引越しの準備はいつから?引越しタイムスケジュールと荷造りのコツ

「引越し初めてで何から準備したらいいか分からない!」
「手続きとか荷造りってどのタイミングでやればいいの?」

誰だって引越しの準備はいつからすべばいいか思ったことがあるでしょう。

引越しの準備は荷造りだけではなく、各種手続きもあるので大変なイベントです。初めて引越しをする人にとってはなおさら不明確なことが多いはずです。

そこで、このページでは引越し準備をスムーズに進めるためのスケジュールと荷造りのコツをまとめたので、ぜひご参考にしてください。

引越しの準備っていつから?タイムスケジュールまとめ

  1. 引越しの前に荷物の整理をして処分する荷物を把握しておく
  2. 荷造り作業は2~3週間前から、使わない季節物から詰めておく
  3. 1週間前には役所関係の手続きを済ませておき、ライフライン関連の事前連絡も済ませるく
  4. 最終的に、水道やガスが使えるか確認する
  5. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して予定日と料金をすぐ把握してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

引越しがしたい!事前に処分する荷物と引越し業者を比較してみよう

新居の間取りに合わせて、持って行く荷物を決めていきます。普段から需要が少ない家具や電化製品は思い切って処分するとよいでしょう。粗大ゴミの回収方法については自治体に照会します。

特に、引越し繁忙期(3~4月)は粗大ゴミの回収がスムーズに進まないため、早めに確認することをおすすめします。

また、早めに引越し会社を決めることも大切です。業界の繁忙期や土日祝日に引越しを考えている人は、少しでも早く引越し会社を決めましょう。

引越し会社を決めるときは数社に見積もり依頼することが一般的です。そのためには、各会社から訪問見積もりを受ける場合もあり、けっこう時間が掛かるものです。

今すぐ無料一括見積もり

さらに、現在住んでいる住宅の解約手続きも早めに行います。手続きが遅れると家賃を余分に払う場合もでてきます。

引越しの荷造りはいつから準備すべき?絶対にスムーズにできるコツ!

引越しのときに手間取るのが荷造りです。荷物の積み下ろし作業をスムーズにするためにも、タンスや食器棚などの中身をダンボール箱にパッキングする必要があります。

2~3週間前頃からコツコツと始めましょう。ダンボール箱のサイズはいくつかありますが、小さい箱には重いもの、大きい箱には軽いものを詰めます。

<荷造りをスムーズにできるコツ>

  • 前もって、使わなくなった季節物から荷造りを行う
  • 各部屋ごとに荷物を詰めて、使わない部屋やスペースにダンボールをまとめる
  • 引越し直前まで使うものや新居ですぐに必要なものは、ダンボール箱の外に明記しておく
  • 食器などの割れやすいものは新聞紙にくるんで上に積み上げずに縦にして並べる

【引越し準備】いつから各種手続きをするの?手順に沿って説明!

引越しのときは、書類上の手続きがいろいろとあり大変です。1週間前には自治体窓口に出向き、転出届や健康保険などの各種手続きを行いましょう。

そのとき、「転出証明書」の発行を受けます。なお、同じ自治体内で住所が変わる場合は、引越し後に行う「転居届」だけで済みます。

電気、ガス、水道などのライフラインの手続きも済ませる必要があります。郵便の転送手続きもお忘れなく。インターネットで完結できるものも増えていますので、早めに確認しておくと安心ですね。

【引越し準備】早めに知って損なし!引越し直前にやるべきこととは?

引越しをするときは、住まいの原状回復が求められます。そのためには、水回りや換気扇などを中心に掃除を進めていきましょう。

また、通常の生活範囲内で起こる経年劣化については借り主の責任になりませんが、トラブルを防ぐためにも「賃貸契約書」は確認しておきましょう。

引越しをするときは、新居のご近所に挨拶回りを行います。お土産品はタオルや洗剤などの日用品を選ぶと無難です。

引越し前日には冷蔵庫や洗濯機の水抜きを行います。電源を切ることも忘れないようにしましょう。

余った食品は保冷剤を入れたクーラーボックスなどに保管する方法がありますが、傷みやすい時期は食品を買い足さないことも大切です。

【引越し準備】いよいよ引越し当日!最後まで気を抜かずに進めよう

寝具類など、引越し当日まで使っていたものは手早くまとめましょう。布団袋などを用意しておくと便利です。

荷物を住まいから運び出した後にも掃除が必要になります。家具で隠れていた部分をキレイにすることが大切です。その後、契約先の立ち会いのもと、部屋の汚れなどの確認を行い、鍵を返却します。

トラックからの荷下ろし作業が待っているためバタバタしますので、新居に着いてからはできるだけ早く挨拶回りをしましょう。自治体での転入届期間は14日以内ですが、こちらも早いほうがよいでしょう。

そのとき、新しい住民票の発行を受けて警察署に出向き、運転免許証の変更手続きも済ませておくとよいですね。運転免許証の住所を変更しておくと本人確認時に活用できるため便利です。

【引越し準備】やっと引越し完了!引越し後やるべきポイントまとめ

新居に着いたら、電気や水道などが使えるか確認しておきましょう。事前に手続きを済ませていますが、万が一、という可能性もなくはありません。

その場合に備えて、携帯電話からできる連絡先を控えておくと安心です。インターネットで仕事をする人は、回線がつながるかどうかも早めに確認したいですね。

新居での荷解は、その日に使うものから行いましょう。まず、寝具は欠かせませんね。当日の食事準備は難しい場合もありますので、外食やお弁当にするとよいでしょう。

引越しの準備はいつから始めるのかなど、一連の作業を進めるのはけっこう大変です。また、引越し会社を決めるまでには意外と時間がかかるものです。

引越し準備をスムーズにするためにも、見積もり依頼をまとめてできる「引越し業者の一括見積もり」の利用をおすすめします。

今すぐ無料一括見積もり

【引越しの準備っていつから?タイムスケジュールまとめ】

  1. 引越しの前に荷物の整理をして処分する荷物を把握しておく
  2. 荷造り作業は2~3週間前から、使わない季節物から詰めておく
  3. 1週間前には役所関係の手続きを済ませておき、ライフライン関連の事前連絡も済ませるく
  4. 最終的に、水道やガスが使えるか確認する
  5. 引越し前に「一括見積もりサイト」を利用して予定日と料金をすぐ把握してみる

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越し前日の荷造りや手続きはどうする?おすすめの過ごし方4つ

「気づいたら明日はもう引越しの日!し忘れている作業がないか不安…」

引越し時にやること14選!最低限これだけ押さえておけば大丈夫!

「引越しは何から始めれば良いのか分からない・・・。」

母子家庭の引越し費用は〇万円⁉お得な児童扶養手当の手続き方法とは

「引越したいけど費用がかかってできない…」 「

結婚と引越しでやることたくさん!効率の良い手続きの順番と方法

「結婚は決まったけど、準備が何も進んでない…」

同じ市内の引越しに必要な手続きは?やることリストと料金相場まとめ

近場の引越しって手続き何すればいいの?普通の引越しと何か違うのかな?