少しでも安く引っ越したい…自力引越しする際に抑えておきたいポイントとは?

引越しにあまりお金をかけたくないという人は多いのではないでしょうか。引越し料金を限りなく低く抑えたいなら、業者に頼らず自力で引越しをして出費を少なくすることは可能です。しかし、自力での引越しはコツを知っておかないと、最終的には業者に頼むのと同じくらい高くつくにもかかわらず、疲れだけが倍になって残るという事態になりかねません。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

自力引越しのメリット・デメリット

自力で引越しをする場合、大きな出費となるのはレンタカー代です。しかし、車の手配も運転も自分で行うため、大きな出費といっても業者に頼むのよりは費用を低く抑えられるメリットがあります。また、自力引越しのもうひとつのメリットに、スケジュール調整がしやすいことが挙げられます。引越し業者に依頼する場合、特に3~4月の引越し繁忙期になると、自分の希望する日時に引越しができない可能性がありますが、自力での引越しではレンタカーが借りられる限り一般的に業者の予約が取りづらく引越し代が高くなる引越し繁忙期の週末でも、お得な価格で引越しをすることが可能です。一方自力引越しのデメリットとして挙げられるのは、レンタカーの予約、梱包、運搬、運転、レンタカーの返還などの作業をすべて自分でやらなければならないため、体力的な負担が大きいことです。頼れる家族や友人がいれば自分の負担は軽くなりますが、手伝ってくれる人たちの負担は逆に大きくなります。感謝の気持ちを込めて謝礼や夕食をご馳走するのが一般的なお礼として好まれますが、気がついたら最終的には業者に頼むのと同じくらいお礼の費用がかかってしまうことも起こりえます。加えて、引越し業者のほとんどは保険に入っているため、家財や部屋に傷をつけた場合に補償がありますが、自力での引越しでは任意で保険をかけておかないと、万が一のときにかなり高額な費用を支払わなければならないリスクもあります。このように、自力の引越し代は安くなるケースがある一方で、高額なものになってしまう確率も高いので注意しましょう。

自力引越しと業者依頼だとどれくらい料金に違いが出る?

荷物が比較的少ない単身者の引越しの場合、業者に依頼すると同一都道府県内の平日引越しでは単身パックで1.5万円、単身プランで3万円~4万円前後かかるといわれており、ファミリーの場合は6万円〜10万円前後とされています。一方自力での引越しでは、軽トラックやワゴン車を6時間ほどレンタルする場合は5千円、2トンロングのトラックの場合は1万円程度がおおよその相場です。家財道具を守る梱包材にも料金がかかりますが、ホームセンターなどでダンボールを購入する場合は1枚当たり100円~200円程度なので、単身者の場合はおよそ2千円前後、ファミリーの場合は家族の人数分×10枚程度の出費で購入することができるでしょう。引越し業者にお願いした人の体験談や口コミを見てみると、多少お金は高くつくけれど業者がテキパキと作業をするため時間通りに終わったという話がしばしば見受けられます。一方自力引越しでは、多くの場合引越し慣れをしていない素人が作業を行うため業者に頼むのよりも引越しにかかる時間が長くなり、レンタカー代が予想よりも高くついたという体験談があります。以上のことからレンタカーを借りた自力での引っ越しは、近距離で荷物が少ない場合単身パックの料金とあまり変わらず、場合によっては自力で行った方が高くつく可能性もあります。

自力引越しする際に必要なものとは?

自力で引越しをする場合は、業者による梱包材のサービスはありません。そのため、ダンボールやガムテープ、ひもテープなどの梱包資材を購入したり、スーパーなどで無料でもらったりして調達する必要があります。レンタカーの予約も自力引越しには欠かせないものです。単身者で荷物が少なかったとしても、冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの大型の家具や家電がある場合は、軽トラックやワゴン車を借りなければ運搬することはできません。もしも自分が運転できない場合は誰に運転を依頼するのか、引越し先からレンタカーを借りたお店まで戻ってくるのか、それとも引越し先で乗り捨て(ワンウェイ)するのかなどは、レンタカーを借りる前に考えておきたい項目です。

体力勝負!当日のスケジュールは?<

引越し作業をスムーズに進めたいなら、作業の順序を間違えないようにすることが重要です。基本的に新居では大きな家具・家電から搬入していくのが原則ですが、そのためには旧居から荷物をトラックに運び入れる際にダンボール箱などの小物からトラックに入れていくのがコツです。旧居で大型家具・家電を最後の方に入れることによって、新居ではそれらをまず先に新居へ運び入れることが簡単にできるようになるからです。家財を運び入れる前は、新居のどこに何をおくかをあらかじめイメージしておくとスムーズに作業が行えるでしょう。旧居の荷物を運び出す作業が済んだあとは、改めてひと通り掃除をしておくと後からの手間を省くことができます。掃除機などの掃除道具は真っ先にトラックに積み込まず、部屋に残しておいてください。

自力引越しはやっぱり大変!大きい家具だけでも業者に頼むのがベター

大型で重い家具や家電は、移動の際に壊してしまったり壁に傷をつけてしまったり、または運搬でへとへとに疲れてしまったりなど、素人だけで運ぶのは案外リスクが高いといえます。業者の中には家具や家電だけを運んでくれるサービスを提供しているところもあるので、すべて自分で行おうとはせず、上手に業者を活用してみましょう。業者の名前やサービスの種類を調べるためには、一括見積もりサイトが便利です。100%自力で引越しをしてもお得にならないこともあるので、ダンボールに詰められる荷物は自力で運んで、大型の家具・家電は業者に依頼するなど、引越しを楽にしてくれる方法を探していきましょう。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

実家を出て一人暮らしは不安…引越しの準備や手続きは1か月前から

「初めての引越し!でも、何から始めたらいいの?」 「必要な作業と手順が…

家族での引越しの状況別の相場や準備方法を詳しくまとめてみた!

「家族で引越しをする予定だけどまず何から準備したらいいかわからないな。」「…

海外に引っ越したい!対応の引っ越し業者と料金相場まとめ

留学や単身赴任などさまざまな事情で、海外に移り住むということもあるでしょう。引っ越し先が国内ではな…

やること多すぎ…結婚と引越しをする方のベストな手続きの順番と方法

結婚は決まったけど、準備が何も進んでない!結婚が決まると、式の準備や婚姻届けの提出、新居探しなどい…

引越しいつから準備するの?1か月以内のチェックリストと荷造りのコツ

引越し初めてで何から準備したらいいか分からない…手続きとか荷造りってどのタイ…