どうすればいいの?引越し時の洗濯機の運び方

自力で引越しをするときに、立ちはだかるのが洗濯機の運搬です。ある程度の重さと大きさがあるので運びにくいだけではなく、誤った扱い方をしてしまうと新居で調子が悪くなってしまうこともあります。さらに、事前に確認しておかなくてはならないポイントも、ほかの家電より多くなっています。 引越しを期に新しいものに買い替えるとしても、これだけは確認しておきたいという項目をまとめましたので、参考にしてみてください。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

必ずチェック!洗濯機の引越しの事前チェック事項

普段は動かすことのない洗濯機を移動させるとなると、いくつか確認しておかなければならないことがあります。これは、洗濯機を持っていく場合も、古いものを捨てて新しいものに買い替える場合も共通する事項ですので、目を通しておいて損はありません。

最初に確認すべきは、設置場所です。搬入経路を全て考えてみましょう。洗濯機の幅よりも狭いドアや脱衣所の入り口などはないでしょうか。防水パンも大事です。新型の大きな洗濯機を買っても防水パンからはみ出すようならば、そのままは使えません。防水パンのフチの高さも、洗濯機にあたらないかどうか確認しておきましょう。

排水ホースから排水口への接続にも問題はないでしょうか。仕様が合わないものならば、適した部品を買っておく必要があります。排水口の位置が洗濯機の真下になってしまう場合には、真下用の排水パイプなどで調整します。給水ホースも蛇口と適合しないタイプであれば、壁ピタ水栓などの部品を使います。

新居に洗濯機を設置してから失敗に気付くのは、事前に設置場所の幅や奥行き、蛇口や排水口の確認をおろそかにしているためです。引越し前に、十分に下調べをしておけば、調整するための部品などを準備できるので上手くいきます。新たに購入する場合も、新居の図面とメジャーを持って売り場へ行くと間違いがないでしょう。

大型家電の移動は大変!洗濯機はどうやって運ぶ?

洗濯機や冷蔵庫は、毎日の生活のなかで使うものなので、どうしてもギリギリまで梱包はしたくないものです。ですが、引越し業者に依頼するのであれば当日でも問題なく運んでもらえますが、自分で運ぶ場合は事前準備がきちんとこなせるかどうかがカギです。

引越し作業そのものが午後からだから当日でも大丈夫などと思っていると、きっと後悔することになります。引越し当日は、ただでさえやることがたくさんです。直前まで使っていたものを梱包し、荷出し後の掃除、公共料金の精算や引越し業者への対応、近所の人へのあいさつなど、大忙しです。間に合わないなどの事態に陥らないように、前日までに処理を終わらせておきましょう。

洗濯機を運ぶには、ちょっとした手順が必要です。まず、中の洗濯物などは取り出して空にします。電源を切って水抜きしたうえで、給水と排水のホースを外し、次いでエルボとアース線も外します。これらの小物類は引越しのドタバタで紛失しやすいので、洗濯機の水槽内に張り付けておくと安心です。本体そのものは段ボールに入れられないので、梱包は必要ありません。古毛布などで包むくらいでいいでしょう。運ぶ際は重いので、腰を痛めないように気をつけながら、できるだけ本体を垂直に保つようにして運搬します。

水が漏れたら大変!洗濯機の水抜きは必要!?

洗濯機を移動させるにあたって、まずやるべきことは水抜きです。水抜きといってもピンとこない人もいるかもしれませんが、これをきちんとやっておかないと運搬中に内部に残っている水が流れ出して、ほかの大事な荷物を濡らしてしまうかもしれません。新居について早々、濡れた段ボールの対応に追われるなんて考えただけで疲れてしまいます。そんな事態に陥らないように、前日までに処理を終わらせておきましょう。

手順としては難しいものではありませんので、自分でも行うことができます。まず、給水ホースにつながっている蛇口を閉めます。それから、洗濯機の電源を入れ1分ほど待ちます。その後、電源を落とします。この作業で、給水ホースの中の水が洗濯槽に移動します。

次に、再度電源を入れて脱水コースで数分間運転します。これで、洗濯機内部と排水ホースから水が排出されます。この段階で、はじめて給水ホースと排水ホースを外します。給水ホースは変形してしまうと水漏れの原因となってしまいますので、取扱説明書を見ながら丁寧に行いましょう。排水ホースの先には、直角に曲がった部品「エルボ」があります。大事な部品ですので無くさないよう、洗濯機本体と一緒にしておきましょう。

そして、感電防止のためのアース線も外します。アース線のカバーを開け、アースネジを左回りに回していきます。ネジが緩んだら、アース線を下に引けば外れます。

引越し業者は取り外しから再設置までやってくれるの?

