ネットで引越しの見積り!やり方と注意点まとめ

引越し日も決まりいよいよ業者に見積りをとる段階で、どうやって見積りを取れば良いか、どの見積り方法を利用すれば費用を安く抑えられるかなど、悩んでしまうかもしれません。見積りを依頼する方法には、電話や訪問などいくつかのやり方がありますが、今回は手軽にできるインターネットを利用した見積り方法を紹介していきます。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

引越しの見積り方法が知りたい!ネットでする方法って?

インターネットが発達した現代では、ネットのみを使って引越しの見積りをとることが可能です。ネットを使用すれば24時間年中無休で見積りが依頼できるので、毎日忙しく働いている人や、夜勤の仕事などをしている人などにとって使い勝手がよいです。ネットでの見積り依頼方法は大きく分けて2つあります。ひとつは引越し業者の公式サイトに行くやり方です。まずは画面の中にある見積りアイコンをクリックし、その後住んでいる地域や引越し先、家財の数や種類などを回答したり、引越しプランのコースを選んだりして、引越しに必要なおおよその金額を算出します。ネット上のもうひとつの見積りサービスとして、一括見積りサービスというものがあります。こちらは特定の引越し業者の提案する金額を知るだけではなく、いくつかの業者の見積り金額も出してくれるため、容易に料金を比較することができます。金額以外にもサービスやオプションの比較もできるため、一括見積りサイトは少しでも引越しをお得に行いたい人にとって役立つサイトです。

訪問なしでも大丈夫?ネットのみで見積りは完結できるの?

引越し見積りのためには、業者が実際にお客様の自宅に足を運んで見積りをする訪問見積りをした方が良いということがよく聞かれますが、業者によってはネットの見積りのみで大丈夫なことがあります。これは業者によって異なりますが、訪問見積りを強く勧めてくるところもあれば、ネットのみでも可能なところもあるので、まずは一括見積りサイトを訪れて業者ごとにどのようになっているのかを確認してみると良いでしょう。ただし、場合によってはどの業者でも訪問見積りをしなければならない可能性があるので注意しましょう。ネットのみで見積りを終えられるケースでは、荷物が少なかったり、依頼したいプランが明確に決まっていたりするなど、条件が限られます。

予約はちょっと待って!お得に依頼をしたいなら…

お得な業者が見つかったらすぐにでも予約をして引越し日を確定させたい人は多いでしょうが、一旦呼吸を整え手を置いてみましょう。実は、ネットで引越し業者を予約する場合、お得な特典や値引きキャンペーンなどが展開されていることがあるからです。特典やキャンペーンは、見積りサイト経由でのみ適用される場合があり、訪問見積りなどその他の見積りには対応していない可能性があります。もしもキャンペーン中なのにそれを知らずに予約をしてしまったら、損をした気になることでしょう。見積りサイトを隅々までよく観察し、キャンペーンの対象になっているコースは何かをチェックしてから、予約画面に進みましょう。

依頼時期を考えよう!繁忙期を避けるのは鉄則!

ネットで見積りをとることによって引越し代金が安くなったとしても、3月・4月の入学や転職、9月・10月の移動や転勤などの引越しシーズンに重なってしまうと、引越し代金が通常よりも高くなってしまいます。そのため、せっかくネット見積りで節約した分が帳消しになる可能性が高まります。夏休みやゴールデンウィークの時期に旅行代金が高くなるように、新学期の時期は引越し代金が高くなることを頭に入れておいてください。引越し時期に余裕があるのなら上にあげた4つの月を避け、その前後に予約を入れると料金はもっと安くなります。引越し時期を逃すと良い物件がなくなるかもしれないと焦る人もいるかもしれませんが、不動産屋も同じく新学期の時期は繁忙期になるので、逆に良い物件がなかなか自分のところに紹介されない恐れがあります。繁忙期ではなく閑散期を賢く利用することで、物件探しも引越しもお得にできることでしょう

見積り依頼は出した!この後の流れは?

引越し見積りサイトなどで見積りを依頼した後は、まずは業者からの連絡を待ちます。1〜2日ほどで折り返し連絡がくることでしょう。訪問見積りが必要なければ見積りサイトから受け取った予約メールを相手方に送るなど、業者の指示に従います。一方、訪問見積りの必要があるのなら、業者からの返答を待ち、連絡が来たら訪問日を決めます。見積り訪問日に話し合いや価格交渉をし、その場で引越し日を確定させるのが基本的な流れとなっています。

安く済ませるにはどうしたらいい?最適な方法は?

引越し業者は多様なプランを出していますが、自分に1番合うプランを選ぶことで、料金を低く抑えることができます。例えば、時間に余裕がある人の場合は、荷造りや荷解きを自分で行うプランを選ぶと、引越し料金が節約できます。体力に自信がある人は、ドライバーとトラックのみで自分で引越し荷物をトラックに詰めたり降ろしたりするプランを選ぶと、さらに安く引越しが可能です。引越しで運ぶ荷物の量を減らすことも大切な要素で、荷物を詰めるトラックのサイズが大きくなればなるほど引越し代金も高くなっていきます。荷物をコンパクトにまとめることで、引越し代もコンパクトになります。また、低価格での引越しを実現させるためには、業者との交渉も必要不可欠です。交渉次第では見積り価格よりも安くなる可能性があるので、ぜひ交渉にチャレンジしてみてください。一括見積りサイトを賢く使うと、従来の引越し料金よりもかなりお得に引越しができることでしょう。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越しは見積もり料金の比較が最重要!お得な金額で引越そう!

「引越しの見積もりは比較しないと大赤字?」 引越しをしようと…

しつこい営業電話をなんとかしたい!円滑に引越しの見積りをするに…

「引越し見積もりの電話がしつこい…」 「しつこい電話以外で見積もりが取…

訪問なしの引越し見積もりをする人は損?値引きして最安値にするコツ

「訪問見積りって何?時間かかりそうだしめんどくさい…」 「訪問見積りを…

引越しの訪問見積もり時のお茶事情… お茶やお菓子は出すべき?

「引越し業者が見積もり訪問に来るけど、お茶はどうしよう?」「お茶は出…

部屋がめっちゃ汚い…引越し見積りの際に不利益だらけ?コツ教えて!

「ゴミ屋敷レベルだけど引越し見積もり取れるの?」 「部屋が汚い分、引越…