安い引越し業者を探す人必見!単身・家族の費用で損しないポイント

訪問見積もり
引越ししたいけど安い費用で済ませたい…安い業者ってどこだろう…? 荷物の量が同じで行先が同じでも、引っ越し費用に大きな差が出ることをご存じでしょうか?時期や曜日などによっても、差が出てきます。サービスの中身が同じなら、できるだけ安く引っ越したいと思う人がほとんどです。この記事では、引越し費用を安く済ませるポイントを、パターンや時期別で紹介していきます!
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

バカにならない引越し代!単身・家族の引越し費用は?

新しく家を建てたときや住みたい部屋が見つかったときには、つい新居でどのような暮らしができるのかを頭の中で想像してしまう、という人は意外と多いのではないでしょうか?ただ想像するだけなら「楽しい」で済みますが、いざ現実的に引っ越しを考えざるを得なくなってくると、笑っていられなくなってしまうのが引っ越し代金です。「荷物を移動させるだけなのに、なぜこんなにもお金がかかるの?」と、驚いた経験がある人も少なくないはずです。

ちなみに、引っ越し代金の全国平均額は、閑散期にも繁忙期にも当たらない通常期の引っ越し代で、3万円台から10万円前後です。こう聞くと意外と安いと思うかもしれませんが、これはあくまでも通常期の平均で、しかも距離を計算に入れていません。同一市区町村内の引っ越しであれば、単身の引っ越しで3万円~5万円、4~5人家族の引っ越しで10万円~14万円ですが、500km以上離れた遠距離に引っ越す場合は、単身でも6万円~10万円、4~5人家族だと22万円~30万円になります。引っ越しが集中する時期だともっと金額が高くなり、荷物の量や中身によってはさらに高くなるのですから、引っ越し代を少しでも安くすることは、真剣に考えなければならないでしょう。

東京~沖縄まで全国に200社の業者…少しでも安い業者選びを!

安く引っ越しするためには、全国に約200社もある引っ越し業者の中から自分の引っ越しのタイプにぴったり合う1社を選ぶ必要があります。というのも、引っ越しには定価がないからです。同じ荷物の量、同じ距離でも、選ぶ引っ越し業者によって代金が大きく違います。それなら、できるだけ安く運んでくれる引っ越し業者を探さなければもったいないということになるのも当然でしょう。安く引っ越しをするためには、きちんと見積もりを取ることが大事です。定価がないとはいっても、業者ごとにこのくらいの荷物の量でこの距離ならいくらぐらい、という相場は決まっています。もちろん、トラックの混み具合なども加味されて決まるのですが、引っ越し業者が用意しているサービスプランと荷物の内容や量が合っているかどうかによっても、引っ越しが安くできたりできなかったりするのです。ですから、自分のところにある荷物を運ぶには、どこの引っ越し業者のプランが合っているのかという点は、しっかり比較してみる必要があります。それを怠ると、高い価格で引っ越ししなければならなくなり、損をしてしまうことになります。

引っ越しの費用を安くするには?パターン別引越し業者の選び方ポイント

引っ越し費用を少しでも安くするためには、引っ越しの種類によって得意な引越し業者と、不得意な引越し業者があることを理解しておく必要があります。例えば、主な引っ越しのタイプを挙げると、次のような種類に分けられます。

  • 単身向け引っ越し
  • 学生向け引っ越し
  • 女性単身向け引っ越し
  • 家族向け引っ越し
  • オフィス引っ越し

このような種類分けをすると、荷物の量が多いか少ないかという点で分けられていることがわかるのではないでしょうか?少ない荷物を安く運ぶのが得意な引っ越し業者と、量の多い荷物を運ぶのが得意な引っ越し業者のどちらを選ぶかが重要ということになります。引っ越し業者にはさまざまな規模の業者があるだけでなく、引っ越しだけを専門に行っている業者と、引っ越し以外の荷物も運んでいる業者があります。

ですから、引っ越し業者の規模により確保しているトラックの大きさや台数が異なるうえに、引っ越し以外のトラック便の一部に引っ越し荷物を乗せて運べるかどうかという違いも出てくるのです。単身向けのプランの安い料金設定は、指定数のダンボールや決まったサイズの台車に収まることを条件にして、複数の引っ越し荷物を同じトラックで運ぶことを前提に作られたものです。

そのため、大きな家具などがある場合には安く運べないのですが、家具やベッドがもともと用意されている学生寮や社員寮に引越しする場合には適しています。少量のダンボールや小さな台車に乗る荷物で引っ越すことができるため、単身向け、学生向けのプランを用意している引っ越し業者の中から選ぶと得なのですが、単身者や学生でもベッドや机など、ダンボールや台車に収まらない荷物がある場合には、単身向けのサービスは使えなくなります。

ですから、そのことを考慮に入れた条件設定をして、安い引っ越し業者を探さなければならないのです。一方、人数の多い家族の引越しは大きなトラックがあり、スタッフの人数がそろっているところでないと安く運んでもらえません。また、オフィスの引っ越しはただトラックが大きく、スタッフの人数が多いだけでは、スムーズに引っ越せません。

オフィス特有の荷物の扱いに慣れている業者を選ぶ方が安くなるうえに、スピーディーに引っ越せます。

引っ越し代が高くなる時期と安くなる時期・曜日・時間帯とは?

