一人暮らしの引越し費用はどのくらい?安くおさえるとっておきの節約術を公開!

引越し代金は引越しをする時期や距離などによって万単位で変わっていきますが、それは比較的荷物が少ないといわれる一人暮らしの引越しでも同じことです。少しでも引越し代を抑えて新生活をスムーズにスタートするためには、一体どうすれば良いのでしょうか。そこで今回は、一人暮らしの引越しをできるだけ安くする、とっておきの方法について解説していきます。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

時期や距離によっては費用が安くなることも

引越し代金を決める要素は、それほど種類が多いわけではありません。引越し時期、引越し先までの距離、荷物の量が主に費用を左右するので、これら3つの要素をしっかりおさえておけば、安価で快適な引越しを行えることでしょう。引越しをする時期は、引越し希望者が多くなる3〜4月の引越しシーズンや、それぞれの月の月末・週末・祝日は避けるべきでしょう。特に3月末と4月の初めの春休み時期は、引越しシーズンのなかでもさらに引越し希望者が増えるため、引越し代の相場はどんどん高くなっていきます。引越し費用を抑えるためには、まずは繁忙期を外すことと、それが無理な場合は引越し予定日の1〜2カ月前から申し込みをして、早割の対象になることがポイントです。引越し閑散期における単身者の引越し代金の相場は、およそ1万5,000円〜5万円くらいですが、繁忙期には閑散期の1.5〜2倍ほど高くなることは珍しくありません。多少時期をずらすだけで数万円節約できるので、少し無理をしてでも2月や5月、あるいは少なくとも3月の中旬以前、4月の中旬以降に引越しをする計画を立ててみましょう。料金を決める第2の要素に、引越し先までの距離があります。旧居から新居までの距離が長くなると、ガソリン代がかかったり、トラックや作業員の拘束時間が長くなったりするため、料金が高くなります。例えば、荷物が少ない場合の同一市町村内など15キロメートル未満の引越しでは、平均して3万5,000円ほどとなるのに対して、50キロメートル未満ではおよそ4万円、200キロメートル未満ではおよそ5万2,000円、500キロメートル以上では6万2,000円くらいと、だんだん料金が上がっていっているのがわかります。距離が長くなるに従って値上がり幅は小さくなるものの、同じ時期で同じ量の荷物だとしてもこれくらいの差が出るのは、やはり見過ごせないのではないでしょうか。 最後に引越し代金を決めるのが荷物の量ですが、こちらは作業員の人数やトラックの大きさに影響を与えます。荷物の容量が多くなればなるほどトラックのサイズも大きくなり、引越し代も比例して高くなっていきます。作業員の人数が増えると人件費も増えるため、必然的に引越し代は多くなります。例を挙げると、荷物がたくさんある場合の15キロメートル未満の引越しでは、平均しておよそ47,000円、500キロメートル以上で81,000円となり、荷物が少ない場合と比べて同じ距離でも万単位で違いが出てきてしまいます。

業者選びでは独自のサービスもチェック

引越し業者の名前をいくつか言えるという人も多いのではないでしょうか。コマーシャルをテレビで打つなど、引越し業者は積極的に宣伝活動を行っています。その背景には、引越し業界の競争が見て取れることでしょう。実は、引越し業界は業者同士で激戦を繰り広げているのです。その一方で、利用者の私たちにとってはうれしいことがあります。競争が激しいため、各社ともオプションやプレゼントキャンペーン、各種割引を充実させているからです。 オプションには、ハウスクリーニングなどの有料のものから、無料で梱包材のダンボールを何十枚かくれるサービスなど、さまざまなものがあります。訪問見積りをするだけでお掃除グッズがもらえたり、成約した場合には訪問見積りプレゼントよりもちょっと豪華なプレゼントが手に入れられたりします。業者によっては平日割やウェブ割、早割、シニア割など、幅広い割引サービスを実施しているところもあります。業者選びの際はただ見積価格を参考にするだけではなく、ちょっと得をするサービスがないかを探してみると良いでしょう。 業者選びにはウェブで行える一括見積りが便利で、簡単に複数の業者に見積りを依頼することができます。訪問見積りの際などに複数の業者から見積りをとっていることを伝えれば、相手が競争相手に負けないように安い値段を提示してくれることもあります。こちらから他社の見積りを片手に果敢に値引き交渉をすることもできるので、見積りは値段を比較する以外にも使い勝手が豊富です。

単身パックってお得なの?

一人暮らしの引越しといえば、単身パックの利用が便利です。単身パックの利用は荷物が少ない場合に限定されてしまいますが、単身者の引越しが多くなる3〜4月の引越し繁忙期でも、比較的安い価格で引越しができることでしょう。単身パックでは、およそ高さ170×横幅110×奥行100センチほどの、滑車がついてスムーズに移動できるコンテナに荷物が全て入る場合に利用することが可能です。メリットとしては、コンテナに詰め込んだ荷物は混載便として他人の荷物と一緒に運ばれるため、かなりお得な料金で引越しができることです。デメリットはベッドなどの大型家具や家電を入れると、それ以外のものはほとんど詰め込めなくなることや、引越し荷物が新居に届くまでに時間がかかるケースがあることです。また、コンテナの数が複数台に及んでしまうと、引越し代金がかえって高くつくリスクがあります。業者によっては複数BOX割引というサービスがあるものの、割引額はそれほど多くはないので、複数のコンテナになるのならトラックを1台借り切った方がお得になるかもしれません。 単身パックと一口にいっても、業者ごとに微妙なサービスの違いがあります。コンテナのサイズも各社まちまちですし、日通の場合は「単身パックX」という、通常の滑車つきコンテナのおよそ3倍の大きさのコンテナに荷物を積むことができるため、ベッドでもソファでも運ぶことが可能になります。各社のサービスを比較するためには、単身パックといえども複数の業者から見積りをとることが大切です。

