引越しの見積りタイミングが知りたい!いつがベストなの?

よく、引越しはタイミングが重要だという言葉を耳にします。引越しの時期によって料金相場が大きく変わるため、引越しをするタイミングを上手く調整することで安く引越しができるからです。しかし、実は引越しだけではなく、引越しの見積りを取るタイミングもまた重要であることを知っているでしょうか。今回は引越しの見積りはいつとった方が良いのかを検証していきます。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

引越し見積りはいつから可能?数ヶ月前でも大丈夫?

引越し業者によっては、見積りは引越しの直前でも大丈夫だというところもありますが、逆にいつどのくらい前からなら見積りを受け付けてくれるのでしょうか。基本的に見積りは早めにとることは可能で、2ヶ月前であっても大丈夫です。むしろ、できるだけ早く引越し代を知っておくことでお金の工面がしやすく、引越しに対するイメージも膨らみやすくなることでしょう。また、見積りから引越し予定日までに余裕があれば、業者選びにも時間をかけることができます。新しい住居がすでに決まっているなら、なるべく早いうちに見積りを依頼した方が賢いといえます。

いつまでなら間に合う?直前の見積りタイミングは?

見積りは引越し繁忙期でなければ、引越し予定日の3週間くらい前でも問題はないでしょう。しかし、依頼者にとっても業者にとってもストレスが少ない引越しにするためには、だいたい1カ月くらい前までには見積りを完了させておいた方が無難です。一方、引越し繁忙期の3〜4月は、1カ月よりも早く見積りを済ませておくと安心できます。ただでさえ引越しシーズンの引越し代は高くなります。早割を適用させて少しでも安い引越し代金にするためにも、1カ月以上前に見積りをしておくと良いでしょう。見積りを早く完了させた方が良い別の理由として、荷造りが挙げられます。業者からダンボールがもらえるなら、契約後すぐに荷造りを始めることができます。

引越し依頼は2週間前までに!繁忙期はもっと前?

契約が遅くなってしまうと、引越し希望日に引越しを行えない可能性が出てきます。特に引越し繁忙期は顕著なので、見積り後の契約は遅くとも2週間前までに、繁忙期ではそれよりももっと前までにしておくことが重要です。引越し業者の作業員やトラックの数は限られているので、引越しができなくなってしまう事態を避けるためにも、引越し先が決まったらすぐに業者に見積り依頼をしておきましょう。

キャンセルタイミングはいつ?直前でも大丈夫なもの?

業者と契約したのにもかかわらず、引越し自体が取りやめになったり延期したりすることがあるかもしれません。キャンセルの連絡を入れるタイミングは、キャンセルが決まったらすぐに行ってください。荷主都合のキャンセルに対する料金に関しては引越運送約款に明記されているため、引越し日の2日以上前(前々日)までであればキャンセル料を取られることなく取り消せるのが普通です。一方、前日であれば10%、当日で20%の解約手数料がかかります。一応いつでもキャンセルはできますが、ギリギリになればなるほど業者も予定が狂ってしまうためあまり良い気はしません。できるだけ早い段階で伝えた方が、業者も親切に対応してくれる可能性が高くなります。

単身だと実は直前が多い!?一人暮らしの実情

引越しといっても人それぞれ状況が違うため、一概に一括りにできるものではありません。一人暮らしの引越しは荷物が比較的少ないため、見積りもスムーズに行えるようです。そのため、単身者は引越しの直前に見積りを依頼するケースも多くなっています。また、一人暮らしの引越しの特徴として、繁忙期に引越す人が多いことが挙げられます。繁忙期でも平日に引越せるなら、割と直前に見積りや契約をしても問題がない可能性は高いです。特に荷物が少ない人は、滑車つきコンテナを使う単身パックなどであれば、引越し希望日に引越しができないというリスクは低いといえるでしょう。

家族の引越しは?余裕を持って1ヶ月前がいい?

家族単位の引越しは、往々にして荷物が多く、引越し自体が大変になりがちです。単身者と比べ、家族の人数分だけ規模が大きくなる引越しだからこそ、入念な準備や時間をかけた打ち合わせが必要となってきます。家族ごとの引越しは春の引越しシーズンに少ないものの、9〜10月の人事異動の時期である第2の引越し繁忙期には多くなる傾向があります。家族の引越しで春の繁忙期に引越しが重なってしまった場合は、できるだけすぐに引越し業者探しを始めて見積りを依頼することが大切です。まだ時間があるからと油断せず、2カ月前かそれ以上前からでも業者とコンタクトをとっておくと、安心して引越し日当日を迎えられるでしょう。

安くなる時期としてはいつがいい?費用面で見たベストタイミング

引越しは時期によっては料金が高くなったり低くなったりします。とはいえ、3〜4月を除けば、料金にそれほど大きな差はありません。ただし、秋の引越しシーズンにおいては、その限りではありません。1週間のうちでも、土日祝日よりは平日の方が料金が安く、その中でも水曜日が特に安い傾向があります。月単位で見ていくと、月末と月初めは料金が割高になることがありますが、中旬あたりは逆にお得になっていきます。そのため、最も安く引越しをしたければ、引越し繁忙期ではない月の中旬の水曜日が狙い目となります。しかし、ここでもうひとつ注目しておきたいことがあります。それは引越しをする日にちです。大安や一粒万倍日など引越しに最適とされる日には混むことがあるので、料金は高くならないものの、予約が取りづらくなる可能性があることを視野に入れておきましょう。見積りのタイミングをうまくはかって、ストレスの少ない引越しをしましょう。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

引越しは見積もり料金の比較が最重要!お得な金額で引越そう!

「引越しの見積もりは比較しないと大赤字?」 引越しをしようと…

しつこい営業電話をなんとかしたい!円滑に引越しの見積りをするに…

「引越し見積もりの電話がしつこい…」 「しつこい電話以外で見積もりが取…

訪問なしの引越し見積もりをする人は損?値引きして最安値にするコツ

「訪問見積りって何?時間かかりそうだしめんどくさい…」 「訪問見積りを…

引越しの訪問見積もり時のお茶事情… お茶やお菓子は出すべき?

「引越し業者が見積もり訪問に来るけど、お茶はどうしよう?」「お茶は出…

部屋がめっちゃ汚い…引越し見積りの際に不利益だらけ?コツ教えて!

「ゴミ屋敷レベルだけど引越し見積もり取れるの?」 「部屋が汚い分、引越…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事