引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいましょう。不用品といっても、粗大ごみなどは通常のごみ収集では出せません。引越しが決まったら、まずは不要となる家財道具をリストアップして、どのように処分したら良いのかを整理することからはじめます。 処分方法にもいくつかあるので、時間や手間を考えながら早めに取り掛かりましょう。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

引越し時の不用品はどうやって処分する?

引越しが決まればやることは山ほどありますが、まず取り掛かりやすいのは不用品の整理です。小物は通常のごみ収集で出すことができるので、問題はないでしょう。扱いに困るのが、ベッドやタンス、学習机などの大物です。こうしたものは粗大ごみとなるため、普通のごみ収集では回収してくれません。粗大ごみを処分しようと思ったら、各市町村の担当窓口に申し込んで、取りに来てもらわなければなりません。また、粗大ごみの収集は、こちらが希望する日に来てくれるわけではありません。各自治体によって、月に1回や2回というように決まっています。捨てることが決まったら、早めに収集日を確認しましょう。回収は基本的に有料で、事前に指定の料金分の処理券をスーパーなどで購入し、ゴミに貼って回収日に出すという方式が多く取られています。

ここで注意したいのが、粗大ごみとして回収できないものもあるということです。家電リサイクル法の対象となる家電、ピアノ、バイク、消火器、バッテリー、耐火金庫などは、市町村での廃棄処分が困難なため、処分は販売店に依頼する必要があります。 ほかにも、時間があるのならばオークションサイトやリサイクルショップで売るというのも、ひとつの方法です。 引越しまでの時間がなく手間をかけたくないという人は、不用品回収業者や引越し業者に依頼しましょう。自分で持ち込む手間は省けますが、料金は高めの傾向にあります。

不用品の処分にはいくら掛かる?

大型の家具や長さのあるものは、ごみ収集所に出せません。そのため、粗大ごみとして処分しなくてはなりませんが、これは品目によりそれぞれ料金がかかります。 各自治体で設定している回収料金は、行政サービスとして提供しているため、税金によって補われ回収業者よりは安くなっています。その代わり、自分で運び出さなければなりません。もし手間をかけられるならば、大きい家具や家電は30cm以内に分解すれば、通常のごみとして出すことができます。 不用品回収業者に依頼した場合の料金は、次のように決められています。3,000円程度の運搬出張費に、処分代が加算されます。軽トラック一台分でいくらというように、定額で設定されていることもあるので、不用品の多さでどのプランがお得かは変わってきます。不用品が大量にある場合は、トラック積み放題のプランの方が安くつくことが多いようです。作業員が複数必要な場合や住んでいる階によっても、別途費用がかかることもあるので、費用の差は出てきます。

「家電リサイクル法」ってどんなもの?

平成13年に施工された家電リサイクル法は、使わなくなった家電製品を再利用し、新しい商品や資源として再利用するための、廃棄物削減を目的とした法律です。家電リサイクル法が施行される前は、市町村のごみ処理施設で破砕処理することが困難で、埋め立て処分されていたという経緯があります。そのなかには、鉄や銅、アルミなどの有用金属が含まれたままで活用されていませんでした。 家電リサイクル法によって、今まで埋め立てされていた家電製品からも使える資源が再利用され、廃棄物の削減に貢献しています。消費者に金銭的な負担がかかりますが、今後の環境問題を考えると自然な流れといえるでしょう。 具体的に、この「家電リサイクル法」の対象となっているのは、テレビ・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)の4つです。該当する家電を購入した店舗か、新しく買い替えをする店舗へ、廃棄する家電の引き取りを依頼しましょう。それぞれの店舗によって引き取りの方法や回収の有無が異なりますので、まずは事前に問い合わせを行うと安心です。購入した店舗が遠方だったり貰いもので分からなかったりという場合には、今住んでいる自治体へ相談すれば引き取り場所を紹介してくれます。 引越しで運送や設置に料金がかかるのは仕方がないとしても、捨てるものにお金をかけるのはなんとなく気が進まないという方もいるかもしれません。そんな人は、捨てるのではなく買い取ってもらえる先を探してみましょう。引越し業者では有料で不用品を引き取るサービスがありますが、ものによっては買い取ってくれるサービスもあるのです。 例えば、ヤマトホームコンビニエンスの不用品買い取りサービスでは、家具類は購入より6年以内、冷蔵庫や洗濯機などの家電ならば製造より6年以内の物が対象です。布製品の家具やパソコン、ストーブ、こたつは対象外です。引越し会社のアップル引越センターでも、大手リサイクル会社と提携し買い取りを強化しています。買い取り不能でも、そのまま引き取ってもらえるので効率的です。対象は、家具や家電すべてです。不用品が販売から数年以内で傷や汚れのないもの、付属品などがそろっているものが買い取ってもらいやすくなっています。売る前に掃除をして、付属品を探しておきましょう。 買い取り可能なものがあれば、引っ越し料金が安くなります。訪問見積もりの際に買い取りの査定も同時に行ってもらえば、相殺して見積もりが安くなるかもしれません。

