引越し後にやることリスト保存版!業者に頼むと楽になるかも…?

引越しは心身共に疲れて大変なもの、そう考える人も多いでしょう。確かに労力もお金もかかるのが引越しですが、最近の引越しは何かと細やかなサービスがついており、こんなことも任せられるの!?といったオプションも少なくありません。また、引越し前に事前にやるべきことを準備しておけば、意外と引越し作業もあっさりと済ませることができます。今日は、引越しのハードルが低くなる、引越し前のやることリストや便利なサービスについて詳しくご紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し前に済ませておくことリスト

まず引越しすることが決まったら、新居に転居するひと月ほど前からいろいろと動き始めましょう。この時期に行うやることリストは、「退去日を決める」「引越し業者を決める」「新居への入居日を決める」「転校手続きを行う」といったことです。 賃貸住宅から退去する場合、早めに大家さんへ連絡する必要があります。家賃の支払い期限や引越し時期との日程を調整し、なるべく出費が抑えられるようにしましょう。引越し業者を決めるには、引越し予定のひと月前には見積りを取る必要があります。また、子供がいる場合には早めの転校手続きが必要です。在籍している学校にも早く連絡を入れることで、転校先の学校ともスムーズに連絡を取り合うことができます。 そして、引越しまで2週間ほどの時期には「ガスや電気、水道やインターネットなどの使用停止・開始手続き」「火災保険・地震保険の手続き」「粗大ごみ処分」「転出する市区町村での手続き」「荷造り」を行います。ガスや電気の使用手続きを忘れてしまうと、引越し後も二重払いなどのトラブルに合うことがあります。ネットで簡単に使用停止や開始の手続きができることも多いので、早めに行動しましょう。火災保険や地震保険は引き続き契約を行うにしろ、転居後は再計算して新たに契約を結ぶ必要があります。また、引越しは荷物の量が多いほど値段も高くなります。大型家具や家電の不用品があれば、引越し前に処分しつつ荷造りを始めた方が良いでしょう。そして、市区町村の手続きは転居届、印鑑登録の手続きをまとめて済ませておきましょう。引越し直前になったら「近所へのあいさつ回り」「郵便物の転送手続き」「食材を使い切る」といった作業が必要になります。

引越し後にすぐやることリスト

いよいよ引越し当日となっても、順番にやることリストを考えておけば慌てる必要もありません。 まずは、「当日まで使用した荷物を梱包」しましょう。例えば、寝具や洗面用具、照明器具などがあります。これらは引越し後もすぐに使うことが多いので、印をつけた段ボールなどに入れておくと良いでしょう。次に、「引越し業者への指示」を出します。多くの引越し業者は現場作業に慣れているので、こちらからいちいち指示を出すことは少ないでしょう。ただ、家具類をどこに置くのか、壊れやすいものはどれかといった内容を伝えておかないと、後々トラブルの原因にもなります。そして、「忘れ物がないかチェック」をします。ベランダにスリッパや物干しざお、トイレットペーパー、植木鉢といったものは忘れ物として多いものです。次に、「ガスの閉栓・ブレーカーを落とす」作業をします。ガスも電気も、引越し前に使用停止の連絡をきちんとしていれば、閉栓とブレーカーを落とす作業で両社の停止手続きは終了となります。また、新居でのガスや電気の使用も、あらかじめ使用開始日を会社に伝えておけば、引越し当日からスムーズに使えることになります。そして、引越し当日から使いたいネット回線ですが、パソコンケーブルの接続などは意外と難しいことも多いです。引越し業者によっては、オプションでケーブル回線などの配線作業を行っていることもあるので、苦手意識のある人は業者にお願いするのも良いでしょう。 また、なるべく引越し当日に近所への挨拶を行っておくのがおすすめです。近所としては引越し作業が行われていると、どのような人が引越しして来たのかずっと気になるものです。引越し当日に、簡単に挨拶を済ませておいた方が好印象でしょう。

引越し翌日から2週間以内にやることリスト

引越し翌日から行いたいリストとして、まず「市役所関連の手続き」があります。市役所に行き「転入届の提出」「印鑑登録の手続き」「国民健康保険への加入」「国民年金の登録」を行いましょう。手続きには転出届や印鑑、健康保険証、年金手帳などが必要になります。これらの手続きをしないと住民票がもらえないことになるので、役所関連の手続きは忘れずに行うようにしましょう。そして、子どもがいる場合は「子ども(児童)手当ての手続き」「学校の転校届け」も行います。 役所関連のやることを終えたら、次に「運転免許証に関する手続き」を行います。自動車やバイクの免許を持っている人は、「新しい住民票、旧住所の書いてある免許証、印鑑」を持って、各地域にある「免許証更新センター」で変更手続きを行います。また、所有している「自動車やバイクの住所変更手続き」も行いましょう。この手続きには、「印鑑、車検証、車庫証明、住民票」が必要で、住む地域を管轄する「陸運輸支局」に行って登録変更を行います。これら運転に関わる手続きは、新しい住民票をもらったらなるべく早く行うようにしましょう。 また、犬や猫などのペットを飼っている場合、予防接種などの関係から住所登録が必要になります。引越し後なるべく早く、市役所の窓口や保健所にて転出先で交付された鑑札を持参し、登録住所の変更手続きを行いましょう。引越し先で新たにペットを飼う場合、飼育した日から30日以内に手続きを行うことが必要となります。 さらに、パスポートや銀行通帳などの住所変更も必要です。これらはすぐに海外旅行に行ったり融資などを利用したりしない限り、焦って行う必要はありません。しかし、忘れてしまうといざというとき困ることもあるので、引越し後の手続きのついでに早めに行うようにしましょう。

引越し後の挨拶まわりは必要?

