単身の引越し料金が安い業者の見つけ方

単身者が引っ越しをする際に思いがちなことの1つに、「引っ越し料金もっと安くならないかな」ということがあるのではないでしょうか。何なら荷物もそこまで多いわけでもないので、レンタカーでも借りて自力で荷物を運んだ方が安上がりかもしれません。そこで今回は単身での引っ越しをできるだけ安く済ませる方法をご紹介していきます。引っ越し業者の選び方から、そもそも引っ越し業者依頼しない場合の選択肢まで幅広く紹介していくので、自分にとって一番合っていると思う方法を選んでくださいね。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

単身での引越し料金が安い業者はココ!

単身で荷物が少ないとは言え、やはり引っ越し業者に依頼するのが一番簡単で間違いがないのは言うまでもありません。では引っ越し業者に依頼をするという前提で、できる限り費用を安く抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

見積もりでの料金が一番安い引越し料金?

引っ越し前に必ずやっておかなければならない作業の1つに「事前見積もり」があります。最近では複数の引っ越し業者に同時に事前見積もりをとってもらえるサイトも少なくないので、以前と比較すると見積もりの手間がだいぶ減ったように思えます。この事前見積もりのメリットは何と言っても「業者ごとの値段の違いを把握できる」ということです。例えば事前見積もりを行って、A社が6万円、B社が9万円という結果だったとしたら、ほとんどの人がA社に申し込むでしょう。

しかし事前見積もりは便利ではありますが、事前見積もりを行っただけで業者を決めてしまうのは、非常に損な方法なのです。より費用を抑えたいのであれば、事前見積もりを行ってもらった業者の中から複数社(目安としては3~5社程度)に、実際に家に下見にきてもらいましょう。そうすると事前見積もりでは伝えきれなかった情報や、実際に荷物を見たことで分かったことなども加味され、より正確な見積もり金額を提示してもらうことができます。そしてここからが最も重要です。下見に来てもらう2社目以降の業者に対しては「A社の人は〇万円でやってくれるっていう見積もり出してくれたんですけどねぇ」と、その時点で提示されている最も安い金額をぶつけてみましょう。そうすると、各業者としても何とか自分のところに任せてほしいということで、色々値引きをしてくれることが多いです。そして最終的にはおそらく、2社ぐらいで迷うことになるでしょう。ここで最後のダメ押しです。迷っている業者の担当者に電話をしてみて「今御社と○社で迷っているんですけど・・・」と相手側の会社の見積金額を伝えましょう。すると大概の場合、電話口で「ではうちなら△万円でやらせていただきます」と、下見に来た時に出してもらった金額よりも低い金額の見積もりを出してくれます。

このように、事前見積もり→下見→交渉という段階を踏むことで、最初に提示された金額から、3段階、4段階も値引きをしてもらうことが可能です。ちなみに筆者は関西→関東の引っ越しで、最初は「9万強」という見積もりを出されたものの、最終的には「5万強」で引っ越しを行ってもらえることになり、4割近く値引きをしてもらうことに成功しました。引っ越し業界の人はこの手の値切り交渉には慣れているため、遠慮せず堂々と値切ってみましょう。これだけで場合によっては数万~十数万単位で値切れることになるのですから、やらないと確実に損だと言えると思います。

単身の引越しを格安で利用するならこの業者で

では実際に単身引っ越しを行う際の料金は各社でどれぐらい異なるのかを見ていきましょう。とは言っても実際に引っ越しを行うわけでもないのに、業者に見積もりを取ってもらうわけにもいきません。今回は引っ越しの条件を入力すればネット上で見積もりが取れるホームページを利用して、各社の見積もり金額を出させてもらっています。そのため、全ての引っ越し業者の見積もりが出せているわけではない点をご了承ください。今回は9月に「大阪→名古屋」間の単身引っ越しをすることを想定して、見積もりを出しています。

