【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!」 実は、引越し費用は「時期」「荷物量」「オプション料金」などによって大きく変わります!安く抑えるためには、工夫するポイントがいくつかあります。 また引越しにかかる総費用は、引越し代だけでなく物件や家具家電の費用も含めて考えなくてはいけません。このページでは、引越し全体にかかる費用の解説や平均相場、また安く抑える方法を紹介いたします。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

一人・二人暮らしの引越し総費用はいくらかかる?

物件にかかる費用は家賃の6〜7か月分は見積もっておこう

引越しには多額の費用がかかりますが、そのなかでもっとも気になるのは「不動産屋に支払うお金」ではないでしょうか? 賃貸物件への引越しの場合、引越し料金だけでなく物件の不動産屋に支払うお金がかかります。不動産屋に支払うお金は敷金や礼金以外にも仲介手数料や前家賃などが含まれ、その相場はなんと家賃の6〜7か月分!では、以下の表で、実際に内訳を解説していきます。

項目 相場 内容
敷金 家賃2か月分 大家に預ける保証金。未払いの賃料がなければ返還される
礼金 家賃2か月分 大家への謝礼として払うお金。基本的に返還はされない
前家賃 家賃1か月分 家賃発生月の翌月の家賃のこと
日割り家賃 家賃日割り計算額 月の途中から家賃が発生する場合に、日単位で計算した家賃のこと
仲介手数料 家賃1か月分 不動産会社に支払う手数料
火災保険料 1.5~2万円 賃貸契約では加入することが義務付けられている
鍵交換費用 1~2万円 賃貸契約では加入することが義務付けられている

仮に家賃6万円の物件に引越す場合、不動産屋に支払う金額は約36〜42万円!かなり大きな負担となってしまいます。もちろん、すべての物件にこれらの費用がかかるわけではありません。敷金や礼金、仲介手数料が安い(または不要)の場合や、クレジットカードによる分割払いが可能なケースもあります。家賃だけでなく、これら初期費用が少ない物件を選んでみてはいかがでしょうか。

【一人暮らしの場合】物件・家具家電・引越し代を合わせて総額はいくら?

物件の不動産屋に支払う金額は家賃6〜7か月分かかることがわかりました。しかし、引越しの総費用はこれに加えて、家具家電や引越し代がかかります。では、一体総費用はいくらになるのでしょうか?ここでは、一人暮らしで家賃6万円の賃貸物件に引越したケースをモデルに解説していきます。

初期費用 6万円×6か月=36万円
家具家電 約10万円(最低限揃えた場合)
引越し代 約5万円(~100km圏内の場合)
合計 約51万円

家具家電の購入費用は人それぞれですが、テレビや冷蔵庫、洗濯機など生活に必要なものを最低限用意した場合の金額を算出しています。

【二人暮らしの場合】物件・家具家電・引越し代を合わせて総額はいくら?

では、二人暮らしの引越し総費用はいくらかかるのでしょうか?ここでは、二人暮らしで家賃8万円の賃貸物件に引越しをしたケースをモデルに解説していきます。

初期費用 10万円×6か月=60万円
家具家電 約10万円(最低限揃えた場合)
引越し代 約7 万円(~100km圏内の場合)
合計 約77万円

二人暮らしの場合も、家具家電は前の住居から持ってきたり、新たに新調することも考えられるので、その費用は人それぞれかもしれません。ここでも最低限揃えた場合とさせていただきました。 家具家電については、今使っているものをそのまま使用するなど、必ずしも購入する必要はありません。とはいえ新しい部屋にマッチするようなものや、以前から欲しかったものなど、引越しを機にリニューアルを検討する方が多いのではないでしょうか。少しでも充実した新生活を迎えるためにも、引越し代や物件の初期費用などは安く抑えたいですね。

【時期別】あなたの引越し条件で費用はいくらかかる?

引越しは閑散期、繁忙期で費用が大きく変わる!