洗濯機は重量があり、新居での設置も慣れていないと手間取るものです。万が一、給水ホースの取り付けに不備があり水漏れして階下の家にまで被害が及べば、賠償責任を問われかねません。そんな事態を避けるためにも、ほかの荷物は自分で運んで、洗濯機だけ引越し業者に依頼することもできます。クロネコヤマトの引越し会社であるヤマトホームコンビニエンスやアーク引越センター、ダック引越しセンターでは、冷蔵庫や洗濯機などを単品で運送するプランがあります。

こうしたサービスでは、取り付けや取り外しは運送料のほかに別途オプションサービスとして料金が必要となります。ヤマトホームコンビニエンスの場合には全自動洗濯機の取り外しが1,500円、取り付けが3,000円で、ドラム洗濯機の場合には取り外し3,000円、取り付けが7,500円となっています。運送と取り外し、取り付けをお願いすると結構な価格になります。

移動距離や洗濯機のサイズにもよりますが、少しでも節約しようと思うならば、取り外しだけでも自分で行いましょう。取り付けは動作確認まで含まれますから、お願いした方が安心ですが、取り外しは簡単な作業です。

全てを引越し業者に依頼する場合は、洗濯機の取り外しから設置までの料金が含まれていますので、すべて任せることができます。ただし、水抜きだけは業者が来る前日までに済ませておきましょう。洗濯機だけを依頼する場合は、取り外しや設置も別料金となっていることが多いので、事前に見積額を見てどこまで頼むかを決める必要があります。

新しい洗濯機に買い替え!不要な洗濯機はどうする?

引越しを機会に、新しいものに買い替えるのも良い選択です。洗濯機は普段の生活で使う頻度が高いので、突然壊れたときに間に合わせで納得のいかない商品を買ってしまうこともあるかもしれません。引越しでの運送料や取り外し、設置の料金も意外とかさみます。ある程度、年数が経過しているものならば買い替えということも理にかなっているでしょう。

処分する場合は、ごみとして出す方法と売るという方法があります。前者は各自治体に連絡し、有料で粗大ごみとして収集してもらうものです。安くつきますが、自分の都合の良い日時を選べません。引越し日が迫っているならば、不用品回収業者に依頼することもできます。

年式が新しく傷や汚れがないものであれば、リサイクル業者や家電量販店に引き取ってもらうことも可能です。ほかにも売りたいものが多くあるならば、出張で査定に来てもらえることもありますが、洗濯機だけであれば出張費などがかかってしまうこともあります。購入時の情報が分かるものを手元に用意したうえで、まずは電話で問い合わせてみましょう。

一般的に、買い取ってもらえるものは購入から5年以内の美品となっています。査定前には、拭き掃除などは済ませて付属品をそろえておきましょう。買い取り価格は、状態や仕様に左右されますが、数千円から2万円程度と考えられます。

洗濯機を自分で運ぶことはできる!?

洗濯機も自分で運びたいという場合、注意する点がいくつかあります。洗濯機内部には衝撃を吸収するための吊り棒という部品があるのですが、これは衝撃に弱い部品です。横倒しにすると振動で壊れやすいので、持ち運びの際はできるだけ垂直を保つように意識して運びましょう。

車で運ぶときも、荒い運転は避けて慎重な移動を心がけましょう。人力での運搬中は、床などを傷つけないように古毛布やいらない段ボールを、補助の人に持ってついてきてもらうと、途中で一休みするときに便利です。台車を使う場合にも、家庭用の小さなものでは乗らないこともあります。業務用の大きなものがあれば、準備しておくと安心でしょう。

縦型の洗濯機ならばなんとか運べる重さですが、ドラム式となるとかなり手ごわいものです。80キロ近く重量があるので、腕力に自信のある人が複数いなければ困難ですし、運送経路で階段などがあれば、引越し業者に依頼した方が安全・安心です。

それでも自力で運搬する場合には、内部の洗濯槽を固定する長いボルトと金具が必要になります。購入時についている部品ですので、説明書などと一緒になっていないか探してみましょう。

もちろん、縦型でもドラム式でも、運搬の前日までに水抜きすることを忘れずにしておきましょう。

洗濯機の設置方法と手順は?

