引越しがめんどくさい時に… 準備や必要な手続きを楽にする方法まとめ

引越し めんどくさい
いざ転居するとなると、荷造りや手続きなどがめんどくさく感じられるものです。準備をしようと思っても、なかなか取りかかれないこともありますよね。そこで今回は、引越しのめんどうな準備や手続きをできるだけ楽にする方法をまとめました。荷造りのコツや手続きで早めに行っておきたいこと、荷造り・荷解きまで依頼できるサービスなどについて幅広くご紹介していきます。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

引越し先

家族構成

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

めんどくさい荷造りをスムーズに進めるコツは?

荷造りをスムーズに進めるコツは、最初にいらないものを捨てること、引越し前の生活を妨げないようにすること、荷解きをイメージすることの3つです。荷物はできるだけ少ないほうが荷造り・荷解きの手間が省けるので、まずは家全体の不用品を処分してしまいましょう。粗大ごみや資源ごみに出せるよう、処分は早めにするとよいですね。 不用品を処分したら荷造りを始めることになりますが、ここでも注意点があります。荷物を段ボールに詰めてから「まだ必要だった」ことがわかり、再び段ボールを開けることになると、時間も労力も無駄になってしまいます。荷造りは引越し前に使わないものから順に進めていきましょう。また、転居先には段ボールが次々と運び込まれますが、大量の箱が無造作に積み上げられると、荷解きがとても大変になります。そのため、荷造りをする際には、部屋ごとに梱包することを心がけ、段ボールの上側のほか、側面の2か所以上に「キッチン」や「リビング」などと運び込む部屋を書き込んでおきましょう。複数個所に書いておくのは、段ボールの重ね方によって、表示が見えなくなってしまうことがあるからです。あわせて何が入っているのかも簡単に書き、割れ物があれば表示します。引越し業者のなかには食器専用の収納ボックスをレンタルできるものもあり、簡単で安全に荷造りできるので利用するとよいですね。 新居での荷解きでは、どの箱を優先して開けるか迷うことがあります。すぐに必要なものから開けたいものですが、開けてみて欲しいものがなければ、探すためにいくつも開封しなくてはならなくなります。こうした手間を省くには、スペースごとに「キッチン1」、「キッチン2」というふうに通し番号を箱に記載し、開ける順番を決めておくのがおすすめです。1番の箱から開けていくと生活必需品が順に出てくるようにすれば、新居での生活がスムーズに始められます。

めんどくさい引越し時の手続き!なるべく早く済ませよう!

荷造りとともに引越しでめんどくさいのが各種の手続きです。電気・ガス・水道については早めに停止と開始の連絡をしておきましょう。料金精算については、銀行口座やクレジットカードの引き落としを利用していれば、自動で引き落としてもらえるので手間が省けます。新居では、電気や水道はブレーカーや元栓を開けると使用開始できますが、ガスについては開栓時に立ち合いが必要になります。転居当日からガスを使いたいときには、確実に立ち会える時間に予約しておくとよいですね。また、郵便物は転居後すぐに転送されるよう早めに郵便局に転居届を出し、旧居を出るときにポストをふさいでおくと安心です。転居届を出しに郵便局に行くのがめんどくさいときには、インターネット上でも手続きができます。インターネット手続きの場合には本人確認ができないため、あとから現地訪問や確認書の送付などが行われます。また、自治体への転入届は直接出向く必要がありますが、転出届については郵送による届出が可能です。児童手当のように他に必要な手続きがなければ、郵送で済ませると手間が省けるのではないでしょうか。 なお、手続きのなかでも早めに行いたいのが、インターネットの移転手続きです。特に、春先の引越しシーズンには予約がいっぱいになって希望の日時に工事してもらえないことがあるため、引越しが決まったらすぐに手配するとよいでしょう。業者選びについては、インターネットの契約を複数年としている場合、解約手数料や転居先での工事費が気にかかるところです。一方、新規契約の場合にはキャンペーンで工事費が無料になったり、キャッシュバックが受けられたりすることがあります。継続と新規でどちらが得になるかを見比べながら、申し込みをするとよいですね。業者を変更するときには、モデムのような貸与品の返送方法も確認しておきましょう。

おすすめの業者はどこ?料金比較も簡単にしたい!

忙しくて荷造りや荷解きする時間がなかったり、めんどくさかったりするときには、代行サービスを利用する方法もあります。例えば、ヤマトホームコンビニエンスでは「引越らくらくタイムリーサービス」を提供していて、自分に合ったサービスを組み合わせることができます。具体的には荷造りや荷解きのほか、家具・家電の設置、不用品の回収やハウスクリーニング、挨拶ハガキの作成などに対応してもらえます。また、アート引越しセンターの「おまかせパック」では、荷造りがついた「ハーフコース」や、荷造り・荷解きまでセットになった「フルコース」が設けられています。女性スタッフが対応する「レディースパック」や、整理士のサポートが受けられる「シニアパック」などと併用できるので、活用の幅が広がりそうです。 引越し費用は安く済むに越したことはありませんが、料金を比較するのがめんどくさいものです。手間をかけずに引越し料金の比較をするには、インターネットの一括見積もりサービスを利用するのがおすすめです。条件を一度入力するだけで複数の見積もりを比較できるので、最適なプランが簡単に見つかりますよ。

1月〜4月は依頼が集中し、希望が通らないかもしれません。見積もり依頼はお早めにしてください

引越し見積もりシミュレーション

時期

移動距離

人数

平均20,000

安く引越すなら一括見積もり

クレジットカードで支払える引越し会社が増えています。もし、お金が足りないならカードで支払いを検討してください。

楽天カードに申込

関連記事

離婚のため引越しが必要になったら?離婚手続きと引越し費用について

「離婚が決まったら、どのような手続きが必要なの?」「

引越しの理由ランキング!男女別・トラブル時の引越し事情ベスト3

「本当の引越し理由は言いづらい…他の人はどんな理由で引越すの?」 「…

転居は大変?引越しする前に知っておきたいこととは

人生の大きな節目にもなる引越し。一度も経験したことがない人がいる一方、何度も経験してきた人もいるの…

引越しを最短で入居できる日数は?最短引越しの手順やポイントまとめ

「来週まで引越さなければならない…最短で何日かかる?」 「最短で引越せ…

初めての引越しと一人暮らし!やるべきことや失敗しないための注意…

初めての一人暮らしには期待することが多いですよね。家族に干渉されずに済む、好きなものを食べられるな…

無料の一括見積もりで
引越し料金最大50%安く!

引越し侍

  • 引越し業者290社以上から比較
  • 紹介件数3,110万件突破
  • 引越し料金が最大50%安くなる

一括見積もりはこちら

引越し費用が足りないなら
カード払いかキャッシング

楽天カード

  • 引っ越し費用は楽天カードで支払うかキャッシングで現金払い
  • 入会で楽天ポイントプレゼント

公式サイトはこちら

引越し費用が足りないなら
ネット銀行ならではの金利

楽天銀行のカードローン

  • スマホで完結だから借りているのがばれにくい
  • 必要な金額だけ借りられる

公式サイトはこちら

おすすめ記事