引越し時の悩みのタネ・粗大ごみ!処分方法や業者依頼についてのポイント

引越しのときに多くの家庭で出るのが「粗大ごみ」です。新居に移る際に心機一転古くなった家具や家電を処分したいと考える人も多いでしょう。 しかし粗大ごみの回収は、自治体によっては回収日時が決まっていたり、ごみの種類によっては回収できなかったりすることもあります。そんな時は多少コストがかかっても、引越し当日に粗大ごみを回収してくれる「引越し業者の不用品回収サービス」を利用してみてはいかがでしょうか。今日は引っ越しにおける粗大ごみの賢い処分方法についてご紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

価格.comのおすすめポイント

  • 引越しで毎月総額50万円プレゼント実施中
  • 価格.comの一括見積もりなら大手業者から地域密着業者までご紹介!
  • 掲載社数は価格.com厳選の40社以上
  • 簡単3分の登録で一番安い見積もりがわかる

そもそも粗大ごみはどれくらいの大きさのゴミのことを指す?

粗大ごみとは家具や器具といった、ある程度の大きさのある不用品のことをいいます。自治体によって定義は違いますが、大型家電やパソコンをのぞいた一辺が30センチ以上ある不用品を粗大ごみとして扱っています。家電でもトースターや扇風機などは粗大ごみとして回収する自治体が多く、300円から400円程度の処分費用が掛かることが多いでしょう。またベッドやタンスといった大型家具は、600円前後の回収費用が掛かることが多いです。

粗大ごみの処分は手間がかかる!段取りよく進めよう

粗大ごみの多くは各自治体に申し込みをすれば、決まった日時に回収に来てくれます。しかしすぐ取りに来てくれるわけではなく、2週間先だったり、引越しシーズンで粗大ごみがたくさん出る時期はひと月ほど待ったりすることもあります。自分の希望する日時に回収してもらえることは少ないので、早めに連絡を取るなどの対処が必要です。引越しが決まったら、どの家具や家電が不要になるかを選別し、ごみの種類によって処分方法を考えなくてはいけません。

ごみに出す場合は自分の地域のサービスをチェック!

粗大ごみを出すには、自治体のサービスを利用する他にも、粗大ごみを有料で引き取ってくれるサービス会社を利用する方法もあります。自治体の粗大ごみの場合、事前に申し込みをして回収シールなどを購入し、指定された日時に玄関先に置いておくといった手間が掛かります。しかし民間のごみ収集サービスの場合は、こちらが希望する日時や時間も指定でき、部屋から荷物を運ぶサービスも行っています。

値段を比較するとゴルフバックの例では自治体の場合は600円程度ですが、サービス会社の場合は2,000円ほどであり、サービス会社のほうが高いのは否めません。しかし引越し当日の日に不用品を一気に片付けられるメリットがあるので、粗大ごみがたくさんあって早く片付けたいといった方にはおすすめです。

もし捨てれなかったら…いろいろな処分方法を試してみよう!

粗大ごみの中には、まだ真新しい品物で捨てるのがもったいない、どうせなら誰かに使ってもらいたいといったものもあるでしょう。そんな時はリサイクルショップで見積もりをしてもらったり、オークションサイトを利用してほしい人に不用品を譲ったりする方法もあります。ただどちらも搬入の手間が掛かり、運搬費用などが掛かるため売ってももらえる金額は少ないです。これらを利用するのはお金を稼ぐためではなく、あくまでリサイクルのためと思っておいた方が良いでしょう。

粗大ゴミは処分料金のほかにも料金がかかるものも…

大型の不用品と言えば、洗濯機やテレビ、冷蔵庫などの家電製品があります。これらは家電リサイクル法が定められており、自治体の粗大ごみ回収は行っていません。こうした大型家電は新しいものを購入した際に購入元の電気店に引き取ってもらうことが多いのですが、不用品として出た場合は電気店や家電量販店などに引き取りを依頼しなくてはいけません。民間のごみ回収サービスでも大型家電を引き取ってくれることは多いのですが、リサイクル料金がプラスされるので家具に比べると高い値段になります。洗濯機1台では5,000円前後の費用が掛かるでしょう。

粗大ゴミを処分する時に起こり得るトラブルは?

自治体が回収する粗大ごみの中には、大型家電以外にも楽器や消火器、パソコンなどは回収していません。小さな家電だから大丈夫だと思って出しても収集してもらえず、道路に楽器や消火器が放置されてしまうこともあります。粗大ごみを出す際は、収集してもらえるものかどうか確認してから出すようにしましょう。また「不用品を無料で回収します」といったトラックを見ることもあります。実際に利用してみるとごみの費用はかからずとも高額な作業代金や運搬代金を請求されることもあるので、安易な利用は避けるようにしましょう。

トラブルを回避するためにも!安心簡単の引越し業者選定のすすめ

引越しで出た粗大ごみを効率よく回収してもらうには、引越し作業と同時に粗大ごみを引き取ってもらうことです。自治体のサービスではよほどタイミングが合わない限り、そのような収集をお願いすることは難しいでしょう。

そこでおすすめなのは「粗大ごみを回収してくれるサービス」のある引越し業者を利用することです。引越しには重い荷物や大型家具の移動がありますが、もしそれらが不用品だった場合、新居から再び回収日に外に出すのはとても手間が掛かります。その点引越し業者が不用品の回収サービスを行っていたら、不要となった大型の家具類を運び出したついでに回収もしてくれるのでとても便利です。また通常は仕分けることが必要な大型家電や楽器類も、引越し業者のサービスでは不用品として一気に回収してくれることが多く、一日で粗大ごみを片付けることができます。品物によっては買い取りをしてくれる場合もあります。引越し業者を選ぶ際には、粗大ごみを回収してくれるサービスがあるところを探してみてはいかがでしょうか。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引越し時の片づけを少しでも楽にする方法

「引越しの片付けってもうちょっと楽にできないの…?」 引越し時…

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…