引越し費用を抑えるうえで、是非覚えておきたいのが繁忙期と閑散期です。これによって費用は大きく変動します。 「繁忙期」は、進学や就職など新生活が始まる3・4月頃です。この時期は入学、転勤などで引越し件数が増加するため、引越し業社の価格も割高になります。費用を抑えたいのなら、できれば繁忙期での引越しは避けべきでしょう。 一方「閑散期」は引越しのオフシーズンで割安になります。時期は、1・5・6・11月頃です。件数も少ないため値段交渉が行いやすく、それによりさらに料金を下げられることもあるので、この時期の引越しは非常におすすめです。

閑散期・繁忙期の引越し費用平均相場

では、閑散期と繁忙期の引越し費用はそれぞれいくらかかるのでしょうか。また、どれくらいの差があるのでしょうか。 単身・二人暮らし・三人家族以上それぞれの平均相場を以下にまとめているのでぜひ参考にしてください。

1人暮らしの場合
距離 閑散期(1,5,6,11月) 繁忙期(3,4月)
15km以内(市区町村内) \29,000 \54,000
50km以内(都道府県内 \31,000 \59,000
100km以内(同一地方内) \39,000 \74,000
200km以内(近隣地方内) \57,000 \112,000
300km以内(遠距離) \80,000 \159,000
2人暮らしの場合
距離 閑散期(1,5,6,11月) 繁忙期(3,4月)
15km以内(市区町村内) \36,000 \70,000
50km以内(都道府県内 \39,000 \75,000
100km以内(同一地方内) \48,000 \92,000
200km以内(近隣地方内) \68,000 \134,000
300km以内(遠距離) \89,000 \176,000
3人家族の場合
距離 閑散期(1,5,6,11月) 繁忙期(3,4月)
15km以内(市区町村内) \54,000 \100,000
50km以内(都道府県内 \57,000 \106,000
100km以内(同一地方内) \68,000 \126,000
200km以内(近隣地方内) \91,000 \173,000
300km以内(遠距離) \114,000 \218,000

引越し費用は荷物量・オプション料金でも大きく変わる!

引越し費用はそもそもどうやって決まる?

引越し費用は、時期によって大きく変動することがわかりました。では、他にも引越し費用を安くする方法はあるのでしょうか?それを知るためにもまずは、どうやって引越し費用が決まるのでしょうか?

引越し費用=基礎料金+実費+オプション料金

引越し費用は基本的にこのような内訳となっています。 「基礎料金」はあらかじめ国土交通省によって定められている標準引越運送約款というものに基づいて計算されています。また、荷物量によって決まるトラックの大きさもこの項目に含まれています。 「実費」は、人件費やダンボールなどの資材費、交通費などです。 「オプション料金」は、エアコンの取り外し、取り付けやピアノの運送などが挙げられます。業者によってはオプションサービスとしているところもあります。 これらの合計が引越し費用として業者から請求される代金となります。

家具・家電の運搬には別料金がかかる可能性があるので注意!

付帯サービスは引越し業者によって異なります。たとえばエアコンや大きいベッドなどは、ほとんどの引越し業者で付帯サービス料となっています。また、ピアノは運搬を断る引越し業者もあるので見積もりをする際にしっかり確認しましょう。 付帯サービスが付きすぎて費用が跳ね上がることもあります。古くなった家具家電は買い替えを検討するなど、荷造りの際に取捨選択をしておきましょう。

どの業者がおすすめ?特徴を比較して検証!

引越し費用の内訳がわかったところで、今度は引越し業者を選んでいきましょう。どの業者にするかは引越しをする際に一番気になるところですよね? そこで、実際に利用した方の口コミをもとに引越し業者のサービスや料金の満足度をランキング化!あなたにピッタリの業者を探しましょう。

費用、サービスやプラン、スタッフの質など引越し業者を選ぶ基準は人それぞれ。業者それぞれの特徴を理解したうえで選択しましょう。

引越し費用を安く抑えるための2つの方法

訪問見積り時に引越し業者に値切り交渉をする

訪問見積りの時には必ず値引き交渉をしましょう。 そのためにあらかじめ他社の見積もりをもらっておいたり、相場を把握しておく必要があります。 また業者が契約を取りたいがために、訪問見積り時に「今決めてもらえたら〇〇円にします」と即決を求めてくることがあります。 その場合も数社の見積り料金を見てから判断するようにしましょう。金額を下げることが難しいのであれば、無料でプランを追加してもらう、といった交渉の仕方もあります。

業者名 特徴・口コミ
アート引越センター 業界最大手でプランやオプションサービスが充実している。顧客満足度ランキングでも1位に輝いており、口コミの評価も高め。
サカイ引越センター 大手業者でオプションは充実している。全国に支社が多く、スタッフの質が高く仕事が丁寧と評判。
ハトのマークの引越センター 単身パックが非常に充実しているので単身者はもちろん荷物の少ない人にもおすすめ。
クロネコヤマト引越センター 運搬や荷造り、梱包など宅急便で培ったノウハウで確実で質の高い輸送。また、割引サービスも充実
アリさんマークの引越社 作業員がすべて正社員、準社員でスタッフの質が非常に高いため丁寧な作業を行う。

一括見積りサイトで相見積もりをして費用を比較する!

