費用を抑えたい単身引越しの方必見!一括見積もりで料金50%オフ

単身引越し
単身の見積もり料金相場ってどれくらいだろう?安くする方法はあるのかな…? 引越し料金は荷物の量で決まります。単身なので荷物は少ないですが、見積もりや梱包など1人で行わないとならないため案外大変かもしれませんね。そこで、単身引越しを楽にするために一括見積りという方法があります。 この記事では、一括見積りのほかに、さらに安くする方法もご紹介するのでぜひ参考にしてください!

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

単身や一人暮らしの引越しなら、一括見積りが絶対に楽!

引越しにはたくさんの「大変」が付いてまわりますが、見積りはそのひとつといえるでしょう。見積りは各業者のサイトからでも行うことができますが、いくつもの業者のサイトを巡って同じような情報を入力していく作業は、時間も労力もかなり消耗してしまいます。そのため、1社ずつ見積りをとるよりも、たった1回の見積り依頼で複数の業者から見積りの連絡がくる一括見積りサービスが効率的です。業者のサイトから見積りをとる場合は、各サイトの見積りフォームから行うことができます。一括見積りサイトも同様に、サイト内にある「見積りを依頼する」旨が書かれたアイコンをクリックして、必要事項を記入するフォームへと進みます。 また、ネット以外でも、見積りの申し込みをすることは可能です。各業者のサイトにある番号に電話をすれば、後日見積りのための連絡がきます。電話は会社ごとに受付時間がありますが、ネットを介した場合は24時間いつでも見積りが依頼できるので、朝から夜まで忙しい人でも見積り依頼がしやすいです。

大手引越しサービスの見積り方法!基本はネットで完結できる?

テレビコマーシャルでもおなじみの大手引越しサービスの多くは、基本的にインターネット上や電話で見積り依頼が完了できます。家族単位の引越しであれば訪問見積りをすることもありますが、単身者の場合は荷物が少なく、見積りフォームに正確に荷物の量や大きさなどを入力すれば、かなり精度の高い見積り結果が得られます。ネットを使った見積りは訪問見積りとは違い、初めからかなりシビアな額を提示しています。そのため、交渉をしなくても割安な価格で引越しができる可能性が高いです。見積りを申し込む時に入力する回答は、各業者によって違いがあります。家具や家電のイラストが付いていて、それがいくつあるかを入力していくタイプのものもあれば、部屋の間取りを入力するだけで見積りを出してくれるところもあります。

安い引越し業者だけではない!サービスやオプションにも注目?

少しでも引越し代金を浮かして、新生活の資金に充てたいのが多くの人の共通した考えなのではないでしょうか。もしも自分の荷物が少ないと感じたら、引越し業者ではなく宅配サービスに依頼した方がお得になる可能性があります。特に家具や家電付きのウィークリーマンションやホテルなどに住んでいる場合は、それほど新居に運ぶ荷物の量は多くはないことでしょう。しかし、宅配サービスの方がお得になるとはいえ、今住んでいるところから引越し先までの距離が長い場合は、それ相応の料金がかかってきます。引越し代は荷物の量や配送距離よって変わってくるため、まずは一括見積りサイトを利用して、最安値の価格帯を調べておきましょう。 また、その際に大切なことは、価格だけにとらわれないことです。最安値を提示する引越し業者では、サービスをかなり削ぎ落としているから安いという可能性があります。他の業者の代金が高く見積もられていたとしても、サービスやオプションが充実していたり、信頼できる業者だったりするならば、そちらを選択するのは間違ったことではありません。

単身の見積もりが安くなる時期は11月!業者毎に共通しているの?

引越し代を抑えるコツは見積りの比較だけではありません。引越しをする時期を選ぶことでも、代金を安く上がらせることができます。引越しシーズンである3月と4月は、どの引越し業者の料金相場も高くなります。そのため、2月や5月など少し月をずらすだけで、引越し代を大きく抑えることが可能となります。特におすすめの月は11月です。9月と10月は企業の異動の時期や大学の後期が始まる時期と重なり、第2の引越し繁忙期となります。それがいったん収束するのが11月で、11月は引越し業界にとって依頼が少ない閑散期にあたります。しかし、どうしても引越しシーズンに引越さなければならないということもあるでしょう。繁忙期であっても業者ごとに値引き交渉をすることは可能なので、積極的に交渉してみてください。

単身の見積もりを安くしたいなら割引サービスをフル活用!

各引越し業者によって、顧客のニーズに合わせた割引料金を提供していることがあります。WEB申し込み割引は、オンラインで予約した場合適用される割引で、電話や訪問見積りなどでの申し込みは対象外です。平日割引は引越しが集中する土日祝日を避けた場合に有効で、エリア割引は指定された区域内での引越しに適用されます。複数ボックス割引は滑車付きコンテナが2台以上になってしまった場合に料金が割引され、早期申し込み割引は引越し予定日の2週間前などに予約をすることで得られるサービスです。業者によってはこのような割引サービスがない場合もありますが、大手で積極的に割引サービスを提供しているところもあります。代表的なのは日通とクロネコヤマト(ヤマトホームコンビニエンス)です。単身者の引越しは荷物が少ないといえども決して一筋縄ではいかないので、一括見積りサービスを利用して賢く手軽な引越しを実現しましょう。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

単身と家族の引越し費用を相場より安くしたい?お得なポイントまとめ

「引越しのサービスって単身と家族でどう違うの?」 「単身と家族での引…

単身引越しにかかる費用は「荷物量」で決まるってホント!?

引越しは、簡単に言ってしまえば「荷物を運ぶ」ということにほかなりません。つまり、どれだけの荷物を運…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引越しにかかるお金です…

長距離の単身引越しをする時、相場はいくらくらいかかる?

引越しをするとき、「距離」はとても大きな要素になります。なぜなら、引越しにかかる日数や費用に大きな…

単身の海外引越しはどうすれば良い? 費用を少しでも抑える方法は?

単身赴任や留学などで海外に単身引越しをする場合、荷物はどうすればいいのでしょう。 国内の有名な業者に…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事