慌てず進めたい!単身から新婚まで抑えておきたい引越しの段取りとは?

結婚を機に引越しをする人は多いことでしょう。しかし、結婚自体はとてもハッピーなことですが、荷物を大幅に処分したりさまざまな手続きがあったりと、結婚に伴う引越しはいつもの引越しよりも少し苦労をするかもしれません。そこで今回は、結婚によって引越しをする場合に抑えておきたい、忘れてはいけないポイントをいくつも紹介していきます。新婚生活をよりスムーズにスタートするために、ぜひ参考にしてみてください。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引越しが決まったらすぐ行いたいこととは?

どの引越しでもそうですが、引越しをすることが決まったらすぐに退去日を決めて、不動産管理会社や大家に退去申告を行います。契約書にはたいてい、「引越し日の○日前までに申告をしないと違約金が発生する」などと書かれていることでしょう。多くの場合は1カ月前までとなっていますが、できるだけ早く退去申告をしておいた方が安心できるといえます。もしも新郎新婦共にひとり暮らしであった場合、同じ荷物を重複して持っているケースが多くあります。どちらのどの荷物を使用し、どれを処分するのかを決めることも、なるべく早急に行ってください。これを早く行わないと、引越し業者への見積もりも出しにくく、結果として引越し希望日に予約が取れなくなってしまう可能性もあります。また、大型家具・家電の場合、処分をするにも時間がかかることもあるので、引越しの準備はゆとりを持って行うようにしましょう。どちらか一方が他方の部屋に移り住むのではなく新たに部屋を借りる場合は、2カ所から1カ所へ引越しをすることになります。そのままだと料金も倍になるので、そのようなケースでは、業者が提供する2カ所立ち寄りサービスなどを賢く活用してください。

新婚さんはこのポイントをチェック!

新婚さんの引越しの場合は、単純に引越しに伴う手続きだけではありません。結婚をすればどちらか一方の苗字が変更になるため、単身の引越しよりもさらに多くの手続きをしなければならなくなります。特に注意が必要なのが、苗字が変わる方の携帯電話や銀行などの変更手続きです。苗字変更は数が多いだけではなく、手続きにも時間がかかります。重要な契約は氏名変更を先延ばしせずすみやかに行うとよいでしょう。引越しまでに入籍をしておくと、夫婦として新居契約の書類を提出できたり、役所に転出届を出したりできるので、手続きが楽になることが期待できます。

引越し1、2週間前までに行うこと

引越し間際になって慌てずに済むために、段取りをきちんと決めておきましょう。引越しの1~2週間前までは、日常的に使わないものから順次荷造りを進め、粗大ゴミの処分もしておきます。引越し予定日の1週間前までには、引越しまでの数日間に最低限使うものだけを残しておくのが理想的です。電気、ガス、水道の閉栓手続き、NHKや新聞の契約変更および住所変更は、1週間前までに済ませておきましょう。これらの手続きはインターネットでも受付できるケースが多いため、隙間時間にパッと済ませておくのがコツです。特にガスの閉栓手続きは重要なので、1番初めに事業者に連絡をして、立会いをする日を決めておきましょう。新居での開栓手続きが必要な場合は、同様に入居日の1週間前までに管轄する事業者へ連絡をして、開栓手続きを行ってください。また、役所に行って転出届を提出したり、郵便局で転居届の手続きを行ったりすることも併せて忘れないでおきたいものです。ただし、郵便局への転居届の場合は引越し先でも手続きが行えるため、引越し前に必ずしも行っておかなければならないということはありません。引越し後は、役所へ転入届、原付・バイクの変更手続き、運輸局へ車検証の住所変更などを2週間以内に行います。その他にも、運転免許証の住所変更やクレジットカードの個人情報の変更、犬の登録情報の変更などがありますが、2週間以内に必ず行わなければならないものではないので、まずは2週間以内にしなければならないものを優先的にしておきましょう。

大忙し!引越し前日・当日に行うこととは?

引越し前日と当日はやることがとても多いです。前日には冷蔵庫と洗濯機は中のものをすべて取り出し、水抜きを行います。その後コンセントを抜いて、冷蔵庫の場合は中に付いた霜や氷を溶かして水気を取ります。現金や貴重品は引越し業者が運ぶことができない荷物となっているため、自分たちで新居まで運ぶ必要があります。間違えて業者が持って行ってしまわないように、きちんと管理しておきましょう。引越し当日はカーテンや照明器具、布団など引越し日までに使用していたものを梱包していきます。業者の到着予定時間の少し前までには、梱包し忘れているものがないかを確認し、すべてのダンボール箱がきちんとテープで封がされているかもチェックしておきます。荷物が空になった状態の部屋には、ほこりやゴミなどが落ちていることが多いので、掃除をしておくと良いでしょう。そのため、いくつかの掃除用具は部屋に残しておくと便利です。その他、ガスの閉栓立会いを引越し日に指定した場合は、ガスの事業者が来るまで部屋で待機します。

引越し業者を選ぶ際の段取りやポイントについて

荷物が少なかったり近場に引越しをしたりする場合は、自力で引越しをすることも可能です。その場合はレンタカーを予約し、梱包材をホームセンターで購入し荷造りをします。家族や友人にヘルプを頼めば、さらに早く楽に引越しができるかもしれません。一方、楽に引越しがしたかったりお得な引越し業者を選びたかったりする場合は地元と全国チェーンの引越し業者を含めて、最低3社に見積もりを依頼してください。その際は少しでも料金が安くなるように、引越し時期や運搬荷物の選定をしっかりしておく必要があります。引越し業者は連絡がすぐつき接客態度も良好なところが吉です。安さだけで選ぶと引越し当日になかなか連絡がつかないなど、トラブルの元になるので注意しましょう。結婚を機に引越しをする場合の最初の段取りとして、一括見積もりサイトでお得なプランを探してみてはいかがでしょうか。自分たちに合うプランを提供する業者を見つけることができれば、新婚生活をよりストレスが少ない状態でスタートすることができるでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

実家を出て一人暮らしは不安…引越しの準備や手続きは1か月前から

「初めての引越し!でも、何から始めたらいいの?」 「必要な作業と手順が…

家族での引越しの状況別の相場や準備方法を詳しくまとめてみた!

「家族で引越しをする予定だけどまず何から準備したらいいかわからないな。」「…

海外に引っ越したい!対応の引っ越し業者と料金相場まとめ

留学や単身赴任などさまざまな事情で、海外に移り住むということもあるでしょう。引っ越し先が国内ではな…

やること多すぎ…結婚と引越しをする方のベストな手続きの順番と方法

結婚は決まったけど、準備が何も進んでない!結婚が決まると、式の準備や婚姻届けの提出、新居探しなどい…

引越しいつから準備するの?1か月以内のチェックリストと荷造りのコツ

引越し初めてで何から準備したらいいか分からない…手続きとか荷造りってどのタイ…