引っ越し時壁紙の原状回復はどうするべき?

今まで住んでいた賃貸住宅を退去するとき、荷物をどかしてみたら「思ったよりも壁紙が汚れていた」なんていうこともあります。床や壁紙の汚れというのは住んでいる間に自然とついてしまものであり、退去時に一生懸命掃除をしてもなかなか取れるものではありません。住居人は退去の時に「原状回復義務」があるといわれていますが、壁紙などに関してはどこまできれいに修復をしなくてはならないのでしょうか。今回は引っ越し時の原状回復について詳しくご紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

そもそも原状回復とはどの程度までのことをいうのか

賃貸住宅から引っ越しするときに、大家から「ハウスクリーニング代を請求された」「壁紙の修復料金を求められた」など、原状回復に関してさまざまなトラブルを見聞きすることがあります。 そもそも原状回復ってどこまでのことを言うのでしょうか。入居するときに見た真っ白な壁紙フロスや、チリや傷ひとつないフローリングの状態まできれいにして部屋を返すのは自力ではほぼ不可能と言って良いでしょう。原状回復の参考としては、国土交通省が出している「原状回復を巡るトラブルとガイドライン」をチェックしてみましょう。これによると借主の責任は「賃借人の故意や過失などで通常の使用を超えるくらいの使用で損傷・既存したものは復旧が必要」とあります。例えば大きな楽器を部屋に持ち運び、床や壁を損傷してしまった、壁に釘で何カ所もの穴をあけてしまった。このような場合は借主が修復費用を払う必要があります。しかし冷蔵庫を置いたあとに残る床や壁の汚れ、畳が日に焼けて変色するといった経年劣化による損傷は、借主ではなく大家や不動産会社が修復費用を賄うことになっています。壁紙の汚れや損傷についてはどこまでが借主の責任なのか明確なボーダーラインが分からないこともあるのですが、基本的に借主がクロスの交換を行う必要はありません。壁に大きな穴をあけてしまったり、クロスを破いてしまったりということがない限り、壁紙や畳の交換は大家が負担することになります。

引っ越しの際、壁髪の原状回復は誰が負担するの?

新しい借主のために、前住居人が部屋を退去したあとは壁紙を新しく交換することが多いです。この負担は建物の持ち主である大家や不動産会社が請け負います。しかし大家が負担するとは言いつつ、実際のところは住居人が支払った「敷金」から支払われることになります。まれなケースでは部屋を普段からとてもきれいに使っていたり、住んでいる期間が短くて壁紙を交換する必要がなかったりすれば、敷金がそのまま返金されることもあります。しかし退去時には敷金を使ってハウスクリーニングをすることが一般的ですから、戻ってくる敷金も支払ったときの半額以下のことが多いでしょう。しかも壁に穴があいていたり床が傷ついていたり、通常の使用範囲を超えたような汚れがあった場合は敷金を超えたハウスクリーニング代が掛かることもあり、退去時に修復代として代金を請求されることもあります。この金額の値下げ交渉を行うことはなかなか難しいので、自分で傷つけてしまった壁や床はできる限り自分で修復しておくことをおすすめします。 またハウスクリーニング代は一般的には大家が支払うことが多いですが、賃貸住宅の契約を結ぶ際に「特約」として「ハウスクリーニング代は借主が支払う」という契約も多々あります。入居時には退去時のクリーニングのことまで考える余裕がなく、あまり意識しないで契約書にサインをしてしまう人が多いようです。しかし退去するときにハウスクリーニング代として多額のお金を要求される可能性もあるのです。トラブルを避けるためにも契約時にはしっかりと契約書を確認し、退去時の原状回復についても確認をしておきましょう。ハウスクリーニング代を借主が支払うにしろ、全額なのか半額なのか、その特約内容というのは契約によって違いがあります。

トラブルを防ぐには入居時にチェックを!

退去時の原状回復関するトラブルというのは、実はその部屋に入居した時点で始まっていることもあります。例えば借主が入居時に壁に小さな穴があいているのを見つけたとします。しかしそのまま気にせずに家具を置き、退去時にその穴のことを大家に言われ修復費を請求されてしまうといったケースもあるのです。「自分で空けた穴ではない」と説明しても、その証拠がないため修復費用をめぐってトラブルになってしまうのです。 このようなことを防ぐためには、入居時に部屋の状況がどうなっているのかしっかりと「証拠」を残しておくことが必要です。入居した時点で部屋の内装に傷や汚れを見つけたら写真に収めておくと良いでしょう。写真を撮る際には傷がついている部分の全体が確認できるよう、その箇所を引いた写真とアップの写真を両方撮るのがおすすめです。また入居前に管理会社や大家に立ち会ってもらい部屋の状況を確認しておいても良いでしょう。 最後に退去時のハウスクリーニングは大家が負担するものの、あまりにも汚れた部屋の場合はクリーニング代がかさむこともあり、敷金が返ってこないこともあります。引っ越し時の負担を少しでも減らせるよう、キッチンまわりやお風呂場といった水回りを中心に清掃しておきましょう。基本的な掃除をしっかり行うことによりハウスクリーニング代を減らすこともできますし、気持ちの良いきれいな部屋にして返すことにより、家主も敷金をしっかりと返金してくれるかもしれません。

衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…

少しでも敷金を取り戻したい!引っ越し時のクリーニング対策について

賃貸住宅を退去する際、汚した部屋をきれいにするハウスクリーニングを行うのが一般的です。このハウスク…