入居や退去に備えて… 賃貸物件の引越しで気をつけるポイント5選

初めてのひとり暮らしや久々の引越しなどで、引越しに対する不安が大きい人も多いのではないでしょうか。新居に引っ越すための費用や、今住んでいるところをどうすれば引き払えるかなど、わからないことがたくさんあるかもしれません。そこで今回は、現在住んでいるところの退去から新居への入居まで、引越しにまつわる疑問に答えていきたいと思います。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

新居への引越しのために!賃貸物件の解約方法と手続きの流れは?

大学を卒業するとともに引っ越すなど、引越しをする日が明確に決まっている人は、できるだけ早く大家さんや管理会社に連絡をしておきましょう。退去日の1〜3カ月前までなら、退去手続きをすることは可能です。退去手続きの方法は管理会社や大家さんによって違いがある場合があるので、契約書の解約に関する部分を読み返すことをおすすめします。

解約方法で最もポピュラーな方法のひとつは、書面で退去したい旨のことを書き、所定の場所にFAXや郵送で提出するやり方です。契約書によっては解約方法が記載されていないこともあるので、管理会社や大家さんに聞いてどのようにしたら良いのかを聞いておきましょう。

ここで気をつけて欲しいのは、解約手続きをする時期です。契約内容によって異なりますが、通常は30日(1カ月)前や60日(2カ月)前のことが多くなっています。しかし、海外では90日(3カ月)前のこともあるので、オーナーによっていつまでに退去届けを出すのかには違いがあります。30日前だと思い込んで、実は60日前までだったなどといったことがないように、今一度契約内容を確認しておきましょう。解約通知を提出した後は、話し合いにより立会いの日を定めます。立会いが無事に終われば鍵を渡して、旧居にさようならを告げます。

更新月以外の退去費用はいくら必要?敷金を払ったならそんなにかからない?

長年同じところに住んでいると、壁を傷つけたり床をへこませたりしてしまうことはよくあります。通常の生活による経年劣化などもあるため、すべての箇所に対して修繕費用を払う義務はありませんが、借主がうっかりつけてしまった傷や汚れなどに対しては、修繕費用を支払う必要があります。修繕費用がいくらくらいになるかは、立会いのときに説明を受けるまで明確にはわかりませんが、たとえ少し修繕が必要だったとしても、入居したときに支払っていた敷金から修繕費が使われるため、新たに莫大な費用が発生するということはあまりないでしょう。ただし、傷や汚れの程度によっては敷金でカバーしきれない恐れもあるため、引越し後空室になった旧居を掃除するときはできるだけ汚れを取っておき、自分たちで修繕できるなら立会いまでに終わらせておくと良いでしょう。

また、退去に関する費用でもうひとつ忘れてはいけないのが、違約金の存在です。退去する月が更新月ではない場合、違約金が発生する可能性があります。違約金の額はおよそ1カ月分の家賃となっていることが多く、かなり大きな負担になる可能性があるでしょう。更新月はいつかを把握しておくことで、無駄なお金を支払わずに済みます。

新居へ入居するために!引越し費用や手順は?

新居へ移るのにあたって必要となる引越し費用は、世帯の状況と旧居から新居の距離、荷物の量、引越しをする時期によって左右されます。単身者の場合は荷物が少ないことが予想されるので、距離によって金額が異なるもののおよそ2〜7万円です。一方、家族の引越しでは、家族の人数分荷物が増えるため単身よりも料金が高くなり、相場はだいたい7〜20万円の間が目安といえます。引越し時期が3〜4月および9〜10月の引越しシーズンに重なると、料金が通常の1.5〜2倍に跳ね上がることがあるので注意が必要です。

引越しをする手順は、まず業者に引越し費用の見積もりを取ることがから始めます。よりお得に引越しをするためには、ひとつの業者に見積もり依頼をするのではなく、複数の業者に依頼して金額を見比べることが大切です。見積もりは各業者のサイトから電話やネットでとることができますが、ネットを使うなら一括見積もりサイトが便利でしょう。複数の業者に1回の必要事項の入力で見積もりを申し込むことができます。より詳しい見積もりをとるために、業者を自宅に招いて訪問見積もりをするのは賢い方法です。訪問見積もりの方が引越し費用をよりシビアに算出してくれるため、メールや電話でのやり取りよりも確実な費用を見積もってくれます。訪問見積もり時に価格交渉をすることで、お得に引越しができる可能性も高くなります。

退去から入居まで!引越しに必要な手続きは?

退去前にはガス・水道・電気会社に連絡をし、止める手続きを行います。連絡は1週間前までには必ずしてください。いずれも引越し後管理会社と立会いをする日に職員がやってきて、元栓を閉めたりメーターを確認したりし、料金の精算を行います。このなかでも、特にガスは重要で、入居先でもガスを使い始める前にはガス会社の職員を呼ぶ必要があります。まず職員が元栓を開けてガス漏れがないかなど安全点検をしてからではないと、ガスを使い始めることはできません。新居に引っ越す1週間前までには新居エリアを管轄するガス会社に連絡をして、入居日1日目にガス会社の人に来てもらうようにしましょう。

同様に、新聞会社、NHK、郵便局、銀行、クレジットカード会社などにも事前に連絡をしておきましょう。連絡を怠ると個人情報が第三者に漏れてしまう可能性があります。役所に行って転出届や転居届を出すことも忘れてはいけません。旧居と別の市区町村へ引っ越す場合は転出届を提出し、転出証明書を手に入れておきます。次に新居を管轄する役所に転出証明書を持って行き、転入届を提出します。同じ市区町村で引越しをした場合は転居届を提出するだけでよいので、転入届は必要ありません。

お得に引越しするために!閑散期を狙うのがベスト!

賃貸物件を探す場合でも引越し業者に引越しを依頼する場合でも、引越しシーズンより閑散期の方がお得な物件が見つかったり格安料金で引越しができたりします。そのため、もしも時期がずらせるのなら、できるだけ3〜4月と9〜10月以外の月で引越しをすることをおすすめします。具体的にどのくらいお得になるかは、一括見積もりサービスを利用するとわかりやすいでしょう。一括見積もりサイトのなかには、おおよその料金相場が比較できるフォームもあるので、見積もりを依頼する前に相場を知ることができて便利です。 引越しはお金がかかったり煩わしい手続きが多かったりと大変ですが、一括見積もりサイトを上手に利用すれば、引越しのストレスが軽減されることでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

【引越し費用】いくらする?単身・二人暮らし・家族の平均相場まとめ

「引越しにかかるお金ってどれくらい?」「引越し費用はできるだけ安くしたい!…

4人家族の引越しで費用を少しでも抑えるには?

4人家族の引っ越しを予定している方、引っ越しの費用がどれくらいになるか気になっていませんか? お子さ…

【二人暮らしの引越し】費用相場・損せず絶対に安く抑える方法とは?

二人暮らしで引越ししたいけど、費用ってどれくらいかかるの? 引越…

母子家庭の引っ越し、低利子または無利子で資金借りる方法まとめ!

「引越ししたいけど資金が足りないな」「母子家庭って資金借りれたりしないかな…

同一市内に引越しをする際の費用相場と費用を安くする方法をご紹介

目次同一市内に引越しをするときの費用相場同一市内に自力で引越しした時の費用同一市内の引越しでも業者によって差が出るのか同一市内を安くする方法 同一市内に引越しをするときの費用相場 生活圏は変えたくない ...