5秒で引越し費用相場が分かる!単身・2人・家族の場合とお得な方法

自分の引越しの場合、引越し料金っていくらくらいになるんだろう?

業者のサービスにはいろいろなプランがあり、料金システムもさまざまです。また、引越し時期の繁忙期や通常期でも料金が大きく変わります。

そこで今回は一人暮らし、二人、家族の引越しの料金相場を移動距離、時期、荷物量で紹介します。

下記の見積もりシミュレーションで引越し料金を調べてみて下さい! 実は、出てきた見積もり相場よりも引越し料金を安くする方法があるのでそちらも紹介します。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

1人の引越し費用相場はいくら?安さ重視の人が単身パックを選ぶ理由

一人暮らしの引越しには「単身パック」と「単身プラン」があります。

安さ重視の人には運ぶ荷物をコンテナに入れることで、安く押さえられる単身パックがおすすめです。

それぞれの特徴を知ってお得に利用しましょう。

「単身パック」とは、荷物を入れた専用コンテナ(ボックス)をトラックに混載して運ぶ方法で、新居への到着は翌日以降になります。電話見積もりだけでOKです。

コンテナには複数サイズがあり、荷物量に応じて追加できますが、中途半端な荷物のときは割高になる可能性もあります。コンテナ単位の料金相場は約16,000円です。

「単身プラン」とは、荷物に応じた引越しプランを提案するもので、通常の引越しと同じくトラックが用意されます。専用コンテナに荷物が入りきらない人におすすめです。

訪問見積もりが必要な場合が多く、料金は時期や曜日によって異なります。安い時期は繁忙期(3~4月)以外で、月の中旬や平日が安い傾向にあります。トラック1台を利用した場合、相場は約37,000円です。

家族の引越し費用相場はいくら?家族で安く引越すためのポイント2つ

家族で引越しをするときは、人数が増えるごとに荷物も増えるため割高になってきます。そのため、単身の引越しよりも料金が上がるのは確実です。

たとえば、家族の人数ごとに引越し料金相場をシミュレーションするとだいたい1人で33,000円、2人で41,000円、3人以上では59,000円になります。

ちなみに、こちらのデータは「閑散期」(通常期)の引越しを想定したもので、移動距離は50km以内(都道府県内)です。

なお、引越し料金の内訳は、「基本プラン」と「オプションプラン」とに大別できます。家族で引越すときの料金を抑えるためには、エアコンの移設や不用品の引き取りなど、オプションプランの利用を少なくすることがポイントです。

また、基本プランにはトラックのサイズが反映されるため、自分で運べる荷物は自分で持っていったほうが料金は抑えられるでしょう。また、そうすることで新居到着後にすぐ使えるメリットもあります。

引越し費用は最低いくらなの?引越し費用相場を決める基礎運賃を解説

引越し業者の基礎運賃は「標準引越運送約款」で定められています。また、距離や移動時間に応じて追加料金が発生するしくみです。当然、引越しの距離が長いほど運賃も割高になってきます。

たとえば、閑散期に3人以上で引越す場合、移動距離が15km以内(市区町村内)のときは57,000円ですが、300km以内(遠距離地方)になると116,000円掛かります。ちなみに、東京都内は移動距離が50km以内と考えられるため、59,000円程度が相場になります。

なお、標準引越運送約款には、キャンセルや破損した荷物の保障などの重要な内容が記載されているため、きちんと確認することが大切です。

引越し費用の相場より安い時期に引越したい!一番お得な閑散期の相場

引越し業界には「繁忙期」と「閑散期」があります。具体的な区分けは多少異なりますが、繁忙期は3~4月、閑散期はそれ以外の時期との捉え方が多いようです。

中でも、1月、5月、6月、11月は転勤の時期とずれるため、割安料金での引越しが期待できます。相場は前述のとおり人数(荷物の多さ)によりますが、1人分33,000円からになります。

繁忙期は引越し費用2倍以上…3月の相場と繁忙期でも安くする方法

4月に新年度がスタートする日本では、進学や就職、人事異動の時期とも重なり、引越し業界では最も忙しいシーズンになります。

土日を利用するとさらに高くなり、閑散期の2倍近い料金が掛かる場合もでてきます。そのため、可能なら繁忙期をずらしたほうがお得です。また、繁忙期に引越すときは平日を利用することも考えましょう。

ちなみに、繁忙期の相場(移動距離50km以内・都道府県内)はだいたい1人64,000円、2人82,000円、3人以上119,000円です。すでに紹介した閑散期の金額の倍になることがわかりますね。

結局自分はいくら?より正確な引越し費用相場を確実に知る1つの方法

これまで紹介した引越し業者の料金相場は、あくまでも平均です。業者によっても開きがあります。

そのため、引越し業者と契約するときは、一社の見積もりだけで決めるのではなく、複数社からの見積もりを取ることが大切です。引越し業者それぞれのサイトから見積もりを取る方法もありますが、入力項目も多いため時間がかかります。

ただでさえ忙しい引越し作業、少しでも負担を減らしたいですよね。そのためにも「一括見積もりサイト」からの見積もり依頼をおすすめします。お目当ての引越し業者がある場合も「一括見積もりサイト」を使うことで、大幅な割引が期待できることもあります。

「一括見積もりサイト」からの依頼は引越し業者のほうでも把握できるため、競合他社を意識した良心的な価格を提示してくるからです。

なお、引越し業者と契約するためには、各業者個々の「訪問見積もり」を受けてから検討する必要があります。そのための最初のステップとして、一括で各業者の相場がわかる「一括見積もりサイト」が大変便利です。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

狙い目は12月引越し!繁忙期が来る前が激安で引越しができる!

「12月引越しの料金相場っていくらくらいなんだろう?」 「12月引越しって…

引越しのおすすめ時期っていつ?料金をお得にできるコツを紹介!

「できるだけ引越し費用が安い時期を知りたいな…」 「いつから引越しの準…

引越しを平日に行うだけで最大50%も安くなる?料金を安くお得に!

「引越しって土日より平日が方がお得なるのはなんで?」 「繁忙期でも平日…

友引の引越しは縁起が悪い?むしろ予約を取るのが簡単で料金も安い!

「友引の引越しって縁起が悪い…?」 「友引の引越しの料金は他の六曜と違…

12月までに引越したい!11月の引越しや見積もりのコツ7選

「11月の引越し料金っていくらくらいなのかな?」「12月くらいまでに引…