引っ越しを身軽にしてみませんか?断捨離のコツまとめ

不要な物を捨てて、シンプルな生活を目指す「断捨離」が注目されています。しかし、身の回りの品と決別するためには勇気が要ります。「きっかけ」も大切です。「引っ越し」は、家財道具や衣類など、自分の持ち物を見直す大きなチャンスともいえるでしょう。ここでは、身軽に引っ越しをしたい場合に役に立つ断捨離のコツについてまとめました。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

引っ越しで断捨離するメリットは?

引っ越しをするときは、これまで使ってきた家財道具や衣類などを新居に運び込む人が多いです。新生活のスタートを機に買い直す品もありますが、使える物は継続して使ったほうが経済的になります。そのため、使う機会が少ない物や今後使う予定がない物まで持っていってしまいがちです。 しかし、荷物が増えると引っ越し料金が高くなります。そうならないようにするためには、新生活で使うことが少ないと考えられる物は思い切って断捨離しましょう。断捨離をするときは、大きなビニール袋を多数用意しておくと便利です。ビニール袋が余った場合は、新生活で活用することもできます。したがって、ビニール袋の運搬に適した車の用意も必要です。 断捨離することで荷物量が減るため、荷造りが楽になるだけでなく、新居で荷解きする手間も軽減できます。「ガラクタを部屋に溜め込むと人生が停滞する」との説がありますが、逆に考えると、余分な物を捨てることで運気の上昇が期待できるのです。スッキリ片付いた部屋で生活すると気分的にも落ち着きます。 また、引っ越しをする場所が近い場合などは、引っ越し業者に依頼しないで、自分で荷物を運ぶことも可能になります。特に、単身・一人暮らしの引っ越しでは荷物が少ない傾向があるため、必要最小限に抑えられるのです。

断捨離を成功させる3つのマインド

引っ越し料金が安くなる、気軽に引っ越しができるなど、断捨離するメリットはわかるけれど、物が捨てられない人も少なくないようです。ここでは、断捨離を成功させるための「3つのマインド」についてご紹介していきます。 1つ目は「迷ったら捨てる」です。タンスや押し入れの中で眠っている物と再会したとき、懐かしさがこみ上げてきて、捨てるべきか迷うことがあります。しかし、存在すら忘れていた物も少なくありません。迷ったら捨てることがポイントです。たとえば、衣類の判別がありますが、迷ったときは「着る・着ない」を基準にすると迷わなくなります。また、断捨離は衣類から始めると進めやすいことの他に、迷ったあげく捨ててしまっても後悔しないことの方が多いのです。 2つ目は「思い出の品をどうするか」です。どの品も捨てがたい気持ちになりますが、全部残しておくと相当な荷物量になります。そのため「思い出の品はダンボール箱1箱」にまとめることにします。捨てる前に写真に撮ってデータ化しておくとよいでしょう。 3つ目は「断捨離の時期」です。一定期間使っていない、目にしていないことも基準になります。具体的な期間は物によって異なりますが、2年以上見ていなかった場合は、その物とは縁が終わっていると考えれば良いのです。 断捨離の体験談や口コミの中では、具体的な目標やゴールが見えてこないため、断捨離に失敗した人のケースが少なくありません。また、「もったいない精神」の存在が断捨離に迷う理由としてよくきかれます。断捨離がうまくいかないときは、体験談や口コミを参考にするとよいでしょう。

