引越しに必要な住所変更!運転免許証の手続きのすべて

引越しをすると、住所変更をしなければいけないものがたくさん出てきます。銀行などへの住所変更届などがその代表的なものですが、意外と忘れがちなのが運転免許証の住所変更手続きかもしれません。市町村役場に転入届けを出せばすべての住所変更が自動的に行われるわけではないので、身分証明書としても利用する機会が多い運転免許証の住所変更は必ずしておきましょう。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

運転免許証の住所変更はどうやるの?書き換えの必要書類は何?

窓口で免許証の住所変更がしたいという旨を伝えれば大丈夫です。 運転免許証の住所変更に必要な届出の名称は、「運転免許証記載事項変更届」といいます。運転免許証記載事項変更届をするためには、印鑑、運転免許証、新住所が確認できるもの(住民票や公共料金の領収書など)1通、運転免許の住所変更ができる場所(警察署、運転免許センター及び運転免許試験場)においてある運転免許証記載事項変更届の用紙が必要です。

また、引越し先が同一都道府県内では上記のものだけでも変更できますが、他都道府県から転入した場合には、申請用の顔写真が必要になることもあります。写真は縦3cm横2.4cmのサイズで、カラーでも白黒でも構いません。証明写真機でも撮ることができます。ただし、転入先の都道府県によっては必要ない場合もあるので、事前に所轄の運転免許の住所変更ができる場所に問い合わせをしておくことをおすすめします。近所に交番がある場合は、交番に聞いてもいいかもしれません。一部の交番でも免許証の住所変更ができることがあります。また、日中は仕事で忙しいなどの理由で、本人が届出をするのが難しいこともあるでしょう。その場合は委任状が必要になってきますが、親族などの代理人に住所変更をお願いすることも可能です。

〈住所変更のみの際必要なもの〉

運転免許証・新しい住所が確認できるもの(住民票・健康保険証・消印付郵便物・公共料金の領収書・在留カードなど)

引越し時の転入届だけじゃ駄目なの?免許更新が近い場合はどうすればいい?

運転免許証の住所の変更は警察署・運転免許更新センター・運転免許試験場で行うことができます。必要な用紙も窓口にあり手数料も無料ですが、受付時間が平日昼間である上にお昼休憩時は窓口が閉まってしまうのでご注意ください。
転入届を役所に提出すれば、公的な書類などに記載されている住所はすべて書き換えられると考えている人もいるかもしれません。
しかし、免許証の住所変更は、運転免許センターや警察署などで行わなければならないことからもわかるように、役所に住所変更を届け出ても免許証の住所が書き換わることはありません。

住所が変わったら速やかに、免許証の住所変更を届け出ることが道路交通法によって定められていますが、いつまでに行わなければならないといった決まりはないため、免許更新が近い人の場合は、免許更新のハガキが来て更新センターに行くついでに住所変更をする人も多くいます。
ここで気をつけなければならないことは、免許更新のハガキは免許証に記載されている旧住所に送られてくるということです。郵便局へ転居届を提出しておかないと、最悪の場合、免許更新を忘れてしまい免許を失うことになります。また、住所変更を速やかに行わなかった場合は、1万円以下の罰金または科料に処される可能性もあるので、免許更新年だからといって数カ月後の免許更新まで待つのは大きなリスクがあるかもしれません。

手続きは何時まで可能?変更の期限はあるの?

警察署や運転免許センターなど、免許証の住所変更ができるところは、多くの場合8:30から17:00くらいまで受付をしてくれます。しかし、すべてがこの限りではないので、時間がぎりぎりになりそうな場合やこの時間帯に更新が行えなさそうな場合は、事前に確認を取っておくことが大切です。

警察署だけではなく、一部の交番でも免許更新ができることもあるので、問い合わせをして確認してみましょう。また、警察署での住所変更は基本的に平日のみとなっていますが、免許更新センターでは週末も行っているところもあります。

住所変更しなければいけない期限は明確に定められていませんが、そのまま放置しておくと違反金を取られたり、身分証明証としての利用ができなかったりするデメリットがあります。また、免許証に関する郵便がすべて旧住所に送られてしまうのも、デメリットのひとつといえます。後でより面倒なことにならないためにも、免許証の住所変更はできるだけ早めに済ませておくことが重要です。

手続きの手数料はいくら?他に気を付けるべきことはある?

免許証の住所変更手続きは少々面倒ですが、変更手数料が無料なので重い腰が少し軽くなるような気がするかもしれません。

しかし、住所変更自体は無料なものの、陸運局が変わるような場合には、ナンバープレートの交換や車検証の変更手続きに費用がかかります。費用は普通自動車のプレート交換で5,000円ほど、軽自動車で3,000円ほど、車検証の変更手数料は1,000円未満で行える役所がほとんどです。ナンバープレートおよび車検証の変更手続きは、市町村役場にて行います。警察署や免許更新センターなどで、免許証の住所変更とは一緒にできないので注意しましょう。

また、車検証は運転免許証とは違い、住所に変更があった後は15日以内に届出をすることが定められています。これは道路運送車両法に書かれており、違反すると50万円以下の罰金が科される可能性があります。そのため、引越し後は2週間以内に変更届を提出することを忘れないようにしましょう。 引越し後はさまざまな手続きが必要になりますが、どれを早く行わなければいけないか、どれが後回しにしても問題ないか優先順位をきちんとつけることで、ストレスなく新生活をスタートできることでしょう。

新居でのネットの準備はできていますか?

ネットの準備がまだの人や、月々のネット料金を安くしたい人には、一括見積もりがおすすめです。

ネットの一括見積もりはコチラ

たった30秒で100種類以上の中から一番安いプランを知ることができますよ。

関連記事

引越しにともなう自動車の手続き、その種類と方法は

引越しをすると、役所関係や公共料金などなど、とにかくさまざまな手続きをしなければなりません。とても…

スムーズに進めたい!引越し時の電気契約はどうやって行うのがいい?

引越しは何かと忙しく、荷物を運ぶ以外にも「電気、ガス、水道」といった生活に関わる契約の手続きも行わ…

意外とたくさん!?引越しのときに必要な書類について

「引越し」というと、多くの人が荷物をまとめてトラックで運搬するというイメージを思い浮かべるでしょ…

引越し時に必須!住民票手続き攻略マニュアル

引越したら、住民票の住所を移動させる必要があります。もし放っておいたら、いざ住民票が必要になったと…

引越し時ネット回線は継続より解約しないと損⁉契約見直しのチャンス

引越しが決まったら、今使っているインターネット回線はどうしたらいいんだろう? 現在使用しているインタ…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事