引越ししたいけどお金がない!困った時の解決策とは?

「引越しをしたい」という声はよく聞かれます。ところが、お金がないから引越しをあきらめてしまうという人が多いのです。「引越しをしたい」と思う理由や希望条件は人によってさまざまです。本当にあきらめてしまう前に、今一度「お金を何とか工面して引越しできるようにする」ための解決策を探してみましょう。「後悔先に立たず」ということわざもあります。探してみれば、今の自分に合った解決策が見つかるかもしれません。そこで、今回は「引越しをしたいけれどお金がない」という場合の解決策についてご紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越し侍のおすすめポイント

  • 最大10万円キャッシュバックもしくは家電が当たるキャンペーン実施中
  • 業界最多クラス!人気の引越し業社230社以上を比較
  • 安心の実績!引越しご紹介件数3110万件突破
  • 簡単1分の登録で一番安い見積もりがわかる
  • 引越し料金が最大50%安くなる
引越し侍といい引越しタイアップの画像

賃貸契約書とどんな初期費用が必要か確認しよう

急に引越しが決まったときに、手元にお金がなかったというケースはよくあります。実際に引越しをする場合、次に住む家の家賃や引越しの荷物を運んでもらうための費用ばかりについて考える傾向が強いのです。そのため、自分が今まで住んでいた家の退去にかかる費用を考えるのを忘れてしまうケースが多々あります。たとえば、一定期間は家賃が無料になる「フリーレント物件」の場合、契約期間中に退去する場合は違約金が発生することがあります。仲介手数料無しで借りた物件も同様です。一定期間借りることを条件に仲介手数料が無料になっていることが多いのです。だから、途中解約を行うと高い違約金を払わなければならない可能性があります。他にも違約金が発生する可能性があるのがシェアハウスです。シェアハウスは、他の人と1つの物件を共同で借りることで家賃が安くなっています。そのため、借り手が減ると家賃を折半できなくなってしまうので、契約期間内の退去には違約金が発生する取り決めになっていることが考えられます。したがって、まずは今住んでいる部屋の賃貸契約書をよく読んで、退去に必要な金額を確認しましょう。それから、次に住む家の初期費用にいくらまでなら払えるかを考えるのです。手元にお金がない状況であれば、できるだけ初期費用を安く抑えることを考えるのがよいでしょう。その点では、フリーレント物件や仲介手数料無料物件がよいです。また、家賃をこれまでよりも安くすることで初期費用を捻出するのであれば、シェアハウスを選ぶという方法もあるのです。いずれにしても、まずは今までの家を退出する分と新しい物件に入居する分にいくらかかるのかを確認する必要があります。

お金がないときにおすすめ!フリーレント物件とは

フリーレント物件とは、賃貸物件の賃料が最初の1カ月分~3カ月分が無料になる契約のことです。フリーレントという契約形態はどちらかというと貸事務所や店舗物件に多い契約方法ですが、昨今では一般向けの賃貸住宅でも見られるようになりました。数カ月分だけであっても、家賃が無料になる契約なので、引越ししたいけどお金がないという状況のときにはメリットが大きい賃貸契約の方法です。なぜ、当初の家賃が無料になるような契約があるのかというと、空き室対策のためです。家賃を値下げして貸し出せば手っ取り早く空室を埋めることができます。しかし、もし空き室を埋めるために家賃を値下げして貸してしまった場合、先に入居していた人たちに不公平感が生まれ、値下げ交渉に繋がる心配があるのです。それに対して、無料期間が過ぎれば通常の家賃に戻るフリーレント契約にしておけば、全体の家賃が下がってしまう心配がなくなります。そのため、数カ月間家賃を無料にしてもフリーレントにするメリットがオーナー側にもあるのです。ただし、このフリーレントという契約が成り立つためには条件があります。家賃は無料で、いつでも解約できるというのでは、得するのは借り手だけになってしまうからです。だから、大抵一定期間は途中解約ができない契約になっています。万が一、途中解約をする際には、フリーレントした期間の家賃相当分を支払うという契約になっていることが多いので、しっかり契約内容を確認してから申し込むようにしましょう。もし、契約期間中に転勤などで急な引越しが発生する可能性がある場合、それに備えて積み立てをしておくなどの工夫が必要です。

仲介料無料の物件とは?

