知りたい!引越しの訪問見積もりのホントのところ

単身引越し
わざわざ引っ越しの訪問見積もりなんていらないのに…などと思っている人はいませんか?面倒に感じられるかもしれませんが、訪問見積もりなしに引っ越しの金額が決まることはあり得ません。実際の荷物量や運び出す建物の状況、道幅などをトータルに見て値段が決まるからです。ここでは、引っ越しの訪問見積もりについて解説します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

訪問見積もりってどんなもの?

訪問見積もりとは、引越し業者の営業担当者が引越し前の建物を訪問して、引越しを依頼する人の立ち合いのもと、荷物の量や周辺環境についてチェックをして、見積もり金額を算出することをいいます。電話見積もりなどとは違い、実物の荷物の大きさや運ぶことになる荷物量を見て算定する金額ですから、電話見積もりなどで出してもらう概算よりも実際の引越し料金に近い数字が出ます。1回の訪問見積もりに複数の業者が同席することはなく、1社ずつ個別に行われるものです。必ず立ち合いが必要ですが、依頼人本人でなくても立ち合いをする人がいれば訪問見積もりをしてもらえます。

ただし、訪問見積もりでは実際の引越し料金を想定した金額が提示されるため、条件を出して値引き交渉を行おうと思ったら本人でないと難しいかもしれません。訪問見積もりでは、荷物の量から何人のスタッフとどのくらいの大きさのトラックが必要かという点をまず計算します。その後、道幅や扉の大きさ、運び出す経路の幅、障害物などの状態も見ています。大きなタンスや楽器などを人が担いでおろせるのか、それともクレーンでおろさなければならないのか、エレベーターは使えるのか、階段の踊り場は荷物を持って曲がれる広さがあるか、というようなことは、実際に訪問して確認しなければわかりません。

場合によっては特殊な方法で運び出さなければならず、その場合は追加料金が発生するため訪問見積もりは必ず必要になるのです。保護材はどのくらい必要なのか、ダンボールはいくつくらい必要になるのかなども見ています。また、周辺の交通の状況などもチェックしています。交通量の多い時間帯にトラックが道を塞いでしまうと近隣に迷惑をかけてしまいます。どこにトラックを止めることになって、どこで積み込めば良いのかといったチェックも行っているのです。

訪問見積もりを依頼するときに注意が必要なのは、見積もりを依頼したときの荷物量で金額が計算されてしまうという点です。処分を予定しているものは実際に運ぶときにはないのですから、計算に入らないようにしてもらう必要があります。例えば、ベッドのようなかさばる家具は、運ぶよりも処分して買い直した方が安く付く場合もあります。引越しを機に荷物を減らして引越し代を安く上げようと思っているのであれば、見積もりのときにきちんと抜いてもらわなければ損をしてしまいます。

電話見積もりとどう違う?訪問見積もりのメリットとデメリット

電話見積もりと訪問見積もりでは、全く内容が異なります。電話見積もりでは間取りや人数などから、およその荷物の量を想定して、平均的な金額を算出します。ですから、実際の間取りや荷物の量とは差があることが多々あります。例えば、ひとり暮らしの場合でも、部屋にほとんど物を置かない人と、部屋中ものだらけの人では必要になるダンボールの量は違うはずです。

また、備え付けの家具がある部屋で暮らしている人と、すべて自前の家具を置いた部屋で生活している人とを比べても、運び出す荷物の量に差が出てきます。そのような差を考慮せず、一般的な荷物の量で概算するのが電話見積もり、実際の荷物の量をもとに計算するのが訪問見積もりという違いだと思っておくと理解しやすいでしょう。

また、多くの引越し業者では訪問見積もり時にプレゼントがもらえるキャンペーンを行っています。成約を条件に余分にプレゼントが付く場合もありますが、訪問見積もりをしただけでもらえるプレゼントもあり、それはもし成約に至らなくても返す必要はありません。見積もりで値切ることはもちろんできます。複数の業者で相見積もりをしているときには、別の業者がいくらを提示しているということを言って下げてもらうことも可能です。

