引越し費用の平均額はいくら?単身・家族など状況別の相場まとめ4つ

引越し費用の平均額はいくら?単身・家族など状況別の相場まとめ4つの画像

「引越しの費用ってどのくらいかかるんだろう」
「初心者でもわかるようにまとめてあるサイトないかな」

引越しの見積もりをとっても、その料金が高いのか安いのかわからないときはありませんか?

引越しは時期や移動距離、人数、単身か家族か、など様々な状況によって値段が変わってきてしまうため、平均額を知ろうと思っても難しいです。

そこでこのページでは状況別の料金相場を分かりやすく表を使ってまとめてみました。

ぜひ自分の引越しに近い状況の項目を参考にして、引越し料金の判断に役立ててください!

【この記事でわかること】

  • 引越し費用は「距離」「荷物量」「時期」「日時」で大きく変わる
  • 規模別の費用相場
  • 時期別の費用相場
  • 日時別の費用相場
  • 間取り別の平均荷物量・費用相場

 

交渉で損しないように、引越し料金が決まる仕組みを知り、さらに一括見積もりを活用して、お得に引越ししましょう!

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引越しの費用はどうやって決まる?大きく影響する4項目

引越し費用の決定に大きく影響するのが

  • 距離
  • 荷物量
  • 時期
  • 日時

です。

簡単な例を下にあげてみました。

距離 東京から大阪 / 東京都内
荷物量 4人家族 / 単身引越し
時期 繁忙期 / 閑散期
日時 休日 / 平日

上にあげたこれらの2つの状況では値段が大きく変わってきます。

この後の記事では、これら4つの項目別に、それぞれどれだけ値段が変わってくるのかについてまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

【運ぶ距離・荷物の量】規模別費用相場まとめ

【距離別】引越し費用相場

以下は1R程度の荷物量の人が、荷物を運ぶ距離によってどのくらい料金が変わるかを示した表です。

1Rにおける距離による引越しの平均料金の推移
100㎞ 約35000円
200㎞ 約50000円
300㎞ 約60000円

このように、同じ荷物量でも距離が違うだけでかなり料金が変わってきます

長距離の引越しになると、トラックのチャーター時間や作業員の拘束時間が長くなったり、ガソリン代が多くかかったりするため、その分短距離の引越しと比べて料金が高くなってしまいます。

ただし、業者の中には長距離の引越しの方に向けた格安プランを用意している場合もあります。

長距離の方も格安プランをうまく利用することで、より安く引越しを行うことが可能です

【荷物量別】引越し費用相場

荷物量別の引越し料金比較
1R・1K 約36,000円
1DK・2K 約46,000円
1LDK・2DK・3K 約54,000円
2LDK・3DK・4K 約68,000円
5K以上 約99,000円

単身引越しと人数の多い家族の引越しでは当然荷物の量も違うため、費用に大きな差が生まれます。

以下は通常期(繁忙期でも閑散期でもない時期)の引越し費用における単身・家族の比較です。

単身 家族
短距離(同一市区町村) 約2万円 約6万5千円
長距離(500km以上) 約5万4千円 約26万円

もちろん、引越しの人数だけでは引越し費用の相場は決まりません

引越しの相場を見るときに、一般的には一人暮らし(単身)か、何人家族かという点で分けますが、一人暮らしでもワンルームに住んでいるとは限らず、3LDKなどファミリー向けの広い部屋に住んでいる人がいるかもしれません。

その場合、それぞれの部屋に収納家具を置き、そこに多くの荷物を入れている可能性があります。

そうなると、ひとり暮らしでも4人家族並みの荷物が収納されていても、不思議ではありません。

同じ単身引越しでも、荷物が多い場合には単身引越し専用の格安プランが使えず、割高になってしまうことがあります。

人数が多い場合でも同様で、2LDKに住んでいる人と3LDKに住んでいる人では、部屋に置いている大きい家具の数が異なるため、その中に収納されている荷物の量にも差ができ、引越し費用に反映することになるのです。

引越し費用の相場を見るときは、人数だけではなく、部屋の間取りによる荷物の量をを知り、自分の生活環境に近い引越しの相場を見る必要があるのです。

ダンボールの個数による荷物量の目安
一人暮らし(1R) 10〜15個
2~3人(2LDK) 20~30個
4人~5人(3LDK以上) 50個

繁忙期・閑散期でこんなに違う!時期別の費用相場まとめ

引越し業界には繁忙期(ハイシーズン)閑散期(オフシーズン)があり、どのシーズンを選んで引越すかによって、かかる引越し費用が大きく違います。

時期別の引越し料金比較
繁忙期(2~3月) 約3〜14万円
平均:約7万5,000円
閑散期(11,1月) 約2〜7万円
平均:約4万5,000円
年末年始(12月) 約6〜13万円
平均:約6万5,000円

繁忙期は進学や就職でひとり暮らしを始める人や、企業の転勤も多くなる2月~3月です。

全体的に単身の引越しが多い時期ですが、子どもの学年が変わるタイミングで引越すファミリー層も多いため、ちょうど3〜4月の春休みシーズンに引越しが集中します

引越し業者のサービスを必要とするユーザーが多い時期ですから、多少高い金額設定になっても引越しせざるを得ません。

そのため、1年のうちでも引越し費用が最も高いシーズンになるのです。

逆に閑散期は、繁忙期になる前の11月1月です。

ただし、12月は年末で輸送のトラック自体が不足しているため、少し高めの設定になります。

【繁忙期の引越し料金の相場】

単身 4人家族
短距離
(同一地区町村)
2万5千円 9万5千円
長距離
(500km以上)
8万円 35万円

上の表は繁忙期の単身、家族引越しそれぞれの料金相場ですが、閑散期にはその半分くらいの価格で引越しできる場合もあります

ですから、引越す時期の融通が利くなら、繁忙期は避けることが大事です。

しかし、それでも繁忙期を避けて引越すわけにはいかないのであれば、繁忙期の相場よりも安い業者を探すことでお得にしましょう!

