引越し見積り相場料金表!単身・家族の時期別で損しないプランを選択

引越しの相場ってどれくらいなんだろう?料金を安くする方法とかってあるのかな? 人によって、一人暮らしや家族などの条件や、時期も変わりますよね。基本的に引越し費用は、荷物の量によって決まります。また繁忙期は3月~4月とされ、比較的に料金が高めです。ここでは、引越しの見積もり相場に関して、条件を想定して料金表で紹介します!また、見積もり料金を安くする裏技も紹介するので是非参考にしてください。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

一人暮らしは単身パックを利用!単身引越し料金相場表

単身引越しの方法として、専用コンテナ(BOX)を利用する「単身パック」と、個々の荷物量に合わせた「単身プラン」が知られています。それぞれの相場について、単身パック:約16,000円、単身プラン:約37,000円とのデータがあり、単純比較すると単身パックがお得なことがわかります。ただし、荷物量が多い場合は、単身プランを利用したほうがよいかもしれません。

単身引っ越し料金表

  • 単身(荷物少ない)

    距離 通常期 繁忙期
    (3~4月)
    15km 20,000 25,000
    50km 21,600 30,450
    100km 30,000 47,260
    200km 43,200 59,400
    500km 54,000 80,000
  • 単身(荷物多い)

    距離 通常期 繁忙期
    (3~4月)
    15km 25,000 35,000
    50km 29,800 42,000
    100km 42,400 62,000
    200km 58,000 81,000
    500km 73,500 105,000

単身パックはコンテナのサイズによって料金が決められていますが、各種割引を活用することでお得になります。たとえば、ヤマトホームコンビニエンスの「単身引越サービス」(miniタイプ)で営業エリア同一市区内を移動した場合、11,000円(税抜)からの利用が可能です。この料金にはWEB割引など最大3つの割引が適用されていますが、BOXを2本以上使った場合は最大7,000円の割引も可能になります。また、BOXに入らない荷物は「らくらく家財宅急便」を利用するとお得に引っ越せます。

単身引越しプラン紹介
アート引越しセンター
単身プラン(パックなし) 20,000円~60,000円
ヤマト引越し
単身引越しサービス 12,000円
日通
Sサイズ 15,000円
Lサイズ 16,000円
鳩のマークの引越しセンター
小鳩プチプラン(同一都道府県内のみ) 11,000円
小鳩パック(片道200km以上) 25,000円

一方、「単身プラン」は、荷物量に合わせて見積もり料金がはじき出されます。そのためには訪問見積もりが必要ですが、曜日や時間帯によってはお得になる場合もでてきます。ちなみに、土日祝日よりは平日、午前便よりは午後便が割安になることを知っておきましょう。

家族の見積もり料金相場表を、通常期・繁忙期で紹介!

家族で引越しをする場合は、単身パックのコンテナボックスのような運搬サービスがないので、荷物の量に応じたトラックの大きさと引越し先までの移動距離で引越し料金が大幅に変わります。

家族の引っ越し料金表

  • 家族(2人)

    距離 通常期 繁忙期
    (3~4月)
    15km 51,100 65,000
    50km 56,000 70,000
    100km 75,600 99,000
    200km 122,240 182,000
    500km 150,000 200,000
  • 家族(3人)

    距離 通常期 繁忙期
    (3~4月)
    15km 60,000 76,000
    50km 75,600 111,500
    100km 85,000 140,000
    200km 125,000 200,000
    500km 168,000 300,000
  • 家族(4人)

    距離 通常期 繁忙期
    (3~4月)
    15km 64,800 95,000
    50km 95,000 116,000
    100km 110,000 160,000
    200km 130,000 260,000
    500km 260,200 350,000

おまかせやらくらく引越しフルパックの料金相場まとめ

引越し業者と契約するときは、業者サイト上でサービス内容を確認することが大切です。引越しプランの中には、荷造りから荷解までを業者にお任せできるおまかせ(らくらく)プランというものがあります。高齢者世帯や妊娠中の女性がいる家庭などでは重宝します。もちろん、子育てや仕事で忙しく、荷造りする時間がないという人にもおすすめです。
このおまかせプランですが、どれくらい料金がかかるのか一概には言えません。というのも、荷物がどれくらいあってどれくらい梱包に時間がかかるのかで作業員の人数が変わるからです。大体、作業員1人につき15,000円加算されていきます。利用される方は、必ず訪問見積もりをしてもらい、当日の作業員の人数を確認しましょう。

