できるだけ楽に引っ越したい!引っ越し前に荷物を減らす方法とは

引っ越しは家のなかにあるすべての荷物を梱包して運ぶという手間のかかる作業です。特に家の荷物が多い人は、その荷物の梱包や荷解きだけでも何日もかかってしまうこともあるでしょう。 引っ越しをできるだけ楽にするには「荷物を減らす」ことが一番大切です。しかしそうは言っても買ってしまった物をどうやって減らせばよいのか迷うこともあるでしょう。今回は引っ越し前に賢く荷物を減らす方法を詳しくご紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

価格.comのおすすめポイント

  • 引越しで毎月総額50万円プレゼント実施中
  • 価格.comの一括見積もりなら大手業者から地域密着業者までご紹介!
  • 掲載社数は価格.com厳選の40社以上
  • 簡単3分の登録で一番安い見積もりがわかる

引っ越しで荷物を処分しなければならない理由って?

引っ越し前に、不用品などの粗大ごみを処分するのはとても大切です。これは必要のないものを新居に持ち運ぶ引っ越しではその分「運搬料金」がかかるため、余計な出費になってしまうからです。忙しくて家の不用品の処分を怠り、とりあえず家にあるものを全部新居に運んでしまうと新居も不用品だらけになってしまいます。引っ越し料金の相場というのは「移動距離」と「荷物の量」で計算されます。1人暮らしの単身引っ越しよりも家族向けの引っ越しのほうが値段が高いのは、家族引っ越しのほうが荷物の量がとても多いからです。移動距離に関しては自分では減らしようがありませんが、荷物の量なら自力で減らすことができます。引っ越し前にはなるべく不用品を処分し、荷物の量を減らしたほうがお得に引っ越しができるのです。ちなみに粗大ごみの種類によっては住んでいる自治体により回収日が違います。引っ越しギリギリになって粗大ごみの依頼を出しても、希望する日時に回収してくれないこともあるので早めに行動しましょう。

いろんなアイテムが溜まりがち…キッチン用品の処分基準とは

家庭にある小物雑貨で最もたまりがちなのが「キッチン用品」です。いまや100円ショップでも数えきれないほどの便利なキッチン用品があり、安さもあって手軽に購入してしまう人も多いでしょう。またお皿やおわんといった食器類も、お気に入りのものを見つけるとついつい買ってしまうという傾向もあります。しかし引越しの際思った以上に手間がかかるのが「食器類の梱包」です。割れやすく傷つきやすい食器類は、ものによっては1つ1つ丁寧に新聞紙でくるむなどの作業が必要です。極端に言うと100枚お皿があれば100回梱包作業をすることになり、引っ越し作業の手間がかなりかかることになります。お皿は住居人数より1~2人多めに用意するだけでことたりることが多いので、引っ越し作業を機に使っていない食器類は思い切って処分したほうが賢明です。買ったのにほとんど使っていない調理器具や、欠けていたりシミがついていたりするお皿や雑貨類は、新居に運んでも使われないことも多い傾向にあります。キッチン雑貨は梱包作業が必要であり、集めると結構な重さにもなります。不要になったキッチン雑貨は思い切って処分し、引っ越し作業の手間を減らすようにしましょう。

いつか着るかも…はもう着ない!減らす衣類の見極め方

キッチン用品以外についでどんどんたまってしまうのが「洋服」です。断捨離という言葉もあるように、近ごろでは着なくなった洋服を処分する動きも注目されています。しかし洋服の購入金額が高かったり、思い出があったりする洋服は、なかなか捨てることができない人も多いようです。特に女性の場合は流行の移り変わりも激しく、2年前に買った洋服は今年は1度も着ないといったこともあります。まず今持っている洋服を、今シーズンは着ても来シーズンも本当に着るのかじっくりと考えてみましょう。洋服はたくさんたまると収納するにもしわが寄ったり繊維同士がこすれて生地がダメージを受けやすくなったりします。持っている衣類を少なくしたほうが1着1着を大事にし、きれいかつ長く着られることが多いのです。引っ越し前には着ない洋服を選別し、思い切って衣類の数を減らしましょう。また衣類同様、「靴」も引っ越し前に処分することが大切です。靴の数を減らすことで新居の靴箱がきれいになり、気持ちもスッキリするでしょう。

捨てれない人はリサイクルショップでお得に処分してから引っ越そう

キッチン用品にしろ洋服にしろ、数を減らすには「処分」することが大切です。しかしどうしても物を捨てるのに抵抗がある、という人もいるかもしれません。そのため中には自分の要らない物を「他人にあげる」人もいるようです。しかし自分の要らない物をもらった人は、本当にうれしいでしょうか。その場では感謝しつつ、もらった後は困ってすぐに処分しているかもしれません。人にあげることは、時に相手に迷惑をかけていることにもなるので、あまりおすすめすることはできません。 そんなときは「リサイクルショップ」を利用すると良いでしょう。リサイクルショップは洋服から雑貨類、電化製品や家具にいたるまで不用品を買い取ってくれます。もちろん汚れや傷がなかったり、ブランド品だったりしか買い取りを行っていないこともあります。しかし買い取りはできなくとも無料で不用品を引き取ってくれるという店もあるのです。そうした店を活用したほうが、結果的に不用品もリサイクルに回っていることが多く、捨てたという罪悪感も少なくなるでしょう。また個人間で行われているネットオークションもおすすめです。自分では捨てても良いと考えていた物に思わぬ値段がつくということもあるので、不用品が出たらネットオークションに出品してみてはいかがでしょうか。 引っ越しは何かとお金のかかるものです。家にある物を減らしたら、次は金額の安い引っ越し業者を選びましょう。「引っ越し一括見積もりサービス」では、複数の引っ越し業者の見積もり価格がすぐにわかり、どの業者を選ぶべきか簡単に判断することができます。面倒な食器の梱包作業や衣類の梱包もオプションで行ってくれる業者もあります。引っ越しが決まったらまずは一括見積もりサービスに登録し、自分に合った引っ越し業者を選びましょう。

 
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
価格.com引越しロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する
衝撃の事実

引越し費用が足りないなら

アコムで最大30日間金利0円で借りられる

キャッシング 特徴
アコムバナー
最大30日間無利息で即日借入可 詳細
楽天銀行バナー
入会で1,000楽天ポイントプレゼント 詳細
ACマスターバナー
クレジットカードでキャッシング 詳細

関連記事

冷蔵庫や洗濯機だけ引越したい!4つの運搬方法と料金相場まとめ

「自分たちで引越ししたけど、冷蔵庫とか洗濯機はどう運ぼう…?」「冷…

引越しでベッド運ぶのお金かかりそう…運搬料金を安くする1つの方法

「解体しないと引っ越し先のエレベーターに入らないかな?」 「階段で運…

割れ物やお皿の梱包どうする?引越し荷造りのコツまとめ3つ

引越しでの失敗談があるという人は多いのではないでしょうか。その中でも割れ物である食器類に関する失敗…

本の荷造りどうしよう…引越しで役立つ本の梱包や処分のコツ6 点!

「本が大量にあるけど、どうやって運ぼうかな」 引越しの荷物の中でも…

もしかしてこのソファー入らない?引越しで困るソファーの運搬料金!

このソファー、引越し先に無事搬入できるかな…? 「ソファ」はなかな…