【品物別】引越しの荷造り方法・荷造りが間に合わないときのオススメ方法も

いくら理想的な新居が見つかっても、荷造りを行わなければいつまで経っても引越しはできません。

荷造りはただダンボールに放り込むだけではなく、荷物の種類に応じて梱包の仕方を変えなければならないので、意外と時間がかかります。

この記事では、引越し予定日までに段取りよく失敗せずに荷造りを完了させるコツを紹介します。

引っ越しするなら一括見積もりを検討してください。希望日時や引っ越し先を入力するだけで候補の引っ越し会社の一覧が出ます。
あとは条件や金額を比較して選ぶだけなので簡単に決められます。

※2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

引越しの荷造りは計画的に行おう

荷造りにかかる平均的な日数は、ひとり暮らしで約5日、家族の引越しともなると約8日でといわれています。荷物が多い人は、もっとかかるかもしれません。

引越しの荷造りは、想像以上に時間がかかってしまうものです。ダンボールへの詰め方も、詰め終わった後の箱の並べ方もきちんと計算しておかなければ、引越し当日に苦労することになります。しっかりプランを立てて、計画的に荷造りを進めましょう。

また、荷造りというと梱包資材を用意すれば十分と思いがちですが、ダンボールやガムテープ以外にも必要なものがあります。たとえば、梱包中のけがを防ぐための軍手。できれば滑り止めが付いたものを選びましょう。

ひもなどを切るためのカッターやハサミも必要です。できれば両方用意しておきましょう。切るものや場所によって使い分けられるからです。セロハンテープやビニールテープなども準備しておくと、緩衝材の固定や配線をまとめるときなどに重宝します。

ビニール袋や輪ゴムは、ダンボールに直接入れたくない衣類や、液体入りの容器を密封するときに必要です。ダンボールの中身を書く油性ペンは紛失しやすいので、多めに用意しておくと安心です。梱包資材以外で忘れがちなものに、工具類があります。解体しないと運べない荷物もあるため、最低限の工具は用意しておきましょう。

引越しの荷造りに必要な梱包資材

荷造りで用意しておきたい梱包資材には、ダンボールやハンガーボックスのほかに、緩衝材や布団袋があります。緩衝材といえば通称「プチプチ」と呼ばれるエアーキャップを思い浮かべるかもしれませんが、新聞紙やタオルも十分役に立ちます。梱包資材は引越業者から無料で提供されたりレンタルされたりする場合と、自分で用意しなければならない場合があります。

布団袋は引越業者からレンタルされる場合がほとんどですが、ダンボールやハンガーボックスは、有料の場合と無料の場合があります。事前に引越業者に確認しておきましょう。

エアーキャップも引越業者から提供されることがありますが、新聞紙を多めに用意しておくと安心です。インクが付くのが心配なものは、タオルを緩衝材にするか、新聞紙をビニール袋に入れたうえで緩衝材にしましょう。

引越しに必要なダンボールの数は、ワンルームなどに住んでいるひとり暮らしの場合は10~15箱、2LDK以上の場合は20~30箱、3LDK以上の間取りが想定される家族の引越しの場合は50箱程度になることがほとんどです。

荷造りが間に合わないときにオススメの方法

仕事が忙しい場合や、小さな子どもがいてなかなか荷造りがはかどらない場合は、荷造りを代行してくれる引越業者を選ぶという手もあります。オプションとして荷造りをする引越業者と、荷造り込みのプランを提供している引越業者があります。荷造りをどこまでしてくれるのか、費用はどれくらいかという点を比較してみるとよいでしょう。

「荷造りはするが荷解きはお客様自身で」というプランと、「荷造りから荷ほどきまですべて引越業者のスタッフが行います」というプランがあるため、そのあたりの違いもよく理解して依頼することが大切です。

また、引越業者との契約内容を確認すると、引越しの条件として、引越し当日までに荷造りを終わらせる義務があることが書かれているはずです。梱包を自分で行うプランを選んだにもかかわらず、引越し当日までに荷造りが終わらなかったときには、追加料金を支払って引越業者に荷造りをしてもらうことになるので気を付けましょう。梱包はギリギリの日数ではなく、1日早く終わるくらいの計算で行うようにします。