1社ずつコンタクトをとり見積り金額を提示してもらっては、時間と労力がかかってしまいます。しかし、一括見積りサイトは1度に複数の業者から見積もりをとれるので非常に効率的です。 また、一括見積りサイトの中には自分が知らなかった業者も含まれていますので、自分の希望により近い業者が見つかります。 一括見積りサイトで費用やサービスを比較してお得に引越しをしましょう!

【コラム】引越しの費用に関する実際あったトラブル・悩み

高すぎて払えない…初期費用どう払えばいいの?

ここまで説明してきた通り不動産屋に支払うお金はかなりの額が必要なので、急な引越しの場合は用意が難しいかもしれません。 しかし不動産会社の中には、初期費用を分割払いできるところもあります。その場合、クレジットカードによる分割支払いが一般的です。また、使用できるカードの種類も限られているので契約前に不動産会社に確認しておきましょう。

ストーカー被害で引越しするけど私が費用を負担するの?

2015年に「ストーカーやドメスティックバイオレンス(DV)の被害者らが避難するための転居費用を公費で負担する」制度が導入されました。 この制度は、「被害者の安全確保のためには加害者と引き離すことが重要で、転居に伴う費用を負担することで新たな被害を防ぐ」という目的があります。あまり知られていない制度ですが、これが適用されれば上限7万円まで警視庁に引越し費用を負担してもらえます。援助を受けるには、最寄りの警察署等で「援助申出書」を提出します。

同棲を解消したけど費用はどうなるの…?

同棲を解消した場合はどちらか一方が出ていくか、どちらも転居することになります。 同棲解消時にもし退去する場合は、引越し費用、退去費用(どちらも転居する場合)、一人暮らしにかかる費用などがかかります。退去にかかる費用や家具家電の分配に関しては、2人でしっかり話し合って慎重に決める必要がありそうです。

生活保護者の場合、引越し費用は支給される?

生活保護者の場合でも法律によって定められた16の支給条件の内どれかひとつに当てはまれば引越し費用を支給してもらえます。転居をしたい場合、16個の支給条件に自分が当てはまるか確認してからケースワーカーに相談してみるとよいでしょう。

転勤をした場合、会社の経費で落とせる⁉

サラリーマンが会社都合の転勤で引越しをする場合、それに伴う費用は確定申告の際、経費として計上される可能性があります。これは「特定支出控除」という制度で、給与所得控除額の1/2を超える場合に適用されます。 給与所得控除額の算出方法は次のようになります。 例えば年収600万円の場合、年収(600万)×20%+54万円=174万円となります。 この金額の1/2なので、87万円を超える特別支出がある場合は還付されます。 引越し費用だけで自身の給与所得控除を超えることは難しいかもしれません。しかし給与所得控除は転勤に伴う交通費や宿泊費、保険料なども含まれるので、対象のものはすべて計上しておくとよいでしょう。

【この記事のまとめ】

  • 初期費用は家賃の6~7万円を想定しておくべき。
  • 越しの総費用は「初期費用」「家具家電」「引越し費用」の3つを考えなければならない。
  • 引越し費用は、「時期」「荷物量」「オプション料金」によって変動する。
  • 引越し費用を安く抑えるためには、訪問見積り時に見積もりをしたり、一括見積りサイトで相見積もりをする。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

入居や退去に備えて… 賃貸物件の引越しで気をつけるポイント5選

「転職して新たな住居へ、引越し費用を出来るだけ抑えたい!」

4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さ…

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越…

母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな…

同一市内に引越しをする際の費用相場と費用を安くする方法をご紹介

目次同一市内に引越しをするときの費用相場同一市内に自力で引越しした時の費用同一市内の引越しでも業者によって差が出るのか同一市内を安くする方法 同一市内に引越しをするときの費用相場 生活圏は変えたくない ...