一番お得に引越しができるシーズンはいつ?引越しの繁忙期やおすすめの時期が知りたい!

引越しは業者に頼めばいつでもどこでも簡単にできるイメージがありますが、実は繁忙期と閑散期では値段に大きな差があります。

一般的に繁忙期と呼ばれる3月の時期と、引越しが最も少ない1月や6月の閑散期と呼ばれる時期では、引越し料金の差は2倍近くあるのです。

今回は引越しをするならおすすめしたい時期と、繁忙期でもお得に引越しができるコツについてご紹介します。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

こんなに違う!?引越しハイシーズンとオフシーズンの料金差とは

一年のうちで引越しが最も多いシーズンというのは、就職や進学などで転居が増える春先です。そのため3月、4月あたりは最も引越し件数が多く、引越し業界にとっては一番の繁忙期となります。

また転勤異動も多く、引越しがしやすい時期として人気な9月10月もハイシーズンと言えるでしょう。逆に引越し件数が少ないのは1月、6月、11月あたりです。

この時期は引越しをするには寒かったり梅雨だったりと適していないこと、また転勤や移転などが少ない時期でもあるため、引越し業界はオフシーズンとなります。

一番引越しが少ないオフシーズンの引越し相場は、単身者で27,000円、4人家族でおよそ70,000円となっています。逆に春先の最も忙しい引越し時期の値段相場は、単身者で36,000円、4人家族で108,000円となります。

引越しの荷物や距離によってはさらに値段が上がるので、オフシーズンとハイシーズンの料金の差はおよそ2倍近くになると考えておいて良いでしょう。引越しをするなら閑散期と呼ばれる時期を選んだ方がお得なことが分かります。

料金がぐっと安くなる!引越しが少ないオフシーズンはいつ?

引越し業者が忙しいのは、ただ単に春や秋といった気候の良い時期だけではありません。会社の転勤や移転がある9月10月も忙しいですし、夏休みを利用したファミリー向けの引越しでにぎわうのは7月や8月です。

逆に会社からの異動指示も少なく、転勤の時期もずれている5月、6月、11月は閑散期となり、引越しをする人も減るため、業者としてはより安い値段での引越しサービスを提供することができます。

また年明けすぐの1月も引越しをする人は少ないため、お得な引越しをしたいのであれば1、5、6、11月を狙いましょう。

この時期は予定が空いている業者も多いので、自分の希望とする日にちや時間指定ができる場合が多く、値段に関しても交渉しやすいです。1,5,6,11月でよい日取りを確認したい方はこちらを確認してください。

ただ閑散期と呼ばれている時期でも、5月のゴールデンウィークをはじめとした連休や週末は引越しが多く入ることもあります。確実に料金を安くしたいのであれば、平日、しかも午後から夕方の時間帯を狙うと一番お得になります。

この時期は料金高騰!引越しの繁忙期はいつ?

引越し業者が一番忙しくなるのは、就職や進学などで単身者の転居が多くなる3月と4月です。

この時期は業者によっては2月に予約をしてもすでにいっぱいで予約が取れないこともあるほど、引越しのハイシーズンになります。2月の中旬あたりから引越しの予約が増え始めるので、その時期から徐々に引越し料金も上がってきます。

また会社の人事異動や、学生の秋入学などもあり、秋の9月10月も繁忙期になります。また7月8月は夏休みを利用したファミリー向けの引越しが増えるため、この時期も引越し業界はわりと忙しいことが多いでしょう。

また引越しをする多くの人は自分の休みを利用して行います。そのため土日の引越しが多く、ゴールデンウィークやシルバーウィークといった大型連休も引越しの繁忙期です。

そして時間帯を見てみると午前中に荷物の運搬を終えたい人が多いため、午前指定の引越しは常に人気があります。結果料金が最も高騰する引越しというのは、3月から4月の時期であり休日の午前中がもっとも高い値段となります。

料金交渉も可能!一年で一番引越しにおすすめな時期はここ!

一年で最も引越しにおすすめな時期というのは、値段の面からいうとオフシーズンである1、5、6、11月あたりです。

この時期は引越し業者も空いていることが多いですから、少しでも仕事が入るよう安い値段設定を提示しているところが多いお得な時期です。3月4月といった春先は最も価格交渉が難しい繁忙期でもあるので、可能であれば3月の引越しを2月に早める、4月の引越しを5月の閑散期にずらすなどの工夫をしてみましょう。

しかし引越しをいつ行うかというのは、自分の仕事の都合や移動のタイミングに合わせることが必要ですから、オフシーズンに引越しをするのが難しいこともあるでしょう。

しかし繁忙期であっても、平日の引越しを利用したり、引越しの時間を午後にしたりすれば、繁忙期の中でも値段を多少下げることは可能です。また赤口、仏滅といったあまり縁起が良くないといわれる日はハイシーズンでも値段が下がることもあるので、六曜をあまり気にしない場合はこういった日を選択してみても良いでしょう。

ハイシーズンしか引越しができない人は一括見積もりで複数社比較しよう

引越しのハイシーズンは引越し業者が最も忙しい時期であり、なかには「予約が取れただけでも良かったと思ってください」と言われることもあります。そのため料金は提示したものしか対応せず、ハイシーズンの値下げ交渉はしにくい雰囲気があります。

しかしだからと言って予約できた1社の引越し業者で決めてしまうのはおすすめできません。実は引越し費用というものは定価が存在せず、業者が独自で決めていることが多いのです。

そのためできるだけ多くの会社から引越し費用の見積もりを取り、その中から安い料金設定のものを選んだ方がお得になります。ウェブサイトでは一度に多くの引越し業者を比較できるものもあるため、そういった一括見積もりサイトを利用し、自分の引越し費用がどの程度の料金なのか比較検討することが大切です。

またあらかじめ頼む業者を決めておいても、他の業者からの見積もりと比較することにより値段交渉がしやすくなるでしょう。

ただハイシーズンの見積もりは、あまりにも引越し時期が近いと難しいこともあります。早めの方が比較できる業者の数も多いので、余裕を持って行動するようにしましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しをするなら1月がおすすめ!料金相場や注意点のまとめ

新年を迎えたばかりの1月は、学生の多くはまだ進路が決まっていませんし、社会人ならあいさつ回りなど…

仏滅に引越し平気かな?2つの対策法と実は大安日よりおすすめな理由

「引越し日が仏滅になっちゃったけど大丈夫かな?少し不安…」

引越しの日取りいつにする?2017年引越しに良い日・縁起の良い日

「引越し日いつにしようかな?」 「新しい何かを始めるなら、縁起のいい日…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

11月の引越し料金っていくらくらいなのかな? 「12月くらいまでに引越ししたいん…

12月は上旬に引越したい!覚えておきたい準備や手続きまとめ!

「12月の引越しの料金相場ってどのくらいなんだろう。」「引越し業者って忙しい…