業者名 金額 備考
タイツウ引っ越しセンター 55,100円 コールセンターや作業員の人の対応が非常にいいのもオススメポイント
人力引越社 55,100円 ホームページに単身者専用の見積もりフォームがあります。
CUBE引越サービス 58,560円 軽トラックメインで、単身引っ越しの利用が多いので、単身引っ越しに関するノウハウは豊富です。
引越のドリーム 66,450円 単身パックを利用すれば、見積もりよりもさらに低料金での引っ越しができる可能性もあります。
町の引越屋さん 68,080円 単身パックを利用すれば、見積もりよりもさらに低料金での引っ越しができる可能性もあります。
サカイ引越センター 82,520円 町の引越屋さんと同じように「らくらくA・B・Cコース」「せつやくコース」というコースがあり、予算等で最も適したコースを選ぶことができます。
ガード引越センター 102,050円 無料サービスで盗聴器の発見なども行ってくれるので、女性の人にとっては安心ですね。
SGムービング 124,440円 カーゴプランを利用すれば、トラックを貸し切るよりも割安な料金で引っ越しを行うことも可能です。
日本通運 126,500円 引越し単身パックが用意されており、荷物の量に応じて、S・Lが選べるので、どのような単身引っ越しにも対応が可能です。

以上が各社の単身引っ越しの見積もり料金でした。同じ引っ越し内容の見積もりでもかなり金額に違いが出るのがお分かりいただけたでしょうか。最高値は最安値の2.3倍ほどの料金になっています。もちろん今回名前が挙がっていない業者に見積もりを依頼すれば、これとはまた金額になるでしょうし、同じ引っ越し内容でも引越時期が変われば料金も変わってきます。今回は引っ越し繁忙期の1つである、9月に引っ越しをするという設定で見積もりを取っているので、少々高めになっていると言えるでしょう。引っ越し時期が5月や11月ぐらいだと、繁忙期の5掛け~8掛けぐらいの値段になるのが一般的です。下見に来てもらう前の段階では、タイツウ引っ越しセンターと人力引越社が最安値の見積もり料金ですが、実際下見に来てもらえばこの料金は容易に変動します。繰り返しになりますが、事前見積もりだけで業者を決定するのではなく、必ず複数社に下見をしてもらうようにしましょう。
h2>引越し業者に依頼するより安くする方法

先ほどは引っ越し業者に依頼するという前提で、どのようにすれば値切れるかということや、どの業者が最も料金が安いかということにスポットライトを当ててご紹介してきましたが、ここからは引っ越し業者に依頼しない方法を考えていきます。引っ越し業者以外に荷物を運んでくれるような業者はあるのでしょうか。

引越し業者よりも宅配便や赤帽の方が安い?

引っ越し業者以外に荷物を運んでくれる業者というと、宅配便や赤帽などが思い浮かびますが、それらを利用した場合と引っ越し業者に依頼した場合の料金の違いを検討してみましょう。まずは宅配便を利用する場合です。宅配便の料金は「距離」「大きさ」「重さ」の3つで決まります。宅配便大手のクロネコヤマトには、「らくらく家財宅急便」というサービスがありますが、これを利用するといくらぐらいの料金になるかは、クロネコヤマトのホームページで調べることができます。先ほどシミュレーションで用いた「大阪~名古屋」の引越しの場合を考えてみると、宅配便で荷物を送るとすると、例えば洗濯機・単身者用冷蔵庫は7,614円、自転車は10,854円、ベッドは16,470円かかります。この4つの荷物を送るだけで、42,552円になることからも分かるように、宅配便を利用する場合には、よっぽど荷物が少ない場合でなければ、引っ越し業者に頼むよりも割高になります。では赤帽を利用した場合はどうでしょう。赤帽のトラックは積載量が最大350kgという上限があります。荷台のサイズは車種等によって異なりますが、おおよそ幅140cm×奥行190cm程度が標準だと思ってもらえるといいでしょう。赤帽の公式サイトには実際に積み込める荷物の具体例として、「エアコン1台、スキー1式、机・いす1式、シングルベッド1台、テレビ1台、パソコン1台、冷蔵庫(小)1個、食器棚1台、ダンボール(中)10個」というような例が書かれています。

一人暮らしでこれ以上の荷物を持っている場合には、赤帽の配送トラックを2台手配するという解決方法もありますが、費用の面から考えるとあまり現実的ではないでしょう。また、赤帽は基本的には「軽貨物運送業」です。長距離の輸送に対応していないわけではありませんが、長距離輸送に不慣れなドライバーの方が来られる場合もあります。近距離で荷物が少なめな引っ越しの場合には、赤帽を利用をするという選択肢もありではないでしょうか。

