挙げるとするなら、チャーターするトラックが少し小さめのものでよくなるため、相対的に安い料金で引っ越しができる、ということぐらいでしょうか。

ネット上には各引っ越し業者の単身「パック」に関する情報は色々と転がっていますが、単身「プラン」に関する情報はどちらかと言えば少なめです。単身「パック」を利用しようと思っていたのに、気付けば単身「プラン」を利用していた、などということのないように注意してください。

単身プランにもメリット・デメリットはある?

ではここでは単身「プラン」のメリット・デメリットについて考えていきましょう。

メリット

運んでくれる荷物量の上限が決まっているわけではない

→単身パックの場合、引っ越し業者からコンテナが1台渡されて、その中に積むことのできる荷物だけ運搬してもらえる、という形式になります。

そのためどうしても、「コンテナの容積」という荷物量の上限が発生することになります。しかし単身プランの場合はそのような縛りはありません。荷物がかさばる人や荷物の多い一人暮らしの人にも、対応できる内容になっています。

段ボールを無料で提供してくれる

→引っ越し業者に依頼する場合には、あらかじめお願いしておけば引っ越しの際に利用する段ボールを無料で提供してくれます。

これはもちろん単身プランの場合でも同じなのですが、単身パックを利用する場合には業者によっては段ボールを自分で用意する必要があります。荷物の梱包をしたり役所で色々な手続きをしたりと、何かと忙しいタイミングに、「段ボールの準備」という面倒くさい仕事が増えないのはありがたいですね。

デメリット

単身パックよりも割高になる

→単身プランを利用する場合は、単身パックを利用するよりも料金が割高になってしまいます。運べる荷物量に違いがあるので、当たり前と言えば当たり前なのですが、少しでも安く引っ越しを行いたいと考えている人にはデメリットとなるでしょう。

ギリギリ単身パックに収まりきらない荷物量だからという理由で、単身プランの利用を検討するのであれば、何かの荷物を捨てるなどして荷物を減らした上で、単身パックの利用を検討した方がいいかもしれません。

以上が単身プランを利用した場合のメリット・デメリットです。引っ越しにおいて何を重要視するかで、単身プランに対する評価も変わってくると言えるでしょう。

単身パックの料金が決まる仕組みを知ろう

ではここからは改めて単身パックに関する説明を進めていきましょう。まずは単身パックの料金の決まり方や、メリット・デメリットについて説明を行っていきます。

単身パックの料金はこの要素から決まる

単身パックの料金を決める要素は主に「引っ越し区間」と「引っ越し時期」の2つです。

通常の引っ越しであれば、ここに「荷物の量・種類」というものが加わってくるのですが、単身パックはコンテナ1台につきいくら、という設定になっているので、荷物の量は影響を及ぼしません。

引っ越し時期に関しては、3月や9月等の引っ越し繁忙期の場合は、その他の時期より数千円単位で料金を上乗せします、というものです。なので料金に最も影響を及ぼすのは引っ越し区間ということになるでしょう。

単身パックの料金を安くする方法に関しては、最も有効なのは引っ越し会社ごとに設けている割引制度を有効活用することです。「WEB割引」「平日割引」など、申し込みをする方法や引っ越しを行う日にちを工夫することで、引っ越し料金が安くなる場合があるので、利用できるものに関しては積極的に利用していくべきでしょう。

その他には、引っ越し時期を繁忙期以外にずらせば料金も安くなりますが、引っ越すタイミングが決められている人にとっては、あまり現実的ではないかもしれません。

単身パックは、荷物の量によって料金が変動するというものでもないため、工夫で安くできるポイントというのはあまりありません。会社ごとの割引をできるだけ利用する、というのが最も現実的ではないでしょうか。

単身パックにもメリット・デメリットがある

もちろん単身パックにもメリット・デメリットというものは存在します。順にご紹介していきましょう。

メリット

料金が格安である

→単身パックのメリットはやはり何と言っても料金です。単身パックの場合、時期と距離にもよりますが、1万円台で引っ越しを行うことも可能です。

同じ内容の引っ越しを単身プランを利用して行った場合と比べると、2~3万円ほど料金が変わってきます。コンテナ1つに荷物が収められるという人は、単身パックを利用した方が圧倒的に安く引っ越しを行えます。