デメリットとしては、訪問見積もり時に無理やりダンボールを置いて行く営業担当者がいるという点です。ダンボールを置いて行かれた後、ほかかの引越し業者に依頼したことを理由に引き取りを希望すると、自力で営業所まで持ってくるように言われるケースがよくあります。ダンボールを置いていくという手を使う営業担当者は少なくありませんから、置いていこうとしたら「本格的に引越しを依頼することに決まってからにしてください」と断るようにしましょう。

ひとり暮らしの女性でも、訪問見積もりの立ち合いをしなければならないという点もデメリットのひとつになるかもしれません。引越し業者の営業担当者は男性がほとんどのため、ひとり暮らしの家に上げにくいという点はあるでしょう。単身女性を担当する女性スタッフのいる引越し業者もあり、そのような業者では女性スタッフを指名することが可能ですが、多くの場合は難しいため、友だちに同席してもらうなど、依頼者側で1対1にならない工夫をすることも必要でしょう。

訪問見積もりの事前準備は?

訪問見積もりでは、押し入れの中もタンスの中も、どれくらいものが入っているかくまなくチェックされます。もちろん、全部の押し入れや引出しを空けるわけではないので、「ここは今ちょっと整理できてないので開けないでください」と言えば開けないでもらえます。その代わり、そのようなときは空間にものがいっぱい詰まっているという想定で計算されることになることは覚悟しておく必要があります。いずれにしても、ほこりだらけのところをチェックしてもらうのは恥ずかしいものです。最低限の掃除はしておいた方がよいでしょう。

また、本来押し入れや収納に入っているはずのものが床などに散らかっていると、実際の荷物の量を見誤る場合があります。散らかっていると実際よりも荷物が多いという判断になり、引越し料金が高くなることにもつながるため、整理整頓をしておくことも大事です。

また、訪問見積もりの金額はそのまま引越し料金になることもあります。相場よりも安いのかどうかという判断が必要になりますから、同じくらいの荷物を同じくらいの距離運んだらいくらが相場なのかということも事前に調べておく必要がります。事前の準備ができているかできていないかでは、交渉できる内容が違ってきます。訪問見積もりでは値下げ交渉も行わなければ損ですから、事前準備をしっかりしたうえで臨みましょう。

やってしまいがち!依頼するときの注意点

訪問見積もりを依頼した場合、やってきた営業担当者にいきなり金額を聞いて値切り出す人がいます。訪問見積もりの金額は実際の荷物量などをしっかり見た後でしか出ないのですから、その金額が出る前から金額交渉に入ることはやめましょう。

また、訪問見積もりを複数に依頼している場合でも、競合があることを隠して返事を先延ばしする人がいますが、はっきり何日後に他社が見積もりに来るから、その結果と比較して決めたいと言っておいた方が親切です。いつ結果が出るのかわからない状態で見積もりに来てくれた業者を放っておくのはやめるようにしましょう。

それから、単身引越しパックのように、荷物の種類に関係なく台車1台分でいくらというような引越しパックの場合には、訪問見積もりを依頼する必要はありません。ただし、自分の運びたい荷物が台車に積める大きさなのか、全部積めるかどうかがわからないという場合には、確認が必要かを電話で問い合わせてみた方がよいかもしれません。パックプランが使えず、ほかのプランを依頼することになる可能性もあるからです。

いざ訪問見積もりスタート!どこをチェックすればいい?