宅配便・赤帽で引越しのメリット・デメリット

では引っ越し業者と、宅配便・赤帽を比較した場合のメリット・デメリットを挙げていきましょう。

まずは宅配便からです。

メリット

荷物が段ボールのみなら、格段に安く引っ越しができる

宅配便の料金は「距離」「大きさ」「重さ」の3要素で決まります。クロネコヤマトの料金を用いて例を挙げると、引っ越しで使う一般的なサイズの段ボールであれば、1つにつき1,620円の運賃が必要になります。

ほどと同様に「大阪~名古屋」の引っ越しを行おうと思うと、1,620×15=24,300円ですんでしまうということになります。宅配便は定型外のものを運んでもらおうと思うと一気に値段が高くなるため、全て段ボール詰めできるような荷物であれば、宅配便を利用する方が安く済ませられると言えるでしょう。
見積もりが必要なく、すぐに引っ越しができる

宅配便を利用する場合は、引っ越し業者に依頼する場合には避けては通れない、「見積もり」が必要なくなります。引っ越しにおける見積もりは、料金を抑えるためには絶対に必要なものではあるのですが、時間がかかったり交渉の必要があったりと、めんどくさいというのも事実ではあります。その点宅配便の場合には、値段に交渉の余地はありません。集荷に来てもらって荷物を運び出してもらえば、それで引っ越し完了です。

デメリット

梱包をしっかりしなければ、荷物が破損する可能性も

引っ越し業者の場合は、荷物を届けるまでに積み替えを行うことはほとんどありませんが、宅配便の場合は色々な場所に集荷に行く関係上、荷物の積み替えを頻繁に行う可能性があります。当然その分、中の荷物が破損する可能性も高まるので、荷物に関しては引っ越し業者に依頼する場合よりも慎重に梱包をしておく必要があります。

1人で持てないものが含まれる場合は利用できない

引っ越し業者の場合は、運転手の他にも作業員が数名いますので、大きな荷物でも運んでもらうことができますが、宅配便の場合には運転手1人のみです。そのため、1人では運べないような重すぎる・大きすぎる荷物が含まれている場合には、宅配便を利用して引っ越しを行うことはできません。

続いて赤帽の場合です。

メリット

近距離の場合は格安

距離や利用地域にもよりますが、赤帽で近距離の引っ越しを行う場合は10,000円程度で引っ越しを行うことが可能です。先ほども申し上げたように、軽トラック1台に積み込める程度の荷物量で、近距離であれば赤帽が最もお得な引っ越し手段だと言えます。

融通が利きやすい

実は「赤帽」というのは、1つの会社ではありません。正式名称は「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」といい、個人で配送業を営んでいる人達の組合なんです。そのため、ドライバー1人1人は個人事業主ということになります。企業の社員ではないので、お願いすれば条件面で色々融通を利かせてくれることもあるでしょう。

デメリット

引っ越し作業を手伝う必要がある

赤帽は運転手が作業員なので、引っ越しをお願いした人も一緒に荷物の搬入などの作業を手伝う必要があります。全て作業員にお任せできる引っ越し業者の場合とは異なり、肉体労働が発生することは避けられません。また、赤帽の作業員は引っ越しに関してプロというわけではありません。そのため、引っ越し先のマンションを傷つけないように行う養生などの作業があまり上手ではなかったり、家具の運搬中にキズを付けてしまうということもあり得ます。引っ越し先のマンションの規律が厳しかったり、高価な荷物を運搬する必要がある場合には、引っ越し業者に依頼するほうが安心かもしれません。

業者に当たり外れがある

赤帽が個人事業主の組合であるということは、デメリットにもなり得ます。引っ越し業者と違って、社員教育等があるわけではないので、運が悪いと態度の悪い作業員にあたってしまうということもあり得ます。 以上が引っ越しで、宅配便・赤帽を利用する場合のメリット・デメリットでした。メリットをうまく活かせそうな条件で引っ越しを行う場合は、宅配便や赤帽の利用を検討してみてもいいのではないでしょうか。

※引越し業者に依頼をせずに宅配便や赤帽に依頼すると、メリットもあるとは思いますが、一方でデメリットもあると思います。

そこで、宅配便や赤帽に引越しを依頼することにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

長距離での単身の引越し料金は安くなる?

