引越し時の片づけを少しでも楽にする方法

引越し 片付け
部屋を丸ごと空にするため、引越し時の片付けは普段の片付けとは違い、作業量が何倍にもなります。そのため、少しでも効率良く作業をして楽に後片付けをしたいというのが、多くの人の本音なのではないでしょうか。実は、計画的に行うと案外大変に感じないのが引越しの片付けです。では、一体どうすれば効率的に部屋がきれいになっていくのでしょうか。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

引っ越し当日までにやっておくべきこととは

荷造りをしなくて良いプランなど、引越し業者はさまざまに魅力的なプランを出しています。しかし、自分で荷物をまとめた方が、費用が安くなることがあります。また、たとえ荷造りをしなくて良かったとしても、整理をしておくことで引越し当日はスムーズに作業を終わらせることができるでしょう。部屋を片付ける流れは、まず大雑把に必要なものと必要ではないものとに分け、不用品は事前に処分しておきます。不用品を新居に持っていくことは、大変無駄な行為といえます。梱包・開梱、輸送など手間がかかるのにもかかわらず、結局入居先では場所を取るだけという無用の長物になるからです。引越しを機に、いらないものは処分しておきましょう。次に、必要だけれど今は使わないものをダンボール箱に詰めていき、続いて引越し当日まで使う分を残し、そのほかの生活に必要なものを梱包していきます。これらを詰めた段ボール箱は手前や上の方に積んでおくと、急きょ使用するときに取り出しやすくなります。ケガをしたり部屋を傷つけたりする恐れがあるため、タンスや大型の電化製品などは基本的にプロの業者に任せた方が良いでしょう。あらかた荷物の片付けが終わったら、雑巾がけなど軽く掃除をしておくと、見た目にもきれいに片付いているように見えます。

引っ越し前の片付けのポイントとは

片付けを早く終わらせるコツはできるだけ無駄な作業をしないことであり、片付けにはきちんとした手順を踏むことが大切です。手順の1番始めは、本格的に片付ける前にいるものといらないものを分けることです。そして、できるだけ早めに不用品は処分しておきましょう。部屋の中にスペースを確保すると、作業がしやすくなります。手順の2番目として、今が冬なら夏物の衣類など、すぐには使わないけれど後で使用する予定があるものを箱に詰めます。作業が進みダンボール箱の数が増えていくと、必然的に箱を上に積むようになります。今必要ないものは下の方に置かれても、取り出したり探したりすることがほとんどないため、引越し当日までそのままにしておくことができます。3番目の手順は、食器や衣類などを必要最低限のものだけ残し、後は梱包することです。万が一、急に使用するときのことを想定し、テープで箱を閉じずに開いた状態にしておくと良いでしょう。作業にかかる時間の目安は、1日1手順と考えてください。1日のうち半日しか時間が取れない場合は、2日で1手順とカウントします。例えば、週末だけに片付け作業ができる人は、およそ3〜4週間前に手順1を行い、次の週に手順2、その次に手順3を行ってください。平日も作業時間がある人は、1週間くらい前から片付けを始めても構いません。引越し作業ではどのようなハプニングが起こるかわからないので、前倒しで作業を進めていくことをおすすめします。

片付けで出たいらないものはどうするの?

引越しを機に不用品を処分したいと思っても、「いつかまた使うかもしれない」「これにはこんな思い出がある」など、いざとなったら捨てる踏ん切りがつかない人も多いかもしれません。必要なものと不用品を区別する方法は、どのくらいの間それを使っていないかによって判断することができます。1〜2カ月使用していないだけなら、これから先も使う可能性がありそうですが、丸1年以上押入れに入っているようなものについては、おそらくこれからも使用しない確率の方が高いといえるでしょう。また、捨てるのはもったいないと、古いものを長らくとっておいたとしても、実は意味がないという考え方もあります。旧式のものは現代の製品と比べると質が悪かったり、気がつかないだけで壊れていたりすることがあるからです。これから使う可能性があったとしても、古いものは一旦処分し、改めて使用する機会が訪れたときに購入しようと考えると、不用品の処分が上手くいくことでしょう。不用品の処分は回収業者に依頼する方法もありますが、引越し業者に引き取ってもらうこともできます。引越し業者に頼んだ方が一度に交渉が済むため、効率が良いといえます。