訪問見積もりは最低でも15分、荷物が多い家族の引越しの場合には30分~1時間程度かかると思っておいた方がよいでしょう。まずは、家の中にある荷物の量をチェックし、続いて物置や車庫などにあるもののチェックをします。そのうえで、引越しの希望日や時間帯、どんな作業を引越し業者に依頼するかなどのヒアリングが行われます。エアコンの着脱作業はいるのか、梱包作業は依頼者自身が行うのかどうかといった点の確認も、このときに行われます。引越し後の不用品の処分はどうするか、車やバイクなどを引越し業者が陸送する必要があるかといった点の確認もあります。

ピアノのような別料金での輸送が必要なものについての運び方についても、この時点で相談があります。次に、当日の引越し作業内容について、引越し業者独特の考え方や強みになる部分の説明があります。他社より自社を選んでもらうためのアピールです。費用以外のメリットの部分ですから、費用を早く知りたくてもしっかり聞くようにしましょう。続いて引越し約款についての説明があります。

この引越し約款は、多くの引越し業者では国土交通省が定めた約款を採用しているのですが、なかには独自の引越し約款で作業を進めている業者もあります。そのような場合には、国土交通省の約款とどのような部分が異なるのかを訪ねてみてください。そこを突っ込むとごまかしが効かない相手だと思ってもらえるため、丁寧に作業を進めてもらえます。

その後、引越しにかかる費用の計算と、引越し希望日にスタッフやトラックが確保できるかどうかの確認が行われます。訪問見積もり当日に見積金額が出ますから、いくらまで下げてもらえれば即決するという値切り方をすることもできます。また、他社の見積もりと比較してから決めるのであれば、今日は返事できないけれど、〇日までには返事をするという答え方をしておく必要があります。

先にも述べた通り、荷物の量や周辺環境によって引越し料金が決まるため、訪問見積もりを受けないと、一部の引越しパックを除いては料金が出ません。面倒だと感じてもきちんと訪問見積もりを受けるようにしましょう。

見積もり終了後、キャンセルは可能?

見積もり終了後、即決するのであればその場で契約を結ぶことになりますが、他社の見積もりとの比較が済んだ後まで待ってもらうのであれば、後日改めて本契約をすることになります。見積もりが済んだ後にキャンセルは可能かという点ですが、まだ成約していない場合はもちろん、成約後もキャンセルは可能です。ただし、キャンセルするときは1日でも早くはっきりと伝える必要があります。

というのも、キャンセルする引越しのためにトラックもスタッフも確保してあるからです。早くキャンセルすれば、そのトラックやスタッフはほかの人の引越しに回すことができますが、ギリギリまで引っ張ってしまうと、大きな損害を負わせてしまうことになります。キャンセルをする場合には、今回は事情があって引越しを取りやめることになったという言い方でも構いません。

もしほかの業者に依頼することに決めたのであれば、自分はお願いしようと思っていたけれど、第三者の紹介を断れなくてほかの業者を選ぶことにしたという断り方をすると角が立ちません。断るのであれば、平日の昼間に営業所に電話をするようにすると、営業担当者に食い下がられる心配がありません。早めに断りの電話を入れるようにすれば、しつこく勧誘の電話がかかってくることはありませんから、決断は先延ばしにしないようにしましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

訪問なしの引越し見積もりをする人は損⁉値引きして最安値にするコツ

訪問見積りって何するの? 時間かかりそうだしめんどくさい…

【訪問見積もりはもう古い?】ネットで一括見積もりすべきポイント5つ

「引越しってどのくらいの費用が必要?」「どのプランや時期が最適なの?」 …

部屋が汚いんだけど… それでも引越しの見積りはできるの?

「部屋の片付けが面倒になったら引っ越せばよい!」そんな大胆な発想をする人がいるかもしれませんね。し…

同時に引越しの訪問見積りを進めたい!メリットやデメリットはある?

引越しのとき、引越し業者に支払う荷物の運搬費用は大きなウエイトを占めます。その費用を少しでも安く抑…

引越し見積もり初心者の注意点まとめ!損せず安心して引越すコツ9選

引越し見積もり初めてでわかんない…うまくできるかな…