転居は大変?引越しする前に知っておきたいこととは

人生の大きな節目にもなる引越し。一度も経験したことがない人がいる一方、何度も経験してきた人もいるのではないでしょうか。後者の場合、これまでの経験を活かすことができますよね。しかし、以前の引越しのときよりも、さらにお得な情報があるかもしれません。インターネットの普及により、自分が求める情報を簡単に収集できることも大きなメリットです。ここでは「転居は大変?引越しする前に知っておきたいこととは」と題し、これから引越す人に役立つ情報をまとめました。

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

最初が肝心!引越しプランの計画を具体的にする

引越しをするときは、引越し業者との契約や粗大ごみの処理など、引越し当日までの計画について具体的にまとめることが大切です。そのためには、時系列で表を作成するほか、それぞれの詳細をリスト化してチェックすることをおすすめします。
引越しをするためには、新居を決めることが最優先課題になります。そうしないと、住んでいる部屋の解約手続きはもちろん、引越しに向けての具体的な段取りもできなくなります。
新居に入居するとき、その月の家賃は日割り計算が一般的です。一方、現在住んでいる部屋を解約する月の家賃は、1ヶ月分が必要な場合も少なくありません。そのため、新居の契約日と現居の解約日をどうするかが大きな課題になります。家賃は月末までに翌月分を支払うところが多いため、月末までに引越すと1ヶ月分の家賃がお得になります。しかし、新居の契約を待たずに解約すると住む場所がなくなる恐れがあるため、それだけは絶対に避けたいですね。
ちなみに、住宅の解約申出は少なくとも1ヶ月前、中には、もっと早い時期に必要なところもあります。そのため、引越しを考えている人は、「賃貸契約書」の内容について早めに確認しておきましょう。

荷物が多いと大変?不要品の処分を考える
引越しのときは、荷物を整理する大きなチャンスです。持っていく荷物が多いと荷物の積み下ろしが大変なだけでなく、新居に入りきらない可能性もでてきます。それを防ぐためにも、引越しを機に思い切って不要品の処分を考えましょう。
長年使っていない家財道具やタンスの中で眠っている衣類は意外と多いものです。赤ちゃんや子どもがいる家庭では、次のシーズンにはサイズが合わなくなる衣服も出てきます。そのため、思い切って処分するとよいですね。古いシャツなど、拭き掃除に使えるものは最後の役目を果たしてから捨ててもよいでしょう。
今後も使う予定がない家財道具は、自治体の粗大ごみに出すほか、リサイクルショップで買い取ってもらう方法もあります。比較的新しいものは親戚や友人に譲ることも考えましょう。
不要品の処分は、オプションサービスの対象にしている引越し業者も少なくありません。荷物運搬を引越し業者に依頼するときは、引越し業者の見積もり時に相談するとよいかもしれませんね。なお、引越し料金が決まる条件の一つにトラックの大きさや台数があります。引越し料金を抑えるためにも、不要な荷物の整理をおすすめします。

引越し前に済ませておく!関係手続きって何?

【最初が肝心!引越しプランの計画を具体的にする】の内容とも重複しますがが、新居の契約を済ませた後は、現在住んでいる部屋の解約手続きを忘れないことが大切です。解約のタイミングが遅れると家賃を余分に払う場合もでてきます。ただし、引越し日が確定しないまま解約するのはリスクが大きいことも知っておきたいですね。
引越しにともなう書類上の手続きもかなりあるため、効率的に進めるようにしましょう。
まず、市区町村窓口で行う手続きには、引越し前の「転出届」と引越し後の「転入届」があります。いずれも、引越し日の前後14日以内に行う必要があります。なお、車を持っている人は陸運支局(軽自動車は軽自動車検査協会)での変更手続き(15日以内に必要)の関係上、引越し後すぐに転入届を出すことをおすすめします。
転出や転入にともなう各種手続きもでてきます。「国民健康保険」や「印鑑登録」などは転出・転入時それぞれに手続きが必要ですが、「国民年金」のように転入後に手続きを行うものもあります。ちなみに、同一市区町村内で引越す場合は「転出届」「転入届」ではなく、引越し後の「転居届」(14日以内)のみで済みます。
子どもがいる人は「転校手続き」も必要です。こちらは、公立と私立、小中学校と高校とでは手続きも異なりますので、詳細については学校や教育委員会に照会することをおすすめします。
電気やガス、水道などの解約手続きも早めに済ませておきましょう。これらは、新居の分も申込が必要になります。具体的な手続き方法のほか、立ち会いの有無についても確認しておきましょう。インターネットの手続きには4週間近くかかることもあります。仕事でインターネットを使う人は早めに行うことが大切です。