断捨離の具体的な方法1.断捨離後の生活をイメージする

断捨離をするためには、引っ越し後の新生活をイメージすることがポイントになります。これは、引っ越しのときだけでなく、部屋を片付ける場合にも役に立ちます。生活するためにはある程度のストックが必要ですが、多すぎると生活が不便になることも少なくありません。それよりも、必要最低限の物に囲まれて暮らすことが効率的です。見方を変えると、シンプルな生活こそが贅沢な暮らしともいえます。 引っ越しをするときは、部屋の間取りに合わせて家財道具の配置を考える必要性が出てきます。衣類や日用品などは収納スペースに収めることが大切です。逆に、物に合わせて収納スペースや収納アイテムを増やす方法には注意が必要です。 家財道具の中には大きな場所を取る物があるため、思い切って廃棄することを考えましょう。テーブルやイスがあると、よけるために掃除に手間取ることがあります。ベッドの下は有効活用できますが、マットレスのカビ対策などがけっこう大変です。ベッドを搬送するときに階段を曲がりきれないかもしれません。そのため、引っ越しを機に布団で寝る生活に変えることも視野に入れます。 また、結婚を機に新生活を始めるカップルは、それぞれの持ち物が無駄な物になることも少なくありません。愛着のある物を持ち込みたい気持ちはわかりますが、家電製品などが重ならないように2人で話し合うことが大切です。

断捨離の具体的な方法2.断捨離は4段階で実践!

ここでは、断捨離をスムーズにする「4段階での実践方法」についてまとめました。 第1段階は「ざっくりと仕分け」です。捨てた直後に必要になる場合もあるため、いきなり捨てようとするのではなく、ワンクッション置きましょう。 第2段階では「使うと思った物を1ヶ月後に再仕分け」です。1ヶ月という期間を定めることにより、生活をする上で必要な物かどうかを客観的に判断する目安になります。 第3段階で行うことは「使わない物を売却する・譲る」です。比較的新しい物はリサイクルショップで売却したり、ネットオークションに出したりする方法があります。引っ越しまでに時間的余裕があるときは、家財道具などをお金に換えることを考えるのが賢明です。また、友人や知人に譲ると喜ばれる場合もあります。 第4段階ですることは「残った不用品」を捨てることです。不用品を廃棄するときは、自治体のルールに従って行います。不用品処分をオプションで利用できる引っ越し業者もいますが、すべての不用品を回収してくれるわけではないので、見積り依頼時に忘れずに確認しましょう。

断捨離の具体的な方法3.引っ越し先でも捨てよう!

引っ越しをするときは、タンスや食器棚の中身などをダンボール箱に詰めていきます。新居での開封作業をスムーズにするためには、ダンボール箱の外に中身を明記することがポイントです。また、引っ越し直後から使うものは、取り出しやすい場所に運んでもらうことを決めておきます。 新居での開封作業は一度にするのではなく、使う物だけをその都度取り出して生活するようにしましょう。そうすると、未開封のまま残るダンボール箱が出てきます。日常生活に必要かどうかの判断は3週間から1ヶ月程度が目安です。その間、使う機会がない物は不用品になる可能性が高くなります。もちろん、季節ものの家電などがありますので一概にはいえませんが、断捨離をするときの参考にするとよいでしょう。 それから、引っ越しをするときは、押し入れやクローゼットの中身を全部出して荷造りしていきます。そのとき、未開封のまま残っている荷物は意外と多いものです。荷造りに追われて取りあえず箱詰めすることも少なくありません。そのため、断捨離は引っ越し前だけでなく、新生活をスタートしてからも続けることが大切なのです。

断捨離体験談1.私が捨てた3つのモノ

断捨離をするときは、実際に実行して成功した人の体験談が役立ちます。引っ越しは、自分のライフスタイルを見直す大きなチャンスです。また、引っ越し日までに荷造りを終わらせる必要性があるため、作業の効率化が期待できます。 断捨離に成功した人が捨てた物には、「数年間使っていないモノ」、「使うかわからないモノ」、「新生活に必要のないモノ」という「3つのモノ」に共通点が見られます。 ある人の「3つのモノ」は、学生時代につくった作品は「数年間使っていないモノ」、原付バイクは「使うかわからないモノ」、室内での運動器具は「新生活に必要のないモノ」に該当しました。新生活を始めると部屋の大きさが変わるほか、交通手段など、まわりの環境も変わってきます。そのため、新しい生活に必要な物かどうかが断捨離を行う大きなポイントになるのです。また、楽しい新生活を思い描くことには断捨離がはかどる効果があります。 断捨離に関する体験談や口コミはさまざまです。中でも衣類に関する断捨離体験が多く見られます。高い洋服を手放すのには抵抗がありますが、着るかどうかの判断が大きなポイントです。迷ったときは、袖を通してみるとよいでしょう。衣類を減らすことで、ほんとうに必要な枚数を把握できるようになります。また、靴やカバンなどを廃棄するきっかけにもなるため、よりシンプルで快適な生活の実現にもつながってくるのです。

