一人暮らしの引越しはまず見積もりから…業者への依頼方法と料金相場

一人暮らしの引越しはまず見積もりから…業者への依頼方法と料金相場の画像

「何となく一人暮らしを始める費用が心配…。」
「一人暮らしの引越し費用を見積もりで比較してから業者を選びたい」

一人暮らしをしていると、頼れる近親者がすぐ近くにいないため、引越し業者とのコンタクトや引越しの準備などを全て1人でやらなくてはいけません。

引越しは人生の中でなかなか経験する機会が少なく、引越しのおおまかな流れがわからずにとまどったり悩んだりしてしまう人も多いのではないでしょうか。

賢く一人暮らしの引越しをしよう!

  • 電話よりネットの一括見積もりで料金を比較する方が効率的
  • できるだけ引越しの繁忙期は避けよう
  • できるだけ荷物を減らそう
  • 単身プランと単身パックを使い分けよう

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

一人暮らしの引越し見積もりはネット上で!一括見積りのメリット2選

一人暮らしをしている人の荷物は、多くの場合家族で住んでいる人の場合と比べて少ないです。そのため、引越し料金は比較的安価で済むといえます。

引越しの見積りでポピュラーな方法は、業者に電話して確認したり一括見積もりサイトを利用したりする方法です。

見積りサイトは、1回で複数の引越し業者に見積もり依頼ができるので効率的です。サイトは見積り前に料金相場が比較できるので、気に入った業者を絞りやすいメリットもあります。

一括見積もりしてみる

一人暮らしの引越し料金は安くて2万!見積り相場と安くするコツ2選

一人暮らしの引越し料金は安くて2万!見積り相場と安くするコツ2選の画像

引越し業者に依頼する場合、おおよその料金相場は2万〜6万円ほどとなっています。

荷物が少なくダンボール箱のみなら、配送サービス業者に依頼するのも1つの手です。配送サービス業者に依頼すれば、およそ1〜2万円前後で引越しが可能です。

料金は荷物の量やオプション、新居までの距離などさまざまな要素によって大きく異なるので、見積もりはしっかりと取っておく必要があります。

移動距離で料金相場はどう変わる?見積り額への影響は?

旧居から新居までの距離が長くなると、それだけガソリン代がかかりますし、作業員の拘束時間も長くなります。

そのため、引越し先が遠い場合は、必然的に引越し代金は高くなっていきます

距離以外にも価格を左右する要因はあると書きましたが、距離から料金を知るおよその目安として、以下の表を参考にしてください。

~移動距離ごとの引越し料金~
移動距離 相場
20キロ圏内(同じ市町村くらい) 37,000~44,000円程度
50キロ圏内(同じ都道府県くらい) 43,000~46,000円程度
200キロ圏内(同じ地方くらい) 60,000円~

この表から、長距離である200キロ圏内(同じ地方くらい)の場合は目安として60000円もかかることになります。そしてそれ以上の距離となると、単身でもなんと80000円以上かかることもあります。

ちなみに、引越し先が同じ市町村かそうでないかで役所・役場で行う手続きも少し違うので、詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

参考:引越し侍 引越し手続きのチェックリスト

一方、引越し繁忙期に関する値上がりですが、基本的に数千円単位で料金が上がっていきます。

引越しはシーズンごとに料金が変わる…いつやるのが安いの?