引越しには初期費用も必要

引越しにかかる費用は、引越し代金だけではありません。新居の敷金・礼金のほか、家具つきの部屋ではない限り、新たに家具・家電を買い揃えなければなりません。新生活をスムーズに始めるためのコツは、家具や家電を購入したお店から新居に直接送ってもらう方法です。有料の荷造りサービスなどを活用すれば、自分で重い家財を部屋に運び入れる作業が軽減できます。特に体力や腕力に自信がない女性やシニア世代におすすめです。 引越しで忘れてはならないのが梱包材の存在です。ダンボールをホームセンターで購入すると、1枚当たりおよそ100円〜200円くらいが相場です。書籍用や衣装用のダンボールになるとサイズや紙の厚さが変わってくるので、一般的なダンボールよりも高くなります。荷物の量に応じて必要となるダンボールの枚数は変わりますが、一人暮らしの引越しで使うダンボールの数はおよそ10〜20枚といわれています。ガムテープなども購入すると、梱包材だけでだいたい平均して2,000〜4,000円ほどかかる計算となります。梱包材代を節約したい場合は、スーパーなどで中古のものを無料でもらうことができる可能性があるので、お店の人に聞いてみてください。引越し業者によっては、無料で何枚かダンボールをくれるところもあります。 また、引越し代を節約する別の方法に、自力で引越しをするという方法があります。新居が遠方ではないのなら、自分で運べば業者への引越し費用を支払う必要はなくなります。その代わりレンタカー代を支払うことになり、ひとりでの引越しが困難な場合は家族や友人にヘルプを頼まなければならなくなります。

一人暮らしの引越しスケジュールは?

一人暮らしの人の荷物は多くの場合それほどたくさんはないので、荷造りは引越しの1〜2週間前から始めたとしても大丈夫でしょう。荷物が多いことを自覚している場合は、それよりも前から少しずつ始めることをおすすめします。引越しはただ荷物を新居に運んだだけで終わるものではありません。入居や退去に関する手続き以外にもしなければならない手続きがあり、また、新居のご近所への挨拶まわりも気になるところです。 引越しに関わる手続きは、案外多くあります。水道・電気・ガスは、引越し予定日の1週間前までには事業者に連絡をして、旧居なら閉栓、新居なら開栓のスケジュールを立てます。特にガスに関しては、入居者が立ち会わなければならないことが多いため、できるだけ速やかに連絡をし、立会の日取りを決めておきましょう。郵便局や電話局にも転送サービスを依頼しておくと、大事な連絡を受け取ることができますし、個人情報が第三者に漏れないようにすることに役立つでしょう。引越し後は2週間以内に所轄の役所に赴いて、転入届けを出すことも大切です。車を所有している場合は、車に関する住所変更も速やかに行いましょう。 挨拶まわりに関しては、入れ替わりが激しいウィークリー・マンスリーマンションだったり、単身者が多く住む物件だったりするなら、基本的に挨拶まわりをしないことが多いです。引越し先がファミリー向けの物件だったり、引越し作業中に近所の人を見かけたりした場合は、軽く挨拶をしておくと良いでしょう。一方、防犯の観点から、女性の単身者は逆に挨拶まわりをしない方が良いかもしれません。

まずは見積りから!節約術も使ってコストを抑えよう

一人暮らしの引越し代をなるべく抑えるには、まずはウェブで無料見積りをとることから始めましょう。見積りは各業者の公式サイトから依頼できるほか、一括見積りサイトでも行うことができます。一括見積りサイトの方は、手軽に複数の業者から見積りを取ることができるので、引越し前の慌ただしい時間を見積り依頼で消費するのを避けることができるでしょう。 引越し費用を節約するコツは業者に頼るだけではなく、できる作業は自分で行うことが大切になります。荷造りから荷解きまで全て業者がやってくれるプランもありますが、それらを自分で行うことで、大きく費用を下げることが可能です。大型家具や家電の積み込み・積み下ろしなど、自分でできない作業だけを業者に任せることで、賢く節約していきましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

学割パックならお得?学生の引っ越しのすすめ

学生の中には、アルバイトができなかったり仕送りの額が限られていたりと、あまりお金がないという人も多…

実家を出て一人暮らしは不安…引越しの準備や手続きは1か月前から

「初めての引越し!でも、何から始めたらいいの?」 「必要な作業と手順が…

家族での引越しの状況別の相場や準備方法を詳しくまとめてみた!

「家族で引越しをする予定だけどまず何から準備したらいいかわからないな。」「…

海外に引っ越したい!対応の引っ越し業者と料金相場まとめ

留学や単身赴任などさまざまな事情で、海外に移り住むということもあるでしょう。引っ越し先が国内ではな…

やること多すぎ…結婚と引越しをする方のベストな手続きの順番と方法

結婚は決まったけど、準備が何も進んでない!結婚が決まると、式の準備や婚姻届けの提出、新居探しなどい…