活用するととても便利!引越業者の荷物一時預かりサービスとは?

引っ越しには想定外のことも起こるため、終わるまでは一瞬たりとも気が抜けません。もっとも避けたいことは、現在の住まいから新居に移るまでに「空白」ができることです。

しかし、退去日と入居日の調整が難しい場合もあり、スムーズな引っ越しができないこともあるでしょう。ここでは、そんなときに役立つ引越業者の荷物一時預かりサービスについてまとめました。

引っ越しをするなら、「一括見積もりサービス」を利用しましょう。利用の際は、引っ越し先や希望日時などを入力するだけでOK。複数社の見積もりを比較することで、安い引越業者をカンタンに見つけることができます。

※2~4月は引っ越しの依頼が増える時期です。希望の日時に引っ越すためにも、早めに見積もりを依頼しましょう。

※一括見積もりを利用して引っ越せば、最大10万円のキャッシュバックなどが抽選で当たります。【2020年5月31日まで】

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

引っ越しの支払いは、現金払いが一般的です。引っ越しの費用が足りないときは、現金を借りられるカードローンを検討しましょう。
1万円から必要な分だけ借りることができますよ。

カードローン 特徴 詳細
レイクALSA 必要な金額だけ借りられる 詳細
アイフル 初めてなら最大30日間無利息 詳細

引っ越し一時預かりサービスってどんなもの?

引越業者で荷物を預かるケースとしては、新築やリフォームにともなう引っ越しの場合が多いでしょう。また、新居に入居できるまで日数が空いてしまう人などにピッタリです。

現在の住まいを解約すると住む場所がなくなるだけでなく、荷物の置き場にも困ってしまいます。寝泊りはビジネスホテルなどを利用すればできますが、荷物まで持っていくわけにはいきませんね。そんなときに、こういったサービスがあると助かります。

多くの大手引越業者では、荷物の一時預かりサービスをオプションで付けています。荷物の保管料や配送料などがかかるほか、荷物の量や保管期間によっても料金プランはいろいろです。その業者ならではのお得なプランもあるため、複数の業者に見積もり依頼することをおすすめします。

一時預かりサービスの価格って?

荷物の一時預かりサービスを利用するときは、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。引越業者の一時預かりサービスの料金相場は10,000~12,000円(1ヶ月・一畳分)です。

一方、都内のトランクルームを自分で借りたときの相場は15,000~20,000円(同)ともいわれています。そのため、引越業者の荷物一時預かりサービスを利用した方がお得になります。荷物運搬の申し込みが一度で済むというメリットも大きいですね。

荷物を預けるのはほんの数日だけという人もいるでしょう。1ヶ月に満たない場合は日割り計算をしている引越業者もあるため、短期間預けたい人にはこちらがおすすめです。

単身の引っ越しでも一時預かりサービスって利用できるの?

一時預かりサービスで取り扱う内容は、引越業者個々によっても異なります。家具や電化製品はもちろん、ダンボール箱1個から可能なところもあるため、荷物の種類や量に応じて利用するとよいでしょう。

荷物が多いのも心配ですが、逆に少ないと遠慮する人もいるかもしれません。しかし、先ほどお話ししたようにダンボール箱1個から預けられるところもありますから、単身の引っ越しの場合も気兼ねなく利用しましょう。

一時預かりサービスを利用するメリットとデメリットとは?

引越業者の一時預かりサービスを利用する大きなメリットは、一連の手続きが一度で済むことです。

つまり、一時預かり後も新居まで荷物を配送してもらえるのです。自分でトランクルームを探す場合は、トランクルームまで荷物を運ぶだけでなく、新居まで運び出す手間もかかります。

また、その都度引越業者に依頼する手間も必要になりますが、一時預かりサービスを利用すればそういった手間もかかりません。

しかしデメリットもあります。貴重品はもちろん、ピアノや車などの大きなものや、美術品など保管が難しいものは預けられません。火災の恐れがある危険物なども対象外です。

また、途中で出し入れができないところや、出し入れできても別途料金がかかるところも少なくありません。そのため、預ける品を選ぶときは使用頻度を考える必要がでてくるでしょう。

中には無料で一時保管できる業者も!?

引越業者の料金システムはいろいろですが、荷物の一時預かりサービスを無料で行っているところも存在します。中には最大1ヶ月無料のサービスを行っているところもあるのです。

また、少量で短期間なら引っ越し料金範囲内で利用できるところもあります。そのため、一人暮らしの人や荷物の量が少ない家庭が引っ越すときは、見積もり時に値段交渉するとサービスしてもらえることもあるかもしれません。

荷物はどんな場所で預けられるの?

荷物の保管場所は引越業者によって異なります。例えば国土交通省認定のトランクルームを使用している業者もあり、そういったところには大切な家財を安心・確実に預けられるでしょう。

また、大型の室内型倉庫があり、専任スタッフが24時間常駐して、温度や湿度を管理している業者もあります。ラックに格納された荷物はいつでも目視確認できるため、問い合わせにすぐ対応してもらえるのも大きな特徴です。

一方トランクルームを借りるときは、自分で荷物を管理する必要がでてきます。高温多湿な環境に設置されていることもあり、家財が損傷するリスクもあるので注意が必要です。

万が一のときも安心!損害保険加入の業者に依頼しよう

引越業者に荷物を預けるときは、料金システムや対象となる家財などを把握することが大切です。また、損害保険に加入している業者を選ぶことがポイントになります。しっかり補償してもらえる引越業者に預けることで、万一、大切な家財の損壊や紛失が起きた場合にも安心です。

退去日に新居へ入居できないと不安な気持ちになりますが、もっともネックになるのは、荷物の保管場所ではないでしょうか。引っ越し時に空白期間があり荷物の保管で困ったときは、荷物一時預かりサービスのある引越業者を探し、そのサービス内容も比較検討したうえで申し込みすることをおすすめします。

2~4月は引っ越しの繁忙期です。希望の日時に引っ越しするためにも、早めに見積もりを依頼しましょう。

引っ越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安い引っ越しプランの見積もり料金を比較

引っ越しの支払いは、現金払いが一般的です。引っ越しの費用が足りないときは、現金を借りられるカードローンを検討しましょう。
1万円から必要な分だけ借りることができますよ。

カードローン 特徴 詳細
レイクALSA 必要な金額だけ借りられる 詳細
アイフル 初めてなら最大30日間無利息 詳細

※引っ越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年3月現在、クロネコヤマトは家族向けおよび法人向け引っ越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

引っ越しのらくらくパックとは?サービスと料金相場大公開

「引っ越しらくらくパックってどこまでやってくれるのかな?」

引っ越しの理由ランキング!男女別・トラブル時の引っ越し事情ベス…

「本当の引っ越し理由は言いづらい…他の人はどんな理由で引っ越すの?」

引っ越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引っ越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引っ越し…

引っ越し後の保険証って住所変更手続き必要?注意すべきポイントと…

「引っ越し後に保険証って住所変更すべき…?」 「保険証って住所変更した…

引っ越し時の本籍変更は面倒…本籍を変えるべきか3分で知る方法

「引っ越ししたら本籍って変えるべき?そのままにしておくべき?」 「本籍…

無料の一括見積もりで
引っ越し料金が安くなる

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引っ越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

レイクALSA

  • 15秒で審査結果表示
  • 必要な金額だけ借りられる
※15秒は最短時間になります。21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

公式サイトはこちら

ネット環境がないなら
最短で申込日から使える

Broad WiMAX

  • 月額2,726円~(税抜)
  • 店舗に行けば最短でその日から使える

公式サイトはこちら

おすすめ記事

カテゴリー一覧