【賃貸引越し必見!】初期費用計算方法と安く抑える5つのポイント

初期費用ってなに…?どれくらいかかるの…? 引越しには様々なお金がかかりますが、一番費用がかかるのは、敷金・礼金などの物件に関わる初期費用と呼ばれるものです。一般的な初期費用の相場は「家賃の6万円程度」といわれています。この記事では、初期費用の算出方法とともに相場も紹介しているので引越し前の準備に是非活用してください。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

【初期費用の内訳】何にどれくらいかかるの?計算方法は?

初めての引越しの場合、初期費用がどのくらいかかるのかわからずに、どのくらいのお金を用意すればよいのか迷う方も決して少なくありません。引越しの初期費用とは、簡単に言うと新しく部屋を借りるために必要になるお金のことです。代表的なものだと、敷金や礼金、前払い金である家賃が挙げられます。以下の表では、初期費用の項目と料金相場をまとめているのでご自身の引越し先の家賃をもとに計算してみて下さい。

項目 相場 内容
敷金 家賃2か月分 大家に預ける保証金。未払いの賃料がなければ返還される
礼金 家賃2か月分 大家への謝礼として払うお金。基本的に返還はされない
前家賃 家賃1か月分 家賃発生月の翌月の家賃のこと
日割り家賃 家賃日割り計算額 月の途中から家賃が発生する場合に、日単位で計算した家賃のこと
仲介手数料 家賃1か月分 不動産会社に支払う手数料
火災保険料 1.5~2万円 入居時に鍵を新品に変えるための費用(物件による)

ひとり暮らしの方が利用することの多いアパート、荷物の少ない引越しだけに、引越しだけの費用を見るとコストは安く済むことが多いです。しかし賃貸アパートに住むには、契約時に多少まとまったお金が必要になります。

家賃7万円の賃貸物件に引越し!初期費用を計算したらいくら?

以下の表は、家賃7万円の賃貸物件に引越した際の初期費用の合計を算出したものです。 上記の表をもとに計算しているので是非参考にしてください。

項目 費用
敷金 7万円×2か月=14万円
礼金 7万円×2か月=14万円
前家賃 7万円×1か月=7万円
日割り家賃 月初で契約したと仮定するためなし。
仲介手数料 7万円×1か月=7万円
火災保険料 2万円
鍵交換費用 2万円
合計 46万円

以上から、引越しの初期費用は家賃の6~7か月分かかることが分かります。 人によっては、初期費用の中に引越し費用や買いそろえる家具や家電の費用を含める人もいます。 初期費用以外のお金も用意することが必要なので準備をしておきましょう。

引越しの初期費用を安く抑えるポイント5選!

➀敷金・礼金の安い物件を選ぶ

まず1つ目は敷金礼金の安い物件を選ぶ方法です。敷金礼金は2か月ずつかかることもありますが、物件情報をくまなく探すと1か月分ずつしかかからない物件や礼金ゼロの物件もあります。安い引っ越しを望んでいるのなら、礼金ゼロの物件や敷金礼金の少ない物件を選ぶことをおすすめします。

②仲介手数料の安い物件を選ぶ

2つ目は仲介手数料の安い物件を選ぶ方法です。仲介手数料は、大家さんと入居希望者を繋いだ不動産会社に支払います。仲介手数料は1か月が相場ですが、高いところだと3か月程度請求するところもあります。一方で安いところだと0.5か月分のところもあります。初期費用を抑えたいのなら、物件選びの際に、不動産会社への仲介手数料の金額にも着目して選ぶとよいでしょう。

③フリーレントの物件を選ぶ

3つ目はフリーレント物件の選択です。フリーレント物件は入居してから一定の期間内を無料で住むことができる物件のことです。お試しとして1か月無料で使用できることが多く、初期費用を抑えることに繋がります。けれども注意しなくてはならない点として、一定期間内で解約すると違約金が発生することもあります。デメリットもあるのですが、とにかく安い引越しを実現したいのなら、1つの候補にしてもよいかもしれません。

④初期費用をクレジットカードの分割払いにする

4つ目はクレジットカード払いです。引越し会社によってはクレジットカード払いができ、現金を手元に残したまま引越しをすることができます。加えて、会社によってはポイントも貯められるので、初期費用を抑えることに繋がります。

➄一括見積りで引越し費用を安くする

6つ目は引越し見積サイトの活用です。引っ越し業者を利用する際にはダイレクトに引っ越し業者に依頼するよりも、一括見積サイトを使うことで引越し費用を安くできます。一括見積サイトによっては、引っ越し費用が50%以上割引になるケースも珍しくありません。さらに一括で見積もりを取ることで一番安い業者への依頼もできます。

ぜひ初期費用を安く抑える方法を知って、希望の引越しを実現しましょう。

この記事のまとめ

  • 初期費用は家賃の6~7か月分を想定しておく。
  • 初期費用以外にも引越し費用・家具家電の費用も想定しておく。
  • 初期費用を安くできる物件も存在するので不動産に相談する。

引越しの初期費用を安くするのは物件によるのでなかなか難しいかもしれません。しかし、一括見積りで引越し費用を抑えれば、全体の費用を安くすることができます!

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しの初期費用払えない…カードで分割払いのメリット・デメリット

もうすぐ引越しだけど初期費用が一度に払えそうにない… 引越しの初期…

引っ越し資金が足りない…失敗しないローンの借入れ5つのポイント

「引っ越しするのに資金が足りない…ローンを組んでみようかな」「できるだけ金利の…

引越ししたいけどお金がない!困った時の解決策とは?

「引越しをしたい」という声はよく聞かれます。ところが、お金がないから引越しをあきらめてしまうという…

金融機関から引っ越し費用を借りるための3つの方法について解説!

目次引越し費用を借りる方法引越し費用を借りるのに向いている人はこんな人借入先が違うとどれくらい金利が違うの?銀行のカードローンを借りるメリットデメリットが知りたいあまり知られていない引越し費用を借りる ...

引っ越しをする際の敷金礼金などの初期費用について解説!

目次引越し費用の敷金礼金の違いと相場敷金礼金が高い物件と安い物件があるのはなんで?敷金礼金はどのタイミングで支払う?礼金がかからない0円物件とは?敷金が安い物件のデメリットは何?敷金礼金を安くするため ...