平日・休日でいくら変わる?日時別の費用相場まとめ

引越し費用は、日時によっても高くなったり安くなったりします。

二月の県外引越しの平日と休日の平均金額
平日 約69,000円
休日 約70,000円

相場が高くなったり安くなったりするのは、もちろん需要と供給の関係のせいです。

多くの人が引越しをしたいと思う曜日や時間帯は高くなり、それ以外の時間帯なら人もトラックも余裕が出ているため、安く引越しができるわけです。

いつ安くなる?

  • 曜日 … 土日祝以外の平日(特に週の半ば)
  • 時間帯 … 午後(午前中は高くなりやすい)

時間帯によって料金が変わるのには、ちゃんとした理由があります。

一般的に午前中の引越しは予定通りの時間で始まりますが、午後の引越しはその引越しより前の引越しに遅れが出てしまったら予定がずれてしまう可能性があるため午後は多くの人が避けがちになっています。

こうなることで引越しをしたい人が集まる午前が高く、多くの人が避けがちな午後が安くなるのです。

1カ月の中でも安い時期と高い時期があります。

どんなオフシーズンでも、月末に近づくほど引越し代金は高くなる傾向があります。

これは、賃貸住宅の解約・退去を月末ギリギリに行う人が多いからです。

家賃自体は日割りになっても、マンションの管理費やレンタルしている設備のレンタル料が1カ月単位になっていることが多いため、できるだけ損のないように月末まで居ようとすることが関係しています。

しかし、1カ月分の管理費の一部が損になるよりも、引越し代金の差額の方が大きいのであれば、月末を避けて月の中旬に引越した方がお得になります。

見積もり料金に納得できない!相場より安い料金で引越しするコツ

引越し費用を相場よりも安くするコツは、引越し費用の仕組みをよく知っておくことです。

例えば、見積もりは荷物の量を見て行うわけですから、引越し先に持って行く予定のない物は、先に売るなり捨てるなりして処分しておき、荷物が減った状態で見積もりを取るようにすると安くなります。

また、不要なサービスはカットして自分でやることを増やすと、相場よりも安くできる可能性があります。

先にも述べている通り、引越しには定価がないため、最終的にはいかに引越し業者の営業担当者と交渉するかで、引越し料金が違ってきます

引越し料金の仕組みをよく知っていることが引越し業者の営業担当者に伝わると、足元を見るような高い金額をいわれることはなくなりますし、優位に話を進めることができます。

引越し業者のプロとの交渉となると、どうしても引越ししなければならない、できるだけ早く決めてしまいたいという雰囲気を出すと、すぐに感じ取られてしまいます。

引越し営業のプロよりも優位な状態で交渉をしたいなら、

  • 引越し業界がいつ暇なのか
  • 人やトラックが余っているのはいつなのか

ということをしっかり調べて、交渉材料にすることです。

引越しの少ない時期の少ない時間帯や曜日を狙えば、引越し業者の方が逃したくないと思うはずですから、その分優位に話を進めることができ、相場よりも安い価格で引越しできるようになるわけです。

【一括見積もり】引越し料金を相場より安くするおすすめの方法

引越し料金を相場より安くするためにおすすめするのが一括見積もりです。

一括見積もり
ネットで複数の会社に同時に見積もりを依頼できるサービス。

一括見積もりを利用することにより一番安い業者を見つけることができ、他社との交渉にもその情報を利用することができます

また、一括見積もりには口コミや体験談が掲載されているものがあるので、それをチェックしてみるのもおすすめです。

実際に利用した人の口コミは生の声ですから、自分と同じような環境や移動距離だとどのくらいの金額がかかるのか、どの引越し会社が使いやすいのかということもよくわかります。

複数の引越し業者のサービスをランキング形式で紹介しているサイトもあるので、ぜひ参考にしてください。

一括見積もりを活用し、気持ちのいい引越しをしましょう!

【この記事のまとめ】

  • 自分の状況に合った平均相場を知ろう
  • 引越しの仕組みを知り、有利な交渉を!
  • 一括見積でお得に引越しをしよう!

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

単身引越しはどこが最安値?実は業者選びは料金にあまり関係ない!

「引越し料金のことは正直よく分からないけど…とにかく安い業者にお願いしたい!…

安い引越し業者を探す人必見!単身・家族の費用で損しないポイント

引越ししたいけど安い費用で済ませたい…安い業者ってどこだろう…?

永遠の問題!引っ越しは自分で?業者に?どちらがお得か専門家に聞く

目次引っ越しを自分でするとかかる費用引っ越しを自分でするメリット自分の都合に合わせやすい自分で引っ越しをするデメリット自分で引っ越しをすると近隣住民が気を遣う?自分で引っ越しをするとトラブルの原因にな ...

安く引越ししたい!引越しにかかる費用を安く抑えるポイント6選!

「予想以上に引越し費用って高いな…」「どうしたら安く抑えられるかな」 引…

割引料金で引っ越したい!大幅に値下げするための方法まとめ

近頃では何かを買ったり利用したりするにしろ、多くのもので「特典割引」や「サービス付き」といったお得…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事