ワンルームの部屋にお引越し!業者の料金相場はいくらなの?

ワンルームの部屋への引越しは、基本的に荷物が少ないケースが多いでしょう。自分だけでもなんとか運べそうな荷物を引越し業者にお願いするのですから、料金は下げたいと考えますよね。 引越し業者の多くは、ワンルームへの引越しに対し、「単身パック」といったお得なプランを用意しています。今日は、ワンルーム引越しに適した引越し業者の選び方や、値段に関する情報などをお伝えします。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

ワンルームの引越し料金はいくら?相場料金を教えて!

ワンルームの引越しは、基本的にひとり暮らしをする人のための引越しであり、運ぶ荷物も少ないでしょう。ワンルームに置くことのできる荷物や家具も限られていますから、引越し料金の差が出るのは移動距離によることが多いです。 平均的な相場価格を見ると、市内といった近距離のワンルーム引越しであればおよそ3万5,000円、距離が50キロ以上の場合は約4万5,000円です。ただ、引越しシーズンで最も混み合う3月の繁忙期になると、引越し料金がこれに1~3万円追加されてしまうことが多いです。しかし、ワンルーム引越しを行う人は学生や新社会人なども多く、3月の繁忙期を希望する場合もあるでしょう。その時期は最も引越し料金が高騰する時期なので、引越し日を平日や夕方の時間帯にするなどすれば、多少値段を抑えることができます。

専用の単身パックがあるの?利用する時の注意点は?

ワンルーム引越しの場合、だいたい運ぶ荷物の量は目安がつくことが多く、家具や家電が少ない場合は段ボール10箱分程度の荷物で済むこともあります。 そんなときは、各引越し業者が設定している「単身パック」を利用するのがおすすめです。なかでも「専用ボックス」を利用する単身パックは、荷物の少ない方にピッタリです。これは、各業者が用意した専用ボックスに荷物を詰め、簡単に引越しができるサービスです。あらかじめ専用ボックスがどの程度の大きさで、どの程度の荷物が入るのか分かりやすく表示してあるため、自分の荷物と見比べてボックスのサイズも選ぶことができます。そのため、引越しの前に業者が見積もり依頼に訪れる必要もなく、価格設定も分かりやすくなっています。 ただ、引越し当日になって専用ボックスに荷物が入りきれなかった場合、後日郵送で荷物を送る必要もあり、追加料金がかかることもあります。また、安い料金設定とはいえ、繁忙期や週末には値段が上乗せされることがほとんどです。

単身ワンルームパックはいくら?大手引越し業者の料金相場は?

ワンルームの引越しは、荷物の量が少ないため「配送会社」が行っている引越しサービスも人気があります。普段から多くの荷物を運んでいる配送会社は、単身者用の引越し荷物程度なら簡単に運べることも多く、料金もリーズナブルに設定されていることが多いのです。 なかでも、「クロネコヤマト引越センター」と「日通」が行っている引越しサービスは人気が高く、両社とも値段の相場は同じくらいです。クロネコヤマトの場合、近距離で荷物の少ない場合は15,000円程度で引越しができます。さらに、平日割引やネット申し込みをするとさらに料金が割り引かれ、状況によっては12,000円ほどで引越しができます。普段から配送作業をてきぱきとこなしているだけあり、ヤマトの引越しは「対応スピードが速い」といった口コミがあります。一方、日通の引越しは平日で16,000円ほどの相場料金です。単身パックに力を入れている業者でもあり、専用ボックスもS・L・Xサイズが用意されているので、荷物の量に合わせてボックスを選べて、追加料金がかかることも少ないです。 ただ、クロネコも日通も配送会社としてのサービスが強いため、家具や家電の配置などのサービス対応はあまり良くないといった口コミもあります。引越し業者として有名な「アリさんマークの引越社」は、ワンルーム引越しの相場はおよそ2万円と、両社に比べるとやや高いです。しかし、引越し業者ならではの細かいサービスがたくさんあり、掃除グッズなどのプレゼントも用意されています。

荷物がそんなにない… 郵送ならお得?

家電や家具は、引越し先の新居で購入するという方も多いでしょう。その場合、引越しで運ぶ荷物がより少なくなりますから、段ボールに詰めて郵送してしまう方法もあります。 例えば、郵便局で行っている「ゆうパック」は、運べる荷物が「長さ・幅・厚さの合計が1.7m以内、重さは30kg以内」という規定があります。これは相当大きく、小型の冷蔵庫や洗濯機ならば簡単に配送できることになります。つまり、家具や家電がない場合はさらに手軽に荷物を送ることができるでしょう。 ただし、あくまで「荷物を送る」という作業だけなので、送り届けた後の荷物の配置などは全て自分で行わなくてはなりません。それでも、荷物が少なくて段ボール数箱分しかないといった場合は、引越し業者に依頼するよりも郵送したほうがお得になることがあります。

具体的な料金を把握したい!安い引越し業者を見つけるには?

ワンルーム引越しで各引越し業者を検索しても、なかなか具体的に金額が分からないこともあります。それは引越しの時期や荷物の量、移動距離によって値段が変わるため、業者としてもはっきりとした値段を明記することができないのです。 そんなときは、「引越し一括見積もりサービス」を利用しましょう。これは、自分が希望とする引越し先や日時、おおよその荷物の量などをネット上で入力するだけで、簡単に複数の引越し業者の見積もりを検索することができます。これだけの作業で見積もり額が数万円違うこともあるので、自分に合わない業者を省いていけば、最後に自分に合った引越し業者を選択することができます。一括見積サービスを利用することで、時間と手間をかけずに引越し業者を選ぶことができます。また、一括見積もりで引越しの予約をした際は、さらなるお得なサービスが用意されていることも多いので、引越しを考えているときに、ぜひ利用してみましょう。

1月〜4月は、引越しの依頼が集中するため、希望日に引越しできないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり
衝撃の事実

引越し費用は現金払いが一般的…

お金が足りないならカードローンも検討

カードローン 特徴 詳細
アコムバナー
最大30日間無利息 詳細
楽天銀行バナー
入会で楽天ポイント付与 詳細

関連記事

引越し前日の荷造りや手続きはどうする?おすすめの過ごし方4つ

「気づいたら明日はもう引越しの日!し忘れている作業がないか不安…」

引越しの準備はいつから?引越しタイムスケジュールと荷造りのコツ

「引越し初めてで何から準備したらいいか分からない!」 「手続きとか荷造…

引越し時にやること14選!最低限これだけ押さえておけば大丈夫!

「引越しは何から始めれば良いのか分からない・・・。」

母子家庭の引越し費用は〇万円⁉お得な児童扶養手当の手続き方法とは

「引越したいけど費用がかかってできない…」 「

結婚と引越しでやることたくさん!効率の良い手続きの順番と方法

「結婚は決まったけど、準備が何も進んでない…」