仲介手数料の物件は案外見つかるものですが、仲介手数料が無料なものが必ずしもお得とは限りません。そもそも仲介手数料とは、不動産業者が、物件を仲介したときに借主もしくは貸主と借主の双方から受け取る費用のことで、上限は家賃1カ月分と決まっています。ですから、不動産業者がせっかく契約を仲介したのに数万円の仲介手数料を受け取ろうとしないことはまず考えにくい話です。それなら手数料が無料になっているのには何か理由があるということになります。実は、仲介手数料の上限はトータル上限で、借主から全額取った場合でも、借主と借主の両方から取った場合でも1カ月分が上限であることに変わりはないのです。したがって、仲介手数料無料という物件は、貸主から仲介手数料1カ月分を受け取っている可能性が高いです。貸主がわざわざお金を払ってまで貸したい物件ですから、古くて借り手が付かない物件の場合や、別途クリーニング代が必要な物件の場合もあります。そうでない場合には、初期費用として仲介手数料を取らない代わりに、退去時の費用に仲介手数料分が上乗せされている可能性もあるのです。いずれにしても、何か理由があることが多いため、なぜ仲介手数料が無料になっているのか、しっかり確認してから契約する必要があります。

シェアハウスを選ぶとどれ何がお得?

若者を中心にシェアハウスを選ぶ人が増えていますが、実際はメリットもあればデメリットもあります。ですから、住み始めてから後悔しないためにも、まずはメリットとデメリットをしっかり理解してから、シェアハウスに住むかどうかを考えるようにしましょう。シェアハウスのメリットとデメリットは以下の通りです。 <メリット> ・家賃を住んでいる人数で折半できるから安く住める。 ・敷金や礼金が要らないケースが多く、初期費用を抑えられる。 ・最初から家具や家電が備え付けられているため、自分で買って揃える手間と費用を省ける。 ・一緒に暮らす人がいるから、一人暮らしの寂しさがない。 <デメリット> ・シャワーやトイレなど共同で使う物は混む時間帯があって自由に使えない。 ・共同スペースを使える時間が限られる。 ・住人以外の友人や恋人などを部屋に呼べないルールがあるところが多い。 ・協調性のないメンバーがいると生活しづらい。 ・ゴミ捨てや掃除が当番制になっている物件もある。 このようなデメリットを見た場合、大したデメリットではないと思う人と、大きなデメリットだと思う人がいます。このようにシェアハウスで他の人と共同で生活するのには向いている性格と向いていない性格があるため、家賃が安いというだけでは選べないことも多いのです。

引越しを考えたとき、1カ月分の家賃があれば引っ越せるなどと思う人はまずいないでしょう。引越しをするときには、諸々の費用が必要になります。一般的に引越し資金の相場は次の家賃の約6カ月分と言われています。ですから、8万円の家賃の家に引っ越そうと考えているのであれば、約48万円は必要ということになるのです。この初期費用に含まれるのは次の3種類です。 ・物件にかかる費用 ・引越しにかかる費用 ・新居で使う家具や家電の購入費 このうち最も大きいのが物件にかかる費用で、全体の6割前後を占めます。したがって、仲介手数料や当初の家賃をできるだけ抑えて初期費用を安くするという方法はそれなりに正しい方法だと考えられるのです。

お得な引越し業者の選び方

引越しの初期費用の中には、引越し業者を依頼して荷物を運んでもらう費用も、もちろん含まれています。引越し料金は、運ぶ荷物の量と距離、引越し前後の家の条件などによって決まるもので、定価はないです。ですから、どこに引越しを依頼するかによって、大きく金額が変わってきます。つまり、少しでもお得に引っ越そうと思ったら、複数の業者に見積もりを依頼して、結果を比較する必要があるのです。ところが、日本中には約200社の引越し業者があるため、どことどこを比較したらよいのかがわかりにくいのが難点です。そこで、おすすめなのが、引越し料金の比較サイトの利用です。同じ条件を入れて複数の業者に一括で見積もりを依頼することができます。そのため、まず相場がいくらくらいなのかがわかり、料金の比較もしやすくなります。何社かに絞った後で直接値下げの交渉もできるのです。したがって、最初から1社だけに電話をかけるよりも引越し料金が安くなることが多いのもおすすめできるポイントです。また、引越し業者の中には、定期的にキャンペーンを行っている業者もいます。キャンペーンの内容はさまざまであり、条件付きで安く引っ越せる場合もあるので、まずは引越し業者のホームページなどをチェックしてみるとよいでしょう。