では最後に長距離引っ越しの場合です。移動距離の関係上、どうしても短距離での引っ越しよりも値段が高くなってしまう長距離引っ越しですから、料金を抑えられる方法があればありがたいですよね。そんな便利な方法はあるのでしょうか。

長距離の単身引越しを安くする方法

長距離の引っ越しが高くなる主な理由はもちろん、ガソリン代や高速道路代などです。それらを抑えて長距離の単身引っ越しを安くする方法をご紹介しましょう。

・混載便を利用する

普通、引っ越しというのは1件あたり1代のトラックをチャーターして行います。すると、荷物が少ない家庭の引っ越しの場合では、トラックの荷台に空きが生じることになります。この空いているスペースに、同じような地域間で引っ越しを行う別の人の荷物を積み込んで、一緒に輸送する方法を「混載便」と言います。引っ越し業者からすれば、1台のチャーターで複数の引っ越しを行えるので、人件費や交通費が安く済みます。その分を引っ越し料金に還元してくれるので、費用を抑えるためにはうってつけの方法と言えます。他の人の荷物と一緒に運ぶため、到着日や時間を指定できないというデメリットはありますが、通常の料金と比べてもかなり割安な料金設定となっているため、非常にお得だと言えます。

・帰り便を利用する

先ほどの話とも関係しますが、例えば「大阪~東京」で引っ越しを行う場合には、大阪でトラックをチャーターし、荷物を東京まで運び、また大阪に戻ることになります。この東京~大阪、いわゆる復路のトラックを利用するのが帰り便です。引っ越し業者からしても、ただの帰り道が「荷物を積んで帰る」帰り道に変わるので、時間やガソリンを有効活用できる非常にありがたい申し出なわけです。その分料金も安めに抑えてくれているので、混載便同様かなり狙い目な方法です。トラックが帰る日にスケジュールを合わせなければならないので、曜日選択等の自由度は低いですが、料金のことを考えればそれぐらいのデメリットには目をつぶってもいいでしょう。

・コンテナ便を利用する

荷物の輸送を「トラック+貨物列車」で行う方法です。荷物の輸送の大部分を貨物列車で行うことで、長距離輸送が高額になる原因である、高速道路代やガソリン代をかなり削減することが可能です。間に列車を挟む関係で、荷物が到着するまで少し時間がかかるというデメリットはあるものの、時間に余裕があって料金を抑えたい場合には、ぜひ利用したい方法の1つであると言えます。

以上が長距離の単身引っ越し料金を安く抑えるための方法でした。どれもこれもかなり安くできる方法ですので、利用できるものがあれば積極的に利用していきましょう。

長距離引越しを単身でする際には、ココがお得!

では長距離引っ越しを単身で行う場合に安く抑えられる業者はどこなのでしょうか。これに関しては実は明確な答えがないんです。なぜなら、長距離引っ越しの場合は、どこの業者を利用するかというよりは、先ほどご説明した「混載便」「帰り便」「コンテナ便」を利用できるかどうかで、安い業者とそうでない業者が全く変わってくるということが起きてしまうからです。例えばある日程で見積もりをお願いした場合には、その日程だと混載便が利用できるA社が最も安い見積もりになったとしましょう。しかし、日程を1週間ずらすと、今度はその日程なら帰り便が利用できるB社が最も安い見積もりになるということがあり得ます。

そのため、長距離引っ越しに関しては見積もりを出す場合にも、複数の日程候補を挙げておいたほうがいいでしょう。そうすると、各社「この日程なら帰り便が使えますので!」とか「ここであればコンテナ便が利用できます!」というように、日程の条件付きで安い見積もりを提示してくれると思います。その中から利用する業者を選ぶのが、最も賢いやり方だと言えます。また、長距離での引っ越しの場合には、宅配便・赤帽はほとんど検討候補にはなりません。あくまで「短距離(特に赤帽)かつ荷物が少なめ」な時の選択肢だと思っておきましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引っ越し単身パックの料金相場を紹介!業者別で運べる荷物量も比較!

単身パックと聞くと、少ない荷物を安く引っ越す ことができるサービスというイメージが強いですよね。で…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引っ越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引っ越しにかかるお金…

一人暮らしの引越しマニュアル!業者への見積り方法と料金相場

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備…

単身での引越し料金の金額を安くしよう

単身赴任に、大学入学にあたっての初めての一人暮らしなど、単身で引っ越しを行う機会というものは意外…

引越しで単身パックを利用してベッドを運んでもらう方法

単身で引っ越しを行う人の中には、単身パックの利用を検討している人も多いと思います。決められたカー…