引越しの見積りをしよう!依頼の方法やコツを網羅!

引越しが決まり、いざ業者にお願いしようとなると、まずはどの程度の料金が掛かるのかを調べてもらう「見積り」が必要です。 通常は引っ越す家の状況を実際に見て見積金額を出すのですが、いろいろな業者と比較するためにすべての業者を家に招き入れるにはちょっと抵抗がありますよね。そんなときはネットや電話での見積り、たくさんの業者と比較できる一括見積などを利用する方法もあります。今日は引越しの見積りについて詳しくご紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

見積り依頼のやり方は?どんな方法があるの?

引越し見積りの方法は、大きく分けて3つあります。まず引越し業者に連絡をして、直接家まで来てもらう方法です。もう1つは電話で引越し先や家の荷物の状況などを伝え、口頭で簡単に見積りをしてもらう方法です。最後は「見積りサイト」というのを利用し、たくさんの業者の見積りを比較検討することができる方法です。しかし電話や見積りサイトの見積りは、おおよその値段を出すことしかできません。特に家族引越しの最終見積りは、一度自宅に業者を呼んで家の大きさや荷物の量、道路状況の確認などを行う必要があります。

比較は絶対にしよう!引越し見積りの料金相場を知るのがポイント!

競争が激化している引越し業界では、一度見積り依頼を受けたら契約をしてくれるまでしつこく営業をかけてくることが多いです。見積りを依頼した業者は、「他よりも絶対に安い」、「他の業者にはないサービスを行っている」などと言ってすぐに契約を結びたがります。 しかし引越しは国で定められた基本料金というものは存在しておらず、実際のところ業者によって値段が違うのです。そのため複数の引越し業者に見積り依頼を出してみたら、10万円も値段の差額があったなんていうこともあります。引越し見積りは1社だけに終わらせず、必ず複数の業者と比較してみましょう。

依頼時期やタイミングを考える!安くしたいならどうすればいい?

引越しの見積り依頼を頼む時期は、最長で引越し予定の3ヵ月前であり、最短で3日前なら対応してくれます。しかし値段を安くしてもらいたいと考えるなら、引越しのギリギリ前に依頼するのはやめましょう。あまり直前に見積りを依頼すると、すでに他の引越し予定も入っていて忙しいなどと言われ、値段は下げられないと言われてしまうことも多いです。 また引越しが一番多くなるのは、進路や就職が決まる3、4月と、会社員の転勤が多い10月です。この時期はどの業者も忙しくなるので、値段交渉がしにくくなります。その繁忙期を避け、早めの見積り依頼をすれば引越しの値段交渉はしやすくなるでしょう

依頼前の準備!見積りのための情報を揃えておこう!

引越し見積りは業者が行うことですが、適切な情報が伝わっていない場合は引越し当日に急に値段が上がることもあります。例えばピアノなどの楽器類がある、3階建ての戸建てという情報を伝えていない。そのような場合引越し当日にスムーズに荷物が運べないトラブルも起こり、値段が変わることもあります。見積りを依頼するときには、家の建物状況、荷物のある程度の量、引越し先の住所などをきちんと業者に伝えるように準備しておきましょう。

ネットで見積りしたい!依頼する時の順序や流れ

多くの引越し業者では、ネット上で見積りができるようWEB上に準備してあります。しかし「ネット上で見積りができる」というよりかは、ネット上で「見積りの依頼が簡単にできる」と認識したほうが良いでしょう。家の状況や荷物の量、引越し先の情報をネット上に明記しておおよその見積額を出すというサービスはあまり行っていません。一部の業者サイトでは行われていますが、荷物の少ない単身者のみ対応していることが多いです。そのためネットで見積りを依頼した場合は、後日業者から電話やメールで連絡が来て、家まで業者が見積りの為に訪れてくるといった順序が多いでしょう。

電話で見積りしたい!依頼の手順や方法は?

引越し見積りは直接業者が家まで来て、荷物の量や家の状況などを判断したうえで見積りを出すのが一般的です。しかし忙しくて業者を呼べない、女性の一人暮らしで他人を家にあげるのに抵抗があるといった場合は、電話での見積りも可能です。しかし電話での見積りは行っていない業者も多く、対応しているとしても荷物の少ない単身者の引越ししか見積りをしていないケースが多いです。情報を伝え口頭で見積り額を教えてもらう方法なので、実際の引越しでは多少値段が変わることもあります。

キャンセルしたい時は?上手な断り方を教えて!

たくさんの業者に見積り依頼を出しても、お願いする業者は最終的に1社です。そのため例えば5社に見積り依頼を出せば、最終的に4社の業者には断りをいれなくてはなりません。 引越しをキャンセルしたいときは素直に「今回はお断りします」と電話で連絡をしましょう。しかしこのとき「ではもっと安くします」とさらなる営業を持ちかけられることも多いです。毅然とした態度で断れれば良いのですが、それが無理なら「引越し自体がなくなった」と言っても良いでしょう。また引越しの前日や当日のキャンセルは違約金が発生するので、ギリギリの断りではなく早めにキャンセルの連絡をするようにしましょう。

見積りは複数業者でもいい?一括見積りサイトを利用!

引越し見積りは、同時に何社も行っても何の問題もありません。むしろたくさんの業者と比較することにより、どの業者が値段が一番安いのかを知ることができ、自分に合った引越し業者を選ぶことができます。見積りを依頼するには「一括見積りサイト」を利用すると便利です。自分で複数の業者に依頼をするには1件1件電話などで連絡をしなくてはならないのですが、一括見積りサイトを利用すれば一気に複数の業者の見積りを見比べることができます。サイトを利用するだけで自動的に引越し料金を下げてくれるサービスも多数あるので、引越しを検討の方は利用してみてはいかがでしょうか。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越し見積もりはメールのみで完了!忙しい人がお得に依頼できる方法

忙しくて、業者と会って見積もりする時間が取れない… 業者からの電話が多すぎて面倒…

訪問なしの引越し見積もりをする人は損⁉値引きして最安値にするコツ

訪問見積りって何するの? 時間かかりそうだしめんどくさい…

【訪問見積もりはもう古い?】ネットで一括見積もりすべきポイント5つ

「引越しってどのくらいの費用が必要?」「どのプランや時期が最適なの?」 …

部屋が汚いんだけど… それでも引越しの見積りはできるの?

「部屋の片付けが面倒になったら引っ越せばよい!」そんな大胆な発想をする人がいるかもしれませんね。し…

同時に引越しの訪問見積りを進めたい!メリットやデメリットはある?

引越しのとき、引越し業者に支払う荷物の運搬費用は大きなウエイトを占めます。その費用を少しでも安く抑…