引越しする時期で得する方法

引越し料金は、いつ引っ越すかによって金額の変動が大きいという特徴もあります。例えば、進学や就職、転勤などで引っ越す人が集中する3月や4月は繁忙期に当たり、中には通常の時期の1.5倍~2倍の料金になる日もあります。逆に、通常よりも引っ越す人が少ない閑散期もあるため、そのような時期を狙って引越しをすれば安く引っ越せるのです。夏から秋にかけては割合空いている時期です。しかし、子どもの夏休みに合わせて引越しをする人や秋に転勤がある会社もあります。そのため、週単位で混み合うときと空いているときが入れ替わります。一番少ないのは、繁忙期直前の1月と、11月です。したがって、引越しの時期を自分で選ぶことができるのであれば、なるべく閑散期を狙って引っ越すようにすると安く引っ越せるのです。また、1日のうちでも安い時間帯と高い時間帯があります。午前中は、決まった時間から引越し作業が始まるため選ぶ人が多く、料金も高くなります。ところが、午後や夕方の作業は、前の引越しが終わった後での作業になるため、時間がずれやすく人気がありません。ただ、人気がない分安くなるので、できるだけ安く引越したい人にはねらい目です。他にも、平日と週末では料金が全く違うため、週の半ばの平日を選ぶのがお得です。しかも、1カ月のうちでも月の真ん中あたりは料金が安く、予約も入れやすいという特徴があります。同じ内容の引越しでも、どの日のどの時間帯を選ぶかで大きく料金が変わりますから、日時の調整をして安く引っ越すように工夫しましょう。

自力で引越しする場合の注意点

引越し業者に引越しを依頼するとお金がかかるから、自分でレンタカーを借りて安く引っ越そうと考える人もいるかもしれません。しかし、必ずしもレンタカーを借りた方が安くなるとは限らないので注意が必要です。例えば、単身で引っ越す際、荷物をたくさん運べるバンを借りるとします。車種にもよりますが平均的な車種を選べば6時間まで約1万円、12時間まで約1万3千円、24時間まで約1万5千円で借りられます。しかし、レンタカー代だけでは引越しはできません。ガソリン代が必要です。レンタカーの場合、借りた店舗の近くのガソリンスタンドで満タンにして返すように指定されます。ガソリン代は、同一市内の引越しであれば、1000円程度と考えておけばよいでしょう。そこにさらに保険代1000円程度がかかります。その他、高速道路を通れば高速料金がかかりますから、その分のお金はかかると知っておく必要があります。そして、考えておかなければならないのは、どのようにしてレンタカーを返すかという方法です。荷物を運んだ後、通常なら借りた店舗に車を返さなければなりません。そのため、車を返し終わるまでの時間を考えてレンタルする時間を決めておきますので、車を返した後の新居まで行く方法を考えておくことも重要です。高速道路を使って荷物を運んだ場合には、車を返すために往復することも想定しておくようにします。もちろん、乗り捨てサービスを利用すれば、引越し先の最寄りの店舗に車を返せばよくなるので楽です。しかし、引越し先までの距離によっては乗り捨て料金が発生しますから、そのような点も考えて利用する必要があります。

引越し費用にクレジット払いは可能?

手持ちのお金がなくても、クレジット払いができれば何とか払えるというケースはよくあります。しかし、引越し料金にもクレジットカードは使えるのかという疑問が出てきます。実は引越し業者にはクレジット払いができる業者とできない業者があるのです。全国規模の大手引越し業者を利用する場合は、クレジット払いができます。ただし、業者ごとに使えるカードの範囲が異なるので、その点は要注意です。物流系の大手引越し業者は使えるカードの種類が多いのですが、引越し専門業者は使えるカードが限られているケースも少なくありません。そのため、クレジット払いを希望するのであれば、クレジット払いできるか、使えるならどのカードが使えるのかなどを前もって調べておく必要があります。

無料で引越しできるゼロコシって知ってる?

ここまで、「引越ししたいけどお金がない」という場合でも引っ越せるように、いろいろな節約方法を考えてきましたが、実は無料で引っ越す方法も世の中にはあるのです。ご存じの人もいるかもしれませんがゼロコシという方法です。これは何万円もかかる引越し料金が無料になる方法なのですが、実はこれには条件があります。ゼロコシ!というサイトを通してインターネット回線とプロバイダの契約をすることが条件になっているのです。ゼロコシ!を通してインターネット回線とプロバイダを契約することにより、ゼロコシ!に一定金額がキャッシュバックされます。そのキャッシュバックを引越し料金に充てるため、料金を支払わずに引っ越せるというわけです。この方法は、引越し先で新たにインターネット回線とプロバイダの契約をしようと思っている人にとっては便利な方法です。しかも、エアコンの取り外しや取り付け工事費用も込みで0円になるので、条件さえ合えばかなりお得な引越し方法だといえます。