引っ越しの代金は、行う時期や曜日、時間帯によっても差が生まれます。例えば、引っ越しの時期ですが、最も高いのは年度が切り替わる3月、次いで4月です。単身~家族向けまでの引越しを含めても、3月の引っ越し代金は全国平均で14万円を超えます。進学や就職を機にひとり暮らしをする人が多いことを考えると、これはかなり高い金額ということになりますし、距離も無視した平均値ですから、荷物の量や距離も考慮するとさらに高くなるといえます。逆に、最も安いのは11月、次いで1月で、どちらも8万円台で引っ越せるという平均額です。

シーズンが同じでも、月のどのあたりか、週のどのあたりかというだけでも金額が変わります。というのも、賃貸住宅は1カ月契約になっているため、通常だと部屋が空くのが月末になるからです。また、1週間単位でいうと、週末は高くなります。

また、1日の中でも午前は高く午後が安いという違いがあります。ですから、どうしても引っ越しが集中する3月にしか引っ越せないのであれば、月の上旬から中旬の平日、午後の作業を予約すると安く引っ越せます。ただし、4月の場合は、学校や会社が始まるまでに引っ越さなければならないという事情から、第1週目は混み合います。

どうしても平日に引っ越すのは無理というのであれば、日曜日の午後を選ぶと多少安くなります。また、早朝の引越し、深夜の引越しを選ぶと安くなる業者もあります。どうしても昼間は時間が取れないという場合には、そのような料金設定をしている引っ越し業者を選んで見積もりを取ってみることをおすすめします。

長距離の引っ越しを安くあげる方法としては、コンテナ便の利用と混載便、帰り便を利用するという方法があります。長距離引越しの全工程をトラックで輸送すると、どうしても高速道路を利用しなければならないため、ガソリン代と高速代がダブルでかかってきます。運転手も複数必要になるため、割高になってしまうのです。

その点、コンテナ便を使って途中の工程を貨物列車で運ぶ形をとると、かなり金額を抑えて運ぶことができるようになります。コンテナひとつに入れば、荷物の量が多くなっても価格を抑えられるので人気がありますが、コンテナ便を利用すると翌日には荷物が届かないため、最短でも中2日は見なければならないというデメリットがあります。

混載便というのは、同じ方面へ向かうほかの引っ越し荷物と一緒に積み込んで運ぶ、トラック便のことです。ひとつのトラックを分け合う形になるため、ガソリン代や高速代の負担も分担でき安くなります。ただし、荷物が行方不明にならないように、ダンボールにわかりやすい印をつけるなど、工夫をする必要があります。帰り便というのは、ほかの人の引越しに使ったトラックが荷下ろしを済ませて空になった後、帰るときに荷物を乗せて運んでもらうパターンをいいます。

もともと空のまま帰らなければならなかったところに荷物が乗ることになるため、割安な料金で運んでもらえます。ただし、帰り便を狙って探しても見つかるとは限らず、ユーザーの多い区間でないとまず見つからないという難点があります。

一括見積もりサイトで口コミとランキングを参考にしよう!

安い引っ越し業者を探すのであれば、一括見積もりサイトで確認するのが一番です。というのも、一括見積もりサイトには、実際に利用した人の口コミや安い引っ越し業者のランキングも載っているため、候補を絞る参考にしやすいからです。

一括見積もりサイトなどを確認せずに比較をしようとすると、どうしてもテレビコマーシャルなどで見かける大手の引っ越し業者の中で比較をしてしまいますが、地元密着の業者が格安の代金で引っ越しを引き受けてくれる場合もあります。まずは、一括見積もりサイトでどの業者の評判が良いのか、ランキングや口コミの内容をチェックして、そのうえで自分の引っ越しの条件を入力して一括見積もりしてみると、安い引っ越し業者を見つけやすくなるでしょう。

私の見積もりは?複数社で比較を!

先にも述べた通り、引っ越しには定価がありません。荷物の量や距離、シーズン、曜日、時間帯などさまざまな条件をあわせたうえでも、引っ越し業者ごとに大きな差が生まれます。

ですから、見積もりを取ることだけは必須です。見積もりを取るときは1社だけでなく、最低でも3社の見積もりを取って比較してみることがおすすめです。同じ荷物の量、同じ距離なのに、業者ごとに用意しているプランによって、合うものと合わないものがあるからです。

引っ越しのシーズンをずらせる場合や、曜日、時間帯などを動かす余裕がある場合には、少しでも安いシーズン、曜日、時間帯を選ぶことが大事ですが、その部分が定まった後は、業者ごとに出される見積もりの違いだけです。自分の引っ越しスタイルにぴったりの引っ越し業者はどこなのか、最後には見積もりを取ったうえで、じっくりと比較検討することが大事になります。相見積もりを取ることでもさらに値引きをしてもらえることがありますから、面倒くさがらず、複数の見積もりを取って比較をしましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

永遠の問題!引っ越しは自分で?業者に?どちらがお得か専門家に聞く

目次引っ越しを自分でするとかかる費用引っ越しを自分でするメリット自分の都合に合わせやすい自分で引っ越しをするデメリット自分で引っ越しをすると近隣住民が気を遣う?自分で引っ越しをするとトラブルの原因にな ...

引越し費用の平均額はいくら?状況別で平均額まとめてみました!

「引越しの費用ってどのくらいかかるんだろう」「初心者でもわかるようにまとめてあ…

安く引越ししたい!引越しにかかる費用を安く抑えるポイント6選!

「予想以上に引越し費用って高いな…」「どうしたら安く抑えられるかな」 引…

どこが安いの…?実は最安値で単身引越しをするのに業者は関係ない!

引越しは色々とお金かかるし、とにかく安い業者にお願いしたい! 引…

割引料金で引っ越したい!大幅に値下げするための方法まとめ

近頃では何かを買ったり利用したりするにしろ、多くのもので「特典割引」や「サービス付き」といったお得…