下見・見積もりが必要ない

→引っ越しに付き物の「業者による下見と値段の見積もり及び交渉」ですが、正直これらをあまり得意でないという人も多いのではないでしょうか。しかし単身パックの場合であれば、訪問や見積もりは全く必要ありません。

引っ越し業者からコンテナが1つ送られてきて、「当日までにこれに荷物を積めておいてくださいね」と言われるだけです。色々な手続きが必要ないので、例えば人見知りのような人でも安心して利用することができます。

荷物が破損する可能性が低い

→一度コンテナに荷物を積んでしまえば、後は新居にコンテナが届くまで、荷物が不必要に人の手に触れる機会はありません。通常の引っ越しのように荷物の積み下ろしがない分、デリケートな物や破損しやすいものなども安心だと言えます。

ただしコンテナの中での荷物の積み方や位置関係によっては、破損してしまう可能性もあるので注意しましょう。

デメリット

コンテナに収まらなかった場合は割高になる可能性も

→コンテナに収まるかどうかギリギリ微妙な荷物量で単身パックを利用した場合などで、いざ荷物を積めてみたら、案の定収まりきらなかったということもあるでしょう。

そんな場合でも、引っ越し業者の人にお願いすれば荷物の運搬は可能ですが、別途追加料金を取られる場合があります。この追加料金を支払ったせいで結局割高になってしまった、というケースもあるようなので、荷物の量には最新の注意が必要です。少し余るぐらいであれば、何かを捨てるか置いていくかしてもいいかもしれません。

大型家電等は運搬できない

→コンテナの容量を上回る大きさの荷物は運搬できません。具体的には洗濯機や冷蔵庫、ベッドなどはコンテナに入らない可能性が高いです。これらの運搬を行いたい場合には、単身パック以外の方法を検討するほうがよさそうです。

以上が単身パックのメリット・デメリットです。引っ越しを安く行いたい人には強い味方なだけに、何とかして利用できるぐらいまで荷物を減らしたいところですね。

引越しの単身パックの相場はこれくらい!

では実際に単身パックを利用した場合の料金はどれくらいになるのでしょうか。引っ越し業者ごとに料金は異なってきますが、おおよその相場をご紹介していきます。

業者によって単身パックの料金は違う

まず大手引っ越し業者が取り扱っている単身パックの料金を比較してみましょう。とは言っても、大手引っ越し業者の中で単身「パック」を取り扱っているところというのは限られていて、日本通運、アリさんマークの引越社、ハトのマークの引越センター、SGムービングぐらいです。この4社の単身パックの料金をそれぞれ見ていきましょう。

各社単身パックの料金
日本通運15,000円前後~
アリさんマークの引越社15,000円前後~
ハトのマークの引越センター20,000円前後~
SGムービング20,000円前後~

安い順に並べるとこのようになります。引っ越し会社のホームページから抜粋しているものと、口コミ等から判断しているものがありますので、正確な値段ではない部分もありますが、参考としてとらえておいてください。

また、複数の単身パックを取り扱っている引っ越し業者に関しては、最も安い値段のものを載せてあります。引っ越し会社によって、微妙に料金に差はありますが、これは主に利用することのできるコンテナの大きさの違いだと思ってもらえるといいでしょう。

例えば日本通運の「単身パックS」で利用できるコンテナの大きさは「横幅×奥行×高さ」が「108cm×74cm×155cm」です。

これに対し、ハトのマークの引越センターで利用できるコンテナの大きさは「横幅×奥行×高さ」が「110cm×80cm×170cm」と、少し大きくなっています。単身パックではこの「少し」のスペースがあるかないかで、運搬することのできる荷物の量が大きく変わってきます。

ちなみに日本通運には、「単身パックL」というパックもありますが、そちらで利用するコンテナは「108cm×104cm×175cm」と大きめになっており、値段も少し高くなっています。

引っ越し業者ごとの単身パックの料金の差は、主にコンテナの大きさによるものと考えてもよさそうです。

単身パックは宅配便や赤帽とはいくらぐらい違う?