取り外しは簡単ですが、取り付け作業は少し難易度が上がります。設置で失敗してしまうと、水漏れなどのトラブルを引き起こしてしまうので、手順に沿って慎重に行いましょう。

その前に、そもそも防水パンに入らないこともあります。特に、最新型のドラム式などは大型になっているのでこうしたトラブルが見受けられます。その場合には、防水パン用の洗濯機スタンドなどで調整が必要です。事前に部品を用意しておかないと、後で自分たちで洗濯機を持ち上げるのは困難です。計画的に行いましょう。

まずは、洗濯槽内部の付属品を取り出します。そして、排水ホースの先にエルボをつなぎ、排水溝へと差し込みます。この段階で、水平をとれているか確認しましょう。洗濯機本体に水準器がついているはずですから、これで洗濯機が水平に置かれているか確認できます。傾きがあるようならば、付属の脚キャップを低い方に履かせて高さを調節します。水平になったら、ドライバーを使ってアース線を取り付けましょう。

そして、給水ホースを洗濯機にしっかりと取り付けます。次に、壁側の水道用コンセントに給水ホースをつなぎ、「閉」から「開」へとレバーを回します。最後に、コンセントを差し込んで完了です。もし、新居のホースや下水口、蛇口の規格が合わず取り付けができないときは、該当部分の規格をメモしてホームセンターへ行きましょう。対応する部品があるので購入し、それで取り付け直しましょう。念のために、動作確認を行うと安心です。水漏れする場合には、給水ホースを交換したり、給水継ぎ手の取り付け方を見直してみたりしましょう。

洗濯機の引越しで困らないために

洗濯機も、引っ越すとなれば事前準備が必要です。

まずは、新居での設置場所を確認し、そこへたどり着くまでの経路で洗濯機の幅よりも狭いところがないか、防水パンの大きさは十分か、また、蛇口の形状は一種類ではありませんから、排水口や給水の形状は合致しているかなども確認しておきましょう。

今使っている蛇口と新居とでは形状が異なっていることもあるので、その場合には部品が必要になります。さらに、ドラム式の場合には、防水パンからはみ出す場合があるので特に注意しましょう。

そして、前日までに水抜きを済ませることを忘れてはいけません。当日でも水は抜けますが、前日までにやれることは済ませておきましょう。運ぶときには垂直を保ち、設置の際は水平を保ったうえで動作確認まで行ってください。

初めてですべてを自分でやろうと思うとハードルが高いかもしれませんが、運送や取り付けだけを依頼できる業者もあります。一括見積りを使い、自分の希望に合った方法で安く頼める業者を探してみるのもおすすめです。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しでベッド運ぶのお金かかりそう…運搬料金を安くする1つの方法

「解体しないと引っ越し先のエレベーターに入らないかな?」 「階段で運ぶのは無理…

エアコンの引越しどうする?取り付け・取り外しは業者に頼んでらく…

「引越しの時、エアコンの取り付け・取り外しどうするの?」「費用っていくらぐらい…

冷蔵庫や洗濯機だけ引越したい!5つの運搬方法と料金相場まとめ

冷蔵庫とか洗濯機どう運ぼう…?何か運んでもらえる方法ないかな? 大…

冷蔵庫の引越しを安く簡単に行う方法とは?

引越しといっても、その内容はさまざまです。学生が一人暮らしを始めるための引越しと大家族の引越しでは…

レンタカーで自力引越ししたい!自力vs業者の料金比較と注意点

「自分でレンタカー借りて引越ししたいけど必要な手続きってあるのかな?」 「引…