プロに頼む?それとも自分で?引越し時の掃除

引越し 掃除
引越しの日程が決まると準備で慌ただしくなり、荷造りや引越し業者の手配などで頭がいっぱいになってしまうことがあります。しかし、引越しをする際に忘れてはいけないのが「清掃」です。きちんときれいにしてから退去をしないと、敷金が返ってこなかったり清掃費用を請求されたりすることがあります。そのような事態を回避するために、引越しにおける清掃の大切さについて見ていきましょう。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

退去時の部屋の掃除、どこまでやればいいの?

引越しで旧居を離れる際には、部屋を掃除してから出るのが一般的です。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざのように、ある場所を離れる際には汚れを残さないのが常識とされていますが、それは一体なぜなのでしょうか。もし掃除をしていない状態で部屋を引き渡すと、次の入居者のために誰かが前の入居者が去った後の部屋を清掃しなければなりません。それは管理会社だったり清掃会社だったり、大家さんだったりしますが、いずれの場合も清掃にかかる費用は前入居者に請求されることがあります。そのため、掃除をしておかないと、余分なお金が取られたり入居前に預けた敷金が戻ってこなかったりすることがあるのです。どこまで部屋をきれいにしなければならないのかは契約内容によって異なりますが、基本的に自分が汚した部分はきれいにしておくことがポイントです。部屋の清掃は引越しと同時にしなければならないということはなく、引越ししてから貸主立会いの元、引き渡しをするまでに時間がある場合は、引き渡しまでの間にきれいにしておけば大丈夫です。引き渡しでは部屋のカギも返還するため、引き渡し後は原則部屋に入ることはできません。それまでには、ガスや電気業者などとの立会いも終えておく必要があります。最後に部屋を出るときは、忘れ物がないかを確かめてから部屋の鍵を返還しましょう。

敷金ってどうすれば返ってくるの?

賃貸住宅に住んでいる場合、借りている間は自分の城として好きなように部屋をアレンジすることができますが、あくまでも「借りている」部屋なので、退去するときには原状回復をしなくてはなりません。原状回復とは、簡単にいうと自分が汚したり壊してしまったりしたものを、元の状態に戻すことを表しています。風呂場にカビや水垢があるならそれを取り除いておき、タバコで壁紙が黄ばんでしまったならそれを再び元の色に戻しておくことが原状回復となります。原状回復をしておかないと、敷金が返ってこない恐れがあるので注意が必要です。なぜなら、貸主側は次の入居者を気持ちよく迎えるために、部屋をベストな状態にしておかなければならないため、人件費やリフォーム代などが敷金から差し引かれるからです。また、原状回復以前に床にわたぼこりが落ちていたり、窓が黒く汚れていたりと、基本的なハウスクリーニングを怠ることでも敷金が返還されない恐れがあります。どうすれば敷金が全額返ってくるかは、契約書の内容や貸主の考え方によって変わるので確実なことはいえませんが、とりあえず部屋を借りている間は普通に過ごし、退去時にはできるだけ部屋を隅々まできれいに清掃しておけば、敷金が戻ってくる可能性は高くなります。

自分と貸主どっちが掃除をするの?

同じ部屋に長年住んでいると、故意ではなく部屋の一部が汚れてしまったり傷ついてしまったりすることがあるでしょう。それを全て借主側が負担する必要はなく、場合によっては貸主の方で清掃やリフォームを行う必要があります。経年劣化と呼ばれる、月日が経つことによって自然と色あせたりもろくなったりする部分については、入居者がきれいにする必要はありません。自然現象は借主側の落ち度ではないため、貸している方が費用を負担します。フローリング床のワックス剥がれや畳の変色など、普通に暮らしていて生じる通常損耗であれば、契約書に借主負担と明記されていない限り、敷金は返還されることでしょう。しかし、場合によっては借主・貸主どちらが負担をするべきか微妙なケースもあり、トラブルに発展することがあります。例えば、壁に空いた画びょう跡は、基準が曖昧です。穴の数が少しなら貸主負担となるケースが多いですが、穴がたくさんある場合は借主負担となることがあります。何個以上の穴なら借主負担などというラインはないため、貸した方の裁量で決まることがあるのです。トラブルを避けるために、原状回復と通常損耗について詳しく知りたい人は、国土交通省が発表している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考にすると良いでしょう。

場所別!オススメ効果的なお掃除方法&便利グッズ

掃除には、場所別に効果的な方法や道具があります。引越しの際、慌てると掃除用具も全て荷台に積んでしまうことがありますが、最低限の掃除用具は残しておきましょう。

・床(畳・フローリング・カーペット)

床を掃除するのに便利なツールは掃除機ですが、持ち帰るのが面倒なため、引越し荷物の中に入れてしまって大丈夫です。掃除機が無くても、フローリングワイパーと粘着カーペットクリーナーがあれば、たいていのほこりや汚れが除去できます。

