引越し用ダンボールが欲しい!見積り後に無料で貰える業者はどこ?

引越し荷物をまとめるのにかかせないダンボール箱は、ホームセンターや郵便局などで購入することができますが、荷物の数が多いと費用もばかにはなりません。引越しには引越し代や新居の敷金など、とにかくお金がかかるものなので、余分な出費はなるべく抑えたいのが本音なのではないでしょうか。そこで今回は、どのようにしたら無料でダンボールが手に入れられるかについて調べてきました。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越しのために!ダンボールを無料でくれる業者はどこ?

引越し業者の中には、見積り後ダンボールを無料でくれるところがあります。大抵の大手と呼ばれる引越し業者は、無料ダンボールサービスを提供しています。「アーク引越センター」「アート引越しセンター」「アリさんマークの引越し社」「サカイ引越センター」などは、無料でダンボールをくれる業者の代表です。

ダンボールは何個まで無料?十分な数はもらえるの?

業者がくれるダンボールの数は、多くの場合無限ではありません。ある程度の数が決まっており、それを超える数のダンボールが欲しければ、やはり別途購入しなければならなくなります。しかし、大体の引越し業者は50枚までの無料ダンボールサービスが可能なため、一人暮らしの人はもちろんのこと、家族で引越しをする人にとっても十分な量であるといえるでしょう。一方で、クロネコヤマトの「らくらくタイムリーサービス」と、「建替引越しパック」なら無制限にダンボールがもらえるため、荷物が多いと自覚している人にとってはとても魅力的なのではないでしょうか。また、日本通運は単身パック当日便のみ10枚無料など、業者や選ぶプランによって無料でダンボールがもらえることもあります。

サイズはどのくらい?引越し業者によって違うの?

ダンボールが50箱分もらえるといっても、サイズが小さければもっと多くの箱が必要になってくるかもしれません。引越し業者は2種類のダンボール箱を扱っており、一般的にSサイズとMサイズに分かれています。Sサイズでは40~50リットル程度の容量があり、Mサイズでは60~70リットルほどとSサイズのおよそ1.5倍程度となっています。引越し業者によって箱の寸法には若干違いがあるため、ダンボールのサイズも業者の見極めには役立つ要素です。 ただし、大きい箱を提供していれば魅力的かといえばそうでもありません。箱が大きくなればなるほど、1箱自体の重量が多くなっていきます。重かったり大きかったりすると持ち運びに苦労するため、特に女性の一人暮らしや高齢者世帯の引越しなどでは、小さいサイズのダンボールの方が良いこともあります。

ダンボールが貰えるタイミングはいつ?引越しには間に合う?

引越しの荷造りはなるべく早く行いたい人は多いかもしれません。業者からダンボールがもらえるタイミングは、訪問見積りを経て正式契約が完了した後が基本的です。もしも引越し日の1カ月前に契約をしたら、1カ月間荷造りの時間が得られることになります。訪問見積りをしないで契約した場合は、担当者が自宅までダンボールを届けてくれるか、郵送で届くこともあります。そのため、ネットを利用した一括見積りなどで契約をしたとしても、ダンボールを手に入れられるので心配はありません。

荷物がダンボールのみ!見積りや料金面に違いはある?

もしも洗濯機などの大型家電やタンスなどの重い家具を持ち運ぶ必要がなく、ダンボールのみの引越し荷物の場合、引越し業者を利用するのではなく、宅配業者への配送依頼が利用できる可能性があります。宅配業者に依頼すると、見積りが不要のうえ引越しにかかる料金も安くなる傾向にあるのでお得です。家具・家電付きの部屋などに住んでいて荷物が少ない場合は、宅配業者を利用したり、引越し業者の宅配のみプランを選択したりするのも良いでしょう。

依頼をキャンセル!ダンボールの返品や買い取りは必要なの?

引越し業者からダンボールをもらった後で、突然引越しがキャンセルになることがあるかもしれません。業者からもらったダンボールは未使用のまま返却する必要がありますが、もしもすでに使用してしまった場合は買い取りをしなければなりません。

ダンボールをもらったけど… キャンセルしたい場合の断り方は?

業者と契約してダンボールをもらったものの後でより良い引越し業者を見つけた場合、ダンボールをもらってしまったからと諦めてそのまま良くない業者との契約を続ける必要はありません。ダンボールは返却なり買い取りをすれば問題はないので、毅然とした態度で断りましょう。キャンセルに関するストレスを減らすためにも、見積りは複数の業者に依頼しておいたほうが無難です。

ダンボールで荷造りを始める!最適なタイミングは?

ダンボールに引越し荷物を詰めるのはどのくらい前が良いのかは、結構な悩みどころかもしれません。だいぶ前から荷造りしても、後で必要なものが出てくる可能性もあります。荷造りは引越し日の2週間以上前から始めると、時間に余裕ができるため快適に作業ができるでしょう。ダンボールへの梱包は最低でも1週間前くらいからは始めておかないと、引越し当日までドタバタしてしまうかもしれません。業者からダンボールをもらったらキャンセルする可能性がない限りすぐにでも梱包を始めて大丈夫なので、すぐに使わないものから随時ダンボール箱に詰めていきましょう。ダンボールは引越しに欠かせないアイテムですが、個人的に買うとかなり高くついてしまうこともあります。ダンボールに対するサービスも引越し業者を選ぶ決め手になることでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越し見積もりはメールのみで完了!忙しい人がお得に依頼できる方法

忙しくて、業者と会って見積もりする時間が取れない… 業者からの電話が多すぎて面倒…

訪問なしの引越し見積もりをする人は損⁉値引きして最安値にするコツ

訪問見積りって何するの? 時間かかりそうだしめんどくさい…

【訪問見積もりはもう古い?】ネットで一括見積もりすべきポイント5つ

「引越しってどのくらいの費用が必要?」「どのプランや時期が最適なの?」 …

部屋が汚いんだけど… それでも引越しの見積りはできるの?

「部屋の片付けが面倒になったら引っ越せばよい!」そんな大胆な発想をする人がいるかもしれませんね。し…

同時に引越しの訪問見積りを進めたい!メリットやデメリットはある?

引越しのとき、引越し業者に支払う荷物の運搬費用は大きなウエイトを占めます。その費用を少しでも安く抑…