引越し費用の上手な貯め方

物件にかかる費用や引越し費用を節約するかどうか以前の問題で、本当に引っ越すためのお金がない場合には、何とかして引越し費用を作らなければなりません。普段の仕事で劇的に収入を増やすということはまず無理な話なので、それ以外の方法を考えましょう。投資をしてお金を増やそうと考えるのであれば、株やFXを活用する方法もありますが、その場合にはいかにリスクを減らして稼ぐかというポイントが重要になってきます。一攫千金を夢見たがために、元金を割ってしまったのでは元も子もありません。引越し費用を作ることが目的なら、できるだけ堅実な投資先を選ぶようにしましょう。バイトをして引越し代を捻出するのであれば、日給のよい短期バイトを選んで効率よく稼ぐのです。例えば、イベントの設営などのバイトは、1日で1万円前後稼げます。引越しすることを前提に稼ぐのであれば、不用品のリサイクルを兼ねたフリーマーケットやネットオークションがよい方法です。ものを売って売り上げを引越し費用に充てられる上に、荷物の量を減らすことができれば、必然的に引越し料金が安くできます。

ローンを借りるときのポイント

どうしても急な引越しに使えるお金が手元にないという場合には、ローンも利用できます。ただし、安易な利用は控えた方がよいでしょう。引越し費用に使えるローンは小口なため金利が割高です。毎月の支払を安くして支払い期間を長く設定してしまうと、無駄なお金を払い続ける可能性も出てきます。場合によっては、次の引越しの後も今回の引越し費用のローンを払い続けるという事態に陥らないためにも、ローンの利用は最終手段と考えましょう。その上で、どうしても費用が足りなくてローンを借りなければならないのであれば、できるだけ金利の安いカードローンを選び、できるだけ返済期間を短くして申し込むことが重要です。

知らなきゃ損する自治体の助成金制度とは?

一定の条件付きで、引越しに助成金が出る自治体も全国にたくさんあります。条件として多いのは、子育て中のファミリー限定や、新婚家庭限定というケースです。例えば、東京23区の中では板橋区、北区、世田谷区などに引越しの初期費用を助成する制度が設けられています。新宿区の場合は引越し料金の助成金の上限が20万円ですから、閑散期を選んで引越しすれば助成金だけで引越し料金を賄うことも可能といえます。自治体ごとに条件や助成の内容が異なるため、ホームページなどでどのような条件でいくらの助成が受けられるかをチェックしてみるとよいでしょう。

社会福祉賃金貸付制度について

収入が少ない場合には、社会福祉賃金貸付制度を利用できる可能性もあります。国が所得の少ない世帯に対して、無金利または低金利で資金を貸し出してくれる制度です。引越しの資金を借りる場合には、やむを得ない事情で引っ越さなければならない理由が必要です。しかし、理由が認められれば、金利の高いローンを組む必要が無くなります。引越しに関係する費用なら、荷物の運送費用だけでなく、新居の敷金や礼金、仲介手数料なども対象になるのです。したがって、自分が条件に当てはまるかどうかを確認してみてもよいでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
引越し侍といい引越しタイアップの画像
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

引っ越し資金が足りない…失敗しないローンの借入れ5つのポイント

「引っ越しするのに資金が足りない…ローンを組んでみようかな」「できるだけ金利…

引越しの初期費用払えない…カードで分割払いのメリット・デメリット

もうすぐ引越しだけど初期費用が一度に払えそうにない… 引越しの初期…

【賃貸引越し必見!】初期費用計算方法と安く抑える5つのポイント

初期費用ってなに…?どれくらいかかるの…? 引越しには様々なお金が…

金融機関から引っ越し費用を借りるための3つの方法について解説!

目次引越し費用を借りる方法引越し費用を借りるのに向いている人はこんな人借入先が違うとどれくらい金利が違うの?銀行のカードローンを借りるメリットデメリットが知りたいあまり知られていない引越し費用を借りる ...

引っ越しをする際の敷金礼金などの初期費用について解説!

目次引越し費用の敷金礼金の違いと相場敷金礼金が高い物件と安い物件があるのはなんで?敷金礼金はどのタイミングで支払う?礼金がかからない0円物件とは?敷金が安い物件のデメリットは何?敷金礼金を安くするため ...