大変な引越しもラクラク!業者に頼んでスムーズにしよう

荷物の量や移動距離にもよりますが、引越しをするときは業者に依頼したほうがストレスなく行えます。引越しのためには、押し入れの中に入っているものはもちろん、タンスや食器棚の中身も取り出して、ダンボール箱に詰めていく必要がでてきます。そうすることで、家具の運搬がスムーズにできるほか、中身の破損を防ぐことにもつながります。
荷造りのためには、大量のダンボール箱が必要になります。自分で買い求める方法もありますが、引越し業者と契約すると当日までにダンボール箱を送ってもらえます。なお、ダンボール箱は有料のところもあるため、事前に確認しておきましょう。
家具や電化製品の運搬はかなりの重労働です。しかし、引越し業者に依頼すると、当日の作業も手際よくやってもらえます。家財道具の梱包はもちろん、運搬する前には建物を傷つけないための対策も万全です。また、トラックへの荷物の積み込みを一切お任せできることで、部屋の掃除や片付けにゆとりを持って取り組めます。
一人暮らしの人が引越すときは、何もかも自分ですることから、肉体的にも精神的にもかなりのストレスになります。家族や親戚で荷物を運ぶ方法もありますが、トラックの手配や慣れない重労働で大変な想いをするかもしれません。会社の事務所などが引越すときは、従業員の稼働を止めるために仕事に支障をきたすほか、余計なコストがかかることも懸念されます。海外へ引越すときは、関税などの難解な手続きに戸惑う場合もでてきます。
このように、引越しをするためにはいろいろな課題があり、個人では対応が難しいことも少なくありません。しかし、引越し業者に依頼することにより、安心してお任せできるメリットが大きいといえます。

会社によって違うサービスと料金!業者選びは一括見積もりで
引越しをするときに掛かる料金が気になりますが、人数や荷物量、移動距離などによっても異なるため、同じケースはないと考えましょう。また、引越し業界には繁忙期(1)3~4月)と閑散期(それ以外の月)があり、繁忙期は閑散期の2倍くらい掛かることも少なくありません。
引越し業者ではいろいろなプランを用意していますが、利用するプランによっても料金に開きがあります。たとえば、荷造りから荷解までをお任せするプランがあり、妊娠中の女性や赤ちゃんがいる家庭などにはおすすめです。エアコンの移設など、オプションサービスを付ける方法もあります。どのようなサービスを利用するかは個々にもよりますので、予算と相談しながら決めることが大切です。
引越し業者と契約するためには、電話やサイトから見積もり依頼をした上で「訪問見積もり」を受ける必要がでてきます。また、複数のところから見積もりを取ってから、依頼する業者を決めることも大きなポイントです。そのためには訪問見積もりは必須ですが、そこに至るプロセスを簡素化できる意味でも「一括見積もりサービス」が注目されています。
「一括見積もりサービス」の大きなメリットは、引越しに必要な情報入力が一度で済むことです。その後、届いた引越し業者からの見積もりの中から、自分の希望する条件に合った業者を選ぶことができます。訪問見積もりを受けたときは、その場で契約するのではなく、ほかの引越し業者の見積もりが終わってから決めましょう。なお、お目当ての業者がある場合も「一括見積もりサービス」から依頼することで、お得な引越しが期待できます。

引越しの見積もりはお早めに。

1月〜4月と8月〜9月は、引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

引越しを最短で入居できる日数は?最短引越しの手順やポイントまとめ

「来週まで引越さなければならない…最短で何日かかる?」 「最短で引越せ…

引越しを迷う時っていつ?条件や家賃などポイント別悩みまとめ!

「引越しはしたいけど、今すべきなのか迷う」 「みんなの迷う時っていつ?…

引越ししたい人が考える不満や理由リスト!引越しは意外な理由で?

「嫌なことだらけで引越しがしたい…」 「引越しはしたいけど良い物件はど…

引越しの理由ランキング!男女別・トラブル時の引越し事情ベスト3

「本当の引越し理由は言いづらい…他の人はどんな理由で引越すの?」 「…

同棲開始!引越し費用を少しでも安くするには?

「同棲は楽しみだけど、引越しが大変そう…。」 お付き合いの延長…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事