引越しの相場は間取りから料金相場を知ることもできる。

荷物の量が引越し料金を左右するといっても過言ではありません。そのため、広い部屋に住んでいると引越し料金が割高になるのでは?と心配な人もいるのではないでしょうか。結論からいうと、部屋の広さは関係ありません。ただ、部屋が広いと家財道具を買い足すこともあるため、必然的に荷物が増えてくるのです。また、部屋数に比例して住む人も増えるかもしれません。ここでは「1LDK」「2LDK」「3LDK」それぞれの部屋を例にして引越し料金の相場を考えてみました。
まず、「1LDK」の部屋には、1人暮らしの住まいとのイメージがあります。荷物量にもよりますが、引越し費用は50,000円くらいで抑えられるかもしれません。
「2LDK」から引っ越すときの相場について、3人暮らしで考えると80,000円前後。2LDKの部屋には、カップルや1人暮らしの人もいるかもしれません。家族数によって家財道具が変わることも考えられます。
「3LDK」では、夫婦と子ども1人といった3人以上の家族が一般的です。複数の子どもがいる場合は、勉強机など、子どもそれぞれの持ち物もあるかもしれません。このような事情もあり、4人暮らしの引越しには少なくとも100,000円以上掛かるでしょう。
なお、引越し費用は移動距離に比例して増えていきます。また、引越しの時期(繁忙期・閑散期)をはじめ、曜日や時間帯など、いろいろな条件が絡んできます。そのため、まったく同じ料金プランはないのです。ただ、引越し日を少しずらすことで安くなる場合もでてきます。もちろん、新居への入居日や現居の退去日の関係もあるため、引越し料金だけで考えるのではなく、トータルで判断することをおすすめします。

間取り 通常期 繁忙期
(3~4月)
ワンルーム 22,100 42,000
1K 31,500 53,500
1ldk 38,900 65,000
2ldk 64,800 78,400
3ldk 82,100 12,8000

ピアノ、クリーニング、不用品回収…オプションサービスの相場も把握しよう。

引越しでは、オプションで利用できるプランがあります。たとえば、洗濯機の取り外し・取り付けやテレビ・アンテナの配線などがよく知られています。盗聴器発見サービスを利用すると、セキュリティ面でも安心できますね。これらのサービスには別途追加料金が掛かってきます。具体的な内容は業者によってもいろいろですので、料金体系も含めて納得できるまで質問しましょう。
オプションサービスの1つとして、エアコンの取り外し・取り付けがあります。こちらは、個人で行うのは大変難しいため、引越し業者を介して専門業者への依頼をおすすめします。ちなみに、エアコンの移設に必要な費用相場は約20,000だといわれています。また、エアコンを移設するときは、内部をクリーニングするよい機会になります。引越しのときに行うと割安になることも期待できるため、引越し業者に相談しましょう。

オプションサービス値段相場
ピアノ運搬
アップライトピアノ 20,000~35,000円
グランドピアノ 30,000~60,000円
ハウスクリーニング
ワンルーム、1DK 20,000~35,000円
1LDK~2LDK 25,000~60,000円
3LDK~4LDK 55、000~100,000
5LDK以上 100,000以上
不用品処分
粗大ごみ1つにつき5000円
荷物預かり
15,000円~25,000円

一括見積もりで、引越し料金相場を把握して値段交渉を!

相場を知っておくことで、引越し料金を抑えることができます。引越し料金を安くするには複数の業者に見積もり依頼をし、値段交渉をして、その中から一番安くて条件の良い引越し業者を選ぶ必要があります。
値段交渉の時に「大体これくらいって聞いてたんですけど。」と、引越し料金の相場を提示することで有利に進めることが出来ます。
複数の引越し業者に依頼するためには、一社ずつ電話したり、インターネットからデータを送信したりする必要があり、思った以上に手間暇がかかります。しかし、「一括見積もり」を利用することで、そういう時間を省くことができます。

さらに引越しの見積もり料金を安くする裏技とは?

引越し料金をさらに安くする秘訣は荷物を減らすことです。荷物を減らすためには、新居で使う予定がないものは思い切って廃棄することも考えましょう。新居に合わせて家具を購入する場合もありますが、引越し完了後に購入したほうがお得かもしれません。通販サイトで購入すると100%配達してもらえます。送料無料を意識して購入すると、さらにお得になりますね。
引越しをするとき、移動距離や家族の人数は決まっています。しかし、引越し業者の特典を利用したり、引越し日を平日にしたりすることで割安での引越しが期待できます。また、業者の指定する時間に合わせるのもよいでしょう。引越し料金には車の大きさや台数も反映されるため、荷物量を減らすことにより、相場よりも安い料金での引越しも可能になってきます。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越し見積もりはメールのみで完了!忙しい人がお得に依頼できる方法

忙しくて、業者と会って見積もりする時間が取れない… 業者からの電話が多すぎて面倒…

訪問なしの引越し見積もりをする人は損⁉値引きして最安値にするコツ

訪問見積りって何するの? 時間かかりそうだしめんどくさい…

【訪問見積もりはもう古い?】ネットで一括見積もりすべきポイント5つ

「引越しってどのくらいの費用が必要?」「どのプランや時期が最適なの?」 …

部屋が汚いんだけど… それでも引越しの見積りはできるの?

「部屋の片付けが面倒になったら引っ越せばよい!」そんな大胆な発想をする人がいるかもしれませんね。し…

同時に引越しの訪問見積りを進めたい!メリットやデメリットはある?

引越しのとき、引越し業者に支払う荷物の運搬費用は大きなウエイトを占めます。その費用を少しでも安く抑…