不用品を買取してもらうのもあり

不用品を捨ててしまうのは忍びないという場合には、リサイクルを考えましょう。自分にとってはもう不要なものでも、中古市場では思わぬ高値が付くこともあります。不用品を売る方法としては、次のようなものがあります。リサイクルショップ、フリーマーケット、金券ショップ、ネットオークション、質屋などです。 本やCD、レコード、ゲーム、カメラなどといった趣味の分野の品は、それぞれの専門中古ショップに持ち込むと、手っ取り早くて比較的買い取り価格も高くなります。家電やブランド品、時計などは、総合リサイクルショップが良いでしょう。家電は一般的に、購入後5年以上経過していると買い取ってもらえません。どれも、保証書や取り扱い説明書、鑑定書などがあるのならば、そろえておきましょう。リサイクルショップで売れなかった物も、ネットオークションでは売れることがあります。手間や時間がかかりますが、試してみる価値はあります。なじみがないかもしれませんが、質屋は不用品の買い取りも行っています。ただし、扱っているのは小さくて価値のあるものに限られます。 引越しまで時間がないときは、引越し当日に頼める引越し業者のサービスを利用してもいいでしょう。先ほど紹介した、ヤマトホームコンビニエンスの不用品買い取りサービスなどを利用しましょう。 引越し料金自体を少しでも安くしたいならば、アップル引越センターなどで訪問見積もりの際に買い取りの査定も依頼しましょう。売れるものが多くあれば引越し自体の見積もりが少しは下がるかもしれません。

回収業者に不用品回収をお願いする

明らかに古い家電や壊れている家具などは、リサイクルショップや引越し業者に査定を頼んでも、徒労に終わってしまうかもしれません。価値がなさそうだと分かっているものであれば、最初から不用品として処分してしまっても良いでしょう。 回収業者ならば、電話一本で自宅まで引き取りに来てくれます。もちろん、空いていれば希望する日時に来てくれます。引き取りは有料となるので、トラブルがないよう依頼する前にしっかりと文書で見積もりをもらいましょう。最初は無料引き取りと言っていたのに、実際引き取りの段階になって対象外だから有料になるとされるというトラブルもあるからです。 回収業者は規模が大きくないところが多いので、全国展開していることは少ないです。東京の場合であれば、クリーンパンダなどが自宅まで引き取りに来てくれます。ドリームトレジャーは料金体系がはっきりしていて、安めの設定です。見積もりも無料なので、まずは処分にいくら程度かかるのか見積もりしてもらいましょう。

引越し業者に不用品回収をお願いする

なお、引越し業者によっては不用品の処分にも応じてくれるところがあります。引越し時に不用品の処分を考えているならば、業者を決めるときに相談しておきましょう。見積もり前に申し出れば料金もはっきりしてきます。日通などは有料ですが、ハート引越しセンターでは無料引き取りサービスを行っています。引越し業者が家に来て見積もりをする際や、引越し当日に不要な家具や家電を引き取ってくれるので、自分で持ち込む手間も処分料もかからないので利用できるならばお得です。 条件は厳しくなりますが、製造から6年以内の傷や汚れのない家電や家具を買い取ってくれるサービスもあります。ヤマトホームコンビニエンスなどがその代表的な企業です。引越し費用と相殺して料金が安くなる可能性もあります。もう使わない家具や家電を引き取る際に買い取りをしてくれるのです。引越し見積もりの際や引越し当日に、現物を見て査定してもらえるので手間も省けます。自分で処分する際には家電リサイクル料が発生する冷蔵庫も買い取り対象となっているので、まだ新しいものならば買い取ってもらえないか相談してみましょう。大きくて持ち込むのが大変な、家具や洗濯機などの大きなものも対象です。 引越しと同時に利用することで、買い取り対象とはならなくても不用品処分の際に回収料金がかからないこともあります。上手に利用して賢く費用をおさえましょう。

回収業者と引越し業者、どっちが安い?

回収業者と引越し業者のどちらに頼むとしても、自分で自治体に連絡したり解体して持ち込んだりという、面倒な手間が省けるというメリットがあります。 事前に回収してもらう場合、引越しの何日か前に引き取ってもらうことになります。直前まで使いたいベッドなどの処分を考えている場合には、引越し業者に依頼すると便利です。引越し当日の荷出しの際に、作業員がほかの荷物と一緒に運び出してくれるので、自分で重い思いをして運ぶ必要もなく楽でしょう。また、引越し業者が不用品の買い取りを行っているのであれば、売れるものがあれば引越し費用をいくらかでも安くすることができます。ですが、分解処分が必要となる大型家具などは別途費用が発生することもありますので、事前に自分の状況を的確に把握することで、より見積もりは正確になります。見積もりを比較したうえで、回収業者と引越し業者どちらにするか決めましょう。 一括見積りを使えば、効率的に多くの業者を比較することができます。業者を絞り込んで、より詳細な見積もりをしてもらうために、先方と話 を詰めていきましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…

少しでも敷金を取り戻したい!引っ越し時のクリーニング対策について

賃貸住宅を退去する際、汚した部屋をきれいにするハウスクリーニングを行うのが一般的です。このハウスク…

引っ越し時壁紙の原状回復はどうするべき?

今まで住んでいた賃貸住宅を退去するとき、荷物をどかしてみたら「思ったよりも壁紙が汚れていた」なんて…