同じ市内で引越すときって何するの?やることリストと料金相場まとめ

近場の引越しって手続き何すればいいの?普通の引越しと何か違うのかな? 大きな違いとして、同じ市区町村内の引越しでは、役所に「転居届」を2週間以内に提出する必要があります。また、国民健康保険やライフラインの住所変更も忘れずに行いましょう。この記事では、同じ市区町村で引越しをする人に向けてやることや手続きについてまとめているので、是非参考にしてください。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

【同じ市区町村での引越し】~やることまとめ~

➀ 役所へ「転居届」を2週間以内に提出する!

住民票の移動については、市外に転居する場合、転出届・転入届の手配が必要になりますが、同一市内の場合には転居後14日以内に転居届を提出するだけでよいことになっています。 手続きの際には、運転免許証やパスポートなど本人確認書類が必要となります。自治体によっては、印鑑証明が必要になる可能性もあるのであらかじめ確認しておきましょう。

あわせて住民基本台帳カードや国民年金、国民健康保険のほか、童扶養手当や乳幼児医療証などの住所変更手続きも行いましょう。また、電気・ガス・水道については転居の連絡を行い、現住所と新住所のほか、引越し日時や使用開始日、清算方法などを伝えておきます。

➁ 電話番号や郵便の住所変更

また、同じ市区町村の引越しでは、電話番号を変更せずに使えますが、NTTに確認とるようにしましょう。 そのほか、郵便局には転居届を提出して郵便物の転送が受けられるようにしておきましょう。引越し当日にポストをふさいでおくと、新たに郵便物が入る恐れがありません。また、新聞の転居手続きも早めにしておくとよいですね。さらに、銀行や保険、クレジットカード会社や携帯電話会社などに対しては個別に住所変更手続きをする必要があります。

同一市内の引越しであっても住所が変わると、さまざまな手続きが必要になります。しなければならないことは多いので、労力を省きながら引越しを乗り切りたいものですね。手軽に安い引越し業者を探すには、インターネットの無料一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。1回の入力で、複数の業者から見積もりを受け取ることができますよ。

同一市内の引っ越し料金相場はどれくらい?

同一市内での引越し料金の相場は、通常期と繁忙期によって異なりますし、家族構成や荷物の量によっても大きく差が出てきます。 通常期の料金については、単身の引越しだと3.5万円前後で済む一方、3~4人家族の場合には10万円ほどが相場となります。また、繁忙期であれば単身引越しで4.5万円前後の料金がかかり、3~4人家族の場合には10万円を超えてきます。

同一市内で引越しするとき、移動する距離が数km程度だと「距離が短いから引越し代が安く済むのでは」と考える方がいるかもしれません。

しかし、同一市内の引越しの場合、移動距離が短くても料金は変わらないことが多いのです。荷物の搬入と搬出にかかる手間は変わらないので、移動距離のわずかな違いであれば、引越し費用に差が出ないということです。 そうはいっても、少しでも費用を抑えられると助かるものですよね。そんなときには、引越しを午後から始めたり、数日間の範囲で日程を引越し業者にお任せしたりしてみてはいかがでしょう。同一市内であれば、移動にそれほど時間がかかりませんから、午前中の引越し作業が一段落した午後であれば料金が下がる可能性があります。また、日程の融通が利くようなら引越し日をお任せすることで費用を割安にできるかもしれません。

自分で引越しするのと業者に依頼するのは市内引越しの場合どっちがお得?

近距離の引越しの場合、自力で荷物の移動を済ませたいと考える方も多いでしょう。 たしかに単身で荷物が少なければ、手軽に引越しができそうに感じられるものです。 その一方で、自分で引越しをするときには、手間や時間面の負担が大きくなります。引越しに使うトラックの手配をするほか、ひとりでは運べない家具や家電を運ぶために作業員を確保する必要があります。また、段ボール箱も自分で調達しなければなりませんし、荷造りを済ませた段ボールの搬出・搬入も自分で行わなければなりません。

費用面で安くなる可能性もありますが、トラックや作業員をそれぞれ手配するのにも費用がかかるため、結果的に安くならないこともあります。また、トラックが運転できなければ運転手の手配も必要になりますし、ガソリン代も必要です。

引越しの際には荷物の移動以外にもやらなければならないことが多いので、引越しの負担が重くなりすぎると、大切な手続きを見落としたり、引越し後に体調を崩してしまったりするかもしれません。こうしたことから、自力ですべて済ませようとするよりも、割安な業者を利用して上手に引越しをするほうが、いろいろな面で負担が少ないといえるでしょう。

お得に市内で引っ越しをするには複数社見積もりが必須!

引越し料金に定価というものはありません。なぜかというと引越し代金は、業者がそれぞれ独自の計算方法を取り入れて料金を算出するしくみになっているので、同じ内容であっても料金に大きな違いが出るからです。

どの業者に依頼してもそれほど費用は変わらないだろうと考えて、すぐに業者を決めてしまうと、思いのほか損をしてしまうかもしれません。お得な費用で引越しをするためには、見積もりを複数社に依頼することがポイントとなります。

その一方で、見積もりのために何度も同じ内容の依頼をするのは大変なものですね。 そんなときには、インターネットで無料の一括見積もりを利用するのがおすすめです。情報を1回入力すれば、その内容に基づいて複数の業者から見積もりがもらえますから、手軽に引越し費用を比較することができます

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

実家を出て一人暮らしは不安…引越しの準備や手続きは1か月前から

「初めての引越し!でも、何から始めたらいいの?」 「必要な作業と手順が…

家族での引越しの状況別の相場や準備方法を詳しくまとめてみた!

「家族で引越しをする予定だけどまず何から準備したらいいかわからないな。」「…

海外に引っ越したい!対応の引っ越し業者と料金相場まとめ

留学や単身赴任などさまざまな事情で、海外に移り住むということもあるでしょう。引っ越し先が国内ではな…

やること多すぎ…結婚と引越しをする方のベストな手続きの順番と方法

結婚は決まったけど、準備が何も進んでない!結婚が決まると、式の準備や婚姻届けの提出、新居探しなどい…

引越しいつから準備するの?1か月以内のチェックリストと荷造りのコツ

引越し初めてで何から準備したらいいか分からない…手続きとか荷造りってどのタイ…