不用品の相場とは

引越しは大掃除や普段の片付けとは違い、ゴミの量が何倍にもなることが多いです。大型の不用品を処分することもあり、処分にかかる費用は結構な額になる可能性が高いでしょう。不用品の処分を専門とする回収業者に頼む場合、テレビ1台3,000円、タンス5,000円など、ひとつひとつ細かに値段が決められています。それにプラスしてトラック代や出張費がかかるため、不用品の量が多いとかなりの額になってしまうことがわかります。しかし、詰め放題パックを選択すると、シングルルームの場合2万円で全ての不用品を引き取ってくれるなど、お得になるプランもあります。不用品回収業者だけではなく、引越し業者によっては不用品を処分してくれるところもあります。引越し業者の場合も回収業者同様、不用品1個につき数千円かかるのが相場です。場合によっては無料で処分してくれる業者もあるので、一括見積もりなどを利用して賢く探してみましょう。また、引越し業者のなかには、単に不用品を処分するだけではなく買い取りをしてくれるところもあります。そのため、引越し代金が少しでも安くなる可能性があるので、利用者にとってはとてもうれしいサービスが展開されています。

引っ越し後の片付けを楽にするには

引越しにおいて、無駄な作業はNGです。引越し後の無駄な作業といえば、どこに何を入れたのかがわからなくなり、手当たり次第箱を開けて散らかしてしまうのが典型例でしょう。また、引越し後の荷解きにかかる時間は荷造りにかかる時間よりは少なく済むものの、荷造りとは違い「この日までに荷解きを完了しなければならない」という締め切りのようなものがないため、モチベーションが低くダラダラと作業を進めてしまうことも多いです。荷解きを効率的に行うコツは、実は、荷造りのときのちょっとした手間にかかっています。ダンボールは一見してどれも同じに見えますが、ダンボールを閉じるときに使用するテープの色を変えることで、ある程度のカテゴリーに分けることができます。例えば、茶色のテープは風呂やトイレ用、赤はキッチン用、緑はリビング用、黄色は子供部屋用など、色を使い分けるだけでそれぞれのダンボールをどの部屋に置くかがすぐに決まります。さらに、色分けされたダンボールの上面や側面に、マジックで「タオル」「電化製品」など、中に何が入っているかを書いておくと、さらに効率的に荷解きができます。荷解きの順番は、引越し後にすぐ使用する予定があるものから行うのがおすすめです。食器類や洗面用品などから荷を解いていきましょう。

引っ越し後にでたダンボールはどうするの?

家族の数や部屋数が多ければ多いほど、引越しに使用するダンボール箱の数は増えていくことでしょう。引越し前には気にならなかったものの、引越し後に出た空ダンボールの数の多さを見て、驚く人は案外多いかもしれません。ダンボール箱は箱の状態から崩して平らにし、スペースを節約することができますが、とはいえ何十枚もあれば処分には相当苦労します。また、ダンボールは長い間家に置いておくと、ゴキブリなどの虫が住みついてしまうかもしれないので、引越しが終わり次第、できるだけ早く処分する必要があるものです。ダンボールの処分方法としては、いくつかの束にまとめて、自治体の定める日にゴミとして出す方法があります。この方法には手間も時間もかかりますが、料金はほとんどかかりません。また、自治体のリサイクルセンターに持ち込むことができる場合もあるので、自治体に確認してみましょう。便利な方法として、引越し業者に回収を依頼する方法があります。引越し後、数日たったら引き取りに来てくれるので、利用者の手間がほとんどかかりません。引越し業者のダンボール回収費用は引越し料金に含まれていないことが多く、オプションで扱われている可能性があります。まずは業者に相談して、費用がどれ程かかるのかを聞いてみましょう。費用がかかったとしてもそれほど高くはなく、1,000円程度がおおよその相場となっています。

引っ越しの片付けのオプションサービス

自分では頑張っていると思ってはいるものの、全然引越し後の片付け作業が進まないということもあるのではないでしょうか。引越し後の片付けは引越し前の片付けとは違い、どこに家具を置くか、どこに何を収納するべきかをはじめから考えなければならないため、いろいろと時間がかかってしまうことは仕方ないことです。引越し後の片付けポイントは、まずサイズの大きなものから片付けていくことです。家具や電化製品の配置を決めてから、徐々に小さなものを収納していきます。この順番を間違えると、作業量が何倍にも増えてしまいます。例えば、タンスに物が詰まった状態でタンスを動かさなければならなくなった場合、安全を考えて一度中に収納されている物を全部取り出す必要があるからです。また、荷解きの際に出たダンボールは、順次箱の状態から平らな状態にしていき、部屋のスペースを広くするように心がけましょう。どうしても引越しに関する片付けがうまくいかない場合は、引越し業者の片付けオプションサービスを利用するのもひとつの手です。引っ越し前でも後でも、片付けオプションサービスは利用できます。そのようなサービスがある引越し業者を探すには、一括見積もりが便利です。一括見積もりでは簡単に自分にぴったりのプランを提供する業者を見つけることができるので、とても魅力的です。

今までは引越しをするたびにどっと疲れていたのが、一括見積もりサービスを賢く利用することで、疲れ知らずに引越しが完了することでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…

少しでも敷金を取り戻したい!引っ越し時のクリーニング対策について

賃貸住宅を退去する際、汚した部屋をきれいにするハウスクリーニングを行うのが一般的です。このハウスク…