引越しの見積りキャンセルしたい… 依頼を円滑に取り消す方法!

ほんの少し前までは引越しの見積りや契約に乗り気だったものの、すでに他の業者と契約を交わしてしまっていたり引越し自体を考え直したりして、見積りをキャンセルしたいと思うこともあるでしょう。なかなかキャンセルするのには勇気がいるかもしれませんが、言わなければならないことはできるだけ早めに言った方が賢明です。そこで今回は、なるべく円満に見積りをキャンセルする方法を紹介していきます。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 11月30日までの期間限定!最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

見積りキャンセルする方法!早い段階ならストレートに!

見積りのキャンセルを決断したときに、まだ引越し業者のサイトや一括見積りサイトから見積りをとった段階だったり、電話で見積り額を聞いただけだったりするのなら、キャンセルはそれほど難しいことではないでしょう。この段階ではまだ営業をかけられていないことが予想されるので、電話連絡を受けたときやこちらから積極的にコンタクトをとって、「他社に決めてしまった」と正直に伝えても何も問題はありません。ここで荒い対応をとる業者は顧客が離れていってしまうため、言い争いやトラブルになることはほとんどないでしょう。この段階でのキャンセルのコツは、連絡はなるべく早く入れることです。

訪問見積りを断るには?効果的な理由は?

概算の見積りを経てより詳細な見積り額を出す訪問見積りの約束を断るときは、少し骨が折れます。たとえ他の業者と契約したという理由を述べたとしても、契約自体がキャンセル可能で絶対的なものではないので、訪問見積りを断る理由としては弱いからです。逆に、安易に「他社に決めた」といってしまうと、その後営業電話やメールがしつこいものになる可能性があるので、このいいわけは訪問見積りを断るためには使わない方が無難です。 営業電話をストップさせ、業者を完全に諦めさせるためには、「引越しが延期になった」「引越し自体がキャンセルになった」など、引越しサービスの依頼自体が不要であるような理由を述べると、業者も諦めやすくなります。断る勇気や時間がないからと、訪問見積り予定日に自宅に待機していなかったり電話連絡に応じなかったりする行為は、引越し業者への礼儀を欠く迷惑行為となるので絶対にやめましょう。

一括見積りをキャンセルしたい!引越しの依頼を取り消す手順は?

一括見積りサイトで見積り依頼をした後、思うことがあって見積りを取りやめたいときは、一体どうすれば良いのでしょうか。そのようなときは一括見積りサイト内にある問い合わせフォームやメールアドレスに連絡をし、キャンセルの旨を伝えるのが一般的です。ただし、連絡のタイミングが遅くなると対応が間に合わずに、見積り依頼の結果が届いてしまう可能性もあります。電話番号が載っているサイトでは、営業時間内であれば口頭でキャンセルすることを伝えた方が早くて確実かもしれませんが、多くの一括サイトでは電話番号が掲載されていないことがあります。

電話でもメールでも基本は同じ!誠意ある対応でキャンセルを!

引越し業者にキャンセルの連絡をするときは、電話でもメールでもどちらでも基本的には構いません。ただし、電話の方が早く相手に伝えられる可能性が高いので、電話対応の時間内であれば電話をした方がスピーディーです。一方、メールのメリットは、24時間いつでもキャンセルの連絡ができることです。口頭で伝えるのが苦手な人も、メールの方が適しているかもしれません。いずれにしてもどちらか状況にあった方の連絡手段を使用すると良いでしょう。

2日以上前ならセーフ!解約料金を取られずに引越しをキャンセル!

業者と契約を交わし、引越しをする日が確定した後でも、キャンセルをすることは可能です。多くの人が気になるのはキャンセル料かもしれませんが、引越しをする日の2日以上前(前々日)までなら、解約料金を取られることがないのが普通です。ただし、引越し前日のキャンセルでは引越し代金の10%、当日のキャンセルでは20%の解約金が発生します。これは引越運送約款にきちんと定められているので、契約書に「依頼者都合によるキャンセルは引越し料金を全額負担」などと書かれていた場合でも法的拘束力はなく、引越運送約款に書かれている以上の金額を支払う必要はありません。また、契約書にそのようなことを書く業者は、引越運送約款を守らない悪徳業者の可能性が高いので、契約を破棄して正解といえるでしょう。

ダンボールは返却が基本!キャンセルの際に確認を取ろう

業者と引越しの契約を交わした後に、荷造り用のダンボールを業者から手に入れることもあるでしょう。しかし、ダンボールをもらったのにもかかわらず、その業者との契約をキャンセルしなければならない場合は、どうすれば良いのでしょうか。基本的にはまずは業者に連絡をして、契約を断りたい旨を告げます。連絡はできるだけ早い段階で行うことが大切です。業者の方でダンボールに関する指示があるので、それに従えば問題はありません。向こうがダンボールについて何もいわないときは、こちらの方からダンボールについて質問をしておきましょう。特に無料でダンボールをもらったときは、そのままうやむやにしていると後でトラブルの種になることがあります。もしもすでに無料ダンボールをいくつか使用してしまった場合は、買取りになる可能性があります。引越し前々日までにキャンセルをしたとしても、ダンボール費用を請求される恐れがあるので、注意してください。

 
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像

関連記事

【訪問見積もりはもう古い?】ネットで一括見積もりすべきポイント5つ

「引越しってどのくらいの費用が必要?」「どのプランや時期が最適なの?」 …

引越し見積もりはメールのみで完了!忙しい人がお得に依頼できる方法

忙しくて、業者と会って見積もりする時間が取れない… 業者からの電話が多すぎて面倒…

訪問なしの引越し見積もりをする人は損⁉値引きして最安値にするコツ

訪問見積りって何するの? 時間かかりそうだしめんどくさい…

部屋が汚いんだけど… それでも引越しの見積りはできるの?

「部屋の片付けが面倒になったら引っ越せばよい!」そんな大胆な発想をする人がいるかもしれませんね。し…

同時に引越しの訪問見積りを進めたい!メリットやデメリットはある?

引越しのとき、引越し業者に支払う荷物の運搬費用は大きなウエイトを占めます。その費用を少しでも安く抑…