急な引越しにも慌てない!最短で引っ越しできる手順やポイントとは

卒業に伴う引っ越しなど、前もって引っ越しをする時期がだいたいわかっていることもあれば、急な人事異動があったり、入居先になじめずまた新たに転居をしたいと考えたりするなど引っ越しをするまでにあまり時間がないケースもあることでしょう。引っ越しまでに時間がない場合はできるだけムダな作業時間を省きたいものですが、いったいどうすればスムーズに引っ越し手続きや作業が行えるのでしょうか。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

引っ越しの荷造りは最短でどれくらいでできる?

引っ越しの準備にかかる日数は、荷物の量に大きく左右されます。引っ越し作業で最も時間がかかるものは荷造りで、荷物が多いとそれだけで作業時間が何倍にもなる可能性が出てくるのです。荷物が少ない単身者や、2人暮らしでそれほど物を多く持っていない場合などは、毎日充分な時間を確保して集中的に荷造り作業を行えば、2日~4日程度であらかた部屋の中はきれいになることでしょう。一方、3人以上の家族での引っ越しや、単身者でも荷物がものすごく多い場合は、最低でも1週間程度はかかると見ておいた方が無難です。引っ越しの荷造りで時間がかかるものといえば食器類などの割れ物ですが、家族の数が多くなればなるほど食器の数も増えるため、梱包作業には時間がかかってしまいます。また、荷物が多い単身者の場合は、梱包作業を基本的に1人で行わなければならないため、荷物を大幅に処分するか誰かが助っ人に来ない限り、2~3日で作業を終わらせることは困難だといえます。引っ越しまで日数が少なく、どうしても作業が間に合わなそうな場合は、荷造りを専門業者に依頼したり、引っ越しプランは荷造りを引っ越し業者にまかせる「まるごとプラン」や「おまかせプラン」などという名前のプランを選んだりすると良いでしょう。業者に荷造りを依頼するプランは自分で荷造りをするものに比べて多少割高になりますが、引っ越しのプロが梱包作業を行うため、「時間通りに引っ越しが完了した」「丁寧な梱包で安心できた」といった体験談が多く聞かれます。

最短で新居に入居できる日数はどれくらい?

引っ越し作業が完了しても、入居先が決まらなければ引っ越しをすることは難しくなります。スピーディーに入居できる物件を探すためには、「即入居可」「保証人不要」の物件を探すのが良いでしょう。一般的に物件が決まったら、契約をする前に不動産屋や大家による審査がありますが、すぐに入居できたり保証人がいらなかったりする物件では、スムーズにことが運べば翌日にも審査結果の連絡をもらい、入居できる可能性があります。即入居可の物件は見学に行った日からすぐに住めるわけではなく、あくまで契約してからすぐに入居ができるくらい掃除されているということを意味します。そのため、急いでいる旨を伝え審査を早めてもらえないか聞いてみることで、より早く入居先を決めることができるでしょう。もしも保証人が必要な物件に住む場合は、保証人を立てるために書類を作成する必要が出てきます。保証人が遠方にいれば書類のやり取りだけで数日かかってしまい、速達で送ったとしても最低2日間はかかると見ておかなければなりません。こうしたことを踏まえると、最短での入居は最低でも2~3日ほどかかることがわかります。少しでも早く新居を確定したい場合は、必要書類をあらかじめしっかりそろえておくことがポイントとなります。最短で引っ越しをした人の体験談によると、引っ越し繁忙期では2日後の引っ越しには対応してくれなかったものの、閑散期では2日後でも大丈夫だったようです。物件を見つけたらすぐに引っ越し業者に連絡を取り、審査中に荷造りをして審査が通ったらすぐに業者が来られるように手配すれば、数日で引っ越しが終わることでしょう。

不動産やライフラインなどへの連絡はできるだけ早く!

引っ越すことが決まったら、まずは契約している物件の解約手続きを進めましょう。基本的には退去する1カ月前に不動産屋や大家などに知らせることが義務づけられているため、退去直前に通知すると違約金が発生する恐れがでてきます。そのため、引っ越しが決まったらできるだけ速やかに通知をするようにしましょう。ちなみに、違約金を支払う必要が出てきますが、入居してもすぐに退去をすることはできます。部屋に問題があったり事件に巻き込まれそうになったりなど即日退去する必要があれば、ためらわずに管理会社や大家に連絡を入れてください。 引っ越し時には併せて役所へ転出届を出しに行ったり、電気、ガス、水道、インターネットなどそれぞれの事業者に対して解約手続きをしたりすることも忘れてはいけません。特にガスは、退去時に閉栓手続きしないといけない決まりになっているため、必ず事業者に連絡を入れてください。郵便局への転居届や銀行などへの住所変更届は引っ越し先でも行うことができるため、引っ越し前の慌ただしい時期にしなくても大丈夫です。やらなければならないことにきちんとした優先順位をつけることで、よりスムーズな引っ越しができることでしょう。

引っ越し業者は1週間以内に控える引っ越しに対応してくれる?

急な引っ越しが決まったときに頼りになるのは、やはり引っ越し業者の存在です。3~4月の引っ越し繁忙期には急な予約に対応できない業者が多いものの、それ以外の月では、3日後の引っ越しであっても対応してくれるところはあります。どうしても引っ越しシーズンに移動をしなければならない場合は、全国に展開している大手の業者以外に、地域密着型の会社などにも手当たりしだい連絡を入れてみることをおすすめします。引っ越しが急すぎてまだ入居先が決まっていない場合は、荷物の一時預かりサービスも利用するという手もあります。1週間程度なら低価格で引っ越し荷物を保管してくれるため、その間に新居を決めることができます。急な引っ越しにも対応してくれる業者を探しているなら、ネットの一括見積もりサービスが便利です。1回の基本情報の入力で複数の業者から見積もりが取れるため、手間が省けてとても楽に感じることでしょう。一括見積もりサービスでは、さまざまな業者の料金相場を知ることもできるので、時間もお金も節約できる一挙両得なサービスとなっています。一括見積もりサイトから見積もり依頼をした後は、翌日などすぐに業者からの連絡が入ることが多いため、安心してスピーディーな引っ越しができることでしょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引越しで迷うの疲れた…3つの悩みの声と絶対に決断できる1つの方法

引っ越しは生活を一新するイベントですから、迷う場面も多いものです。引っ越したい気持ちはあっても、こ…

引っ越ししたい人が考える不満や理由リスト!引っ越し計画を立てる…

引っ越しをするときの理由は大きく2つに分けられます。ひとつは引っ越さざるを得ない理由、もうひとつは引…

3・4人家族の引越し料金相場と安く抑える4つの方法

家族で引越ししたいけど費用ってだいたいどれくらいなんだろう… 単身…

こんな理由で引越して良いの?トラブル等で引越す人の理由ランキング

本当の理由はちょっと言いづらい…当たり障りのない引越しの理由ってなんだろ?

夜に引っ越しを済ませたい!引っ越し時の注意点まとめ

「引っ越し」といえば、朝から荷物の運び出しをするイメージがあります。また、遠くへ引っ越す場合などは…