とにかく格安で済ませたい!単身引越し依頼の節約ワザ!

ひとり暮らしの引越し代は家族丸ごとの引越しと比べて安いとはいえ、まだ学生だったり就職したてで資金に余裕がなかったりと、引越し代を節約したい人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、知っているのと知らないのとでは大違いの、引越し代を節約するワザをたくさん紹介していきます。単身者だからこそできる、格安の引越しを実現してみましょう。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

まずは単身パックや単身プランの引越しについて知ろう!

引越し業者の多くは、単身者向けの格安引越しプランを提案しています。そのため、「単身パック」と「単身プラン」というサービス名称を聞いたことがある人も多いことでしょう。単身パックと単身プランは名前が似ていますが、中身に違いがあります。単身パックは荷物が少ない人向けのサービスで、およそ縦170cm×横110cm×奥行き100cmくらいの滑車つきコンテナに全ての荷物が詰めこめる人に向いており、費用が安く、引越し繁忙期や引越し予定日直前に申し込みをしても断られる可能性が少ないというメリットがあります。しかし、荷物がわりと多い人は、コンテナを複数台借りなければいけないので、最終的な金額は高くついてしまう可能性があります。2個以上のコンテナを借りる場合は、複数BOX割引などの割引が適用されるのでそれほど高くなってしまうことはないでしょうが、荷物が多い場合は単身プランの方がお得感があることでしょう。単身プランはトラックを1台借りきるサービスで、荷物が多い人や他人の荷物と一緒に運ぶ混載便を避けたい人に向いています。コースによっては荷造りや荷解きを業者がやってくれたり、無料ダンボールサービスがあったりと、オプションやサービスが充実しています。ただし、単身パックに比べて値段が高くついたり、訪問見積もりをする必要があったりと、いくつかのデメリットもあります。

場合によっては業者に頼むのは損!?格安を追求した方法とは?

なんでも自分の力でやれば費用は安く抑えられると考えてしまいがちですが、自力でやって安く済む場合と逆に高くなってしまう場合があるので、注意する必要があります。自力で引越しをする場合、ダンボールやテープなどの梱包材代およびレンタカー代を支払います。引越しをするのでレンタカーは軽トラやキャラバンを借りる可能性が高くなりますが、車が大きくなればなるほどレンタカー代はどんどん高くなります。レンタカー代だけで単身パックとほとんど変わらないくらいの金額になってしまうことも多く、レンタカーを借りて自分で梱包・開梱・積み込み・積み下ろしをする労力を考えると、業者に頼んだ方がお得だと感じるかもしれません。もしも、荷物の量が少なくて重さもそれほどないのなら、赤帽などの配達サービスを利用しても良いでしょう。積め込める荷物の量は赤帽のトラックの大きさ以下という条件がつきますが、近距離での引越しなら安くつきます。しかし、長距離や荷物の量が赤帽トラックに積め込める量を超えてしまうときは、お得感があまりないといえます。また、体力に自信がない人でも積み込みを手伝わなければならないので、とりわけ重い荷物が多い場合はデメリットに感じることがあるかもしれません。

単身パックや単身プランの対応業者はどこ?おすすめ業者と料金相場

単身パックや単身プランを取り扱っているのは、ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)、日通、ハトのマークの引越センターなどです。それぞれの業者の料金をみていくと、単身パックの近距離(同一市町村内)でおよそ14,000円前後から、都内でおよそ17,000円前後からで、距離が長くなるとだいたい2万円からが相場になります。単身プランでは、オプションやサービスの数によって値段は異なるものの、だいたい近距離で2万円からが相場で、トラックが2トン車になったり移動距離が長くなったりすると、およそ3万円からになります。とりわけ代金を低く抑えたい場合は、ダック引越センターのシングルプランや、ファミリー引越センターのシングルプランが、1万円代後半から利用できる可能性があるのでおすすめです。

時期でどう変わる?閑散期と繁忙期の料金相場の違い

引越し代は荷物の量や移動距離によって左右されますが、引越しをする時期も注目しておきたい要素です。引越し業界の繁忙期は3〜4月の春の入学・就職シーズンで、それ以外の時期は閑散期と呼ばれます。9〜10月の秋の異動のシーズンも引越し繁忙期になることもありますが、春の繁忙期に比べるとそれほど値段が高くなることは少ないでしょう。繁忙期は閑散期に比べ、どれくらい値段が高くなるかというと、通常時の1.5倍は覚悟しておいた方が良いといえます。また、3月末や4月の初め、両月の土日祝日になると、さらに料金が上がる傾向があり、閑散期の料金相場に比べて2倍になることも珍しくありません。春の引越し繁忙期に引越しをしなければならない人は、2月か5月に時期をずらすか、せめて月の中旬の平日に引越しができるように調整してみるといいでしょう。

見積もり比較で格安業者を判別!最適な業者選びを

よりお得な業者を見つけるのに役立つのが、一括見積もりサイトです。ひとつの業者だけに見積もりをとったのではわからなかった料金相場も、複数の業者からの見積もり金額を見比べることで、だんだんと業者の本質が見えてきます。加えて、一括見積もりサイトの活用方法は見積り額を見比べるだけではなく、それぞれの業者のサービスに関する情報が載っていたり、利用者の体験談や口コミが書いてあったりするため、業者選びに大いに役立ちます。 公式サイトに載っている口コミや体験談はポジティブなもののことが多いですが、一括見積もりサイト内の口コミは率直な利用者の意見が掲載されているので、情報の有用性は高いといえるでしょう。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

単身引越しにかかる費用は「荷物量」で決まるってホント!?

引越しは、簡単に言ってしまえば「荷物を運ぶ」ということにほかなりません。つまり、どれだけの荷物を運…

単身引越しにかかる料金を1円でも安くしたいなら

引越しには何かとお金がかかります。不動産屋に払う敷金礼金、新しい家具、そして引越しにかかるお金です…

長距離の単身引越しをする時、相場はいくらくらいかかる?

引越しをするとき、「距離」はとても大きな要素になります。なぜなら、引越しにかかる日数や費用に大きな…

単身の海外引越しはどうすれば良い? 費用を少しでも抑える方法は?

単身赴任や留学などで海外に単身引越しをする場合、荷物はどうすればいいのでしょう。 国内の有名な業者に…

単身の引越し料金が安い業者の見つけ方

単身者が引越しをする際に思いがちなことの1つに、「引越し料金もっと安くならないかな」ということがある…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事