・キッチン

キッチンを磨く用の洗剤とスポンジ、ゴム手袋があれば、かなりきれいになります。しつこい汚れには、スチールウールがあればベストです。

・壁、天井、窓ガラス

壁や天井は雑巾と壁用洗剤で水拭き、窓ガラスはガラス用洗剤で雑巾がけかスクイジーで水洗い、新聞紙を湿らせて拭くことでも汚れを落とせます。水拭き後に空拭きをすると、よりピカピカになります。新聞紙は空拭きにも使える、便利なアイテムです。

・ベランダ

枯葉や鳥の糞などを取り除き、雑巾を使って水拭きします。ベランダに使う雑巾には、室内を掃除してすでに汚れているものがリサイクルできます。

・襖、柱

水拭きできる部分は水拭きしておきましょう。襖が破れている部分については、契約内容によっては借り手が負担をすることがあります。

・トイレ、風呂

水拭きできるところは水拭きをし、汚れがひどい部分はブラシやスポンジを使います。水回りはそれぞれに適した洗剤を使用しましょう。トイレにはトイレ用のブラシがありますが、掃除用具をあまり持ち歩きたくない場合は、スポンジで代用できます。

・ペットが汚した汚れ

可能な限り、においが残らないくらいまできれいにします。洗剤を使うと、においがより早く取れます。ペットがつけた傷は、ペット可の部屋の場合、必ずしも借主が原状回復しなくても良いケースがあるので、管理会社などに確認しましょう。

業者に頼むとどれくらいかかるの?

引越し業者には、引越しプランによってさまざまなオプションが付いてくることがあります。掃除のサービスがその典型的な例で、引越し後に掃除をするために部屋に残ったり後日引越し先から戻ってこなくても良かったりするため、大変便利なサービスです。業者によって料金には幅がありますが、1Kでおよそ2万円から、2LDKでおよそ5万円前後からが目安です。清掃のプロであるハウスクリーニング会社に依頼する場合、引越し業者を介するよりもやや安価に依頼できる可能性があります。料金の目安は1Kで2万円から、2LDKで4万円台からで、どうしても時間的に掃除ができない場合や、汚れがひどすぎてプロに任せたいなら、引越し業者を介さずに直接清掃会社に依頼するのも良いでしょう。引越し業者のなかには、オプションにハウスクリーニングがあっても、仲介しているだけで結局は清掃会社に依頼しているところもあり、仲介料を取る分費用が高くつく場合があります。一方、クリーニング部門を持っている引越し業者もあり、その場合は逆に清掃費用が安く済む可能性があります。

引っ越し先って掃除するもの??

退去後、今まで住んでいた部屋を掃除するのは常識となりましたが、新居を掃除するという人はまだ少ないかもしれません。引越し先では、すでに前の入居者や管理会社などによって清掃されているとはいえ、場合によっては汚れているケースがあります。数カ月借り手がいなかったため、うっすらとほこりが積もっていたり物件を見学しに来る人たちが落としたゴミなどが残っていたりと、完璧にキレイな状態ではない可能性が否定できないからです。そのため、入居先はきれいだという先入観を持たず、こちらも引越しで荷物が運び込まれる前に掃除をしておいた方が良いといえるでしょう。荷物が運び込まれてからでは、ほこりやゴミが荷物の下敷きとなり、結局掃除しきれなくなってしまうかもしれません。退去時と同様、新居に入居する前には、ハウスクリーニング業者や引越し業者に依頼すると、掃除の手間をかけなくて済むので便利です。特に新居が旧居から遠い場合は、掃除のためだけに時間とお金をかけて入居先に行くことを考えると、業者に依頼した方がかえって安くつく場合もあります。プロが掃除をしてくれるため、自分たちで行うよりもきれいになる点も、業者に依頼するメリットのひとつといえるでしょう。

プロに任せれば間違い無し!!!

引越し費用を節約するために、できるだけ自分たちで清掃を行いたいと考える人は多いかもしれませんが、プロに任せた方がストレス無くスムーズに事を運ぶことができるかもしれません。慣れない引越しの清掃を自ら行うことによって、逆に汚してしまったり傷つけてしまったりする失敗も少なくはなく、結局業者に頼む羽目になって、より時間とお金を浪費する結果になる可能性はなきにしもあらずです。引越しは人生のなかでそれほど頻繁に経験するものではなく、慣れていない人の方が多いことでしょう。旧居の原状回復から新居の掃除まで、プロの業者は私たちの引越しをサポートしてくれます。しかし、ここで問題なのは、一体どの業者に依頼をすれば良いのかということです。数ある引越し業者やハウスクリーニングの会社のなかで、自分たちにピッタリのところを見つけるためには、一括見積もりができるサービスが優れています。複数の業者を1度に比較することができるため、時間の節約になります。忙しく慌ただしい引越しの前に貴重な時間を節約できるのが、一括見積もりの魅力です。引越しと清掃は、切っても切れない深い関係を持っています。引越し時の清掃に迷ったら、ぜひ一括見積もりサービスを利用してみてください。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…

少しでも敷金を取り戻したい!引っ越し時のクリーニング対策について

賃貸住宅を退去する際、汚した部屋をきれいにするハウスクリーニングを行うのが一般的です。このハウスク…