人付き合いが希薄化しているといわれる現在、引越し後の挨拶まわりも面倒だと感じる人も少なくありません。しかし、引越し先周辺にどのような人が住んでいるのかを知ることは、こちらとしても今後の生活に安心感を得ることができます。特に、子どもがいる家庭の引越しの場合、近隣住民に騒音などを与えることも多いため、引越し後の挨拶はしっかりと行っておきましょう。マンションなら上下左右の部屋や管理人さんなど5件ほど、戸建ての場合も家の向い側3軒、左右2軒のおよそ5件の家に挨拶をしておくのがおすすめです。なるべく引越し当日に、簡単な手土産を持参し挨拶を済ませておくことが大切です。手土産はタオルやお菓子などが多いですが、食品を渡す場合は賞味期限の長い焼き菓子などが良いでしょう。挨拶をきちんとすることにより、何かしら近隣同士でトラブルがあった際も、顔見知り同士であれば穏便に解決できることもあります。 しかし、単身者の引越しの場合、近隣住民が仕事で常に家にいないことも多く、挨拶をしないケースも増えています。特に、女性のひとり暮らしの場合は挨拶まわりをすることで、ひとり暮らしをアピールすることになってしまいます。このような場合は防犯上のリスクもあるので、挨拶まわりは控えても良いでしょう。

引越し業者が手続きを代行してくれることも

引越しは、荷物の搬入や設置、その後の役所の手続きや近所の挨拶まわりなど、やることがたくさんあります。なかでも特に労力を使うのが、家電やパソコンなどの電気機器の設置です。例えば、トイレでも最近ではウォシュレットを使う家庭が増えており、新居に以前使っていたウォシュレットを運んでも、便座を取り換える作業というのは素人にはなかなか難しいこともあります。また、前に使っていたエアコンを新居に運んでも、部屋に設置する作業は電気屋さんでないとできないものです。パソコンにいたっても、ケーブル配線をつないだりネット環境をつないだりするのに時間がかかることもあります。エアコンは電気屋さんに、パソコンはネット関連会社に連絡すれば良いのでしょうが、その都度時間と手間がかかります。そこでおすすめなのは、このような電気機器の設置を、引越しと同時に引越し業者にお願いすることです。業者のなかには、家電の設置やネット回線に関する設置をオプションで引き受けていることも多く、専門知識を持ったスタッフが引越し作業のついでに行ってくれます。 また、近所への挨拶まわりも引越し業者が代役で行ってくれるオプションもあります。仕事が忙しくなかなか挨拶まわりができないといったときでも、必要な手土産を業者が予算に合わせて用意し、近隣住民に丁寧な挨拶を行ってくれます。しかし、実際にその場所に住むのは業者ではないので、なるべく後日自分で挨拶を行うようにしましょう。

手続きは速やかに済ませて新生活を楽しもう

引越しは何かと手間がかかります。引越しを決めたひと月前には、いろいろとやることリストを挙げて動く必要がありますし、引越しが終わった後も市役所などの手続きが必要になってきます。やることリストを順番に片付けていくことで、それほどストレスもなく引越し作業を終えることもできるでしょう。 また、役所関連の手続きは代行者にお願いするのは難しいですが、引越しに関することなら業者にほぼすべてお願いすることもできます。引越しに必要な荷造りから荷解きまで、すべて業者にお願いすることもできますしネット回線の接続や家電製品の設置も、手間がかかることはオプションで業者に委託することもできます。また、引越し前には通常部屋をキレイに掃除しますが、普段は手の届かないような、細かい場所も清掃してくれるホームクリーニングを行う引越し業者も増えてきました。 このようなオプションサービスが充実している引越し業者を選ぶには、まずは「引越し一括見積りサービス」に登録するのがおすすめです。これは、たくさんある引越し業者から自分に合った業者を簡単に選ぶことができ、簡単な見積りも比較できる便利なサービスです。一括見積りに登録することで、自分に必要なサービスがある引越し業者も簡単に選ぶことができるでしょう。まずは、一括見積りで複数の業者から自分に合った引越し会社を選び、引越しを手間なく簡単に済ませることができるよう検討してみましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

学割パックならお得?学生の引っ越しのすすめ

学生の中には、アルバイトができなかったり仕送りの額が限られていたりと、あまりお金がないという人も多…

実家を出て一人暮らしは不安…引越しの準備や手続きは1か月前から

「初めての引越し!でも、何から始めたらいいの?」 「必要な作業と手順が…

家族での引越しの状況別の相場や準備方法を詳しくまとめてみた!

「家族で引越しをする予定だけどまず何から準備したらいいかわからないな。」「…

海外に引っ越したい!対応の引っ越し業者と料金相場まとめ

留学や単身赴任などさまざまな事情で、海外に移り住むということもあるでしょう。引っ越し先が国内ではな…

やること多すぎ…結婚と引越しをする方のベストな手続きの順番と方法

結婚は決まったけど、準備が何も進んでない!結婚が決まると、式の準備や婚姻届けの提出、新居探しなどい…