引越しはシーズンごとに料金が変わる…いつやるのが安いの?の画像

また、忘れてはならないのが引越しをする時期や日時です。引越し業界には繁忙期と閑散期があり、繁忙期には引越し料金は通常よりもかなり高くなります。

3・4月の新入学や就職シーズンや、9・10月の転勤や異動の時期は、料金が高くなる傾向があるので注意が必要です。月末や週末、祝日にも引越しをする人は増えるため、料金が高くなる可能性が高いです。

ちなみに大安や一粒万倍日など引越しに縁起が良いとされる日は、引越し料金に大きな変わりはないものの、引越しをしたがる人が増えるため予約が取りにくくなります。

荷物を減らそう

引越しの際は荷物を減らすようにしてください。無いとは思いますが、一人暮らしといってもあまりに荷物が多いとトラックに積めずに2台必要になってしまう場合は料金が上がります

新居での準備を楽にするためにも、ここで要らないものを整理して、リサイクルや回収業者に回すなどして荷物をスッキリさせましょう。

見積もり時の注意点…単身プランと単身パックはどちらがお得?

一括見積もり時の注意点

引越しの見積りをしてもらった後で、交渉次第で見積り金額よりも下げられることがあります。価格交渉をするためにも、料金相場を知っておくことは大切です。

冷蔵庫や洗濯機だけの引越しは各社様々なプランがあるので、この場合も無料の一括見積もりサイトで料金相場を比較し、価格が安めの業者を選んでおきましょう。

見積りの段階でさまざまな業者がさまざまな料金を提示してきますが、最安値の業者を引き合いに出して交渉をすると、割とうまくいきます。

しかし、相場の半額にしてほしいなど無理難題をつきつけるような交渉は、現実的な価格ではないため避けるべきです。

また、最安値の価格は、ほとんど極限までサービスを削ぎ落とした結果かもしれないので、魅力的なオプションをつけている業者に最安値の業者と同じ価格にしてほしいという交渉も、やはり無理があるといえるでしょう。

交渉はお互いの妥協点を見つけることが成功のコツなので、相手が提示した条件も良く聞きながら落とし所を見つけてください。

引越しの単身プラン、単身パックとは?

単身プランと単身パックという、2つの似た語感のある言葉ですが、実は微妙な違いがあります。

単身プランは荷物が多い人用のコースで、料金も単身パックに比べてやや割高になっています。

こちらは軽トラックや2トントラックなどをチャーターして荷物を運びます。

一方の単身パックは、高さ170cm×横幅110cm×奥行き100cmという割と大きめの滑車つきのコンテナボックスに荷物を積んで運びます。

単身パックは日通が商標登録をしているらしく、各業者によって呼称は変わりますが、多くの業者で滑車つきコンテナボックスを利用した単身者向けのサービスは展開されています。

単身プランと単身パックは荷物の量によってどちらが得になるかは変わるので、どちらがより優れているということは難しいです。

手軽に見積りチェック!単身におすすめの一括見積りサイト

一括見積りサービスは様々なサイトが提供しています。相場の比較や、見積もりを出したい業者選びがしやすいです。

その他サイト内に業者に関する情報がたくさん載っているため、料金以外にも比較対象が多いという魅力もあります。一人暮らしの引越しをより快適にしてくれる一括見積りサイトを、ぜひ活用してみてください。

一括見積もりしてみる

賢く一人暮らしの引越しをしよう

  • 電話よりネットの一括見積もりで料金を比較する方が効率的
  • できるだけ引越しの繁忙期は避けよう
  • できるだけ荷物を減らそう
  • 単身プランと単身パックを使い分けよう

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

単身と家族の引越し費用を相場より安くしたい?お得なポイントまとめ

「引越しのサービスって単身と家族でどう違うの?」 「単身と家族での引…

単身引越しにかかる費用は「荷物量」で決まるってホント!?

引越しは、簡単に言ってしまえば「荷物を運ぶ」ということにほかなりません。つまり、どれだけの荷物を運…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引越しにかかるお金です…

長距離の単身引越しをする時、相場はいくらくらいかかる?

引越しをするとき、「距離」はとても大きな要素になります。なぜなら、引越しにかかる日数や費用に大きな…

単身の海外引越しはどうすれば良い? 費用を少しでも抑える方法は?

単身赴任や留学などで海外に単身引越しをする場合、荷物はどうすればいいのでしょう。 国内の有名な業者に…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事