引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくらいなの?

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使った部屋をきれいかつ元通りにするにはハウスクリーニングが必要ですが、その金額を借主が負担する場合もあります。通常は大家が負担するべきハウスクリーニングですが、契約時の特約によって条件が変わることもあるのです。 今回は気になるハウスクリーニングの料金やその負担について詳しくご紹介します。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

引っ越し前はどこまで掃除しなければならない?

通常賃貸住宅から引越しをするとき、借り手としては部屋をきれいにして大家に返すという「原状回復」義務があります。しかし住んでいる期間が長いほど経年劣化による汚れはあり、借りた当時の状況まで部屋をきれいにして返すことは難しいでしょう。そのため自分で掃除できる範囲で部屋をきれいにすれば原状回復とみなされることが多いです。しかし生活において汚したり傷つけたりした壁や床は、なるべく目立たないよう掃除や補修用具を使って原状回復を試みたほうが良いでしょう。入居時に払う「敷金」は賃貸物件を明け渡しする際に本来返金してもらえるお金ですが、家主が部屋のハウスクリーニングや補修に当てられることも多く、満額返金されることは少ないです。それでも部屋の補修を簡単にでも処置してから退去したほうが、返ってくる敷金の金額が高いこともあります。 また賃貸住宅は新しい借り手が入居しやすいよう、空室になっている部屋に「ハウスクリーニング」をするのが一般的です。借り手に原状回復義務があるからといって、退去時に自分がハウスクリーニングをする必要はありません。ただ物件の中には「ハウスクリーニング代は借主負担」という賃貸契約を結んでいるところもあるので、クリーニングを求められるかどうかはしっかりと契約内容を確認しましょう。またハウスクリーニングで金額を支払った際にはなぜこのような値段になるのか、大家や不動産会社などにきちんと確認することも大切です。

ハウスクリーニング業者に依頼するのは必要?

通常は賃貸住宅から退去する際に借主がハウスクリーニングをすることはありません。ハウスクリーニングは部屋を貸す大家や不動産会社が行うものであり、部屋が汚れているからといって借主が退去前にハウスクリーニングを行っても、大家が後日またクリーニングを頼むこともあり大掛かりな掃除を2回も行うことになってしまいます。 また基本的にハウスクリーニングの料金は部屋の持ち主である大家や不動産会社が負担することになっています。しかし多くの賃貸物件においての「特約」として、ハウスクリーニングは借主が負担するケースがとても多いのです。退去時にハウスクリーニング代を請求されてトラブルになることは多く、「そんなこと知らなかった」という借主が多いのも事実です。しかし賃貸契約書に「ハウスクリーニング大は貸主が負担する」ということが明記され、あまりよくわからずに借主がサインをしている場合が多く、こうしたときはサインをした借主が退去時にハウスクリーニング代を負担しなくてはなりません。肝心なのは賃貸契約を結ぶ際にハウスクリーニングの特約をよく確認することでしょう。また特約があった際もハウスクリーニングの負担は「全額負担」なのか「半額負担」なのか確認することが大切であり、おおよその目安金額を教えてもらうことも必要です。 また部屋を傷つけずきれいに使っていたり、賃貸期間がとても短かかったりする場合はハウスクリーニングが不要になることもあります。キッチンや浴槽などの水回りをきちんと掃除しておくことでハウスクリーニングが不要になることもあるので、退去時はなるべく部屋をきれいにしてから出るとよいでしょう。

ハウスクリーニング料金はどれくらいが相場?

ハウスクリーニングの料金は、賃貸契約の特約として借主が支払うことも多くあります。ある程度の料金相場を知っておけば、退去時に請求された金額が高かったときなど値段交渉がしやすいかもしれません。 ハウスクリーニングの料金は、その汚れの度合いや住んでいる地域によっても変わってきます。集合住宅が密集している都会では価格競争があって値段は安くても、郊外では専門業者が少なく値段が高いこともあります。ただおおよその目安で金額を出すと、ワンルームや1LDKのマンションやアパートで2万円~3万5千円ほどの料金となり、2LDKの広さで3万円~7万円程度、3LDK~4LDKだと5万円~11万円、5LDK以上で10万円以上が相場料金となるでしょう。退去時にこの値段以上のクリーニング料金を請求されたら、世間一般相場の値段ではないことを伝え、料金の内訳などをしっかり教えてもらう必要があります。 引っ越し時にはハウスクリーニングを含め何かとお金がかかります。少しでも料金を安く抑えたいのであれば、まずは引っ越し料金を抑えるよう工夫してみましょう。「引っ越し一括見積もりサービス」を利用すれば、たくさんの引っ越し業者の見積もり額を簡単に見比べることができます。自分の予算と照らし合わせ、コストを抑えた引っ越しができるようにまずは一括見積もりサービスに登録してみましょう。

引越しの見積もりはお早めに。

2019年1月〜4月は引越しの依頼が集中するため、引越しの依頼が出来なくなる可能性が非常に高いです。(引越し難民)

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積もりで引越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 提携業者数
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
279 一括見積もり
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
210 一括見積もり
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
130 一括見積もり

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
カンタン1分! 一括見積もり

関連記事

引っ越し時の壁紙張り替えは誰が負担する?費用はどれくらい?

賃貸住宅の退去時に、よくあるトラブルとして挙げられるのが「壁紙の修復費用」です。通常は大家や不動産…

引越し先でバルサンを使用する効果とその注意点とは!?

「引越し先にゴキブリがいるのはイヤ…」 「…

引越し時の片づけを少しでも楽にする方法

「引越しの片付けってもうちょっと楽にできないの…?」 引越し時…

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越しの見積もりなら
引越し侍

  • 人気の引越し業者270社以上から比較できる
  • 安心の実績!紹介件数3110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

ネットの一括見積もりで
最大19,800円安く!

ネット料金の見積もりは
光コラボ比較ナビ

  • 人気のプラン100種類以上から比較できる
  • 年間通信料が最大19,800円安くなる
  • フレッツ光なら工事費無料!
  • 最大120,000円キャッシュバック!

公式サイトはこちら

おすすめ記事