引越しの荷造り前に確認したい、梱包ノウハウ

荷造りは、ただダンボールに物を詰めればいいというわけではありません。荷解きするときのことをイメージして、詰めていく必要があります。できるだけすき間なく詰めることは重要ですが、取り出しにくくなるほどまでぎっしりと詰め込んでしまうと、かえって中身も傷ついてしまいます。

また、ひとりで持てる重さかどうか考えて荷造りすることが大事です。小さくても重い物だと、詰めた後で持ち上げられない場合があります。特に単身引越しの場合には、スタッフが1人の場合がほとんどです。持ち上げられないほど詰めてしまうと、当日詰め直さなければ運べないこともありますから、持ち運べる重さに調節して詰めることも大事です。

引越し用のダンボールの組み立て方ですが、底の部分は十字にガムテープを貼って、重みがかかる中央部分を補強します。ダンボールの端に沿ってH型にガムテープを貼ってしまうとそこが抜けやすくなります。また、上も下もきちんとガムテープ止めすることが大事です。

品物別・梱包方法まとめ

食器など割れ物を梱包するときの注意点

食器など割れやすい物を詰めるときは、新聞紙を上手に活用します。お皿や茶碗、コップも新聞紙でくるんで詰め込んでいきます。このとき、新聞紙は1ページ分を食器1つ分として用意します。いくら小さくても、あまり新聞紙を小さくしてしまうとクッションになりません。食器は小さめのダンボールに下から積み上げていくのではなく、横に並べていく形で入れていくと割れにくくなります。中で食器が動かないように、すき間なく詰めていくことがポイントです。

服などの衣類の梱包するときの注意点

タンスの中の洋服はハンガーボックスに移し替えて運んでもらえたり、引出しに入れたまま運んでもらえたりする場合があります。引越業者に、衣類はどこまで梱包すればよいか確認しておきましょう。

そのうえで、箱詰めが必要なものは、箱のサイズに合わせた折り方をして入れていきます。箱の底に折った衣類が2つ並べて入るなら、すべてその大きさに合わせて入れていきましょう。そうすることで崩れにくくなります。

水濡れが心配であれば、ダンボール箱の底に新聞紙を引き、その上にビニールを敷いてから衣類を並べていきます。セーターなどはロール状に丸めて詰めてもよいでしょう。いずれにしても、ダンボールのサイズに合わせて、折ったり丸めたりして詰めていくことが大事です。

包丁などの刃物の梱包するときの注意点

包丁を梱包するときは、中身が刃物だということがわかるように柄を出しておくようにします。刃の部分を段ボールなどの厚紙を二つ折りにして挟み、途中で抜けてしまわないようにガムテープなどでしっかり止めておきます。

箱の中に詰めるときには、取り出しやすい上の方に柄を互い違いにして並べます。そうすることでかさばることもなくなり、間違って触ってけがをする心配もなくなります。

テレビやパソコンを梱包するときの注意点

振動や衝撃が心配なテレビやパソコンの荷造りは、引越業者が当日してくれることがほとんどです。ただし、当日の梱包や移動がスムーズにできるように、あらかじめ配線を外しておく必要があります。転居先ですぐに配線を組めるように、ビニールテープなどで差込口と配線の両方に印をつけておくと便利です。また、パソコンの場合は万が一に備えて、バックアップを取っておくようにしましょう。

布団や毛布の梱包するときの注意点

布団や毛布は、数枚重ねてから布団袋に収納します。布団袋の形に合わせて折って入れると、きれいに収まります。このとき、布団が緩衝材になると思うと、中に割れ物や壊れやすい物を一緒に入れてしまいがちです。しかし、布団や毛布だけが入っているものとして扱われるため、布団や毛布以外のものを入れないようにしましょう。

貴重品、高級品を梱包するときの注意点

貴重品や高級品は、基本的に自分で運ぶように引越業者からいわれます。しかし、大きい物などは自分で運べません。貴重品や高級品は、専門の配送業者に任せることになります。買い替え可能なものであれば、保険の範囲内で引越業者に梱包と輸送を依頼することも可能ですが、ほとんどの場合断られるでしょう。美術品や楽器などは、専門の業者に梱包ごと任せて輸送してもらうことになります。