ここまでは単身パックを利用すれば荷物を何とか収められそうだ、というぐらいの荷物量の人を想定した話を行ってきました。しかし中には、単身パックのコンテナでさえスカスカになるぐらいの荷物量しかない人もいるでしょう。

そういった人にとっては、コンテナ1つにつきいくら、という料金設定になっている単身パックでさえ、割高になってしまう可能性があります。では荷物量がかなり少ない人には、他の選択肢はないのでしょうか。

あり得るとするならば、宅配便や赤帽を利用するという方法でしょう。それぞれの方法を利用した場合、いくらぐらいになるのかというのを検証してみます。

・宅配便

まずは宅配便ですが、実は宅配便大手のクロネコヤマトには「単身引越サービス」「単身引越サービスmini」という、引っ越し業者の単身パックと同じようなサービスがあります。

これもうまく割引を利用することで、1万円台での引っ越しが可能ですが、今回は設定にそぐわないので省きます。単身パックの利用を検討している人であれば、クロネコヤマトのサービスを検討してみてもいいかもしれませんね。

話を戻すと、宅配便というのは、運ぶ荷物(段ボール)の大きさ×距離で料金が決まります。一般的に引っ越し業者が使う段ボールのサイズは、クロネコヤマトのサイズ表で言うところの「140」相当です。

このサイズの段ボールだと、同一地方圏内だと1つにつき1,620円、遠方(関西~関東)でも1つにつき1,728円で運んでもらうことが可能です。同一地方圏内の場合、単身パックだと安くても1万円台後半ですから、荷物の量が段ボール10箱以内に収まるようでしたら、宅配便を利用する方が安くなりそうです。

遠方への引っ越しの場合は、単身パック利用ではガソリン代や高速道路代が上乗せされるので、安くとも2万円台中盤~3万円は必要になります。遠方の場合は段ボールが15個以内に収まるようであれば、宅配便の方が安くなりそうですね。

ただここで注意しておかなければいけないのは、宅配便は段ボールのようなものは固定料金で運んでくれますが、サイズが大きいとか重いものに関しては別の計算方法になります。

特に家具や家電のような大きいものを運ぶ場合には、クロネコヤマトであれば「らくらく家財宅急便」というサービスを利用することになります。このサービスを利用すると、運ぶ距離や荷物の大きさにもよりますが、1~2万程度の料金が必要になることに注意しておきましょう。

全て段ボールでまとめられそうなら、宅配便を利用する方が安くなる場合が多そうですね。

・赤帽

続いて赤帽を利用する場合です。赤帽は基本的には「軽貨物運送業」ですので、今回は遠距離の引っ越しのことは考えずに、同一県内程度の近距離の引越を考えていきます。

赤帽は引っ越しを専門に取り扱っているわけではないので、単身パックや単身プランの様なものはありませんが、軽トラに積める荷物量であれば、運んでもらえます。

赤帽のホームページには、引っ越しをする場合に一度に運搬できる荷物の具体例として、「エアコン1台、スキー1式、机・いす1式、シングルベッド1台、テレビ1台、パソコン1台、冷蔵庫(小)1個、食器棚1台、ダンボール(中)10個」というようなものが挙げられています。

ざっと見る限り、これぐらいの荷物量で収まるという単身の人は多いのではないでしょうか。これで13,500円の見積もりなので、近距離の引っ越しであれば、単身プランを利用するよりも安く引っ越しを行うことができそうです。

また、段ボールだけで引っ越しを行う場合には、宅配便を利用するほうが安くおさまりそうですが、赤帽は家電のような大きなものも運んでくれるという強みがあります。荷物の構成によっては、赤帽を利用するのが最も安上がりだという人もいるでしょう。

ただし、赤帽の場合は運転手の人が作業を行うので、荷物の運搬などを手伝わなければならない場合もあるので注意しておきましょう。

以上が宅配便や赤帽を利用する場合の料金でした。単身の引っ越しに関しては、単身パック、単身プラン、宅配便、赤帽など様々な選択肢がありますが、どれが一番安いと言うのは一概に言うことはできません。

それぞれの人の荷物量や荷物の種類、引っ越し距離などによって、最もお得に利用できるサービスを見極めて利用することが重要です。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカー…