忘れずに行いたい!引越しに伴うバイクの運搬や手続きとは?

引越し荷物で扱いに困るのがバイクなどの車両です。自分で運転して引越し先に行くのであれば問題はありませんが、別の手段で引越し先に向かう場合は、車両を業者に依頼するなど運ぶ必要があります。また、バイクには引越しに伴う公的な諸手続きもあるため、引越しにおけるバイクの扱いは少々注意点が多いといえるでしょう。今回は、引越しの際に知っておきたいバイクの知識についてご紹介いたします。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

価格.comのおすすめポイント

  • 引越しで毎月総額50万円プレゼント実施中
  • 価格.comの一括見積もりなら大手業者から地域密着業者までご紹介!
  • 掲載社数は価格.com厳選の40社以上
  • 簡単3分の登録で一番安い見積もりがわかる

引越し時に忘れず行わなければならないバイクの諸手続き

引越しをして住所が変わった場合、自動車と同様にバイクも車両変更手続きと運転免許証の住所変更手続きを行わなければなりません。運転免許証に記載されている住所を変更するには、最寄りの運転免許センターや警察署などで行うことができます。免許証と旧住所が確認できる住民票などの書類、印鑑を用意しますが、別の都道府県から引越しをする場合は、運転免許証用の顔写真が求められることがあります。当日窓口に行って必要書類が足りないという事態を起こさないためにも、事前に何を用意しておくべきか管轄の警察署に問い合わせておくとよいでしょう。免許証は身分証代わりになるので、住所は必ず忘れずに変更してください。 車両登録証を変更する場合は陸運局(運輸支局)に赴いて手続きを行います。原付きバイクなど125cc以下のバイクでは、同一市町村内で引越しをするなら転居届と身分証明書や印鑑を用意すれば良いだけですが、市町村が変われば廃車証明書や標識交付証明書などが必要となります。排気量が250cc以下のバイクの場合は、車検証、軽自動車届出済証記入申請書、自動車損害賠償責任保険証、住民票、印鑑を用意し、251cc以上のバイクでは、車検証、手数料納付書、申請書、住民票、印鑑を持っていきます。引越し前と後で陸運局の管轄が変わるケースではナンバープレートも変更になるので、プレートも持っていきましょう。車両登録証変更手続きは、引越し後15日以内に済ませるように決められています。書車両登録証は変更しておかないと新居のある自治体へ税金が入らず、引越し前の自治体に入り続けることになります。

引越し当日はどうやってバイクを運搬する?

バイクを引越しする際にもっとも簡単でお金がかからない方法は、自分でバイクを運転して新居に向かうことです。しかし諸事情でバイクに乗れないという場合は、引越し業者のオプションサービスを利用して運搬してもらうとよいでしょう。基本的にバイクは他の荷物とは別に運搬するため、倒れてバイク自体がダメージを受けたり、他の荷物が傷ついたりするという可能性は低いです。バイクのサイズによって運搬費用は大きく異なり、一般的に原付きバイクなど小型のものでは1万5千円前後、700cc以上の大型のバイクでは5万円前後かかります。バイクをトラックに積んで運搬する場合は、必ず事前にガソリンを抜いておき、安全に運べるように配慮しましょう。ガソリンはガソリンスタンドやバイク屋で抜いてもらえます。

忙しくて自分で手続きする暇がない!そんなときは代行依頼

引越し前後はさまざまな手続きがあるため、バイクの手続きに時間を割けないという人も多いことでしょう。また、引越しでバタバタしていて、バイクの手続きをすっかり忘れてしまったということもあるかもしれません。引越した後に住所変更などの手続きを行わないままですと、税金などの手続きが後回しになってしまうため基本的にNGと。どうしても忙しくてバイクのことにまで手が回らないという場合は行政書士などに依頼して手続きを代行してもらうとスムーズに手続きが運ぶでしょう。行政書士に依頼する場合の平均相場は、日本行政書士会連合会の統計によると、運転免許証の申請で1千円前後、自動車の登録情報を変更する場合は5千円ほどとなっています。しかし、実務上では6千円~2万円程度の報酬設定にしていることが多く行政書士へ代行を依頼する場合はこのぐらいが本当の相場といえそうです。また、これらの料金を支払ってもすべての手続きを代行してくれるわけではなく、住民票などは自分で取りに行かなければなりません。公的書類の取得に関しても行政書士などに代行を頼むことができますが、申請に時間がかかり、その間運転ができない期間が生じるデメリットがあります。料金も公的書類の実費分プラス数千円程度かかることがあるため、時間を見つけて自分で取得した方が早くてお得といえます。

自力と引越し業者の運搬の違いは?

もし運転をしない形でバイクを運搬するとなると、レンタカー代と引越し先までのガソリン代および手間がかかってきます。バイクは搬送中に転倒する恐れがあるので、梱包や積み方を慎重にしておかないと、引越し先に着いてから事故に遭遇したかのような無残なバイクの姿となってしまうこともありえます。一方引越し業者に依頼をすれば、料金はかかるものの、引越し先までの距離や引越し時期によってはレンタカーとガソリン代を支払うのと同じくらいの値段で運んでくれる可能性もあります。また引越し業者に運搬を頼んだ方が圧倒的に手間ひまとしてはかからないといえるので、バイクを運んでくれる引越し業者を積極的に探してみましょう。引越し業者を手軽に見つけるためには、一括見積もりサイトが役に立ちます。ヤマトホームコンビニエンスなどの引越し業者では、バイクだけを運んでくれるオプションがあるので、バイク以外のものを自分たちで運んで引越し代金の合計を抑えるという選択もできます。自分のライフスタイルにピッタリあった引越しを実現するためにも、一括見積もりサービスをうまく活用してベストな業者を見つけてください。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

冷蔵庫や洗濯機だけ引越したい!4つの運搬方法と料金相場まとめ

「自分たちで引越ししたけど、冷蔵庫とか洗濯機はどう運ぼう…?」「冷…

引越しでベッド運ぶのお金かかりそう…運搬料金を安くする1つの方法

「解体しないと引っ越し先のエレベーターに入らないかな?」 「階段で運…

割れ物やお皿の梱包どうする?引越し荷造りのコツまとめ3つ

引越しでの失敗談があるという人は多いのではないでしょうか。その中でも割れ物である食器類に関する失敗…

本の荷造りどうしよう…引越しで役立つ本の梱包や処分のコツ6 点!

「本が大量にあるけど、どうやって運ぼうかな」 引越しの荷物の中でも…

もしかしてこのソファー入らない?引越しで困るソファーの運搬料金!

このソファー、引越し先に無事搬入できるかな…? 「ソファ」はなかな…