断捨離体験談2.不用品の売却を兼ねて断捨離が成功

不用品を廃棄するためにはお金が掛かります。家財道具の廃棄方法は自治体のルールに則って行いますが、別途費用がいくら掛かるのかを前もって知っておくことが必要です。また、引っ越し業者のオプションサービスを利用する方法もありますが、引っ越し料金が割高になってきます。そのため、断捨離をするにはお金が掛かるというイメージが強いのです。 しかし、リサイクルショップやネットオークションを活用して不用品を売却することで、お小遣いを得ることが可能になります。それで不用品をお金に換えた体験談もあり注目されているのです。そのため、状態がよい家財道具はリサイクルに回すことを考えに入れます。対象となる品はお店へ持ち込むだけでなく、宅配サービスを利用する方法もあります。 手持ちの書籍が多い人は、買取りを検討するのであれば古本屋を利用するのがよい方法です。引っ越しのときに書籍の荷造りがネックになることが少なくありません。新居へ持っていっても読む機会がない本は思い切って断捨離しましょう。読みたい本が出てきたときは図書館で借りる方法もあります。実際に思い切った断捨離をした結果、手持ちの書籍を劇的に減らした人もいますので、インターネットで体験談や口コミを検索するとよいでしょう。

引っ越し後の新居でモノを増やさないためのコツ

引っ越しの後はモノを増やさないことが大切です。これまでの住まいよりも広い部屋へ引っ越しをしたときは、ついつい物を購入してしまいがちですので注意しましょう。たとえば、作業用のテーブルが欲しい場合、食卓との兼用を考えるとモノが増えないだけでなく節約にもつながります。 また、新たに収納家具を購入する場合でも、持ち物の量に合わせるのではなく、収納家具の大きさを重視することがポイントです。せっかく購入するのならば、できるだけ小さいサイズの収納家具を選ぶのもよいでしょう。 物を減らすために、これまでよりも小さい部屋へ引っ越す方法もあります。部屋が狭くなると収納できる物を減らさざるを得なくなるため、断捨離に拍車が掛かってきます。また、部屋が小さくなると月々の家賃が安くなる場合もあり、生活費の節約にもつながるのです。

まとめ

引っ越しのときは、持ち物を全部引っ張り出して荷造りをする必要性が出てきます。そのため、必要な物とそうでない物を仕分けできる絶好の機会といえるのです。引っ越し前に物を減らすことで引っ越し料金を安くすることにもつながります。また、新生活を始めてからも必要に応じて断捨離をしていきましょう。 引っ越し荷物の運搬を引っ越し業者に依頼するときは、複数業者から訪問見積りを取ることが賢明です。その前段階として、電話やサイトから業者に連絡する必要があります。しかし、業者ごとに見積り依頼をすることは思った以上に大変な仕事です。そのような時間や労力を軽減したい場合には「一括見積りサイト」の利用が良いでしょう。「一括見積りサイト」から申し込みをすると、業者間の価格競争が起こることにより、割安価格での引っ越しが期待できます。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…

少しでも敷金を取り戻したい!引っ越し時のクリーニング対策について

賃貸住宅を退去する際、汚した部屋をきれいにするハウスクリーニングを行うのが一般的です。このハウスク…