石油ストーブやガスファンヒーターなど暖房器具の梱包するときの注意点

石油ストーブや石油ファンヒーターは、万が一に備えて中身の灯油は抜いておきます。ある程度空焚きして中身を減らし、給油口にはキッチンペーパーなどを詰めて残っている灯油が外に流れ出ないようにしておきます。石油ストーブもガスファンヒーターも、当日引越業者が緩衝材で梱包してくれることがほとんどです。運びやすいように梱包してくれるので、任せた方が無難です。

神棚やお仏壇の梱包するときの注意点

神棚やお仏壇の梱包は、自分でできるのは中の飾り物程度です。本体は引越業者に梱包を任せましょう。また、ご本尊や位牌、高価な仏具などは緩衝材でしっかりくるみ、自分で運ぶようにします。引越し先でどこに何があったかがわからなくならないように、梱包を始める前の写真を撮っておくのがおすすめです。迷わずに元通りに戻せます。

観葉植物はどうしたらいいの?

観葉植物は運べないとする引越業者も少なくありません。植物は生き物扱いになるためです。ですから、植物を運んでくれる専門業者を探すか、自力で運ぶことになります。梱包には高さのあるダンボール箱を使い、鉢が動かないように固定したうえで、水濡れや土こぼれの対策をします。

タンスの中身はそのままでいいの?

タンスは基本的に空にしてから運びますが、ハンガーにかかっているものはハンガーボックスを貸してもらえるケースが多いでしょう。引出しに入っているものに関しては、中身が入ったままの引出しを梱包して運ぶ業者と、引出しの中身はダンボールに移したうえで、引出しを動かないように固定して運ぶ業者があります。

タンスの中身はどうしたらいいのか、あらかじめ引越業者に確認を取るようにしましょう。

引越し見積もりサイトで一括見積を取ることが第一歩

どこまでの梱包が必要なのかは引越業者やプランごとに異なります。

まずは引越し見積もりサイトで一括見積を取ってみましょう。

それぞれの家庭の条件に合った引越業者を選び出し、複数の引越業者を一気に比較することができます。梱包のプランを考えてみると、どのような条件で引越業者を探さなければならないかもわかるため、我が家にはどんな荷物があるのかを確認したら、まずは一括見積してみましょう。

2月〜4月は依頼が多いので、早めに見積もりをしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

単身向け引越しプランを料金で比較したい

引っ越し料金は現金払いが一般的なのでカードローンを検討してください。カードローンなら1万円から必要な金額だけ借りられるので検討して下さい

アイフルに申込

※引越しの料金は時期や条件によって変動します。記事内の料金はあくまで目安です。
※引越業者のサービスやプランは変更されている可能性があります。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
※各種制度については、官庁および自治体のホームページにて最新情報をお確かめください。
※2020年2月現在、クロネコヤマトは家族向け及び法人向け引越しサービスの申し込みを休止しています。

関連記事

引越しをレンタカーでやると本当に安くなる?リスクやデメリットも…

「レンタカーで安く引越したいけど、どうしたらいいんだろう?」「引越業…

引越し時の冷蔵庫の中身の片付け方!調味料の処分や水抜きの方法

「冷蔵庫の中身、どうやって運ぼう?処分するしかないのかな?」「冷蔵庫…

引越し時に布団を上手に梱包する方法と注意点

「引越し時に布団はどう運べば良いの?」 「布団だけの梱包方法を知りたい…

飼い猫と一緒に引越し!猫の快適な生活を考えるための注意点

引越しは、飼い猫にとって大きなストレスがかかります。猫が新しい環境にスムーズになじんで楽しく暮らせ…

引越しのとき調味料はどうする?梱包方法や処分方法のコツとは?

「引越し時に調味料は捨てないとダメなの?」 「調味料の梱包方法や処分方…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用は現金が基本
お金がないならカードローン

アイフル

  • 初めてなら最大30日間無利息
  • 最短1時間で融資可能

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事