ガスの閉栓と開栓!引越しを考えたベストタイミングは?

引越しをするとき、水道や電気、ガスの事業者に連絡を入れることは、忘れてはならない大切なことです。もしも連絡を怠ってしまうと、事故を引き起こしたり、新居に引っ越した後、必要なときにライフラインを使用できなかったりします。特にガスは、立ち会いをして手続きを行わなければ、新居で使用することはできません。今回は、引越しをする際に覚えておきたいガスの話をお送りします。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

退去に備えて!解約の連絡や閉栓の手続き方法は?

ガスの元栓を自分で締めたから、それで閉栓が完了すると思っている人もいるかもしれません。しかし、必ず引越し前に事業者に連絡をして解約手続きを行わなければ、閉栓したことにはなりません。手続きの方法は、契約しているガス会社に電話連絡して訪問日を決める方法もありますが、ガス会社のサイトからオンライン上でも訪問予約をとることが可能です。ガスの閉栓には必ず契約者(代理人可)が立ち会わなければならないので、自分の都合の良い日に予約が取れるよう、できるだけ早くガス会社に連絡をしておくようにしましょう。不動産屋や大家などと退去立ち会いをする少し前に、予約を取るのがベストなタイミングです。退去立ち会いでは部屋のカギを返さなくてはならないので、それ以降は簡単に部屋の中には入れません。ガスの閉栓のためには事業者が部屋の中に入る必要があるので、できるだけカギを持っている間に閉栓ができるようにプランを立てておくことが重要です。閉栓とともにその月の使用量を測定するので、その場で現金を支払うか(要事前予約)、新居へ請求書を郵送してもらうことができます。また、新居でも同じガス会社を利用するなら、クレジットカードや口座振替も利用できます。なお、月の途中で閉栓した場合は、最終月の料金は日割り計算になります。

新居への引越しを快適にするために!開栓の手続き方法とタイミング

閉栓手続きも大切ですが、新居での開栓手続きもまた重要です。水道や電気は手続きをしていなくても、新居に引越しした日に使えることがありますが、ガスの場合は開栓手続きをしておかないと使用することができません。新居に引越しが完了する日にガス会社の訪問を合わせるためには、引越し日の1〜2週間前には連絡をして、開栓手続きのための訪問日を予約してください。こちらも、電話やガス会社のサイトからインターネットを通じて予約することができます。どうしても訪問日に契約者が家にいられないという場合は、代理人でも可能です。新居のガスは都市ガスかプロパンガスかを事前に確認しておくと、手続きがよりスムーズに行えることでしょう。開栓手続きでは、主に安全や警報装置が作動するかなどを確認します。ガスの開栓には、ガスコンロやガス暖房器などのガス機器が必要となりますので、事前に用意しておきましょう。持っていない場合は、ガスがきちんと管を通って使用できる状態かを確認できません。引越しをすることで都市ガスからプロパンガスに変わったりその逆だったりした場合は、ガス機器が前のものを使えない可能性が高いので、メーカーに相談するなどの必要があります。開栓の場合は新たに契約を交わすため、印鑑が必要になることもありますが、多くのガス会社ではサインでも可能です。

手続きにかかる時間は?電話やネットで手軽にできる!

閉栓・開栓手続きは、電話やオンライン上で簡単に行うことができます。閉栓のための電話をする際は、お客様番号が記載されている領収書や検針票が手元にあると、やり取りがスムーズにいきます。オンラインで閉栓手続きをする際にも、お客様番号が必要になるでしょう。開栓手続きには引越し先の住所を伝えますが、アパートやマンションの部屋番号まで伝える必要があります。新住所が書かれている書類を用意して、聞かれたときは、すぐに答えられるようにしておきましょう。また、いずれの場合も訪問日を事前に決めておくことが大切になります。第一候補日が事業者にとって都合が悪いことも想定し、第三候補日時まで用意しておくと良いでしょう。

立ち合いはすべきなの?ガスメーターの場所による?

ガスに関する手続きでは、多くの場合立ち会いが必要になりますが、閉栓手続きではメーターの配置場所によっては立ち合いが不要な場合もあります。メーターが屋外や室外の場合は立ち会いをしなくても済むケースがあるので、メーターが家のどこにあるかを調べておくと良いかもしれません。一方、新居での開栓手続きでは、検査や点火確認など、さまざまな確認作業が必要になります。そのため、必ず立ち合いが必要になるので、どうしても家にいられないときなどは代理人を立てるなどの対応をしましょう。

ガス手続きのサービスがある引っ越し業者を見つけるために

面倒なガスに関する手続きですが、ガス手続きのサービスがある引越し業者を利用すると、ストレスが軽減されることでしょう。大変便利なサービスを提供する引越し業者は、一括見積もりサイトで探すことができます。 一括見積もりサービスではそのほかにも、複数の業者の料金を比較するのに役立ったり、業者ごとの特徴を分析している情報が載っていたりするので、とても役に立ちます。業者探しの手間を大幅に縮小してくれるため、煩わしい引越しを快適なものに変えてくれることでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し手続き情報一覧!進め方のチェックリスト

引越しって何から始めれば?必要な手続きとは?どの順番が一番効率がいいの?と引越しは分からないことが…

郵便で引越し!?荷物が少ない場合に安く引っ越しを済ませるコツとは

引越し費用を最小限に抑えたいというのは、多くの人の本音なのではないでしょうか。新生活をスムーズに始…

引っ越しが決まった!マイナンバーの手続きは?

マイナンバーは、日本に住民票がある人に割り当てられている固有の番号(12桁)です。税金や医療などの社…

引越ししたらパスポートの住所も変更しないといけない?

目次引越ししたらパスポートの住所も変更しないといけない?パスポートの住所変更はどうやるの?代理人ででもパスポートの住所変更手続きはできる?住所変更の時にパスポートの有効期限が近かったら発行しなおしたほ ...

引越し時に必須!住民票手続き攻略マニュアル

引っ越したら、住民票の住所を移動させる必要があります。もし放っておいたら、いざ住民票が必要になった…