引っ越しにトラブルは付きもの!?本当にあったトラブル事例や対処法とは

引っ越しは家にある家財道具を1度に移動する大掛かりな作業です。そのためプロによる荷物の搬入でないと、ケガをしたり家財道具を傷つけたりするリスクがあります。 しかしプロの引っ越し業者にお願いをしても、何かしらトラブルが起きることもあります。うっかりミスや料金の請求トラブルなど、こちらがある程度の知識をつけておかないと、引っ越しの際困ったことに巻き込まれることもあるのです。ここでは引っ越しの際によくあるトラブルの事例や、それに関する対処法をまとめてみました。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する

専門業者に依頼したのに…運搬時家具を壊された!

引っ越しには自分ひとりでは到底運べないような大型家電や家具を運搬することも多いです。例えば洋服ダンスやクローゼットといった大きな家具は重さが100kg前後あることも多く、プロの引っ越し業者でもふたりがかりで移動させるのがやっとでしょう。しかもそれを戸建ての2階に運ぶといった作業があると、解体して運んだりベランダからつるし上げたりと、作業中に多少の傷や汚れがついてしまうことも覚悟しなくてはなりません。引っ越し業者としてもトラブルを避けるため、部屋にしっかりと養生処理を施したり、運搬する家具に保護シートを巻き付けたりして作業にあたります。しかしそれでも大型家具や家電は思わぬ拍子に壁にぶつけてしまったり、運ぶ途中で傷をつけてしまったりすることもあります。そのようなときのために引っ越し業者の多くは家具の破損などに対し保険に入っていることが多いです。もし運搬中家具を壊されてしまったという場合は、この保険にて補償金額を受け取ることができます。しかし家具購入時の金額を満額受け取れることはまずありません。どうしても傷つけたくない、壊されたくないといった大切なものなら自分で運搬することも考えておきましょう。また大切な家財道具はあらかじめ傷がないか写真を撮っておくのもおすすめです。日付を入れ、家財道具全体が写っているものとアップ写真を数枚撮っておきましょう。引っ越しが終了して3カ月経ってしまうと、家具の破損に気づいても補償をしてもらえません。引っ越しが終了したらすぐに大切な家財道具の損傷はないかチェックしてみましょう。

引っ越しをキャンセルしたら不当な料金をとられた

引っ越し業者を選ぶ際、たった1社から見積もりをとって言われるがまま契約してしまうのはあまり適切な方法とは言えません。引っ越し業者は多種多様にあり、その料金も引っ越し業者によって変わります。そのため「引っ越し一括見積もりサービス」などを利用し、複数の引っ越し業者から見積もりをとって自分に合った業者を選んだ方がお得です。しかしこうした方法で例えば5社の見積もりをとった場合、最終的に契約するのは1社ですから、残り4社と仮契約を結んでいたらキャンセルする必要があります。多くの場合「残念です」といったように簡単にキャンセルできますが、引っ越し業者の中には1度契約を結んだ後のキャンセルは「違約金」が発生すると言ってお金を請求してくることもあります。通常引っ越しにおけるキャンセルは「標準引越運送約款」に基づき、引っ越し当日の2日前までならキャンセルしても良いということになっています。多くの引っ越し業者はこの標準引越運送約款に基づき営業を行っていますが、中には運送約款とは無関係の破格の値段で営業をしている引っ越し業者もあります。こうした業者との契約キャンセルは何かとトラブルになることが多いので注意が必要です。まず見積もりをとる際に、きちんと運送約款に基づいた会社かどうか調べてみましょう。どのような会社なのかを調べるにも、引っ越し一括見積もりでは表記されていることが多いので、その情報をもとに信頼できる引っ越し会社を選ぶようにしましょう。

当日に引っ越し業者から追加料金を要求されたトラブル

引っ越しの料金というのは、事前に提示された見積もり金額が基本であり、当日の引っ越し料金がそれよりも高くなったり安くなったりすることはまずありません。しかしワンルーム引っ越しなどでよくある「電話見積もり」は、業者が実際に部屋の様子を見ることなく、おおよその荷物の量を電話で伝えて行う見積もりです。そのため実際の引っ越しでは電話で伝えた荷物よりも量が多く、想定よりも運ぶ荷物が増えてしまうこともあります。このようなときは追加料金が発生することがあり、依頼者が報告義務を怠ったということになるので支払義務が生じます。またマンションの3階から引っ越しをするのに、当日になって「エレベーターがない」ということを知った場合、戸建ての2階にタンスを運ぶのに階段からでは搬入できず、当日になって急きょ吊り上げ方式で搬入した場合なども、顧客が追加料金を支払うケースが多いです。大型家具や家電の搬入は当日になって追加料金を請求されることもあるので、見積もりのときに運搬費用が追加されないか確認しておいても良いでしょう。また追加料金に納得がいかない場合は、見積もり担当者や消費者センターに連絡して相談する方法もあります。 引っ越し当日の追加料金トラブルは、昔から多くの事例があります。引っ越し一括見積もりサービスでは過去にどういった事例があったか詳しくのせていることも多いので、引っ越しをする際は情報を集め、当日に急な追加料金を請求されないようあらかじめ準備しておきましょう。

 
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し達人本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
ライフル引越し 本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
move_estimate4
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
一括見積サイトで業者を比較する