少しでも敷金を取り戻したい!引っ越し時のクリーニング対策について

賃貸住宅を退去する際、汚した部屋をきれいにするハウスクリーニングを行うのが一般的です。このハウスクリーニングは入居時に大家さんに支払った「敷金」で賄われることが多く、クリーニング代がかさむほど返ってくる敷金は少ないことになります。 つまり敷金を多く返してもらうにはクリーニング代を安くする必要があります。退去時はできるだけ部屋をピカピカに清掃し、多くの敷金を取り戻せるようがんばってみませんか?ここでは引っ越し時のハウスクリーニング対策についてご紹介します。
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

引っ越し時のクリーニングはどこが対象になる?

賃貸住宅を退去する際に行われるハウスクリーニングですが、これには汚れた部屋をきれいにする目的と、次の入居者を呼ぶための準備という目的があります。部屋をきれいに見せるためには目視できる場所だけ徹底して掃除をすれば良さそうですが、次に入居してくる人が実際に生活することを考えると、目に見えない場所もしっかりと掃除を行わなくてはなりません。 具体的にクリーニングをする箇所は、「トイレやお風呂場の水回り」、これは浴槽の下や換気扇なども含みます。そして下駄箱の中もきれいにする「玄関まわり」、網戸や雨戸もしっかりと清掃する「ガラスサッシ」カーテンレールや天井の汚れも落す「照明まわり」、そして「ベランダクリーニング」、「フローリングのワックス仕上げ」など実に多岐にわたります。中でもレンジフードやシンクの清掃を行う「キッチンまわり」は時間をかけて行うことが多いでしょう。これらをすべて借主ひとりで行うのは実に大変です。素人がやってもプロが行う掃除とは見た目が違うことが多く、ほぼすべての賃貸物件ではハウスクリーニングを行っている会社に委託してクリーニングを行っています。 またこうしたハウスクリーニングの費用負担は、基本的に大家さんや賃貸物件を保有する会社にあります。そのため借主が退去する際に自らハウスクリーニングを委託する必要はありません。ただハウスクリーニング代は借主が入居したときに支払った「敷金」で賄われることが多いので、クリーニング代が安く済むほど戻ってくる金額も多くなります。

部屋の状態が良くなるほど敷金は返ってくる!

基本的に住居人が退去するときにはハウスクリーニングを施すことが多いのですが、住んでいた期間が短かったり、部屋の状況がとてもきれいだったりする場合はクリーニングをしなくて済むこともあります。クリーニング代は部屋の借主が入居するときに支払った敷金で賄われることがほとんどです。敷金は入居時に家賃の1カ月~3カ月分支払うことが多く、もし全額返金してもらえたら大きな金額となるでしょう。さほど部屋を汚していない場合は、自分でできるだけ部屋をきれいにすることによりクリーニングの手間を省くこともできるかもしれません。 例えば畳に掃除機をかけるにしても、しっかりと畳の目に沿って掃除機をかけ、熱いお湯を使いきつくしぼった雑巾でさっと拭くときれいに仕上がります。これだけでも畳のツヤが出て印象が変わります。フローリングも溝に沿って掃除機をかけ、ワックスシートで拭き掃除をするとピカピカになります。壁紙や天井の清掃も自分で行えますが、使われている素材によっては掃除用品がシミになることもあり注意が必要です。一般的なビニールクロスなら、ほこりを掃除機で吸い取り、水で薄めた洗剤と雑巾を使ってしっかりと汚れを落としましょう。また水回りに多い水アカやカビは、お酢や漂白剤を使うことにより簡単に汚れを落とすことができます。部屋の汚れをすべて完璧に落とすのは難しいかもしれません。しかしできる範囲で自分でしっかりと清掃を行うことにより、クリーニング代が浮いて敷金が多く返ってくることにも期待ができます。

クリーニング代は不明瞭なことが多い!安く済ませるには?

賃貸住宅を退去する場合、その部屋のクリーニングを行うのは家主である大家さんが多いです。しかし大家さんがお願いするハウスクリーニングは昔から相場が決まっており、値段が高いところが多いのです。そんなときは自分でハウスクリーニングをするので敷金を返してほしいと交渉してみても良いでしょう。特に部屋がきれいな状態だったり、住んでいる期間が短かったりするとそのような交渉もしやすくなります。 自分で安いクリーニング業者を探すなら、まずは「引っ越し業者の一括見積もり」を利用してみましょう。近年では引っ越し業者がハウスクリーニングを行っていることも多く、引っ越しついでに清掃も行うことができてとても便利です。クリーニング料金も含めた引っ越し料を簡単に見積もってもらうこともできるので、数多くある業者から自分に合った引っ越し業者を選ぶことができます。引っ越し内容もクリーニング内容も業者によってさまざまな違いがあるので、それを比べて選べるのも一括見積もりの便利な点です。 またハウスクリーニングは退去する賃貸物件の部屋だけでなく、売りに出す分譲物件で利用しても良いでしょう。プロによるきれいな清掃を施すことにより、物件が高値で売ることにつながるかもしれません。また中古物件など使用感が気になる物件への引っ越しにも利用できます。一括見積もりで手ごろな値段で引き受けてくれる引っ越し兼クリーニング業者を見つけ、敷金をなるべく多く返してもらいましょう。そうすることで何かとコストがかかる引っ越しも負担なく済むことができます。

 
衝撃の事実

※管理人の体験談に
基づいています。

一括見積りで引っ越し料金が

「80,000円」40,000円」に安くなった!

サイト名 利用満足度
ランキング1位
引越し侍本ロゴ
98% 一括見積り
ランキング2位
引越し達人本ロゴ
94% 一括見積り
ランキング3位
ライフル引越し 本ロゴ
91% 一括見積り

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

平均よりも安く引越しするなら!
引越し侍といい引越しタイアップの画像 一括見積サイトで業者を比較する

関連記事

引っ越し時のゴミ!処分方法と費用

引っ越し時には新居では使わないもの、捨てたいものなど、たくさんの粗大ゴミが出ます。どのように処分し…

引っ越し時の心配事!ハウスクリーニングの料金や負担ってどれくら…

賃貸住宅を退去するときに、よくトラブルとして見聞きするのが「ハウスクリーニングの料金負担」です。使…

引越し時の不用品処理を分かりやすく解説

引越しは、不用品を思い切って捨てるチャンスです。新居で使わないものは、この機会に処分してしまいまし…

引っ越しの退去時の疑問!掃除すれば敷金は返ってくるものなの?

引っ越しは部屋から荷物を運び出せば終わりではなく、退去のための手続きや作業もまだ残されています。退…

引っ越し時壁紙の原状回復はどうするべき?

今まで住んでいた賃貸住宅を退去するとき、荷物をどかしてみたら「思ったよりも壁紙が汚れていた」なんて…